• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年08月19日 イイね!

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 決勝結果

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 決勝結果2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 決勝結果

全日本スーパーフォーミュラ選手権第5戦の決勝レースが8月19日、ツインリンクもてぎで行われ、石浦宏明(JMS P.MU/CERUMO・INGING)がポール・トゥ・ウインで優勝した。
 
決勝レースは気温30度、路面温度40度のドライコンディションでスタート。ポールポジションから好スタートを切ったのは石浦だったが、その石浦を3番手スタートの松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が5コーナーのブレーキングでオーバーテイク。トップに浮上する。
 
一方、3コーナーでは複数台が絡む接触があったようだ。伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)がコース上でストップ。ただ、伊沢はその後レースに復帰を果たしている。また、接触したとみられる福住仁嶺(TEAM MUGEN)、大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、千代勝正(B-MAX RACING TEAM)はマシンにダメージを負ってピットイン。
 
福住はノーズにダメージを負っていたが、これは修復せずにタイヤ交換のみを行ってレースに復帰したという情報が入っている。なお、交換したタイヤはソフトからソフトだったという。
 
5周目までを終えて、松下、石浦、2番手スタートの野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)というトップ5。
 
序盤に激しいポジション争いを展開したのは3番手争い。6周目、4番手の平川が3番手を走る野尻に迫る。平川はダウンヒルストレートで野尻に並びかけるが、野尻はブロックラインをとる。
 
それを見た平川は素早くイン側にマシンを振り、90度コーナーで野尻のインに飛び込むかと思われたが、ここは野尻が守る。さらにそのさきのビクトリーコーナーでふたりともオーバーテクボタンを使い加速。ここも野尻がなんとかポジションを守った。
 
しかしその先のホームストレートからの加速で平川が野尻の前に出ると、1コーナーの飛び込みで野尻をオーバーテイク。3番手に浮上した。情報によれば、野尻は満タンの燃料を搭載していたという。
 
平川はその後も1分35秒台の好ペースで周回を重ね、2番手の石浦を追った。
 
9周を終えると、早くもルーティンのピットストップが始まる。10周を終えて、チャンピオンシップで2番手につけるニック・キャシディ(KONDO RACING)がピットイン。ミディアムタイヤからソフトタイヤに交換している。

一方キャシディとランキングを争う山本尚貴(TEAM MUGEN)は13周終了時点でピットイン。ピットストップタイム13.4秒というミスのない作業で、ミディアムタイヤからソフトタイヤに履き替えてレースに復帰した。
 
この山本の背に迫ったのが、先にピット作業を終えたキャシディ。アウトラップでいまだタイヤが温まっていない山本はキャシディの追撃を受ける。キャシディは4コーナー先のストレートでオーバーテイクボタンを使って山本を強襲。5コーナーの飛び込みでインを抑え、山本を抜き去った。タイヤが温まっていない山本は、なすすべなくキャシディの選考を許してしまう。
 
数周後、このふたりのカーティケヤンを加えた3台がポジション争いを展開する。18周目、5コーナーで先行するカーティケヤンにキャシディがオーバーテイクを仕掛ける。しかしカーティケヤンがポジションをキープ。カーティケヤンに前をふさがれている間に、キャシディに山本が追い付いてくる。
 
キャシディはコーナーごとに勝負を仕掛けようとするが、なかなかカーティケヤンを抜くことはできない。その間に追い付いてきた山本と、90度コーナーで接触してしまう。しかしその後、キャシディ、山本ともにカーティケヤンをオーバーテイクしている。
 
23周目、野尻がピットイン。ミディアムタイヤに交換すると、12番手でレースに復帰している。
 
この時点でもいまだトップは松下。ここに石浦、平川が続く。松下は野尻から遅れること4周、27周を終えてピットインすると、ミディアムタイヤに交換して13.3秒のピットストップで、7番手でレースに復帰した。
 
松下がピットストップすると見るや、石浦が猛プッシュ。松下を交わすべくペースを上げる。
 
31周までを終えて、トップは石浦、2番手平川、3番手山下健太(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、4番手にはジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM’S)、大嶋が続く。ここでピットストップを行っていないのは、石浦、山下、ロシター、そして6番手の関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)だ。
 
平川は39周目に2回目のピットイン。ミディアムタイヤに交換している。ソフトタイヤで40周は走り切った石浦は、ソフトタイヤからミディアムに交換するとピットアウト。後続に対し大幅なリードを築いていたため、再びトップで戦列に加わった。
 
残り10周を切り、トップは石浦、2番手には平川、3番手キャシディとトヨタ勢がトップ3を占める。レース中盤にキャシディと激しくポジション争いを展開した山本は、5番手で走行を続け、ピットストップまではレースリーダーだった松下は4番手で走行する。
 
