• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年07月06日 イイね!

本格復帰は2019年?

本格復帰は2019年?『Monteiro "almost ready" for race return』

2017年8月にバルセロナで行われたテストでのクラッシュで負傷し、現在も療養生活を続けているティアゴ・モンテイロは、2019年のレース復帰へ向けて集中していることを明かした。

モンテイロは昨年8月に行われたWTCC世界ツーリングカー選手権のテストセッション中に高速でクラッシュ。頭部や上半身を負傷したほか、動体視力など視覚にも問題を抱えてしまった。

この影響でモンテイロは2017年後半のレース活動を断念。2018年はWTCCの後継にあたるWTCR世界ツーリングカー・カップでホンダ・シビック・タイプR TCRをドライブする予定だったが、いまだレースには復帰できていない。

復帰が遅れている理由について、モンテイロは頭部に受けた衝撃が要因であると述べている。

「さまざまな検査を受けた後、かかりつけ医やFIAの医師と何度も話をして、長期的な視点から(復帰する際の)いい点と悪い点を検討してきた」とモンテイロ。

「視覚についてはほぼ問題ない。視野についても100%ではないが、奇跡的に回復している。日常生活にはいっさい支障はないよ。頚椎や肩も100%の状態に戻っている」

「ただ、頭部外傷による影響が当初の予想より大きくてね。どの医者も最低でも11カ月か12カ月は衝撃を受けないように進言するんだ。だから、今すぐにレースへ復帰することはできない」

こう明かしたモンテイロは、2019年シーズンへの準備を兼ねて、シーズン後半にレース活動を再開する可能性を示唆した。

「(アクシデントから1年経ち)もうすぐ復帰できるタイミングになるんだ。だから、2019年の準備を兼ねてシーズン後半に(復帰の)目標を置いている。こうコメントできることをうれしく思うよ」

「もうすぐ事故から10カ月だから、すべてが順調に進めばあと1~2カ月なんてあっという間さ」

また、モンテイロは先日行ったというテスト走行についても言及。20年のレースキャリアで、ここまで長い間レーシングカーをドライブしなかったことはないとしながらも「半日もかからずに感覚を取り戻せた」という。

「テストでは2日間は単独で走り、その後2~3日はほかのクルマとも併走した。特に集団で走行することは重要なことだったんだ。単独で走っているときは視野を気にする必要はないからね」

「ただサイド・バイ・サイドになっているとき、どれだけ視界が確保できているかは極めて重要だ。だから併走したかったんだ」

2012年からホンダ陣営の一角としてWTCCに参戦し、優勝争いやチャンピオン争いを繰り広げてきたモンテイロ。2019年に本格復帰を果たせば、WTCRを戦うホンダ陣営にとっては強力な助っ人、ライバルにとって脅威になることは間違いないだろう。

やがて丸一年となるんすが、ホンマに復帰できるんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

もし復帰したとしても、以前の様な競争力を発揮出来るとは思えないんすよねぇ・・・
Posted at 2018/07/06 20:37:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2018年06月30日 イイね!

近年稀に見る・・・

近年稀に見る・・・『Vila Real WTCR: Loeb team-mates Huff and Bennani ruled out by crash』

WTCR世界ツーリングカー・カップは6月23~24日、ポルトガルのヴィラ・レアルで第4ラウンドが行われ、レース1の予選はロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)とメディ・ベナーニ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のセバスチャン・ローブ・レーシング勢がフロントロウを独占。3番手にノルベルト・ミケリス(ヒュンダイi30 N TCR)が続く形に。
 
迎えたスタートではミケリスが好スタートをみせたが、ハフとベナーニがサイド・バイ・サイドの状態で前を塞ぐ格好となり、集団のまま1コーナーをクリア。
 
しかし、続く2コーナーでハフとベナーニが接触。2台はそのまま2コーナーアウト側のガードレールに激突してしまう。
 
クラッシュの衝撃でベナーニのマシンは、一時ハフのマシンに乗り上げるような格好となると、2台はコースを塞ぐような形でストップ。これに後続の約27台が次々と巻き込まれる大クラッシュに発展した。
 
ハフとベナーニのふたりは検査のために病院へ搬送されたほか、アクシデントの処理、ガードレールの修復のためにレースは2時間以上に渡って赤旗中断。クラッシュに巻き込まれた車両のうち7台がリタイアを余儀なくされた。
 
大クラッシュの引き金となったセバスチャン・ローブ・レーシングの2台は修復を断念。レースウイーク全体をリタイアしている。







WTCR Race 1- Big crash in the streets of Vila Real Portugal


27台もの多重クラッシュとは、近年稀に見る出来事ですよね
Posted at 2018/06/30 18:18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2018年05月09日 イイね!

