• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年01月12日 イイね!

今季は、B・Y・Dの戦いに?

今季は、B・Y・Dの戦いに?『LEON RACINGが17年体制発表。ドライバー変更なしもタイヤはBSにスイッチ!』

スーパーGT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは1月11日、2017年のスーパーGT参戦体制について発表した。昨年に続きマシン、ドライバーに大きな変更はないが、新たにブリヂストンタイヤにスイッチする。

K2 R&D LEON RACINGは、2013年から『LEON RACING』としてスーパーGTに参戦を開始。マットブラックのメルセデスベンツSLS AMG GT3で2015年まで戦った後、16年からはメルセデスベンツAMG GT3にスイッチ。開幕戦岡山では悲願の初優勝を飾った。

2017年に向けては、メンズファッション誌『LEON』とスイス製時計ブランドの『CVSTOS(クストス)』とのコラボ、そしてメルセデスAMG GT3、スピードと安定感をあわせもつ黒澤と蒲生のコンビは変わらず。マシンカラーもふたたびブラックにクストスのウォッチのイメージが組み合わされたものになる。

しかし、非常に大きな変化となるのがタイヤだ。チームはこれまでヨコハマを使用してきたが、2017年からは新たにブリヂストンを装着することになった。FIA-GT3車両では2016年にARTA BMW M6 GT3がブリヂストンを使用していたが、今季はメルセデス+BSという組み合わせが見られることになる。同じメルセデスユーザーながらヨコハマを履くGOODSMILE RACING & Team UKYO、ダンロップを履いて参戦すると思われるGAINERとの対決が見ものだ。

「昨年は皆さまの多大なサポートの下、チーム念願の初優勝することができました」と語るのは、チームを牽引する黒澤。

「今年はブリヂストン様にタイヤサプライヤーとなっていただき、目指す目標はただひとつ。チャンピオンを取りにいきますので、応援よろしくお願い致します」

また、2014年最終戦からチームに加わり、信頼も厚い蒲生は「去年は開幕戦で優勝しましたが、それ以外は悔しいレースが多かった」という。

「今年はチャンピオンを目標にチーム一丸となって戦います。応援よろしくお願いします」

また、1月13〜15日に開催される東京オートサロン2017では、ブリヂストンブースにLEON CVSTOS AMGが展示される予定だ。

K2 R&D LEON RACING 2017年スーパーGT参戦概要
チーム代表:遠藤大介
監督:溝田唯司
ファーストドライバー:黒澤治樹
セカンドドライバー:蒲生尚弥
車両名称:LEON CVSTOS AMG
カーナンバー:65
タイヤメーカー:ブリヂストン
メインスポンサー:PYRAMID
スポンサー:CVSTOS/シュテルン中央
車両メンテナンス:有限会社 ケーツー・アールアンドデー




昨年は開幕戦こそ制したが、その後は、第6戦鈴鹿1000kmともてぎで行われた第3戦の代替戦でシングルフィニッシュしたのみで、ランク13位で、同じメルセデスAMG GT3を使用し、同じヨコハマタイヤを履くグッドスマイル 初音ミク AMGの後塵を拝する結果に・・・

今季はタイヤチェンジの賭けに出て、ランク上位を目指すようですね
Posted at 2017/01/12 20:24:08 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース
2017年01月12日 イイね!

DMACKワールドラリーチームからかぁ・・・

DMACKワールドラリーチームからかぁ・・・『Elfyn Evans' DMACK M-Sport 2017 WRC entry confirmed』

DMACKワールドラリーチームは、エルフィン・エヴァンスを起用し、今季の世界ラリー選手権全戦に2017年スペックのフォード・フィエスタWRCで参戦することを正式に発表した。

エヴァンスは2014年から2シーズンにわたってMスポーツ・ワールドラリーチームからWRカーで世界ラリー選手権に参戦してきたが、2016年はフィエスタR5に降格、イギリス・ラリー選手権とWRC2でシーズンを過ごすことになった。彼はWRC2のタイトルは逃したものの、DMACKラリーチームから出場したイギリス選手権では見事、チャンピオンを獲得、DMACKとともに世界ラリー選手権トップカテゴリーに帰り咲くとことなる。

エヴァンスは、ラリー・モンテカルロではMスポーツ・ワールドラリーチームからノミネートされており、3人目のドライバーとしてチームのマニュファクチャラーポイントを獲得することが可能となる。

