• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年01月16日 イイね!

ついに、公式の場に!

ついに、公式の場に!『VW Polo GTI R5 Publikumspremiere bei Autosport Show』

フォルクスワーゲン・モータースポーツは、カスタマーチーム向けの4WDラリーマシン、フォルクスワーゲン・ポロGTI R5を、英国バーミンガムで開催中のオートスポーツ・インターナショナルに出展した。ポロGTI R5が公式にお披露目されるのは、これが初めて。

WRCもシリーズローンチを行ったこのイベントで、フォルクスワーゲンのブースにはラリーGBのランプを模したゲートとともに、第6世代のポロをベースとした272馬力のポロGTI R5が展示された。

2017年の序盤から進められてきたポロR5マシンの開発は、フォルクスワーゲンが2013‐2016年に参戦してタイトル4連覇を果たしたWRCで得た、すべての経験とノウハウが盛り込まれているという。11月と12月には、舗装とグラベルで初テストを終えており、今後もテストを重ね、今年後半には最初のカスタマーチームに供給し、初の実戦を迎えられるようにしていきたいとしている。



ついに公式の場でのお披露目となったんすが、早く実戦でその走りを見てみたいっすよねぇヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/01/16 20:13:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年01月16日 イイね!

そうは言ってもねぇ・・・

そうは言ってもねぇ・・・『Vasseur: Sauber is an Alfa A-team, not Ferrari B-team』

ザウバーのチーム代表フレデリック・ヴァスールは、チームがもはやフェラーリのジュニアチームに成り下がったとの見方に反論した。

昨年11月、ザウバーはアルファロメオとのタイトルスポンサー契約を締結。技術面とコマーシャル面の複数年契約を結んだ。アルファロメオは、フェラーリの会長を務めるセルジオ・マルキオンネがCEOを務めるフィアット傘下の自動車メーカーのひとつだ。

ザウバーの元テスト兼開発ドライバーであるギド・ヴァン・デル・ガルデは、チームが事実上のフェラーリのジュニアチームになったとの見解を述べている。

「アルファロメオとの契約のおかげで彼らは今、フェラーリのBチームになった。それは彼らにとってはいいことだ」とギド・ヴァン・デル・ガルデは述べていた。

実際、アルファロメオ・ザウバーは、メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレインを外し、フェラーリの育成ドライバーであるシャルル・ルクレールを起用しているが、フレデリック・ヴァスールはその見方に反論。ザウバーは単なるBチームではないと語る。

「当面はフェラーリのエンジンに頼らなければならないが、会社のエグゼクティブは本格的なアルファロメオ・チームを求めている」とフレデリック・ヴァスールは Auto Herbo にコメント。

「目標はフェラーリのBチームではなく、アルファロメオのAチームになることだ」

「それでもドライバー部門とトレーニング部門という2つの存在の間にはまだ橋渡しはある」

フレデリック・ヴァスールは、数年間の不安定な財政状況の後、安定した財政を見い出すことはチームにとって重要だったと述べ、独立系チームの時代はほぼ終わったと推測した。

「個人的に、長期的にはF1でプライベートチームが生き残るとは思っていない」とフレデリック・ヴァスールはコメント。

「フォース・インディアのようにいくつか素晴らしいシーズンはあるかもしれない。しかし、危機のわずかな兆しで全てが変わってしまう可能性がある」

「アルファロメオとのパートナーシップにとってチームは安定していく」

アルファロメオとの新しい契約にとって、ザウバーはオフシーズン中に人員を増強できるようになった。Auto Motor und Sport は、来月のプレシーズンテストまでにチームが20名の技術スタックを雇用する予定だと報じている。

「第一歩は11月1日に始まった」とフレデリック・ヴァスールは認める。「他は段階的にスタートしていくだろう。多くの点で我々は2018年シーズン後半になってその恩恵を受けることになるだろう」

まぁ、チームとしてはそう言うでしょうが、どうしてもフェラーリのBチームとして見ちゃいやすよねぇ?

それが嫌なら、結果を出すしか無いでしょうねぇ
Posted at 2018/01/16 19:31:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年01月16日 イイね!

今年が正念場に!

