• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年01月03日 イイね!

その実力は如何に!?

その実力は如何に!?『R5相当仕様の三菱ミラージュ、WRCスウェーデン参戦へ』

ASN車両の三菱ミラージュが、今季のWRC第2戦ラリースウェーデン参戦に向けて動きを加速させている。選手権規定の特認を受けて、ポイント対象外でFIA選手権参戦車両の後に走行する形での参戦が見込まれている。

このイベントにエントリーを行った最初の8台のうち4台は、スウェーデンのMパートが開発したマシンだ。

ラリースウェーデンのエントリー締め切りは、1月16日となっている。

Entry list
#? Alsdal Fredrik/Nilsson Emil Fredrik Alsdal Škoda Fabia R5 RC2
#? Blomberg Robert/Andersson Lars O'Learys Racing Mitsubishi Mirage R5 NAT4
#? Carlström Joachim/Norman Jörgen Joachim Carlström Mitsubishi Mirage R5 NAT4

#? Holmberg Johan/Bäck Christoffer Johan Holmberg Ford Fiesta R5 RC2
#? Karlsson Anders Nilsson Björn/Anders Karlsson Mitsubishi Mirage R5 NAT4
#? Larsson Sune Oddshammar Håkan/Sune Larsson Mitsubishi Mirage R5 NAT4

#? Roman Joakim/Buskas Madelene Millbrooks WRT Škoda Fabia R5 RC2
#? Sandberg Kjell/Lönnmark Göran/Kjell Sandberg Škoda Fabia R5 RC2

ポイント対象外と言えども、その速さを図る事が出来るかと思うんすよねぇ?

世界の名立たるR5マシンを相手に、その速さを見せ付ける事が出来たならば、是非とも日産がバックアップし、WRCトップカテゴリーには無理なんすが、激戦区のWRC2クラスに参戦して欲しいっすよねぇ~♪
Posted at 2018/01/03 20:17:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年01月03日 イイね!

是非ともトロロッソと共に!

是非ともトロロッソと共に!『ホンダF1、2018年にトロ・ロッソとの力強いスタートを期待』

ホンダは、2018年も同じエンジンコンセプトを継続するおかげでトロ・ロッソと力強いスタートを切ることができることを期待している。

昨年、パワーユニットのコンセプトを一新させたホンダだが、プレシーズンテストから信頼性トラブルが多発。シーズン後半にはパフォーマンスを向上させたものの、開幕前の躓きがマクラーレンに決別を決意されるきっかとなった。

2018年にむけてパワーユニットに改良を加えてさらなる改善を目指しているホンダだが、コンセプトを継続することで、トロ・ロッソとのスタート時に最新パワーユニットに問題が発生した場合は、すでに信頼性が実証されている2017年型のパワーユニットをバックアップとして使用できるという利点がある。

今年までホンダのF1プロジェクト総責任者を務めた長谷川祐介は「同じコンセプトを継続することは大きな助けになります」と Autosport にコメント。

「我々にはさらなるパフォーマンスと信頼性が必要です。シーズンのこの段階でそれははるかに向上しています」

「来年の完全な仕様は確定していませんが、少なくとも我々には現行エンジンというバックアッププランがあります。ですので、来年は順調にシーズンのスタートを切ることが出来ると確信しています」

「我々は去年から今年でエンジンコンセプトを変更しました。それが我々にとって必要なアップデートだったことは間違いありません。我々は正しい方向に進んだと考えています」

「最大の問題は2017年の冬季テストまでにエンジンを完成させることができなかったことです。良いことも試しましたが、完成されるまでにはもっと時間が必要でした」

2018年にむけてホンダはF1の運営体制を変更。長谷川祐介が務めたF1プロジェクト総責任者のポジションは配置され、現場の指揮に専念するテクニカル・ディレクターを設置し、田辺豊治が就任。さくらでのエンジン開発は浅木泰昭が指揮をとる。

長谷川祐介は、ホンダのエンジンコンセプトはライバルに追いつけると確信していると語る。

「我々はコンペティターとほぼ同じコンセプトを採用しているので、他に追いつけない理由はありません」

マクラーレンとの様に、一方的にパワーユニットにのみ高性能を求めるのでは無く、トロロッソとは二人三脚で共に高め合って行く関係を築き、是非ともマクラーレンに一泡も二泡も吹かせて欲しいっすよね
Posted at 2018/01/03 19:21:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年01月03日 イイね!

