• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2019年03月17日 イイね!

F1 第1戦 オーストラリアGP 決勝結果

F1 第1戦 オーストラリアGP 決勝結果F1 第1戦 オーストラリアGP 決勝結果

2019年のF1世界選手権 第1戦 オーストラリアGPの決勝レースが3月17日(日)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが優勝。2番手にもルイス・ハミルトンが続いて1-2フィニッシュを達成した。

ホンダF1エンジン勢では、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが3位入賞。ホンダに11年ぶりの表彰台をプレゼントした。ピエール・ガスリーは11位。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは10位入賞、アレクサンダー・アルボンは14位でレースを終えた。

いよいよ2019年のF1世界選手権が開幕。舞台となるアルバート・パーク・サーキットは、湖を取り囲むような設計となっている全体的に平坦な中速のストリートサーキット。一年の大半は一般の人々が自由に遊び、一般車両も通行できる公園のため、路面が滑りやすく、走行ラインをはずしながらオーバーテイクを試みると、車体が滑り予期せぬ事故にも繋がり、セーフティカーが登場する頻度も高いサーキットとなる。

今年はオーバーテイクを改善するために空力レギュレーションが変更。またトップ10内でフィニッシュしてファステストラップを記録したドライバーに1ポイントが与えられることになり、どのドライバーが追加のポイントを獲得するかにも注目が集まる。

ピレリは、F1オーストラリアGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)を選択。これは2018年のミディアム、ソフト、ウルトラソフトに相当し、決勝ではC2とC3ののいずれか1セットを使用しなければならない。

国家斉唱前にはグランプリ週末がスタートする前日に肺塞栓症を患ってこの世を去ったF1レースディレクターのチャーリー・ホワイティングに一分間の黙祷が捧げられた。

現地時間16時10分。気温24℃、路面温度43℃のドライコンディションで58周のレースのスタートが切られた。

優勝はメルセデスのバルテリ・ボッタス。2番手スタートのボッタスが、スタートでポールポジションのルイス・ハミルトンを抜いてトップに浮上。その後、3番手だったセバスチャン・ベッテルのピットインをカバーするために2番手のルイス・ハミルトンが15周目にピットに入った後もソフトタイヤで23周目まで走行。その時点でルイス・ハミルトンに12秒の差をつけており、以降はトップの座を譲ることなくチェッカー。開幕戦を制するとともに、レース中のファステストラップも記録し、最大となる26ポイントを手にした。

2位はメルセデスのルイス・ハミルトン。前述のように戦略がかみ合わず、悔しい結果となった。そして、3位にはレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが入賞。バルテリ・ボッタスと同じような戦略をとったマックス・フェルスタッペンは、10周以上若いタイヤでセバスチャン・ベッテルをコース上でオーバーテイク。2位のルイス・ハミルトンを追い詰める走りをみせ、見事3位表彰台を獲得。ホンダにとって2015年にF1復帰してからは初、2008年のF1イギリスGP以来となる表彰台をプレゼントした。

4位はセバスチャン・ベッテル、5位はシャルル・ルクレールとフェラーリ勢。ベスト・オブ・ザ・レストとなる6位にはハースのケビン・マグヌッセン(ハース)が続いた。

以下、ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ランス・ストロール(レーシングポイント)、ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)までがポイントを獲得した。

レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーは、17番手からミディアムタイヤで全ドライバーで最長となる38周まで第1スティントを伸ばしたが、逆にピットインが遅すぎとなり、同じホンダのF1エンジンを搭載するダニール・クビアトを抜くことができず、惜しくも入賞を逃す11位でフィニッシュした。

Race Results
1 77 バルテリ・ボッタス メルセデス

2 44 ルイス・ハミルトン メルセデス
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル

4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
5 16 シャルル・ルクレール フェラーリ
6 20 ケビン・マグヌッセン ハース
7 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
8 7 キミ・ライコネン アルファロメオ
9 18 ランス・ストロール レーシングポイント
10 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ

11 10 ピエール・ガスリー レッドブル

12 4 ランド・ノリス マクラーレン
13 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント
14 23 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ

15 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ
16 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ
17 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ

Retirements
8 ロマン・グロージャン ハース
3 ダニエル・リカルド ルノー
55 カルロス・サインツ マクラーレン

2019 Australian Grand Prix: Race Highlights
Posted at 2019/03/17 18:21:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2019年03月16日 イイね!