残り2周、5番手を守っていた山本が後続に追撃を受ける。2回のピットストップを行い、最後のスティントにソフトタイヤを装着した大嶋が、まず7番手の山下を90度コーナーでオーバーテイク。
 
さらに最終ラップ、大嶋は山本も90度コーナーで抜き去り、5番手を奪取した。大嶋は山本に比べ後半に最後のピットストップを行っており、山本よりも約1秒、ラップライムが速い状態だった。山本としてはキャシディに先行を許しているだけに守りたかった5番手。オーバーテイクの際もねばりを見せたが、キープすることはかなわなかった。
 
上位陣は波乱なく、そのままチェッカー。石浦は今季初の優勝を、ポール・トゥ・ウインで終えた。2位には7つポジションを上げた平川、3位には山本と僅差でチャンピオンシップを争うキャシディが入った。
 
中盤までトップを走行した松下は今季最上位の4位。開幕戦以来のスーパーフォーミュラ参戦となった福住は、序盤の接触が響いたか17位でレースを終えている。
 
後半戦の初戦となる第5戦もてぎはディフェンディングチャンピオンの石浦が優勝することで幕を閉じた。ますますチャンピオンシップは混戦模様となりそうだ。

1 1 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA

2 20 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA +2.724
3 3 ニック・キャシディ KONDO RACING TOYOTA +26.454
4 6 松下信治 DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda +29.575
5 8 大嶋和也 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA +38.818
6 4 山下健太 KONDO RACING TOYOTA +41.643
7 16 山本尚貴 TEAM MUGEN Honda +43.618
8 5 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda +50.753
9 37 ジェームス・ロシター VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA +52.039
10 17 塚越広大 REAL RACING Honda +64.530
11 64 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING Honda +68.650
12 7 トム・ディルマン UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA +69.149
13 18 中山雄一 carrozzeria Team KCMG TOYOTA +70.110
14 65 伊沢拓也 TCS NAKAJIMA RACING Honda +70.997
15 2 国本雄資 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA +79.080
16 19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA +79.675
17 15 福住仁嶺 TEAM MUGEN Honda +81.457
18 36 ジョアロ・パオロ・デ・オリベイラ VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA +88.339
19 50 千代勝正 B-Max Racing team Honda +2 Laps
Posted at 2018/08/19 16:51:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年08月18日 イイね!

2019年スーパーフォーミュラ暫定スケジュールを発表!

2019年スーパーフォーミュラ暫定スケジュールを発表!『2019 年全日本スーパーフォーミュラ選手権 暫定スケジュールについて』

謹啓 日頃より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
2019 年の全日本スーパーフォーミュラ選手権全7戦の開催スケジュールにつきまして、下記の通りご案内申し上げます。

尚、当スケジュールは現時点での暫定であり、F1世界選手権、世界耐久選手権(WEC)等のカレンダー次第では変更することがありますので、この点ご理解賜りますようお願い申し 上げます。 <2019年全日本スーパーフォーミュラ選手権 暫定スケジュール>
第1戦 4月20 日・21 日 鈴鹿サーキット
第2戦 5月18 日・19 日 オートポリス
第3戦 6月22 日・23 日 スポーツランドSUGO
第4戦 7月13 日・14 日 富士スピードウェイ
第5戦 8月17 日・18 日 ツインリンクもてぎ
第6戦 9月28 日・29 日 岡山国際サーキット
第7戦 10 月26 日・27 日 鈴鹿サーキット

2018年シーズンからの変更点としては、5月の開催となっていた第3戦スポーツランドSUGOが、6月の開催となった事のみ

第6戦岡山、最終戦鈴鹿のレースフォーマットについても発表され、岡山戦では予選Q3でオーバーテイクシステムが2回使用可能となり、最終戦の鈴鹿については例年2レース制で行われていたものが、1レースでの開催となるが、レース距離については正式な決定をされていないとの事だが、レース時間90分の枠のなかで決めていくと

ワテ的に、同時発表された「日本TCRマネジメント株式会社設立について」

今季スーパーフォーミュラ最終戦鈴鹿では、WTCRと併催されるんすが、いよいよ日本ではTCRジャパンが開催が動き始めたってトコっすねぇ

「台数については、できれば初年度13台くらい。将来的には20〜25台くらいを考えたい」「車両としては、現在スーパー耐久にST-TCRクラスがあり、ホンダ・シビックとアウディRS3 LMSが中心になっていますが、パーツの供給体制等を考えると、その2車種が中心になると来年度は想定されます。ただできるだけ多くのメーカー、車種が走っているレースを理想としているので、メーカーについては現在働きかけを進めています」と倉下社長が語ったとの事なんすが、フォルクスワーゲンにプジョー、アルファロメオだけで無く、セアトなんぞも見てみたいんすがねぇ(^^;
Posted at 2018/08/18 19:18:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年08月18日 イイね!