買っちゃった(^^

子供が、1月26日発売のモンスターハンター:ワールドがやりったいから、PS4が欲しいと・・・

何や、PlayStation®4 (プレイステーション 4) でも、1TBと500GBのスタンダードモデルと、4K対応のハイエンドモデルのPlayStation®4 Pro ってのあるらしく、最初はProが欲しいと言ってたんすが、ゲームをするだけならスタンダードモデルで十分と

ゲームソフトは、もう予約したらしく、後はゲーム機本体を買うだけになってたんすよねぇ

そこで、クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントとお年玉を合わせて、PS4を買う約束してたので、お正月の初売りで、少しでも安く売っていないかと思い、ジョーシンやヤマダ電機、ケーズデンキにエディオン、そしてGEOの価格を比較して、GEOで購入する事に

子供には一応内緒で、嫁と買いに行ったんすが、そこにPS4® グランツーリスモSPORT リミテッドエディション 1TBが売っていて、思わず手に・・・(^^;

遅かれ早かれ グランツーリスモSPORT(GT SPORT)は買うつもりやったんで、それを購入しちゃいやしたヾ(@⌒▽⌒@)ノ誰が喜んでんねん(^^;



ワテは詳しくないんすが、何でもネットに繋いで対戦(?)も出来るとか

ルイス・ハミルトンでも

セバスチャン・オジェでも

ペターソルベルグでも

掛かって来いやぁ~!


って、嘘々(^^;
Posted at 2018/01/03 18:21:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月03日 イイね!

革新的なタイヤ開発に!

革新的なタイヤ開発に!『Michelin: Formula E and WEC more suited to us than F1』

ミシュランは、F1よりもフォーミュラEと世界耐久選手権(WEC)の方が“リスク”を冒すには適切なカテゴリーであると考えている。

2014年のフォーミュラEの初シーズンからタイヤを供給しているミシュランは、昨年12月に同シリーズへのタイヤ供給契約を2020/21シーズン末まで延長した。

ミシュランは、フォーミュラEにドライとウェットの両方のコンディションで使用できるオールウェザータイヤを供給している。また、WECには2012年からトレッド面に溝がないにもかかわらずある程度のウェットコンディションにも対応する「ハイブリッド・インターミディエイトタイヤ」を供給している。

ミシュランのモータースポーツディレクターを務めるパスカル・クアスノンは、WECがオールウェザータイヤの“次の場所”になる可能性があるとし、F1よりもフォーミュラEとWECの方が革新的なタイヤを開発することに適していると考えている。

WECへのオールウェザータイヤ導入の可能性についてパスカル・クアスノンは「それは主催者と話し合う必要のあることだ」と Autosport にコメント。

「リーダーとして、我々はリスクを冒すのが大好きであり、我々はそれを続けていきたいと思っている」

「我々は長年にわたってF1と18インチタイヤについて話し合ってきた。2010年からだと思う。だが、我々はそのようなリスクを冒すことを当事者に納得させることができなかった」

「それらのコンセプトにはWECに導入した雨天で機能するスリックタイヤというかなりクレイジーなものもあったが、それは機能している。それが我々が大好きなことだ」

パスカル・クアスノンは、オールウェザータイヤを優先させたフォーミュラEは、サスティナビリティと市販車との関連性に関する共通のメッセージを唱えているとし、オールウェザータイヤへのフォーミュラEのコミットメントは、ミシュランが関与し続けるために“非常に重要”なことだったと付け加えた。