F1 第1戦 オーストラリアGP 予選結果

F1 第1戦 オーストラリアGP 予選結果F1 第1戦 オーストラリアGP 予選結果

2019年のF1世界選手権 第1戦 オーストラリアGPの予選が3月16日(土)にメルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。2番手にもバルテリ・ボッタスが続いて、メルセデスがフロントローを独占。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが4番手、ピエール・ガスリーが17番手。トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンが13番手、ダニール・クビアトが15番手で予選セッションを終えた。

2019年のF1マシンの実力が発揮される開幕戦の予選がいよいよ開始。舞台はアルバート・パーク・サーキットは、湖を取り囲むような設計となっているストリートサーキット。一年の大半は一般の人々が自由に遊び、一般車両も通行できる公園のため、路面が滑りやすく、各ドライバーは苦戦を強いられる。

現地時間17時。気温22℃、路面温度39℃のドライコンディションで予選セッションはスタート。ピレリは、F1オーストラリアGPにC2(ハード/ホワイト)、C3(ミディアム/イエロー)、C4(ソフト/レッド)を選択。これは2018年のミディアム、ソフト、ウルトラソフトに相当する。予選Q3ではソフトタイヤの使用が義務付けられる。

2019年最初のポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。昨年、自身が記録したコースレコード(1分21秒164)を更新する1分20秒486を記録した。2番手にも0.112秒差でバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスがフロントローを独占。

3番手にはトップから0.704秒差でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが続いた。冬季テストで好パフォーマンスを発揮し、ルイス・ハミルトンは“フェラーリの方が0.5秒は速い”と語っていたが、実際の勢力図は逆だった。

4番手はレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン。フェラーリとの差は0.13秒。シャルル・ルクレールを上回ってフェラーリ勢に割って入り、ホンダのF1エンジンで臨んだ最初の予選でまずまずの結果を残した。

ベスト・オブ・ザ・レストのポジションを獲得したのはハース勢。ロマン・グロージャンが6番手、ケビン・マグヌッセンが7番手につけ、中団勢のなかで一歩リードをは果たした。

8番手にはマクラーレンのルーキー、ランド・ノリス、9番手にはキミ・ライコネン(アルファロメオ)、10番手にはセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が続いた。

残りのホンダ勢では、レッドブル・ホンダのピエール・ガスリーがQ1で敗退して17番手、トロロッソ・ホンダは2台揃ってQ2進出を果たし、アレクサンダー・アルボンが13番手、ダニール・クビアトが15番手だった。

F1オーストラリアGPの決勝は3月17日(日)の14時10分(現地時間16時10分)にスタートが切られる。

Qualifying Results
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:22.043 1:21.014 1:20.486

2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:22.367 1:21.193 1:20.598
3 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:22.876 1:21.912 1:21.190
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル 1:22.757 1:21.678 1:21.320

5 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:22.017 1:21.739 1:21.442
6 8 ロマン・グロージャン ハース 1:22.959 1:21.870 1:21.826
7 20 ケビン・マグヌッセン ハース 1:22.519 1:22.221 1:22.099
8 4 ランド・ノリス マクラーレン 1:22.540 1:21.423 1:22.304
9 7 キミ・ライコネン アルファロメオ 1:22.966 1:21.349 1:22.314
10 11 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:22.885 1:21.532 1:22.781

11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:22.908 1:21.562  
12 3 ダニエル・リカルド ルノー 1:22.921 1:21.70  
13 23 アレクサンダー・アルボン トロロッソ・ホンダ 1:22.702 1:21.636  

14 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:22.431 1:21.714  
15 26 ダニール・クビアト トロロッソ・ホンダ 1:22.511 1:21.774
 

16 18 ランス・ストロール レーシングポイント 1:23.017    
17 10 ピエール・ガスリー レッドブル 1:23.020  
 
18 55 カルロス・サインツ マクラーレン 1:23.084    
19 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1:24.360    
20 88 ロバート・クビサ ウィリアムズ 1:26.067

2019 Australian Grand Prix: Qualifying Highlights
Posted at 2019/03/16 18:29:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2019年03月12日 イイね!