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 予選結果

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 予選結果2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦 予選結果

スーパーフォーミュラ 第5戦の予選が8月18日(土)にツインリンクもてぎで行われ、石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)がコースレコードを更新してポールポジションを獲得した。

2018年のスーパーフォーミュラも折り返しを過ぎ、ここから後半戦に突入。ポイントリーダーの山本尚貴(TEAM MUGEN)を2位のニック・キャシディ(KONDO RACING)が追う激しい戦いとなっている。

また、今大会ではFIA 世界耐久選手権との日程重複のために、小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)と中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が欠場。代役として、それぞれ中山雄一(carrozzeria Team KCMG)、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(VANTELIN TEAM TOM’S)がスポット参戦することになる。また、オートポリス大会から富士大会までの3大会、F2との兼ね合いで欠場が続いていた福住仁嶺(TEAM MUGEN)が久々にシリーズ復帰する。

気温32℃、路面温度42℃のドライコンディションで20分の予選Q1はスタート。全車がミディアムタイヤで走行することが義務付けられている。

Q1のトップタイムで通過したのは1分32秒298を記録した松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。2番手には0.453秒差で平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、3番手にはナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)が続いた。

Q1でノックアウトとなったのは大嶋和也(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM'S)、千代勝正(B-MAX RACING TEAM)、中山雄一(carrozzeria Team KCMG)の5台。

7分間のQ2。トップ通過は野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。自身が2017年に記録したコースレコード(1分31秒888)を更新する1分31秒677を記録。2番手には0.070秒差で石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)、3番手には松下信治が続いた。トップ8まで0.309秒差という大接戦のセッションとなった。

Q2でノックアウトとなったのは平川亮、国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、トム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ、福住仁嶺の6台。

ポールポジションをかけた7分間のQ3。ポールポジションを獲得したのは石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)。コースレコードをさらに更新する1分31秒591をマーク。現在ランキング3位の石浦は1ポイントを加点した。

2番手には野尻智紀、3番手には松下信治とDOCOMO TEAM DANDELION RACING勢、4番手にはナレイン・カーティケヤンが続いた。


1 1 石浦宏明 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA 1:33.052 1:31.747 1:31.591

2 5 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda 1:33.045 1:31.677 1:31.642
3 6 松下信治 DOCOMO TEAM DANDELION RACING Honda 1:32.298 1:31.799 1:31.761
4 64 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING Honda 1:32.813 1:31.959 1:31.789
5 3 ニック・キャシディ KONDO RACING TOYOTA 1:33.443 1:31.900 1:31.853
6 4 山下健太 KONDO RACING TOYOTA 1:33.412 1:31.891 1:32.142
7 16 山本尚貴 TEAM MUGEN Honda 1:33.032 1:31.960 1:32.258
8 17 塚越広大 REAL RACING Honda 1:33.439 1:31.986 1:32.413

9 20 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA 1:32.751 1:32.033
10 2 国本雄資 JMS P.MU/CERUMO・INGING TOYOTA 1:33.275 1:32.095
11 7 トム・ディルマン UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA 1:33.134 1:32.125
12 65 伊沢拓也 TCS NAKAJIMA RACING Honda 1:33.130 1:32.282
13 36 ジョアロ・パオロ・デ・オリベイラ VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA 1:33.529 1:32.613
14 15 福住仁嶺 TEAM MUGEN Honda 1:33.743 1:32.738


15 8 大嶋和也 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS TOYOTA 1:33.773
16 19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL TOYOTA 1:33.814
17 37 ジェームス・ロシター VANTELIN TEAM TOM’S TOYOTA 1:34.014
18 50 千代勝正 B-Max Racing team Honda 1:34.279
19 18 中山雄一 carrozzeria Team KCMG TOYOTA 1:34.642
Posted at 2018/08/18 16:22:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年08月03日 イイね!

最終戦鈴鹿には!?

最終戦鈴鹿には!?『怪我から復帰したフィッティパルディ、SFへの参戦復帰は最終戦鈴鹿に?』

インディカーのミッドオハイオでレースに復帰したピエトロ・フィッティパルディは、来週末に開催されるスーパーフォーミュラ第5戦もてぎを欠場。しかし、スーパーフォーミュラ最終戦のJAF鈴鹿グランプリでシリーズに復帰することを希望している。

昨年、フォーミュラV8 3.5のチャンピオンを獲得したフィッティパルディは、今季インディカーやWEC(世界耐久選手権)、スーパーフォーミュラの3シリーズを掛け持ちすることを予定していた。
 
しかし5月のWEC開幕戦スパの予選で、パワーステアリングのトラブルに見舞われ大クラッシュ。両脚を骨折してしまい、彼の参戦スケジュールは大幅に変更されることになった。

