• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年02月15日 イイね!

Modulo Drago CORSE マシンカラー公開

Modulo Drago CORSE マシンカラー公開『Modulo Drago CORSE、NSX GT3のカラーリングを公開』

2018年のスーパーGT GT300クラスに参戦する、Modulo Drago CORSEのマシンカラーリングが公開された。

Modulo DRAGO CORSEは、マシン名をModulo KENWOOD NSX GT3とし、2018年シーズンを戦っていくことになる。カーナンバーは既報の通り34である。

今回発表されたカラーリングは、マットブラックをベースに、赤とホワイトを散りばめた形。ホンダアクセスが開発したNSX GT3専用鍛造ホイールは、表面にアルミニウムの陽極酸化被膜を施し、シルバーに輝いている。

またチームウエアは、文化服装学院とコラボレーションすることになっている。

2018年からGT300クラスに挑むDRAGO CORSE。ドライバーは道上龍と大津弘樹のふたりである。









ブラックの部分が多いので何なんすが、オレンジに見えるレッドの部分が多いと、ARTAのマシンに見えちゃいやすよねぇ?(^^;

WTCC帰りの道上が、どんな走りを見せてくれるのか楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)
Posted at 2018/02/15 20:00:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース
2018年02月15日 イイね!

Autopirtti Ralli 2018

Autopirtti Ralli 2018『ラトバラとハンニネン、タイヤを失ってリタイア』

トヨタGAZOOレーシングWRTのヤリ-マティ・ラトバラは、昨年までチームメイトだったユホ・ハンニネンとともに先週末にフィンランドで開催されたアウトピルッティ・ラリーにトヨタ・セリカGT-FOUR ST165で出場、ラリー・スウェーデンを前にスノードライビングを楽しんだ。

ラトバラとハンニネンは昨年の10月もフィンランドで行われたペウルーンカ・ラリーでフィンランド・チャンピオンに輝いたテーム・アスンマーが駆る最新のシュコダ・ファビアR5を相手に堂々の2位でフィニッシュしており、二人は今回もまたカーナンバーK-AM 583のセリカを駆って、ユヴァスキュラの100kmほど西部に位置するアフタリで開催されたアウトピルッティ・ラリーに出場した。

ラトバラはオープニングSSからリードを広げ、SS3を終えてその差を2分30秒まで広げてみせた。しかし、彼はこのステージの最終コーナーで飛びだしてきたバイクを避けようとしてホイールベアリングを破損、3輪状態でフィニッシュしており、ラリーの続行を断念することになってしまった。
 
「僕らはアウトピルッティ・ラリーのヒストリッククラスで2分30秒もリードしていながら、SS3のあとでリタイアとなってしまった。ホイールベアリングを壊してしまったんだ」とラトバラは語った。

「最後のコーナーで3輪となってしまったのでタイヤを拾ってきたけれど、なんとかサービスに戻ったとしても修理に必要なパーツがないので、ここでマシンを止めることになったんだ」

「大事なことは、ユホ(・ハンニネン)と今日はとても楽しむことができたし、セリカのドライブは信じられないほどだった。スウェーデンで会おう!」

Autopirtti Ralli 2018 Final results
1. #103 Havelin Veli-Matti - Hirvijärvi Lasse BMW 325i E36 38:45.2

2. #94 Bäck Timo - Kari Pasi BMW 325i E36 38:57.4 +12.2
3. #124 Raiski Riku - Raiski Toni BMW 325i E36 39:07.9 +22.7
4. #105 Siirilä Juha - Perämäki Juha-Pekka Honda Civic Type-R 39:16.7 +31.5
5. #107 Raiski Mikko - Mäkinen Marko Toyota Corolla GT 39:22.1 +36.9
6. #50 Lindberg Janne - Bruun Kai Volkswagen Golf I GTi 1.6 39:47.5 +1:02.3
7. #104 Valkonen Anssi - Pohto Jani BMW 325i E36 40:01.7 +1:16.5
8. #36 Juhannusvuori Kimmo - Altti Jussi Ford Escort RS 2000 MKI 40:02.2 +1:17.0
9. #79 Liukkonen Tuomo - Suhonen Vesa Mercedes-Benz 190E 2.3 16V 40:15.1 +1:29.9
10. #100 Hokkanen Hannu - Penttonen Rauno BMW 325i E36 40:19.2 +1:34.0

Retirements
#78 Latvala Jari-Matti - Hänninen Juho Toyota Celica GT-4 (ST165) Wheel (bearing)




結果を求められる仕事としてのラリーでは無いので、思い切りスノードライビングを楽しんだみたいっすね
Posted at 2018/02/15 18:03:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年02月15日 イイね!

