• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年06月13日 イイね!

国内販売すればエエのに

国内販売すればエエのに『欧州で売れる「トヨタ・アイゴ」がマイチェン 7/1英国発売 日本未導入車』

トヨタは、欧州で展開しているシティカーの「アイゴ」をフェイスリフトし、435ポンド(6万4000円)値上げして発売する。

エントリーレベルかつ唯一の3ドアグレードとなるVVTi Xの価格は9695ポンド(143万円)、5ドア版は9995ポンド(147万円)となる。現時点で最上級のX-サイトのセミオートマ車は1万3675ポンド(201万円)だ。さらにそのうえにキーレスエントリーなどを備えたX-クルーシブが今年後半に追加される。最量販モデルとなるのは2番目となる1万1375ポンド(168万円)のX-プレイだ。



アイゴは英国トヨタにとって重要なモデルである。2017年の10万1692台の売り上げのうち、22%(2万2264台)がアイゴだ。これはヤリスに次いで2番目に多い。

そのサイズは、全長✕全幅✕全高が3455✕1615✕1460mm。

今春のジュネーブ・モーターショーで発表され、今年夏に英国で納車を開始。ヒュンダイi10のライバルであるこのクルマには72ps、9.5kg-mの1.0ℓ3気筒エンジンが搭載される。前期型より2ps向上したが、トルクは変わっていない。



このエンジンにより0-100km/h加速は0.4秒短縮され13.8秒、最高速度は161km/hとなった。燃費も24.4km/ℓから25.6km/ℓへと改善している。トヨタはCO2排出量も低減したとしているが、詳細な数値は未発表だ。

これらの環境性能は、新しい燃料噴射システム、高圧縮比、エンジンの摩擦低減によって達成されたようだ。さらに、新たな排気再循環システムによる高効率化や、バランサーシャフトの改善なども行われている。

パワートレインの改善とともに、トヨタはサスペンションやステアリングのセッティングを変更し、シャープなレスポンスを追求している。詳細は発表されていないが、ステアリングのギア比を若干変更しているようだ。

さらに、2018年モデルには遮音材が増やされ、ノイズ、バイブレーション、ハーシュネスが低減されている。スタイリングにも変更が加えられ、特徴的なX型のノーズと新たなカラーリングが導入された。



購入希望者は、外装色とホイールのデザインの選択肢が増えたほか、より高輝度のメーターパネルと新しいインテリアトリムが選択可能だ。英国での仕様は6月ごろに詳細が発表されると見られている。

アイゴは欧州で最も売れているトヨタ車のひとつであり、過去4年間に8万5000台が販売されている。これはフォルクスワーゲンUp!やプジョー108も属するAセグメントの6.6%を占める数字だ。
7月1日に販売が開始され、その数週間後には納車が始まるだろう。





フロント・グリルは映画『スター・ウォーズ』シリーズのダース・ベイダーが被っているヘルメットの口部分にある三角形に見えるし、両隅のフォグランプもマスクに付いているシルバーのアクセントのようだとも酷評されているんすが、パッソと名を替えて、国内販売すればエエと思うんすがねぇ?

ボディカラーが白のなんて、ヤリスWRCのカラーリングする人もいるでしょうね
Posted at 2018/06/13 07:25:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2018年06月12日 イイね!

是非とも、日本国内でも

是非とも、日本国内でも『Nissan NV300 and e-NV200 camper vans debut at Madrid Motor Show』

我々はこれまでも様々なキャンパー・バンをご紹介してきた。よく知られているのはポップな2トーンで塗り分けられたフォルクスワーゲンの「トランスポルター」をベースにしたキャンパーだろう。キャンパー・バンに魅力を感じるのはノスタルジーかもしれないが、現在でもクールに見えることは間違いなく、それについて異論を唱える人は少ないはずだ。だからこそ、先月スペインで開催されたマドリッド・モーターショーで日産が発表した、「NV300」と商用電気自動車「e-NV200」をベースにした2種類のキャンパー・バンのコンセプトカーを見たときには興奮を覚えた。嬉しいことに、スペインのみとは言え、両モデルとも市販が決定しているという。

