• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年08月18日 イイね!

噂通り・・・

噂通り・・・『Juan Pablo Montoya and Dane Cameron join Team Penske for 2018』

アキュラとともに2018年のIMSAウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)に挑むチーム・ペンスキーは8月15日、ファン・パブロ・モントーヤ、デーン・キャメロンの2名をレギュラードライバーとして迎えると発表した。

ホンダの北米向けブランド、アキュラとタッグを組み、来季より新型DPiマシン『ARX-05』でWSCCの最高峰、Pクラスに挑むチーム・ペンスキー。
 
チームはすでにマシンの一部を公開し、8月18日(金)に行われるザ・クエイル・モータースポーツギャザリング内でマシンの初披露を予定しているが、これに先立ち、4名からなるレギュラードライバーのうちの2名として、元F1ドライバーで現役インディカードライバーのモントーヤと、2016年のWSCCチャンピオンであるキャメロンの起用をアナウンスした。

ウイリアムズF1、マクラーレンF1で活躍したモントーヤは、2014年からロジャー・ペンスキー率いるチーム・ペンスキーに加入し、インディカー・シリーズに参戦。2015年には伝統のインディ500を制した。

2016年を最後にインディカー・シリーズへのフル参戦は終了しているものの、今シーズンもペンスキーの下でインディ500に挑み、6位でフィニッシュ。また、スポーツカーレースでは過去に3度、デイトナ24時間で総合優勝を飾っている。

「過去4年間、ロジャーとチーム・ペンスキーと一緒に仕事ができて本当に楽しかった」と語るモントーヤ。

「ロジャーに『アキュラとともに新しいスポーツカーレースを始めないか?』と尋ねられた際には、とても簡単に決断することができたよ。僕はつねにスポーツカーを愛してきたからね」

「アキュラのニューマシンを開発することは、とても楽しいことになるだろう。来週行うARX-05のテストにとても興奮しているよ」

モントーヤとともに2台のうち1台のARX-05をシェアすることになるキャメロンは昨シーズン、エリック・カランとともにアクション・エクスプレス・レーシングの31号車コルベットDPを駆り、シリーズタイトルを獲得。

今季も同チームに所属し、31号車キャデラックDPi-V.Rをドライブして第7戦モスポートで勝利を挙げるなど活躍をみせている。

キャメロンは「チーム・ペンスキーの一員としてレースに挑めることは、レーシングドライバーとして夢のようなことだ。チームのリストに名前が加わることは僕にとって素晴らしい経験になるだろう」とコメント。

「F1やインディなど、豊富な経験を持つファン(・パブロ・モントーヤ)と一緒に仕事をする機会を得て、とても興奮している。忙しくなることが予想されるオフシーズンが楽しみだし、来年のデイトナでは最初から強さをみせるつもりだよ」

噂通りモントーヤが加入となったんすが、モントーヤがディトナ24時間レースのトップカテゴリーで優勝したのは、2013年のライリー MkXXVI-BMWでの事

来月には42歳となるモントーヤが、どんな走りを見せてくれるのか楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/08/18 19:41:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2017年08月18日 イイね!

未来的な次世代マシンねぇ・・・

未来的な次世代マシンねぇ・・・『New Formula E design shouldn't follow F1 ideas - di Grassi』

フォーミュラEは2018/19年のシーズン5から、全く新しいマシンを投入する予定であり、FIAのジャン・トッド会長によると、マシンの見た目に”誰もが驚く”という。

マシンを開発しているスパーク・レーシング・テクノロジーズが今年の2月に発表した初期のコンセプトイメージと、最終版のデザインは大きく異なっているようだ。

フォーミュラEの現在のデザインは、2014年から始まった新しいシリーズを親しみやすく感じてもらうために、F1マシンに近い見た目にするという発想のもとで作られたものだ。

しかしながら、シーズン3のチャンピオンに輝いたルーカス・ディ・グラッシは、フォーミュラEが将来、伝統的なシングルシーターのデザインから脱却することを恐れる理由はないと主張した。

「モノコックをクローズドにしてドライバーを守ることは、マシンをオープンホイールでなくすことにはならない」とディ・グラッシはmotorsport.comに語った。

「実際には、ホイールを覆った方がはるかに効率的だし、マシンの見た目も未来的だ」

「内燃機関を持つマシンでは想像もできないようなコンセプトやデザインが、電動マシンでは可能だ。僕から見てそこが重要なポイントで、現世代の(フォーミュラE)マシンで達成できなかったところだと思う」

「ディフューザーとバッテリーを一体化して、マシンの下を通る高速の気流でバッテリーを冷却したり、ホイールの内側にモーターを搭載したり、あらゆるアイデアが可能だ」

「重要なのは古いアイデアを複製することではない。このシリーズは、新しい技術を使った、完全に未来的なものを生み出すことができるシリーズなんだ」

「現世代のマシンは、ある程度妥協をしなければならなかったことは完全に理解している。だけど、将来的にはそうじゃない」

現世代マシンのサプライヤーであるスパークが、シーズン5のマシンの開発も担当しているが、シーズン3最終戦のモントリオールePrixの際に、フォーミュラEのパートナーたちに最新マシンの情報が一部公開されたようだ。