ダウンフォース削減による追い抜き増加には消極的

ダウンフォース削減による追い抜き増加には消極的『Dirty air impact reduced by five times in F1 2021 concept』

F1は2017年の技術規則改正によってハイダウンフォースのマシンとなり、コーナリングスピードが大幅にアップした。しかしスリップストリームについた際に、前を走るマシンが発生する乱流の影響を大きく受けてしまうため、オーバーテイクの減少という弊害を引き起こしていた。
 
レースの質を高めることはF1における大きな課題であり、2019年にもフロントウイングの空力付加物を禁止するなどいくつかの技術規則の変更があったが、2021年にはさらに大きな変更が予定されている。
 
昨年の9月、シンガポールで2021年のF1マシンのコンセプトが発表されたとき、FIAのスポーティング・ディレクターを務めるロス・ブラウンは、乱流の中でダウンフォースを80パーセント以上維持することを可能にすると話していた。

「現在のマシンで前を行くマシンの後ろについた場合、2台分の車間が空いていても50%のダウンフォースを失っている」

「我々が2021年に導入を目指しているマシンはわずか10%のパフォーマンス低下にとどまる。かなり大きな改善と言えるだろう」
 
ただ、乱流による影響を正確に測ることは困難である。FIAシングルシーター部門の責任者であるニコラス・トンバジスは、前走車から15〜20メートル後方における現行マシンのダウンフォース減少を約30%と見積もっており、ブラウンの50%という推測とは異なるモノだ。
 
ダウンフォースの全体的な減少は、F1における追い抜き問題解決の手段として頻繁に議論されてきた。しかし、ブラウンはこのような考えはF1に適していないとも考えている。

「互いにレースをするためには、ウイングを取り除いてメカニカルグリップに頼るべきだという意見を聞いたことがある」とブラウンは言う。

「しかし問題は、マシンが遅くなってしまうことだ。本来、F1マシンのスピードというのは息をのむようなものだ」

「我々はF1マシンのスピードを落としたくはない。我々はF1マシンが地球上で最も速く、最も印象的なマシンであることを望んでいる。それはひとえに高い空力性能によってのみ実現するのだ」

「だから我々はただ単にダウンフォースを取り除くことでこれらの問題を解決できるとは思っていない」

「我々が必要としているのは、マシンが互いに競争できるような形でのダウンフォースだ」

「オーバーテイクの増加だけが成功の尺度として用いられがちだが、接近戦やサイド・バイ・サイドの攻防も、誰もが興奮するものである」

「仮に2021年の規則改正で追い抜きの問題が解決しなかったとしても、我々はこの問題と向き合い続ける」

確かに、ハイスピードでのコーナリングが可能なダウンフォースを持ちながらも、スリップストリームを利用してオーバーテイク出来るマシンなら、エキサイティングでしょうねぇ

ん・・・

って事は・・・

スーパーフォーミュラのSF19なんぞ、まさに理想的なマシンって事になりやすよねぇ?(^^;
Posted at 2019/03/12 20:12:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2019年03月12日 イイね!

導入が正式決定!(o´_`o)ハァ・・・

導入が正式決定!(o´_`o)ハァ・・・『F1 | 2019年のファステストラップポイントの導入が正式決定』

FIA(国際自動車連盟)は、2019年のF1世界選手権の開幕戦オーストラリアGPからファステストラップを記録したドライバーに1ポイントの“ファステストラップポイント”を付与することを正式決定した。

すでに今月7日に開催されたFIA世界モータースポーツ評議会で“ファステストラップポイント”を付与する2019年のF1競技規約の変更は承認されていたが、その後11日に行われたF1ストラテジーグループとF1コミッションの電子投票で全会一致で可決した。

これにより、今週末のF1開幕戦オーストラリアGPからファステストラップポイントが導入されることが正式決定した。

この新しい計画は、リバティメディアが実施したファンの調査と研究の結果であり、ショーを盛り上げるためのツールとして考えられている。

ファステストラップポイントの対象となるのはトップ10でフィニッシュしたドライバーのみとなる。これはレース終盤に周回遅れとなったドライバーが新品タイヤでの“グローリーラン”を敢行するのを防ぐためのルールとなる。