公開されている画像以外に現時点で分かっている事はわずかだが、両車ともフォルクスワーゲンにインスパイアされたような2トーンのペイントが実にカッコいい。ボディ・カラーの他にも、白く塗られたスチール製ホイールや、サイドに貼られたデカールなどの変更が見て取れる。両車とも自転車を搭載できるバイク・ラックやロールアウト・シェード、ポップアップ・ルーフ・テントなどを装備し、インテリアには冷蔵庫、シンク、レンジ、そして折り畳み式のダイニング・テーブルが付いた簡易キッチンを備える。ルーフと車内にそれぞれ1つずつベッドを設置することができ、暖房も完備されている。

パワートレインは、NV300には1.6リッター直列4気筒ターボ・ディーゼルを搭載。e-NV200は大容量の40kWhのバッテリーパックを搭載し、給電機能によって電気製品をキャンプ地で使用することも可能だ。航続距離は走り方にもよるが大体200kmといったところ。両車ともにスペインの日産ディーラーで現在予約受付中だが、今後はスペイン以外でも購入できるようになることを願っている。









是非とも、日本国内でも販売して欲しいっすよねぇ~♪

出来れば、パワートレインもそのまま1.6リッター直列4気筒ターボ・ディーゼル搭載で
Posted at 2018/06/12 07:34:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2018年05月03日 イイね!

だって・・・大陸メーカーだもん(笑)

だって・・・大陸メーカーだもん(笑)『これは似すぎ?「魂動デザイン」風だけどマツダじゃない。MG「X-motionコンセプト」【北京モーターショー2018】』

「モーリスガレージ」を意味する「MG」というブランド。かつてはイギリスのスポーツカーブランドでしたが「MGローバー」となり、ローバーグループが解体されてミニやランドローバーが抜け出す形で別の道を歩み始めた後に経営破綻。現在は中国の上海汽車傘下にあることはご存知の方も多いでしょう。

イギリスにも製造工場がありますが、オペレーションは実質的に中国。エンジニアリングも中国ベースで、いわば中国車といっても差し支えないのが現状ですね。中国やイギリスのほかタイにも工場があります。

そんなMGが北京モーターショー2018で発表したコンセプトカーが「X-motionコンセプト」。中国で大人気ジャンルのSUVですね。



しかし、何でしょうかこの既視感。もちろん完全にコピーしているというわけではありません。なんですけどね……。マツダのニューモデルと言われたら素直に納得してしまいそうです。



色ですか? もちろんソウルレッドクリスタルメタリックではありませんよ。

いちおう、マツダCX-5の写真も貼っておきましょうか。



もしデザイン担当者がCX-5のことを知らなかったのだとしたら、中国のデザインもかなりレベルが向上しているということになりますね。

デザインしたのが大陸のデザイナーだとしても、大陸のウィルスに感染した他民族デザイナーだとしても、知ってても知らなかったと言うに決まってやすよね

それにしても、ホンマ糞みたいな民族っすよね
Posted at 2018/05/03 20:18:34 | コメント(2) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2018年04月29日 イイね!

