• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年01月04日 イイね!

僅か1大会で

僅か1大会で『Neel Jani splits with Dragon team after one Formula E weekend』

ニール・ジャニは、フォーミュラEで1つの週末を終えただけでドラゴン・レーシングを離脱した。

ポルシェのワークスドライバーであるニール・ジャニは、ポルシェのLMP1撤退に伴い、2017/18シーズンのフォーミュラEにむけて独立系チームのドラゴン・レーシングに加入した。

ドラゴン・レーシングは、オフシーズンにファラデー・フューチャー(Faraday Future)とのパートナーシップを解消。

ニール・ジャニとの契約後、ベンチュリー/HWAやアンドレッティ/BMWと類似した提携によりポルシェのエンジニアを配属する可能性について交渉していたが、香港の開幕戦前に頓挫し、実現には至らなかった。

ダブルヘッダーで開催された香港大会では、ニール・ジャニは両方のレースを18位でフィニッシュ。チームメイトのジェローム・ダンブロシオも入賞は果たせず、ドラゴン・レーシングは開幕週で唯一ポイントを獲得できないチームとなった。

ニール・ジャニは「予期せぬ状況の変化により、ドラゴン・レーシングと僕はアライアンスを終わらせることがチーム、そして僕自身の将来のためにベストな利益だと判断した」と Autosport にコメント。

「フォーミュラEを経験する機会を与えてくれたドラゴン・レーシングに感謝したい。今シーズンの彼らの活躍を祈っている」

フォーミュラEを離れたことで、ニール・ジャニは2018年はリベリオンとのLMP1プログラムに集中することになる。

ドラゴン・レーシングはまだニール・ジャニの離脱についてコメントしておらず、来週末のマラケシュ以降に誰がドライバーを務めるかは明らかになっていない。

以前にドラゴン・レーシングは、ロイック・ドゥバル、マイク・コンウェイ、オリオール・セルビアを起用しとり、そのなかではマイク・コンウェイが最有力候補に挙げられている。

ドラゴン・レーシングとすれば、ジャニを起用すれば、ポルシェから何らかの支援を受けられると思ったんでしょうが、思惑が外れたので、資金を持ち込めるドライバーを起用しようとしたんでしょうねぇ
Posted at 2018/01/04 20:22:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース
2018年01月04日 イイね!

SUPER GT 2018 プロモーションビデオ

SUPER GT 2018 プロモーションビデオ『SUPER GT 2018 プロモーションビデオ』

すでに12月中にマレーシアのセパンでテストが行われ、2018年シーズンに向け動き始めているスーパーGT。そんなシリーズのプロモーションビデオが、GTアソシエイションから公開されている。

このプロモーションビデオでは、スーパーGTの迫力のシーンをはじめ、シリーズの解説も収録されているなど、2017年にスーパーGTを見始めたライトなファンにもぜひチェックして欲しい内容となっている。

開幕まであと4ヶ月。このビデオを見ながら、シリーズ開幕を楽しみに待とう。

2018 SUPER GT プロモーションビデオ


2018 SUPER GT Promotional video English


大激戦だった2017年

今年は昨年以上の激戦を期待したいですよね
Posted at 2018/01/04 19:18:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース
2018年01月04日 イイね!

失敗したLMP1の経験が?

失敗したLMP1の経験が?『Nissan: Experience from failed LMP1 project will help in FE』

日産自動車は、2018年末に開幕する第5シーズンから日系自動車メーカーとして初めて、電気自動車フォーミュラカーレース「FIA フォーミュラE 選手権」に、ルノーが組んでいたeDAMSチームとのパートナーシップを引き継ぐかたちで参戦

フォーミュラEは、2015年に失敗したLMP1プロジェクト以来の日産自動車にとっての国際格式のレース参戦となる

「スーパーGTにLMP1、更にDPiまで、日産が関わった全てのモータースポーツの情報を活用して行く」と、日産のモータースポーツ部門であるNISMOのグローバルモータースポーツ・ディレクターであるマイク・カルカモはMotorsport.comにコメント

「これらのプログラムのすべてに優れたエンジニアがいて、知識や経験の全てを共有化する事が出来ます」

「私達は失敗したLMP1プロジェクトで、成功を収めるためには何が必要で、何が不足していたのか、多くの事を学んだ」

「私達は、2世代目の電気自動車であるリーフを発表したばかりだが、長年電気自動車の研究開発を行っている」とも、カルカモはコメント

「レース現場の経験だけでなく、先進のR&Dセンターでの人材と言う、この取り組みに適した多くのリソースを持っている」

まぁ、ある程度はルノーから引き継ぐ経験や技術があるので、初年度からソコソコの活躍は出来るでしょうが、その後は、ルノーに電気自動車の技術を提供したと思っている日産としては、独自技術でタイトルを獲得したいでしょうねぇ

これでWEC(LMP1)見たいにコケたら、国際格式のレースに日産は、恥ずかしくて二度と出て来られなくなるでしょうねぇ
Posted at 2018/01/04 18:32:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース
2018年01月04日 イイね!

全日本ラリー選手権に!