「我々はこのコンセプトを他のシリーズに導入していくつもりだ。なぜいけない?」

「リスクを冒すためには他の当事者を見つける必要がある。モータースポーツはショーであり、技術面で適切なカーソルを見い出す必要がある」

「オープンホイールカーに18インチタイヤを初めて導入し、未知のものをテストするには完璧だった。うまくいっているし、今後も続けたいと思っている」

昨シーズン、ミシュランはフォーミュラEに約5kg軽量で転がり抵抗を減らして効率を改善させた“バージョン2”のオールウェザータイヤを導入した。

パスカル・クアスノンは、フォーミュラEはミシュランと同じ“精神”を持っており、優れたテストベットを提供してくれたと語る。

「驚くほどのことではないかもしれないが、1kg以上軽いタイヤでも同じパフォーマンスを発揮している。トン数で言えば、一年でかなり多くの材料を節約することができる」

確かに、市販タイヤにその技術を活かすとなると、非現実的なサイズのF1より、FEやWECでのタイヤ初の方が活かせられるでしょうねぇ

これからの市販のミシュランタイヤが、どれだけウェットグリップと省エネ性、さらにドライグリップの高次元で両立したタイヤを出して来るのか期待したいですよね
Posted at 2018/01/03 07:45:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2018年01月03日 イイね!

デイトナ24時間の公式テストに!

デイトナ24時間の公式テストに!『Alonso “out of my comfort zone” in Daytona 24 Hours』

今年初めてデイトナ24時間レースに挑戦するフェルナンド・アロンソは、今週末に行われる公式テストで、初めてデイトナ・インターナショナル・スピードウェイを走ることになった。

アロンソは今年のデイトナ24時間レースに、ユナイテッド・オートスポーツの一員として参加。リジェJS P217を走らせることになっている。このデイトナ24時間のオフィシャル・テストが今週末にデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われることになっており、これにアロンソも参加することになった。

「アメリカでのレースに戻ることができること、再びアメリカのファンの前でレースをできることは、本当に嬉しいことだ」そうアロンソは語った。

「1年も経たないうちに、僕はアメリカでの伝説的なふたつのレースで戦うことになる。このことは僕にとって、とても誇らしいことだ」

「僕はずっと、他のカテゴリーのモータースポーツにも挑戦したいと思っていた。それは、もっと良いドライバーになるためだ」

「走り慣れたカテゴリーから離れて、デイトナ24時間のような象徴的なレースに参加するのは、ただ素晴らしいことだ。そしてELMSのLMP3チャンピオンであるユナイテッド・オートスポーツのようなチームで走るのを、楽しみにしている」

すでに昨年の11月にアラゴンでリジェのマシンをテストしたアロンソ。今回は彼のキャリアで初めて、チームメイトとマシンをシェアして走る機会となる。

「11月にスペインでテストした際、誰もが僕をとても歓迎してくれたし、家族の一員になったように感じた。そしてテストでチームやチームメイトと多くの時間を過ごすことができるのを、嬉しく思っている」そうアロンソは付け加えた。

「マシンに飛び乗り、そして有名なオーバルコースを走るのを待ちきれない。この数カ月の間に、僕はこれまでのデイトナ24時間の何戦かを観てみた。そして実際にそこに行って、自分自身で試すことが大切だと感じた。おそらく、楽しい時間になるだろう」

ユナイテッド・オートスポーツは、今年のデイトナ24時間に2台のマシンを走らせる予定だ。アロンソは23号車に乗り、ランド・ノリス&フィル・ハンソンとマシンをシェアすることになっている。一方32号車には、ブルーノ・セナとポール・ディ・レスタらが乗り込むことになっている。

正直な処、アロンソ自身は勝利に拘っていないのではないかと思うんすよねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

まずはWECでは格下となるマシンで、耐久レースを直に感じ、その走りを学ぼうとしているだけかと・・・

全ては、トヨタのマシンでル・マン24時間レースに参戦して勝利し、まずを二冠を手にするのが目的ですよからねぇ
Posted at 2018/01/03 06:57:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | WEC | ニュース

プロフィール

「まだ、45分もあるのに(自爆)」
何シテル?   08/25 10:46
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

51 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.