TCRマシンのロードバージョン?

TCRマシンのロードバージョン?『Race-inspired Volkswagen Golf GTI TCR gets 286bhp』

フォルクスワーゲンはゴルフGTI TCRというホットバージョンのスケッチを公開、スペック上はGTIパフォーマンスとゴルフRの中間に位置するとされ、このクルマはスピードリミッターが解除されており最高速度は264km/hに達する、史上最速のゴルフとなる。ゴルフRの250km/hを14km/h上回っている。

これはWTCCに参戦していた350psのゴルフGTI TCRレースカーのロード・バージョンだ。

GTIとRの中間に位置するという意味では2016年のクラブスポーツ・エディション40に近いコンセプトで作られている。

GTI TCRの最高出力は290psであり、GTIパフォーマンスの245psを上回るが、Rの310psよりは低く設定されている。0-100km/hの加速タイムもGTIパフォーマンスの6.2秒を下回るが、正確な数値は未発表だ。

搭載されるターボ付きエンジンは5000rpm-6800rpmで290psを発揮し、最大トルクは37.6kg-mだ。7速DCTを介してLSD付きの前輪を駆動する。

このモデルはヴェルターゼで5月10日に行われるGTIミーティングで発表され、販売は今年末に開始される予定だ。

新型ゴルフが来年登場予定であり、次世代GTIに関心が集まる中で、VWは現行モデルの売り上げを落とさないよう腐心している。このスペシャルモデルはその助けとなるだろう。

次期型ゴルフGTIはマイルドハイブリッドとなる見込みだ。これにより、現行モデルよりも燃費を改善しつつモーターによるブーストを得たパフォーマンスも実現する。

48V電源とISGの搭載は、次期型となるゴルフVIIIのラインナップ全体の目玉だ。そのGTIは今までのゴルフGTI史上最もパワフルなモデルになるだろう。搭載されるエンジンはおなじみの2.0ℓターボだ。新型ゴルフGTIの英国発売は2020年に予定されている。









ワテ的には、ゴルフTCRマシンのロードバージョンを出すなら、ポロWRCかポロWorldRXマシンのロードバージョンをお願いしたいっすねぇ・・・買えやせんけど(^^;
Posted at 2018/05/09 18:23:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2018年04月11日 イイね!

2018 WTCR AFRIQUIA Race of Morocco Race 3

2018 WTCR AFRIQUIA Race of Morocco Race 32018 WTCR AFRIQUIA Race of Morocco Race 3 results

qualifying3
Q1を3番手、Q2を2番手で通過したBRC Racing Teamのガブリエル・タルキーニ(ヒュンダイ i30N TCR)が、レース3のポールポジションを獲得。

フロントロー、セカンドグリッドには、MRacing - YMRのイバン・ミューラー、3番手にはBRC Racing Teamのノルベルト・ミケリス、4番手にはMRacing - YMRのテッド・ビョークとヒュンダイ i30N TCRが上位独占し、5番手にようやくホンダのマシンを駆るヤン・アーチャーが続く結果に

1 30 ガブリエル・タルキーニ BRC Racing Team 1:24.519 1:24.442 1:24.316
2 48 イバン・ミューラー MRacing - YMR 1:24.734 1:24.658 1:24.396
3 5 ノルベルト・ミケリス BRC Racing Team 1:24.863 1:24.519 1:24.540
4 11 テッド・ビョーク MRacing - YMR 1:24.796 1:24.392 1:24.653
5 68 ヤン・アーチャー ALL-INKL.COM Münnich Motorsport 1:25.112 1:24.738 1:24.797

6 12 ロブ・ハフ Sébastien Loeb Racing 1:24.877 1:24.743
7 25 メディ・ベナーニ Sébastien Loeb Racing 1:25.082 1:24.789
8 15 ジェームス・トンプソン ALL-INKL.COM Münnich Motorsport 1:25.302 1:24.807
9 69 ジャン-カール・ベルネイ Audi Sport Leopard Lukoil Team 1:25.080 1:24.910
10 74 ペペ・オリオラ Team Oscaro by Campos Racing 1:25.320 1:25.067
11 52 ゴードン・シェドン Audi Sport Leopard Lukoil Team 1:25.339 1:25.151
12 22 フレデリック・ベルビッシュ AUDI Sport Team COMTOYOU1:25.301 1:25.201

