• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年12月05日 イイね!

F1 vs トヨタ・ニッサン連合?(^^;

F1 vs トヨタ・ニッサン連合?(^^;『F1 car to race 1200hp Toyota 86 in Adelaide』

今週末に開催されるアデレード・モータースポーツ・フェスティバル( Adelaide Motorsport Festival )の目玉イベントとして、1994年のF1マシンであるフットワークFA15とトヨタ86のバトルが行われるようだ。





ただし、このトヨタ86は只者ではない。”WTF-86”と呼ばれるこのマシンは、日産のR35GT-Rに搭載されている3,799ccのV6エンジン"VR38"を改造して搭載しているという。そのパワーは1,200馬力ながら、公道走行も可能な仕様とのことだ。

このレースは12月9日(土)の午後に、1985年から1995年までF1オーストラリアGPが開催されていたアデレード市街地コースのストレートで行われる。

その他、このイベントにはアロウズA21(2000年)やベネトンB186(1986年)も参加するようだ。

このイベントのディレクターは「アデレードは、混み合う時間帯に都市の中をレーシングマシンが駆け抜けるのを見ることができる、世界でも数少ない場所のひとつだ」と語っている。

WTF-86は、昨年モータースポーツ関連の商品を販売するオーストラリアのStreetFX Motorsportが、R35型日産「GT-R」のツインターボV6エンジンをHKS社によるチューニングで排気量を4.1リッターに拡大し、86に搭載したモンスターマシン

一方のフットワークFA15は、最高出力700psと言われるフォード コスワース HBE 3.5リッター V8 NAエンジン搭載と、最高出力だけを比べると、WTF-86が2倍近くの出力を誇るんすが、確かこの頃のF1マシンの最低重量は500kgだったかと・・・

果たして、どんな結果になるのか楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/12/05 21:08:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2017年12月05日 イイね!

おいおい carview! さんよ(^^;

おいおい carview! さんよ(^^;『似て非なる「ソックリな車」を集めてみた件』

かつての日本メーカーもあった あのクルマのデザインを意識!?

世の中にこれだけのクルマがあるから、”偶然”にも別メーカーの車両と似てしまうということはありますよね。 この”偶然”の多くは、中国メーカーが圧倒的に多いことでも知られており、最近ではレンジローバー・イヴォークに似せたSUVが話題となりました。これに激怒した本家ランドローバー社は、中国当局に訴訟を起こすも認められず、半額以下で販売される”完コピ車”は皮肉なことに売れまくっているようです。 とはいえ、かつての日本メーカーも欧米の車にインスパイア(感化)された時代があったのも事実。偶然にも似てしまったのか、たまたまなのかは不明ですが、そんな例をご紹介しましょう。

【RX-7 & ポルシェ944】

リトラクタブル式のヘッドライトや、空力を意識したボディデザイン。 ポルシェ944の登場から後発で誕生し、類似していたことで”プアマンズ・ポルシェ”と揶揄されたクルマといえばRX-7(FC3S)。しかし、13Bのロータリーエンジンを搭載したライトウェイトなボディは、その高性能ぶりを発揮。似て非なるコンセプトですが、リトラクタブル式に流麗なフォルムを与えたスポーツカーは、必然とこうなっていたのかもしれませんね。

おいおい carview! さんよ(^^;

”プアマンズ・ポルシェ”と揶揄されたクルマといえばRX-7で間違いとは思うんすが、RX-7はRX-7でも、初代SA22Cがアメリカで言われたのが始まりかと・・・

SA22C


924


1975年にポルシェが、ワーゲン・ポルシェというニックネームを持つ914の後継車として924が誕生した後の1978年にSA22Cが登場したために、そう言われたと記憶してるんすが・・・(^^;

まぁ記事にある、FC3と944となると、初代の対決(笑)以上に似ているようにはなったんすが、パフォーマンス的にも同等だったかと思うんすよねぇ

また他には、こないな記事も・・・

【アクア & シトロエンDS3】

ヘッドライト、三角形のフロントグリルなど、なんとなーく似ているのがシトロエンDS3とトヨタ・アクア。 こちらもコンセプトが異なる似て非なるモデル同士ですが、アクアのSUV版「アクアX アーバン」と、ホットバージョンの「DS3レーシング」がオレンジを差し色としたも偶然の一致なのです。この手のコンパクトカーは、ヒュンダイやプジョーなども雰囲気が似ていますよね。

アクアとシトロエンDS3を「なんとなーく似ている」って言う括りにしても、強引過ぎやせんかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

トヨタ・アクア


シトロエンDS3


コレじゃ、黒いクルマ!四角いクルマ!って言う、家の嫁と同レベルかと(笑)
Posted at 2017/12/05 20:26:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | ニュース
2017年12月05日 イイね!