今年が正念場に!『三浦愛、2018年も全日本F3にフル参戦「今年で最後のF3挑戦のつもり」』

幕張メッセで行われた東京オートサロンのEXEDYブースで、全日本F3選手権に参戦中の三浦愛がトークショーを行い、その中で今年も全日本F3選手権Cクラスへの参戦を表明。今年で最後のF3挑戦のつもりで全力を尽くすと語った。

全日本F3選手権には2014年から参戦。最初はNクラスで戦い、デビュー2戦目でクラス優勝を遂げた。2016年にはCクラスにステップアップし、昨年は初ポイント獲得を皮切りに上位争いにも顔を出すようになった。

体制は変わらずB-MAX Racingのまま。カラーリングも昨年同様にEXEDYのデザインになるという。

F3ステップアップ当初はフォーミュラカーレースで活躍する数少ない女性ドライバーとして注目を集めていたが、昨年は毎戦のようにポイント争いをするドライバーに成長したこともあり、ライバルも警戒する存在になり始めている。

Cクラス参戦3年目となる三浦だが、今年でF3参戦は最後にするという覚悟を持って挑んでいくと語った。

「Cクラスに上がって今年で3年目。勝負の年だと思っていますし、今年でF3参戦は最後にするつもりで臨もうと考えています」

「3年やってダメなら、(それ以降続けても)ダメだと思うので、ダラダラと続けるのではなく、自分自身を見極めて臨もうかなと思っています」

昨年9月の最終戦以降、マシンに乗る機会がなかったと言う三浦だが、課題である体力面を克服するためのトレーニングに励んでおり、現段階では1年前と比べても落ち着いた状態でシーズンに向けた準備を進めることができているという。

「シーズンオフに入ってからマシンに一度も乗っていないですが、今の精神的な部分で見ると余裕は少しあります。昨年の今の時期と比べるとトレーニングもやりつつ、シミュレーターで練習もして、いろんな環境が変わって、自分がやるべきことをちゃんとやれている気がします。メンタル的なところでは不安要素はあまりなくて、それよりも今の状態でF3に乗ったらどこまで走れるのか……という期待感とか、前向きに捉えられています。そこは1年前よりかはひとつ前に進めたのかなと思います」

「マシンのセッティング面でも、今シーズンのことを考えると昨年は苦しかったけど新しいことを試しておいたのがよかったです。実際にマシンに乗ってみないと分かりませんが、以前よりも自信はあります」

昨年は4位入賞が最高だった三浦。今年はその上を目指していくことはもちろん。シーズン終わりに開催予定のF3マカオGPへの参戦権獲得や、スーパーフォーミュラなどさらに上のカテゴリーへのステップアップも目指して、全力を尽くしたいと意気込みを語っていた。

「今年、全日本で結果を出すことの目的が“次のため”なので、結果を出すことが最終目標ではなく、マカオ出場のため、さらに上のカテゴリーにステップアップするために今年戦っていきたいです。だから今シーズンは、ポイントを獲得するのは当たり前。表彰台にも必ず乗りたいですね。あと予選でも前の方に入れるようにしたいです」

「めちゃめちゃ難しいのは分かっていますが、スーパーフォーミュラに乗せてもいいんじゃないか? という認識になってもらえるような走りを見せていきたいです」

三浦愛選手も、今年で29歳に・・・

今年は正念場となりそうですよね
Posted at 2018/01/16 18:20:42 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2018年01月16日 イイね!

馬鹿だから(笑)

馬鹿だから(笑)『Someone stole a piece of China’s new solar panel-paved road less than a week after it opened』

ソーラーパネルを道路に敷くことは、必ずしも迷案ではないが、しかし問題もあるようだ。たとえば、それを盗む人がいるかもしれない。中国ではまさにそれが起きて、世界で初めてのソーラーパネルで舗装したハイウェイ、と称する道路が、開通からわずか5日後にやられた。

Qilu Evening Newsが報じTechNodeが孫引きしている記事によると、山東省にあるその長さ1キロメートルの実験用道路は、1万枚あまりのソーラーパネルでおおわれ、それらは丈夫な保護層でサンドイッチされている。表側はもちろん透明だ。全体の厚さは3センチになる。パネルには電磁誘導コイルがあり、その上を電気自動車が通ると充電される。表面の雪や氷は熱で溶かす。その実用試験は12月28日に始まった。

しかし1月2日の点検で、小片が切り取られていることが見つかった。幅15センチ長さ2メートル足らずで、勝手に外れたものではない。誰かに盗まれたのだ。でも、誰が何のために?