自営業やったら・・・(笑)

自営業やったら・・・(笑)『Ford unveiled a Fiesta Van and it's adorable』

欧州と米国には様々な点で大きな違いがある。そうした違いの1つがバンという種類のクルマだ。米国の商用バンは、フォード「トランジット コネクト」や日産「NV200」より小さくはならない。しかし欧州でフォードはさらに小型の「フィエスタ バン」を展開している。このバンは3ドア・ハッチバックの「フィエスタ」をベースに、後部のサイド・ウィンドウがパネルに置き換えられている。

バーミンガム商用車ショーで発表されたこのフィエスタ バンは2代目で、初代は10年ほど前に先代のフィエスタと共にリリースされた。新型にも再び設定されるほど欧州では人気があったらしい。米国人から見たら、このサブコンパクト・ハッチバック、しかも荷室容量が僅か1,000リッターのクルマを、"バン"と呼ぶのは確かに抵抗がある。しかし、このクルマは驚くほど重い物も運べる。最大積載量は約500kgだ。

それだけの積荷を運ぶため、フィエスタには4種類のエンジンが用意されている。ガソリンは最高出力85psを発生する自然吸気の1.1リッター直列3気筒と、125psを発揮するお馴染みの1.0リッター3気筒ターボ「エコブースト」。残る2つは排気量1.5リッターのディーゼル・エンジンで、それぞれ最高出力85psと120psを発生する。

フォードは働く人々のために、バン仕様のフィエスタにも乗用モデルと同様、多くの機能を盛り込んだ。Apple「CarPlay」やGoogle「Android Auto」に対応した「Sync3」インフォテインメント・システム、歩行者検知も可能な自動緊急ブレーキ、ブラインドスポット・モニター、パークアシスト、アダプティブ・クルーズコントロールなどだ。さらにエネルギッシュなスポーツ・モデルまで設定されている。アグレッシブなボディ・パーツと大径の18インチ・ホイールを加えたこのモデルは、窓がパネルになった「フィエスタ STライン」といったところだろう。

これを見ると、フィエスタ バンに本物のST仕様があればどんなに素晴らしいだろうと想像を膨らませてしまう。重い物を運べる荷室を備え、本格的なスポーツ・ドライビングも楽しめる。皆さんなら、その魅力を分かっていただけるだろう。そんなクルマが登場したら、あの人気が高いシボレーの「HHR パネル SS」以来だ。もちろん、もしフォードがフィエスタ ST バンを作ったとしても、米国や日本で販売される可能性は無いに等しい。残念ながら。









ワテが自営業やったら、営業車として4ナンバー登録するんすがねぇ(笑)
Posted at 2018/04/29 07:56:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2018年04月26日 イイね!

耐久テスト的な意味合いでの?(笑)

耐久テスト的な意味合いでの?(笑)『Honda Everus EV concept introduces a new car and brand』

4月25日に開幕した北京モーターショーで、ホンダは中国専用電気自動車のコンセプトカー「理念 EV コンセプト」を世界初公開した。

理念 EV コンセプトは、本田技研科技(中国)有限公司と広汽本田汽車有限公司(以下、広汽ホンダ)が共同開発し、中国市場専用に投入する初の量産電気自動車を示唆するコンセプト・モデル。広汽ホンダの自主ブランドである「理念」のモデルとして、2018年内の発売を予定しているという。また、この量産EVは昨年ホンダが出資を発表した中国のカーシェアリング事業会社Reachstar(リーチスター)社のカーシェアリングサービスを通じて、シェアEVとしても活用される予定だ。ホンダは中国で2025年までに20機種以上の電動化モデルの投入を予定している。

現在のところ、それ以上の情報や仕様については一切公表されていないが、その外観から「ヴェゼル」がベース、あるいはそのコンポーネントを少なからず流用した電気自動車になるのではないかと見られている。

ホンダは昨年のフランクフルト・モーターショーで発表した「アーバン EV コンセプト」の市販モデルを2019年に欧州で発売する予定だが、それより先に発売される理念 EVが「ホンダ初の量産電気自動車」の栄誉に浴することになる。これぞ会社創立初期から名高いホンダの"理念先行型経営"というものか...!?







なかなか面白そうなEVなんすが、大陸専用とはねぇ(o´_`o)ハァ・・・

使い方の雑な処で、耐久テスト的な意味合いでの専売なんすかねぇ?(笑)
Posted at 2018/04/26 20:27:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.