WRC、TCRに続いてWorldRXにも!?

WRC、TCRに続いてWorldRXにも!?『Marcus Gronholm in talks with Hyundai for World Rallycross』

すでにWorldRXに自らのチームであるGRXチームで参戦し、息子のニコラス・グロンホルムを起用しているマーカスは、プライベーターとして2016年型WRカーであるヒュンダイi20 WRCをベースとしたRXマシンを開発し、ヨーロピアン・ラリークロス選手権(EuroRX)で複数回のタイトル獲得経験を持つSETプロモーションとともに、このヒュンダイを走らせる計画を進めていた。

このプロジェクトに対し、マーカス自身は「ヒュンダイからのサポートを期待している」と、ワークス昇格に向けての希望を語った。

「我々はヒュンダイ・モータースポーツと交渉を進めていて、正式決定は間もなくになるだろう」とグロンホルム。

「すべてをともに進められたら最高だけど、まだその段階にはない。ただ時間は容赦なく、迅速に過ぎていくものだし、僕らはすでに12月を迎えた」

「我々は(ヒュンダイ・モータースポーツからの)いくつかのサポートを望んでいるし、最終的にファクトリーチームの形態を採ることにはこだわっていない。2台体制が構築できたら最高だし、それに向けて準備を進めているところだ」

一方、ヒュンダイ・モータースポーツの代表を務めるミシェル・ナンダンも、グロンホルムと話し合いを持ったことを認めている。

「我々はラリークロスで何ができるかについて、マーカスとの話し合いを続けている」とナンダン。

「来シーズンに向け、彼とともに何かできることはないか、方法を模索しているところだ」

GRXチームは2台体制が実現した場合、エースカーにはそのままニコラスをスライドで起用し、2台目のマシンを託す候補として、2014年のGRCグローバル・ラリークロス王者であるジョニ・ワイマンと、ラリー界で若手有望株と目されるヤリ・フッツネンを候補に挙げている。

とくにフッツネンは、WRCでヒュンダイのヤングドライバー・シュートアウトにも合格し、2018年はWRC2への参戦プログラムが用意されるなど、ヒュンダイ・モータースポーツとの関係性も強い。

「もちろん、ジョニ(・ワイマン)はとても興味深く、可能性のあるドライバーだ。ただ我々の予算が潤沢でない場合、いくらかの(資金)持ち込みを期待したドライバー選択をする必要があるだろう」と、グロンホルム。

GRXチームとしては2台体制の構築が最優先ながら、状況次第ではワンカー、もしくは現在走らせているMスポーツ製のフォード・フィエスタRXスーパーカーを継続使用することも視野に入れている。

Mスポーツと繋がりが深いと思われたグロンホルムが、敢えてヒュンダイi20 WRCをベースとしたRXマシンを開発したと言うのは、やはりワークス支援が見込めないと思ったからでしょうねぇ

それにしてもヒュンダイも、WRC、TCRに続いてWorldRXでもワークスとなると・・・

何処から撤退して行くんでしょうかねぇ?(笑)
Posted at 2017/12/05 18:15:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース
2017年12月05日 イイね!

これが、18スペックのTCRマシンか?

これが、18スペックのTCRマシンか?『Der Champion im neuen Design』

フォルクスワーゲンは、2018年シーズンのTCRシリーズに投入する改良型フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCRを初公開した。

TCRシリーズは、FIA-GT3レギュレーションを参考に、新たなツーリングカーレースとして2015年にスタート。現在、安価なコストなどを含め世界中で活気を帯びている。

このシリーズにフォルクスワーゲンが投入しているゴルフGTI TCRは、2017年のTCRインターナショナル・シリーズでジャン-カール・ベルネイのシリーズチャンピオン獲得に貢献。