インディアナポリスで治療を続けていたフィッティパルディは、先週末のインディカー・ミッドオハイオでレースに復帰。レーシングスーツの下に固定器具をつけながらも、デイル・コインのマシンを駆り23位でレースを終えた。
 
来週末にはツインリンクもてぎで第5戦が行われるが、UOMO SUNOCO TEAM LEMANSのエントリーリストにはフィッティパルディではなく、トム・ディルマンの名前が記載されている。フィッティパルディはインディカーの今シーズン残りの全4レースに参戦するつもりであり、同週末にポコノでインディカー第14戦が行われるためだ。
 
スーパーフォーミュラについては元々、第2戦、第3戦を欠場する予定だった。この間はディルマンがその代役を務めていたが、フィッティパルディの負傷により第4戦も続投。ディルマンの参戦はさらに増えそうだ。

「次のレース(スーパーフォーミュラ第6戦岡山)はインディカーのレースとは日程がかぶっていないけど、ソノマでのテストと日程が近いんだ」と、フィッティパルディはmotorsport.comに語った。

「事故の前、当初のスケジュールではインディカーとスーパーフォーミュラ、どちらも戦うことができたはずだったけど、今はもっと複雑になっている」

「鈴鹿で行われる最後の2レースは、10月末の開催だから間違いなく参戦できる。でも、岡山については分からない」

ワテ的には、チームとしてフィッティパルディ側から全戦出場分の契約金をまとめて貰っているならば、負傷を理由にピエトロ・フィッティパルディとの契約を解除し、残り3戦全てトム・ディルマンを走らせたら面白いかと思うんすよねぇ



まぁ、本人とチーム次第っすが、来季はスーパーフォーミュラフル参戦させてもエエんやないっすかねぇ?
Posted at 2018/08/03 20:33:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年08月02日 イイね!

従来のコースレコードに迫るタイムを記録!

従来のコースレコードに迫るタイムを記録!『SF19テスト2日目は終日HALOを装着、早くも1分22秒台をマーク』

2019年からスーパーフォーミュラで導入される次期マシン「SF19」。富士スピードウェイで行われた開発テストは2日目を迎え、この日も2台のマシンが様々なテストを行った。

当初は13時00分から14時00分のセッション2でHALOを装着しての視認確認テストを行い、それ以外のセッションではHALOの装着は任意とされていた。しかし、2日目は朝から#11 トヨタ開発車両、#00 ホンダ開発車両ともに朝からHALOを装着し、テストに臨んだ。
 
#11 ホンダ開発車両は昨日同様に山本尚貴がドライブ、#00 トヨタ開発車両は石浦宏明が1日を通してステアリングを握った。



この日は、基本的にタイヤテストが中心で、9時00分~12時00分まで3時間にわたって行われた朝のセッションでは、2台ともどんどんタイムを更新。そのタイム差も接近しており、早くもスーパーフォーミュラのシリーズ戦と同じように僅差のタイムバトルが展開された。
 
このセッションでは、ヨコハマタイヤSF19用に開発中のソフトタイヤのテストも行われ、石浦が1分22秒952、山本が1分23秒046のベストタイムを記録した。この日は気温34度、路面温度も50度近い灼熱のコンディションで、7月上旬に行われた第4戦よりも暑かった。従来のコースレコード(1分22秒572/2014年 アンドレ・ロッテラー)に迫るタイムを記録。まだマシンのセットアップも100%という状態を考えると、SF19のポテンシャルの高さがうかがえるセッションだった。


 
この日はHALOを装着した状態でのドライバー脱出訓練も行われ、規定では12秒以内に脱出できなければいけないが、石浦と山本ともにクリア。午後一番に行われたセッション2では前日同様にHALOを装着しての視認性確認のテストも実施された。
 
そして、17時30分から18時30分までのセッション3では実際のレースを想定して、2台とも接近した状態で走行。前のマシンの背後につくとダウンフォースが抜ける症状があるが、それがSF19ではどの程度出るのかを確認していた。


 
最後は、2台ともミディアムタイヤでのタイムアタックシミュレーションを行い、ここでも0.001秒を争う白熱した展開に。最終的に山本が1分23秒536、石浦が1分23秒576という結果になった。
 
1日全体を通してみると、途中トヨタ車に駆動系のトラブルが発生してマシンがストップするシーンがあったが、大きなアクシデントなく進行。トータルでの周回数もトヨタ車が91周、ホンダ車が90周を走破し2日目のテストは終了した。
 
なお、次回の開発テストは8月30日(木)~8月31日(金)にツインリンクもてぎで行われる。



8月18日(土)、19日(日)に開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦もてぎ大会ではデモランが行われる事が決定

こうなったら、是非ともスーパーフォーミュラ最終戦「JAF 鈴鹿グランプリ」でも実施して欲しいっすよね
Posted at 2018/08/02 06:55:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.