ファステストラップポイントの追加により、実質的に2019年シーズンのF1では昨年よりも21ポイント多くのポイントが付与される可能性がある。。2018年にはメルセデスのバルテリ・ボッタスが最多となる7回のファステストラップを記録しており、チャンピオンシップに影響が出てくるかもしれない。

F1では、世界選手権が発足した初年度となる1950年から1959年までファステストラップタイムを記録したドライバーにポイントが付与されていた。1958年には、フェラーリのマイク・ホーソーンがファステストラップポイントによる1ポイント差でスターリング・モス(ロブ・ウォーカー)を破ってワールドチャンピオンを獲得している。

昨年、ファステストラップを記録したドライバーがトップ10圏外だったのは、アゼルバイジャンGPとシンガポールGPの2レースのみ

それからすると、単なるボーナスポイントでしか無いんすよねぇ

それに、世界選手権が発足した初年度となる1950年から1959年までファステストラップタイムを記録したドライバーにポイントが付与されていたのが廃止になった経緯を考えればねぇ・・・
Posted at 2019/03/12 18:52:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2019年03月12日 イイね!

標準パーツ導入に本腰?

標準パーツ導入に本腰?『FIA approves push for standard parts in F1』

2021年にレギュレーションの刷新を控えるF1に、標準パーツを導入することを目指しているFIAは、世界モータースポーツ評議会(WMSC)で標準パーツのサプライヤーを募る入札開始についての承認を得たようだ。
 
先月、FIAは2021年から2024年にかけてF1で使用される、共通ギヤボックスの入札をスタートしたばかり。今回の動きはそれに続くものだが、マシンやパワーユニットのどのエリアを対象とした入札の承認なのか、詳細は明らかにされていない。
 
FIAの声明によれば「2021年の技術規則の検討が進められている。その流れの中で、評議会は一連の入札の開始を承認した」とのことだ。
 
FIAはF1の運営陣と協力し、2021年以降のF1パッケージを作り上げている最中だ。標準パーツの導入は、ファンがあまり興味を持てないエリアに、多額の開発資金が投入されるのを防ぐことを狙いとしている。
 
これによりコストが削減される他、パーツの共通化により各チームの戦力が拮抗する効果も期待できる。
 
F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは「全体的なパフォーマンスという点で、各車の差を縮める必要がある」と語った。

「現時点では、F1はまるで”2リーグ制”のようになってしまっているが、それを止めなければならない。チーム間のパフォーマンス差をもっと小さくする必要があるんだ。コストのコントロールもその一環だし、レギュレーションの進歩もそうだ」

「ファンを惹きつけることのない多くの要素を取り除く。ファンにとってエキサイティングで魅力的なテクノロジーは残しておくべきだ。しかし車載消火器を他のチームよりも少しでも軽くしたいという理由で、全チームが独自に消火器を製造している」

「誰もそれに興味を持ってなどいない。だから誰もが同じ消火器を積んでマシンを走らせるべきだ。それはとてもシンプルだ」

「もし消火器に費やすお金があるのなら、おそらく他のチームよりも少し軽いモノが出来上がるはずだ。チームにリソースがあればそれができる。そしてほんのわずかな利益を得るのだ」

「だがそれを知る以前に、トップチームは1秒も速く走っており、チーム間の競争は貧弱だ」

「だからマシンがお互いに接近していなければならない。そしてちゃんと競争できるような方法で、バトルをさせなければいけないんだ」

標準パーツの行き着く先は、マシンのワンメイクス化でしょうが、F1の場合はメーカーの思惑もあり、何処まで標準化(共通化)出来るかでしょうねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

それならいっその事インディカーシリーズみたいに、シャーシを共通としてエンジンのみ、シャーシに合うようにフェラーリやメルセデス、ルノーやホンダに設計させたらどうっすかねぇ?(笑)
Posted at 2019/03/12 07:15:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | ニュース

プロフィール

「バーサスト12時間レース、残り3時間半ほどでKCMGの18号車ニッサンGT-R GT3がトップ周回中」
何シテル?   02/03 12:24
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.