ソーラーパネルは安いし、大量に盗まれたわけでもない。修理には数千ドルかかると言われるが、でもなぜ、そんな小片を? なぜわざわざ道路開通後に盗んだのか? 妨害行為が目的なら、小片をきれいに切り取るのではなく、大面積を破損したり塗りつぶしたりしただろう。

地元のニュースチャネルが引用している業界筋の話では、それは“プロの集団の”仕業だ、という(Googleの中→英翻訳による)。それなら、説明がつくかもしれない。彼らは技術に関心があったのだ、という説もある。

このソーラーパネルのサンドイッチの模造品を生産して安く売ることに関心のある集団なら、小片を切り取って持ち去ったことも理解できる。模造品は中国ではありふれているが、でもそれは多くの場合、もっと単純な消費者製品に限られているのだが。

道路は修理後再び開通し、その後盗難事件は起きていない。最大の被害は、修理工事の間に通勤者が迷惑したことだろう。警察は、まだ捜査を続けている。

馬鹿民族のやる事やから、我々人類には理解出来やせんよね(笑)
Posted at 2018/01/16 07:23:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年01月16日 イイね!

そう言われてもねぇ・・・

そう言われてもねぇ・・・『Mazda6 AWD: More evidence surfaces』

我々は先月、米国市場の高い需要に応えるべくマツダが「Mazda6」(日本名:アテンザ)のラインアップに4輪駆動を追加することを真剣に検討しているとお伝えした。どうやらそれは予想よりも早く登場する可能性がありそうだ。米国の自動車情報サイト『Motor Trend』が報じたところによると、米国道路交通安全局(NHTSA)のウェブサイトの「Ratings(安全性評価)」ページに、2018年型Mazda6は前輪駆動と4輪駆動の両方のページが存在していたというのだ(現在は、削除されたのか4輪駆動のページは存在しない)。

削除される前に米国版『Autoblog』の筆者が4輪駆動のページを確認したところ、記載内容は前輪駆動モデルの安全性評価と全く同じだった。



日本で販売されているMazda6の別名「アテンザ」には、ディーゼル・エンジンと4輪駆動の組み合わせが存在するが、ガソリンの2.5リッター・エンジンしか導入されていない米国仕様のMazda6には現在のところ4輪駆動の設定がない。つまり、2018年モデルのMazda6に4輪駆動が登場するならば、日本仕様と同じディーゼルが遂に米国にも導入されるか、あるいは多くの人が望んでいる2.5リッター・ガソリン・エンジンと4輪駆動の組み合わせが実現するかのどちらかということになる可能性が高いのだ。米国のマツダ・ファンが色めき立つ理由が、日本の読者にもお分かりいただけるだろうか。

しかし当然ながら、今回の"不手際"によってマツダが米国でMazda6の4輪駆動バージョンを発売することが確実になったというわけではない。間違って作成されたか、あるいはページの作成時に"F"と打つべきところを"A"と打って作成されてしまった可能性も考えられる。

なお、我々が一番希望しているガソリン2.5リッター・ターボ・エンジンと4輪駆動の組み合わせは、現行Mazda6の車体ではレイアウト上の問題があることが分かっている。こればかりは、もし解決するとしてもまだ当分時間が掛かることは間違いない。2018年モデルで実現する可能性は残念ながら極めて低いだろう。

記事には、ガソリン2.5リッター・ターボ・エンジンと4輪駆動の組み合わせは、現行Mazda6の車体ではレイアウト上の問題がある事から、もし解決するとしてもまだ当分時間が掛かることは間違いないとあるが、マツダファンとしては、マツダスピードアテンザ(アクセラ)の登場を期待してしまいやすよねぇ?

アクセラのご先祖様のファミリアは、マツダ323としてWRCで活躍したんすが、現代のWRCではデミオクラスのWRカーが走行し、海外ではデミオのAP4マシンが走行している事からも、4駆システムとハイパワーエンジンを組み合わせた車両の登場、そしてWRC復帰を期待したいっすよねぇ
Posted at 2018/01/16 06:55:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「金曜にでも、スーパーGT第3戦鈴鹿の〇〇の画像をアップ予定(謎爆)」
何シテル?   05/22 19:48
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
鈴鹿サーキットパレードランオフ2018 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/23 08:12:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.