13 86 エステバン・グエリエリ ALL-INKL.COM Münnich Motorsport 1:25.361
14 9 トム・コロネル Boutsen Ginion Racing 1:25.407
15 27 ジョン・フィリッピ Team Oscaro by Campos Racing 1:25.420
16 70 マット・ホモラ DG Sport Competition 1:25.423
17 63 ベンジャミン・レセンス Boutsen Ginion Racing 1:25.459
18 7 オーレリアン・ コンテ DG Sport Competition 1:25.531
19 66 ツォルト・デビッド・ザーボ Zengo Motorsport 1:25.762
20 20 デニス・デュポン Comtoyou Racing 1:25.828
21 23 ナサニエル・バートン Comtoyou Racing 1:25.906
22 8 ノルベルト・ナギ Zengo Motorsport 1:26.002
23 88 ファブリツィオ・ジョバナルディ Team Mulsanne 1:26.064
24 21 オーレリアン・パニス Comtoyou Racing 1:26.409
25 10 ジャンニ・モルビデリ Team Mulsanne 1:26.708

Every last bit of drama from the Final Qualifying


Race2
レース2は、ベルネイが地元の英雄であるメディ・ベナーニ(セバスチャン・ローブ・レーシング/フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)と好バトルを演じ、大観衆を沸かせる初勝利を挙げる。

1 69 ジャン-カール・ベルネイ Audi Sport Leopard Lukoil Team 31:41.418

2 25 メディ・ベナーニ Sébastien Loeb Racing +0.890
3 74 ペペ・オリオラ Team Oscaro by Campos Racing +3.270
4 68 ヤン・アーチャー ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +3.631
5 11 テッド・ビョーク MRacing - YMR +6.570
6 15 ジェームス・トンプソン ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +7.916
7 5 ノルベルト・ミケリス BRC Racing Team +11.929
8 86 エステバン・グエリエリ ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +13.630
9 48 イバン・ミューラー MRacing - YMR +14.555
10 9 トム・コロネル Boutsen Ginion Racing +14.959
11 52 ゴードン・シェドン Audi Sport Leopard Lukoil Team +15.386
12 70 マット・ホモラ DG Sport Competition +19.480
13 88 ファブリツィオ・ジョバナルディ Team Mulsanne +20.091
14 21 オーレリアン・パニス Comtoyou Racing +21.327
15 23 ナサニエル・バートン Comtoyou Racing +22.411
16 8 ノルベルト・ナギ Zengo Motorsport +24.790
17 27 ジョン・フィリッピ Team Oscaro by Campos Racing +48.169
18 12 ロブ・ハフ Sébastien Loeb Racing +3 Lp
19 30 ガブリエル・タルキーニ BRC Racing Team +4 Lp

NOT CLASSIFIED
20 7 オーレリアン・ コンテ DG Sport Competition
21 63 ベンジャミン・レセンス Boutsen Ginion Racing
22 22 フレデリック・ベルビッシュ AUDI Sport Team COMTOYOU
23 10 ジャンニ・モルビデリ Team Mulsanne
24 66 ツォルト・デビッド・ザーボ Zengo Motorsport



Race3
午後の最終レース3でもタルキーニがふたたびの勝利。2位にはレースを通じてタルキーニを追ったイバン・ミューラーが入り、2005年のWTCC創設年を思わせるワン・ツーに。3位はビョークとなり、ヒュンダイが表彰台を独占している。

1 30 ガブリエル・タルキーニ BRC Racing Team 35:32.310

2 48 イバン・ミューラー MRacing - YMR +2.524
3 11 テッド・ビョーク MRacing - YMR +2.922
4 68 ヤン・アーチャー ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +4.645
5 5 ノルベルト・ミケリス BRC Racing Team +5.937
6 25 メディ・ベナーニ Sébastien Loeb Racing +6.631
7 12 ロブ・ハフ Sébastien Loeb Racing +8.121
8 15 ジェームス・トンプソン ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +9.932
9 69 ジャン-カール・ベルネイ Audi Sport Leopard Lukoil Team +10.743
10 74 ペペ・オリオラ Team Oscaro by Campos Racing +13.740
11 27 ジョン・フィリッピ Team Oscaro by Campos Racing +14.599
12 9 トム・コロネル Boutsen Ginion Racing +14.838
13 70 マット・ホモラ DG Sport Competition +16.011
14 86 エステバン・グエリエリ ALL-INKL.COM Münnich Motorsport +16.475
15 8 ノルベルト・ナギ Zengo Motorsport +18.464
16 21 オーレリアン・パニス Comtoyou Racing +19.526
17 63 ベンジャミン・レセンス Boutsen Ginion Racing +20.205
18 52 ゴードン・シェドン Audi Sport Leopard Lukoil Team +4 Lp
19 88 ファブリツィオ・ジョバナルディ Team Mulsanne +6 Lp

NOT CLASSIFIED
20 23 ナサニエル・バートン Comtoyou Racing
21 10 ジャンニ・モルビデリ Team Mulsanne
22 66 ツォルト・デビッド・ザーボ Zengo Motorsport
23 22 フレデリック・ベルビッシュ AUDI Sport Team COMTOYOU

Posted at 2018/04/11 18:26:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2018年04月09日 イイね!