また、ホンダ・シビック・タイプR TCRやセアト・レオンTCR、アウディRS3 LMS TCRといったライバル勢を抑え、TCRインターナショナルで最多得点を挙げて『モデル・カー・オブ・ザ・イヤー』も獲得している。

日本ではスーパー耐久に新設されたST-TCRクラスにAdenauが投入。第5戦富士で優勝を飾っている。

そんなゴルフGTI TCRの2018年モデルが12月2日に開幕したエッセン・モーターショーに登場。2018年モデルは市販車との同一性を確保するべく、フロント部分の再デザインが行われた。

フォルクスワーゲン・モータースポーツのスベン・スミーツ代表は「ゴルフGTI TCRの新たな外観は、フォルクスワーゲン・デザインとの共同作業により誕生したものだ。これにより、ゴルフの市販モデルとレーシングモデルが密接に関係していることを強調できた」とコメントしている。

「例えば、(ゴルフGTI TCRの)エンジンはレース用に細かな調整は加えているが、市販車に搭載しているものと同じだ」

「これはゴルフGTIというクルマが、我々のカスタマーレーシング活動に最適なモデルであることの象徴だよ」

フォルクスワーゲンは、この2018年型ゴルフGTI TCRを2018年1月から順次デリバリーしていく。











昨年創設されたタイトルをセアトに奪われたフォルクスワーゲンなんすが、今季は最終戦でホンダ・シビック Type-Rを降してモデルカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたフォルクスワーゲン・ゴルフ GTI

4連覇を果たしながらも撤退したWRCを上回る連覇達成に向けての18スペック・モデル投入ってとこっすかね
Posted at 2017/12/05 07:37:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年12月05日 イイね!

ELECTRIC WorldRXに⁉

ELECTRIC WorldRXに⁉『Double DTM champion Timo Scheider in BMW World Rallycross talks』

2度のDTMチャンピオン経験を持ち、2017年に鳴り物入りでWorldRXフル参戦を果たしたティモ・シャイダーは、DTM時代の関係性を頼りにBMWとのフル参戦に向けた話し合いを開始している。

2016年限りでアウディとの関係を解消し、DTMからの引退を決めたシャイダーは、2017年シーズンにMJPレーシング・チーム・オーストリアに加入し、初のWorldRXフル参戦を経験。また、これと並行してVLNやニュルブルクリンク24時間レースではBMWのためにドライブするなど、サーキットでの活動も続けてきた。

BMWのWorldRX参戦に向け、打診していることを認めたシャイダーは「夢と希望に溢れた話し合いであることは間違いないね」と語った。

「現時点でそれ以上のことを言うつもりはないけど、僕らは深く議論しているよ。近い未来についてBMWと意見を交わしていることは秘密でもなんでもない」とシャイダー。

「2020年に導入が予定されている電気自動車によるラリークロスは、メーカーにとっても魅力的なものに映るはずだ。ここまでの会話でも、彼らマニュファクチャラーが電気自動車でのモータースポーツ活動についてどういう青写真を描いているか、それを聞いているだけでも本当に興味深いんだ」

「確かに、僕らのような“オールドスクール”なドライバーはガソリンエンジンが大好きなのは認めよう。でも電気自動車は未来であり、僕らはそれに対処しなくちゃならない。フォーミュラEにどれほどの関与が集まったかを見れば、ラリークロスにも明るい将来が開けるだろう」

今日までで、トップレベルのラリークロス競技にBMWのマシンが使用された例は、イギリスのJRMレーシングが製作した『ミニ・JCWクロスカントリーRXスーパーカー』のみで、ガイ・ウィルクスやリアム・ドーラン、ゲラン・シシェリらがドライブした。

BMWがELECTRIC World RXに参戦するとしたら、ベース車両は何になるんすかねぇ?

マンフレッド・ストールの作り上げたHIPER MK1と名付けられたEVラリークロスマシンは、プジョー207の殻を被っているんすが、やはりBセグメントのクルマがベースじゃないと勝負にならないと思うんすが、BMWだと1シリーズに?

BMWにはEVカーのiシリーズがあるんすが、i3では全長が短過ぎるでしょうし、i8では足回りに難が・・・

となると、あと考えられるのは、噂されているi5(?)ベースに?

チョイと想像がつかないんすが、参戦すれば面白い事になるでしょうね
Posted at 2017/12/05 06:57:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.