「ふたたびWRカーに戻れることに興奮しているよ。しかも、新世代のマシンをドライブできることは本当にエキサイティングだよ。僕はこの12カ月、DMACKとともにラリー活動をしてきたが、それには2017年仕様のタイヤの開発も含まれていたのでとても楽しい経験だったよ。1シーズンもトップカテゴリーから離れていることは辛かったが、いまはさらにやる気に満ちている。DMACKがくれたチャンスを最大限に活かすつもりだよ」とエヴァンスは語っている。
 
また、エヴァンスのコドライバーとしてダニエル・バリットが復帰、二人は今週の金曜日にフランスで行われるモンテカルロのプレテストで2017年シーズンを開始する。



ラリー・モンテカルロではMスポーツ・ワールドラリーチームからノミネートされてた事から、てっきりファクトリードライバーかと思っていたんすが、DMACKワールドラリーチームとはねぇ

まぁ、オジェが移籍して来ちゃったんで仕方のない事なんすが・・・

それにしてもMスポーツは、次世代ドライバーを上手く抱え込んでやすよねぇ

トヨタも見習って、日本人ドライバーを育てるだけでは無く、次世代ドライバーを抱え込んでおいた方がエエんやないっすかねぇ?
Posted at 2017/01/12 19:18:59 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2017年01月12日 イイね!

ヤバイよ、ヤバイよ!(謎爆)

ヤバイよ、ヤバイよ!(謎爆)『仮想現実ゲームの新作『VRカノジョ』がとんでもない紳士ゲー』

実をいうと、人間は優れた生き物である。日常生活を送っていると忘れてしまいがちだが「想像」という特権は唯一無二。他の動物は持ち合わせていない。確かに……と思ったアナタ。一度は「あくまで合法的な妄想」をしたことがあるのではないだろうか。

そして「当然ある」と答えた紳士に朗報だ。来る2017年2月28日、衝撃的なVRゲームが世の中に解き放たれようとしている。タイトルは『VRカノジョ』。YouTubeで紹介されている動画を見たところ、とんでもない紳士ゲーだったのでご報告しておきたい。

・めくれる時代に突入
人は誰にも言えない秘密をひとつやふたつ持っているもの。そして趣味嗜好は人それぞれである。だが、『VRカノジョ』はすべての男たちに刺さる内容と言ってもいいだろう。というのも、紳士の紳士による紳士のためのゲームだったのだ。

ザックリ内容を説明すると、男ならば一度は夢見た光景……あんなことやこんなこと……さらに……なんてことは現実世界で御法度なことがバシバシ出てくるではないか。手が出る、触れる、感じる、めくれる。いやはや、実にスゴい時代になったものだ。

・紳士のたしなみ
男の夢、ここにあり。詳しくは動画を確認して欲しいが、まさしく紳士のたしなみそのものということを約束しよう。女性からすると「エーッ……」と思うかもしれないが、それも男……否、紳士なのである。

ただ、ここのところ草食系男子という言葉ができたように、世はまさにチキンの時代。なんでも仮想現実の世界に彼女を求める男性が多いというから、その流れに拍車をかけないか心配ではある。

▼音量注意


触れると言っても、触感が無いからねぇ・・・

やっぱ、リアルが一番っす(エロ核爆)
Posted at 2017/01/12 18:10:11 | コメント(3) | トラックバック(0) | ニュース
2017年01月12日 イイね!

河童の川流れ?(^^;

河童の川流れ?(^^;『Testunfall von Sebastien Ogier』

2017年の世界ラリー選手権(WRC)にMスポーツから参戦するセバスチャン・オジエが、第1戦モンテカルロに向けたテストでクラッシュするアクシデントがあった。

オジエとMスポーツは現地10日、アルプスでフォード・フィエスタWRCの走行テスト実施。その際、オジエがスピンし、マシンの左リヤタイヤとサスペンションにダメージを負ってしまったという。

この件に対し、Mスポーツ代表のマルコム・ウィルソンはクラッシュの影響は最小限だったと強調。オジエは2日間に渡り、充実したテストをこなしたと語っている。

「テストの進捗には満足しているよ」とウィルソン。

「セバスチャン(・オジエ)とジュリアン(・イングラシア)からのフィードバックは素晴らしいものだ。チームにとって貴重な存在であることを再確認したよ。もちろん、ひとつやふたつ、小さな問題はあったが、それ以外はすべて順調だった」