シリーズ参戦は1年限りに?

シリーズ参戦は1年限りに?『Yvan Muller hopes his return to racing is only for one year』

2016年限りでWTCC世界ツーリングカー選手権の現役ドライバーを引退し、2017年はボルボ・ポールスター・シアン・レーシングのアドバイザーに就任していたイバン・ミューラーは、2018年創設のWTCRワールド・ツーリングカー・カップに自らのチームで参戦する。しかし、計画初期は自身が「ドライバーとして復帰する予定はなかった」という。

2017年シーズンは現役を退いていたものの、WTCC最終戦カタールではポールスター・シアン・レーシングでテッド・ビョークのタイトル獲得をアシストするため、引退表明から12カ月もたたないうちにボルボS60ポールスターTC1のステアリングを握ったミューラー。

今季創設のWTCRには、すでに高い評価を得ているヒュンダイi30 N TCRの2台体制を構築し、イバン・ミューラー・レーシング(YMR)として新規参戦することを発表。そのWTCC“ラスト・チャンピオン”であるビョークをエースに起用し、48歳のミューラー自らもステアリングを握って23年目のツーリングカーシーズン現役復帰を表明している。

「(23年前の)1995年当時のワールド・ツーリングカー・カップのグリッドには(ガブリエル・)タルキーニがいて、私もいた。そして今、我々は新たなWTCRの舞台に挑もうとしているが、ふたりともまだここにいるね(笑)」と苦笑いをみせたミューラー。

「経済的には良いルールだと感じるし、こうしたマシン規定に戻ることは良い動きだろう」

「TCRマシンのコストは、WTCCのTC1規定の約3分の1程度だ。もちろん、TC1マシンをドライブするのは素晴らしい感触だったが、あのクルマは高価すぎた。だから、TC1規定では自分のチームでWTCCを戦うことは不可能だったんだ」

「グリッドに並ぶと思われるマシンの台数を見れば、これが良い変化であることは証明されていると思う。5~6年前から将来のWTCCテクニカル・レギュレーションについて話し合いを続けていた際、私はこの規定を推していたんだ」

ミューラーの2018年の役割は自身にとっても初の試みとなり、チーム代表とドライバーの双方をこなしながら、4度のWTCC王者としての経験も活用してチームとマシン開発の面にフォーカスすることになる。

「これまで5年間、自分のチームを運営してきたが、そこでドライバーとしてマシンをドライブしたことはなかった」と続けたミューラー。

「私の状況、考え、マインドセットはこれまでとかなり異なる。ドライバよリーもマネージャーとしての役割に集中していくことになるだろう」



1年間をともに戦った経験を経て、チームのエースにテッド・ビョークと契約することは既定路線だったというが、当初の計画ではそのチームメイトに、ミューラー自身の甥っ子であるヤン・アーチャーを起用する予定だったという。

「私にとって、自分のチームが最大限の成果とリザルトを持ち帰るにはどうしたら良いかを考えた時、テッド(・ビョーク)とともに戦うのは自明の理だった。昨年我々はともに戦い、私は彼のシーズンの一部として機能した。良い関係性ゆえにタイトルを獲得することもでき、良い男で、良いドライバーだからこそ、チームに迎え入れたいと思った」

「同時に、私は自分がクルマを走らせる計画を立てていなかったんだ。当初の計画では、テッドのチームメイトにヤン(・アーチャー)と契約したいと考えていた。しかし残念ながら、優秀なドライバーだけに、先に他のチームとの契約が決まってしまい、彼を迎えることができなかったんだ」

「でも最終的に、ヤンには素晴らしいチームと素晴らしいマシンで戦う環境が与えられたわけだから、まずはそのことを祝福したい。彼は昨年本当に目覚ましい進歩を遂げたからね。だからこそ、私がサーキットでドライブするのはこの1年限りにしたい。来季はそうなればいいと願っているよ」

初開催、WTCR初戦のモロッコ・ラウンドは、この4月7〜8日の週末にいよいよ開幕を迎える。

引退してステアリングを握らなくなるなんて、根っからのレーサーが、そう簡単に出来るんすかねぇ( ̄ー ̄)ニヤリ

まぁ、フル参戦とまではいかなくても、スポット参戦し、ステアリングを握る事になるんやないんすかねぇ?
Posted at 2018/04/09 18:25:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.