全日本ラリー選手権に!『バースレーシングプロジェクトがホンダシビックタイプRで国内ラリー選手権に参戦』

1月3日、国内外でレース活動を展開するバースレーシングプロジェクト(BRP)が、2018年新型ホンダシビックタイプR(FK8)で国内ラリー選手権へ参戦することを発表した。

BRPは2011年からスーパー耐久へ参戦を続けており、2017年シーズンは新設されたST-RクラスにアウディRS3 LMSでエントリーしてシリーズランキング3位を獲得した。過去には2016年、ニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝も達成している。

国内ラリー選手権には2016年から試験的に参戦していたが、2018年からオリジナルの新型車両を投入する。新型シビックでのラリーカー製作は、世界初の試みだ。

投入するマシンは現行新型車両となるため、実戦投入と並行して開発を進めるという。まずはターマックラリーへの参戦、同時に車両開発を行い、その後グラベルラリー投入が予定されている。

エントリー名は『BRP★ON!ホンダカーズ三重北シビック(FK8)』。現時点で起用されるドライバーは発表されておらず、続報を待ちたいところだ。









クラス区分は、排気量、駆動方式、車両規定の3つの要素を組み合わせたものとなっており、最高峰となるJN6クラスは4WD、JN5クラスは2WDと駆動方式により二分され、JN4クラスとJN3クラスは排気量によって分けられてやす



また、JN2クラスとJN1クラスは最も改造範囲が狭くマシンのコストが安価なRPN車両がまとめられ、JN1クラスにはハイブリッドや電気自動車などのAE車両が、駆動方式や車種を問わず組み込まれているんすが、この事からバースレーシングプロジェクトがホンダシビックタイプR(FK8)が参戦するクラスは、JN5クラスかと

現在このクラスは、プジョー208GTI&R2、シトロエンDS3 R3、アバルト500 R3T、ミニ クーパー ジョンクーパーワークスと言った輸入車が主力で、国産車(?)と言えばヴィッツ GRMN ターボにGT86 CS-R3くらい

是非とも純粋な(?)国産車で、タイトルを獲得して欲しいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/01/04 07:43:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年01月04日 イイね!

フォーミュラEはWECとは・・・

フォーミュラEはWECとは・・・『Audi: FE manufacturer behaviour "completely different" to F1/WEC』

先月上旬に開幕したフォーミュラEシーズン4において、アウディはワークス体制での参戦を開始した。なおこれまでは、ワークス体制での参戦を見据えてアプトと提携してシリーズに参戦していた。

アウディは、フォーミュラEでの活動に力を注ぐため2016年限りでWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスから撤退。今シーズンからワークス体制でフォーミュラEに挑んでいる。

現在のフォーミュラEにはアウディをはじめとして複数のマニュファクチャラーが参戦しており、今後も日産、BMW、メルセデス、ポルシェなどが参戦する予定だ。

アウディのモータースポーツ部門の代表であるディーター・ガスはmotorsport.comに対し、フォーミュラEにはマニュファクチャラー間の非常に強力な結束があると語った。

「ある意味、3つのチャンピオンシップは全く異なるものだ」

「F1では、チャンピオンシップがなくなってしまうかもしれないという問題を抱えることはなかった。もちろん、おそらくの話ではあるが」

「F1はそれほどマニュファクチャラーに依存していない。チームにとってはこれが彼らのビジネスであり、彼らは常にそこに留まることを望んでいる」

「WECはF1以上に難しい。というのも、様々なコンセプトが許されており、マニュファクチャラーはアドバンテージを得るためにルールを理解しようとしてきたからだ」

「参加するチームも非常に少なく、それについては厳しい議論もあった」

「フォーミュラEはまだ若いカテゴリーであり、成長過程にある。初期の頃から関わっている人々もシリーズのことを気にかけている。彼らはよく気が回り、シリーズの面倒をみる必要があるということもわかっている」

「これが正しいアプローチだ。我々がこの方法を継続できることを願っている」

またアウディのフォーミュラEチームの代表を務めるアラン・マクニッシュは、より優れたマニュファクチャラーの参加や個々の関心によって、グループが決断を下す際には、徐々により難しい状況になってしまうと述べた。

「我々は皆の利益を求めて全員の希望を適切な方向性の中に盛り込んできた。ひとつのマニュファクチャラーのためだけではない」

「これまで議論は適度にオープンだった。しかし易しい道のりだとは考えていない」

さらにガスは、議論における”常識”というのは現時点では申し分ないものだが、より多くのマニュファクチャラーが参入してくることを考えても、フォーミュラEは今後起こりうる変化を受け入れなければならないと説明した。

「参加するマニュファクチャラーの増加に伴い、各チーム間の競争力の差が大きくなることを私は恐れている」

「これについては現実的にならないといけない」

いよいよ4シーズン目に突入したフォーミュラEだが、F1やWECの歴史に比べたら、まだまだヒヨッコのようなモノ

要約マニュファクチャラーの独自開発が始まったばかりなのだが、F1の二の舞にだけはならないで欲しいっすよねぇ(謎)
Posted at 2018/01/04 06:55:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース

プロフィール

「金曜にでも、スーパーGT第3戦鈴鹿の〇〇の画像をアップ予定(謎爆)」
何シテル?   05/22 19:48
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
鈴鹿サーキットパレードランオフ2018 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/23 08:12:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.