「昨日も順調に走行距離を稼いだし、スウェーデンでのテストと同様に、フィエスタWRCで多くの経験を積んでいる。今日は些細なこと(クラッシュ)で数時間のブレイクがあったが、その後に走行を再開している」

「理想を言えば開幕までにターマック(舗装路)でのテストをもう少し行いたかったが、仕方がない。ただ、時間は限られているが、さらにマイレージを稼ぐ準備は整っている」

「ラリー・モンテカルロは、かなり特殊な1戦だから、セバスチャンのドライビングが良い結果を運んでくれるだろう」

今後、Mスポーツではオット・タナクが2日間に渡りテストを実施。その後、DMACKブランド下で走るエルフィン・エバンスも第1戦モンテカルロに向けて走り込む予定だ。





本戦では、めったにないオジェのクラッシュ・・・

ワテの記憶では昨年は無く、2015年のWRC第12戦ラリー RACC カタルーニャ - コスタ・ドラダで、後続に50秒を超えるリードを築いて迎えた最終ステージでクラッシュを喫してリタイアして以来かと?

ドリフト(Drift)してクラッシュしてるようなんで「弘法にも筆の誤り」と言うより、「河童の川流れ」と言った方がエエかも?(笑)
Posted at 2017/01/12 07:29:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2017年01月12日 イイね!

やったねペター!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

やったねペター!ヾ(@⌒▽⌒@)ノ『SOLBERG AND KRISTOFFERSSON TEAM UP FOR 2017』

ペター・ソルベルグとヨハン・クリストファーソンは、今シーズンの世界ラリークロス選手権に新チームを結成して参戦することを発表した。参戦マシンのポロRXスーパーカーは、フォルクスワーゲンが世界ラリー選手権への参戦にむけて開発してきたポロWRC 2017がベースになる模様だ。

ソルベルグはこれまで3年にわたって自身のPSRXチームで戦ってきたが、新チームは、スウェーデンのトースビーに本拠をおき、フォルクスワーゲン・スウェーデンとその代理店がサポート、ハノーバーのVWモータースポーツが技術者の派遣などの技術的な支援を行うという。
 
2014年と2015年に世界ラリークロス選手権でチャンピオンに輝いているソルベルグは、昨シーズンは選手権3位に終わり、マニュファクチャラーの技術サポートが得られるマシンでの参戦を心待ちにしてきた。

「夢が実現したよ。フォルクスワーゲン・スウェーデンの支援があり、チームメイトは実力者のヨハン・クリストファーソンがチームメイトになるから、僕らにはすべてが可能だ。僕らの狙いは、最初からチャンピオンを獲得することだ。 PSRXチームとフォルクスワーゲン・スウェーデンのためにそれを達成することが 2017年の僕の目標だ」

「僕は何年もの間、いつかこのような契約を結べるように懸命に努力してきた。やっとここに辿り付けたことは、とても素晴らしい気持だよ。本当に僕の夢だったし、僕らには大きな可能性があると思っている。やるべきことはたくさんあるけれど、すべてが達成可能だと信じているよ」

VWモータースポーツのディレクター、スベン・スミーツは次のように語っている。

「僕らは、ペター、ヨハン(・クリストファーソン)、そしてフォルクスワーゲン・スウェーデンと新しい協力したプロジェクトを楽しみにしているよ。ペタ―のチームとフォルクスワーゲン・スウェーデンが、このプロジェクトの全体を運営するが、成功するために必要なものはこの強固な協力関係がすべて提供することになるだろう」

2017世界ラリークロス選手権は、4月1日から2日にバルセロナRXで開幕する。

苦節3年、創設時からプライベーターで孤軍奮闘して来たペターソルベルグが、ついにワークスマシンを手に入れる事にヾ(@⌒▽⌒@)ノ





こないなマシンで戦えるんだし・・・

これで今季は、タイトル奪還だぁ~!

で、どないなカラーリングになるのかも、気になりやすよね(^^;
Posted at 2017/01/12 06:58:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース

プロフィール

「666って、オーメンかよ(笑)」
何シテル?   10/16 21:53
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

53 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.