そのマシンの見た目は、特にマシンのリヤ部分が伝統的なシングルシーターマシンとは大きく異なっているという。また、F1が2018年に導入する予定の”ハロ”も搭載される予定だ。

このマシンは10月に非公式テストが実施された後、2018年初頭に各マニュファクチャラーに1台ずつ、テスト用にマシンが供給される予定だ。

ディ・グラッシはシーズン5のマシンについて、「マシンは大きく変わるだろう。すごくかっこよく見えると思う」と語った。

「(レースを良いものにするために)マシンは大きくなるべきではない。同じようなサイズでなければいけない」

「そして今のマシンより、強い構造にしなければならない。そうすれば、僕たちはマシンが触れ合うような距離でもっとレースができる」

「デザインは良いと思うし、あまり空力が干渉しないようになっている。僕たちにはあまり空力は必要ないんだ。マシンは同じなのに、それが1秒速かったとしても誰が気にするんだ?」

「空力パーツは基本的なモノでなければならず、それがレースに干渉しないようにしなければならない。マシンは効率的で強靭で、安全である必要がある」

「彼らがそういったアイデアを思いつき、マシンの見た目がロボレースのマシンのように、F1の固定観念とは違う最新のモノのように見えれば成功だろう」

そもそもFormulaとは「レーシング・カーの規格を定めたもの」であり、マシンのエクステリアまで定めたモノでは無いんすよねぇ

つまり、あえてF1等に似せる必要性も無く、それこそ90年代に流行した爆走兄弟レッツ&ゴー!!に登場したミニ4駆みたいな形でもエエとワテは思うんすよねぇ(^^;


Posted at 2017/08/18 18:43:57 | コメント(2) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース
2017年08月18日 イイね!

シロ・クロはっきりさせたる!

最近話題(?)の、?マック vs マクド(笑)

『マックなのか?マクドなのか?おいしさ対決!しっとりリッチな東京ローストビーフバーガーVSサクッとやわらか大阪ビーフカツバーガー』ってな事なので、早速行って、ワテがシロ・クロはっきりさせようと(笑)




朝用に、バンズがマフィンになってるのもあるんすが、定番のバンズの方で食する事に


*言っておきやすが、コレ全部が、ワテ一人分やおまへんから(^^;

まずは「東京ローストビーフバーガー」から・・・

謳い文句は「肉の旨みをしっかりと感じるローストビーフと、ジューシーな100%ビーフパティを、カット風バンズでサンドしたバーガーです」との事で、謳い文句通りに肉の旨みがしっかりと感じられ、バンズの感じからか、昔食べた事のある「サブウェイのサンドイッチに似てるとワテには感じられやしたねぇ

続いては「大阪ビーフカツバーガー」

コチラの謳い文句は「サクサク衣のビーフカツと、旨みのギュっと詰まった特製ソースが食欲をそそるバーガーです」との事で、ビーフカツのサクサク感とソースがマッチし、ガッツリと食べられて美味かったっすねぇ

どちらに軍配を上げるかとなると、ワテの味的な好みで言うと、ローストビーフバーガーなんすが、単品で440円とビーフカツバーガーの390円よりも50円も高いんすよねぇゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

で、出した答えは・・・



















両者引き分け(笑)

皆さんの想像通りやったと思うんすが、ホンマ味とコスパを考えると、こうなっちゃうんすよねぇ(^^;
Posted at 2017/08/18 13:10:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月18日 イイね!

今後どのような展開になるのか・・・

今後どのような展開になるのか・・・『Toro Rosso-Honda talks collapse』

ホンダとトロ・ロッソの間で行われていた2018年のF1エンジン供給に関する交渉が決裂したと Autosport が報じた。

ホンダは、2018年にザウバーへの供給を予定していたが、ザウバーは契約を解消して2018年にフェラーリのパワーユニットを搭載することを決定。ホンダは、ザウバーに代わる供給先を探していた。

ホンダは、マクラーレンの開発に役立てるための多くのデータを得るために2つ目のチームにパワーユニットを供給することを望んでいる。

その後、新たな供給先としてトロ・ロッソが浮上。トロ・ロッソは2018年もルノーとの契約を有していたが、F1ハンガリーテストの初日にハンガロリンクで本田技研工業のモータースポーツ部長を務める山本雅史とレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコとの間で交渉が行われ、ホンダとトロ・ロッソとのF1エンジン供給契約が進展したと報じられていた。

しかし、ホンダとトロ・ロッソは、契約の財政面について合意に至ることができず、また2018年にむけて準備するためには合意に至るための十分な時間が残されておらず、両者は交渉を終了することを決定。2018年のトロロッソ・ホンダ誕生の可能性はなくなった。

仮にホンダへの切り替えが実現していれば、3年で3つの異なるサプライヤーから供給を受けることになっていたトロ・ロッソだが、交渉が決裂したことにより、2018年もルノーのパワーユニットを搭載することになる。

この件についてホンダとトロ・ロッソはコメントを控えている。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰したホンダだが、信頼性とパフォーマンス不足によって結果を出せていないことで、マクラーレンとの決別が噂されており、来季もマクラーレンとのパートナーシップを継続できるかは不明となってる。

マクラーレンは、ホンダ以外の選択肢を検討していることを明らかにしており、長年のライバルであるフェラーリ、そして、メルセデスにエンジン供給を打診したが、両社から供給を拒否されている。

マクラーレンがホンダと決別した場合、ホンダはF1から姿を消すことになる。そして、マクラーレンにとってはルノーが唯一の選択肢となる。

すでにマクラーレンのエンジニアは、2018年F1マシンの仕様に取り組んでおり、ルノーが契約に合意するために残された時間は少なくなっている。

ルノーと契約を結ぶことは不可能ではないが、ルノーは信頼性への影響を懸念しており、4つ目のチームにパワーユニットを供給することには消極的だとされている。

トロロッソとの交渉が決裂し、マクラーレンとも決別するとなると、不名誉な形でのF1撤退と言う事になりやすよねぇ?(o´_`o)ハァ・・・

果たして、今後どのような展開になるのか・・・
Posted at 2017/08/18 07:23:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2017年08月18日 イイね!

2017 WRC 第10戦 ADACラリー・ドイチュラント デイ1

2017 WRC 第10戦 ADACラリー・ドイチュラント デイ12017 WRC 第10戦 ADACラリー・ドイチュラント デイ1

2017年世界ラリー選手権(WRC)第10戦ラリー・ドイッチュランドは、木曜日の夕方にザールブリュッケン市街地で行われたタイトなスーパーSSで開幕、クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC)がコンクリートブロックの餌食となってリタイアする波乱が発生するなか、ナローボディのシュコダ・ファビアR5を駆ったシュコダ・モータースポーツのヤン・コペツキがラリーをリードする衝撃の展開となった。

タナクから1秒差の3位にブリーン、1.6秒差でミケルセンとオジエが並んで4位につけ、6位のヤリ-マティ・ラトバラ(トヨタ・ヤリスWRC)もタナクからはわずか1.9秒差と、明日からの激しいバトルを前にトップ10が3秒以内にひしめく状態となっている。

WRC/ALL
1 34 ヤン・コッペキー シュコダ・ファビア R5 2:05.9

2 2 オット・タナック フォード・フィエスタ RS WRC17 2:06.2 +0.3
3 8 クレイグ・ブリーン シトロエン C3 WRC 2:07.2 +1.3
4 9 アンドレアス・ミケルセン シトロエン C3 WRC 2:07.8 +1.9

4 1 セバスチャン・オジェ フォード・フィエスタ RS WRC17 2:07.8 +1.9

6 10 ヤリ=マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリス WRC 2:08.1 +2.2

7 3 エルフィン・エヴァンス フォード・フィエスタ RS WRC17 2:08.3 +2.4
8 6 ダニエル・ソルド ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:08.4 +2.5
9 5 ティエリー・ヌービル ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:08.6 +2.7

10 4 ヘイデン・パッドン ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:08.7 +2.8
  ・
12 12 エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリス WRC 2:11.2 +5.3
12 11 ユホ・ハンニネン トヨタ・ヤリス WRC 2:11.2 +5.3
  ・
  ・
  ・
62 7 クリス・ミーク シトロエン C3 WRC 12:06.2 +10:00.3


WRC2
1 34 ヤン・コッペキー シュコダ・ファビア R5 2:05.9
2 45 ヨアン・ボナート シトロエンDS3 R5 2:11.1 +5.2
3 31 ポンタス・ティデマンド シュコダ・ファビア R5 2:11.2 +5.3

WRC Truophy
1 22 ジャン=ミハエル・ラオー シトロエン DS3 WRC 2:18.7
2 23 ジョルダン・セルデリディス シトロエン DS3 WRC 2:28.5 +9.8

WRC3
1 61 ラファエル・アスティエ プジョー208 R2 2:33.6
2 63 ニル・ソランス フォード・フィエスタ R2T 2:38.0 +4.4
3 64 ニコラ・シアマン フォード・フィエスタ R2T 2:41.3 +7.7

WRC - ADAC Rallye Deutschland 2017: Shakedown Highlights


WRC - ADAC Rallye Deutschland 2017: Highlights SS1
Posted at 2017/08/18 06:56:56 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース

プロフィール

「きっと晴れるって、岡国楽しんで来てな@白天 」
何シテル?   11/16 04:21
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.