進化エンジンを投入へ

進化エンジンを投入へ『Hyundai spendiert dem i20 R5 mehr Leistung』

ヒュンダイ・モータースポーツは、ライバルたちのR5マシンを脅かすためにi20 R5のエンジンを含めた重要なアップデートを行うことを発表した。

R5マシンの勢力図は現在、シュコダ・ファビアR5とフォード・フィエスタR5が2大双璧となっており、なかでもファビアR5は、FIA WRC2選手権、3つのFIA地域選手権、14カ国の国内選手権のタイトルを獲得し、さらに今季にはシトロエンC3 R5、フォルクスワーゲン・ポロGTI R5、プロトン・アイリスR5といった新しいライバルたちも登場する。

2016年のツール・ド・コルスでデビューしたヒュンダイi20 R5は昨年、ツアー・ヨーロピアン・ラリーシリーズ(TER)で王座を獲得したが、R5マシンの頂点ともいえるWRC2ではラリー・フィンランドでトム・ケイブが3位でフィニッシュしたわずか1回のポディウムのみといった状況にすぎない。

ヒュンダイは、i20 R5がデビュー以来2年目を迎えるこの夏の投入に向けて可変バルブタイミングの1.6リットルエンジンを開発、新しいエンジンマッピングを導入してさらなる高出力化を目指すという。それとともに1.6リッターターボのエンジン本体もリファイン、アンチラグシステムを見直すことによるレスポンスの改良を狙う計画だ。こうしたエンジンの改良には、デビューから2年経過して初めて使用できるこのモデルでは最後となるジョーカーが使用され、今回の大型アップデートが可能になったという。

しかし、これらは今季i20 R5に行われる唯一の変更ではない。改良されたダンパーとより広い調整が可能となるランプ角をもつディファレンシャルが3月1日にホモロゲーションを受ける計画となっている。

ヒュンダイ・モータースポーツのカスタマーレーシング・マネージャーのアンドレア・アダモは、カスタマーたちがそれぞれの選手権でi20 R5のより高いパフォーマンスを活用して競争力を上げることが可能となると語った。

「私たちはいつもカスタマーたちがチャンピオンシップの最前線で競い合うことができるようにi20 R5を高める努力をするつもりだ。R5カテゴリーでは開発スピードが速いので、これを保証するためにも絶えず作業しなければならない。今シーズンは、より多くのチャンピオンシップでカスタマーたちが競争しているため、すべてのコンディションで彼らがペースを維持できるように作業を継続する必要がある」とアダモは語っている。



ヒュンダイですら、R5規定のマシンの重要性を理解してるんすから、トヨタも早くヤリスR5マシンを投入しないと、世界市場にも影響して来ると思うんすよねぇ

来季はラリー・ジャパンの復活も叫ばれてやすし、早急に開発・販売し、国内トップラリーストがラリー・ジャパンでR5マシンで走行する姿を見たいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/02/15 07:42:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年02月15日 イイね!

先陣を切って、VF-18 登場!

先陣を切って、VF-18 登場!『Haas first to reveal 2018 F1 car images』

ハースは、2018年F1マシン『VF-18』を公開。全チームのなかで最初に2018年F1マシンを披露するチームとなった。

ハースF1チームは14日(水)に動画を公開。2018年F1マシン『VF-18』を公開した。カラーリングはホワイトを基調にしたものに変更。2018年から搭載が義務付けられるコックピット保護デバイス『Halo』はブラックのカラーリングとなっている。

2018年はレギュレーションに大きな変更はなく、ノーズ形状などは昨年と類似したものだが、シャークフィンとTウィングは廃止となり、昨年10月にザウバーがテストしたのに近いリアエンドが採用されている。

「人々はF1で我々が何ができるかを見ている。人々はハース・オートメーションがワールドクラスの工作機械を作ることができると信じている。F1の参加者は伝統的な広告では得られないレベルの信頼性を得ることができる。我々は弱点だと把握した多くの変数を排除した。我々は一貫性があり、トップチームとのギャップを縮められるクルマを造ることに集中してきた」とハースF1チームのオーナーであるジーン・ハースは語った。

2016年シーズンからF1に参戦したハースは、2年連続でコンストラクーズ選手権を8位で終了。ドライバーは3年目のロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンという昨年のコンビを継続する。

2月26日(月)にバルセロナでスタートするプレシーズンテスト初日はロマン・グロージャンがテストを担当。2日目はケビン・マグヌッセン、3日はグロージャン、4日目はマグヌッセンと交互にテストを実施する。













相変わらずの「短小おチンチンノーズ」で、カラーリングはVF-16に逆戻りしただけで、コックピット保護デバイス Halo をブラックのカラーリングとして目立たなくしただけって感じっすよね
Posted at 2018/02/15 07:12:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年02月15日 イイね!

Rallijs Sarma 2018

Rallijs Sarma 2018『オリヴァー、ラトビア選手権第2戦も2位』

16歳のオリヴァー・ソルベルグは、父ペターと母パニラが見守るなか、ラトビア選手権の第2戦ラリー・サルマをクラス2位でフィニッシュした。

PSAノルウェーとベアテル・O.スティーンの支援によってオリヴァーは今季、自身のチームを結成、ヴェロニカ・エンガンとのコンビでラトビア選手権の2年目のシーズンに挑んでいる。

オリヴァーはキャリアわずか3戦目となるウィンターラリーにもかかわらずSS2でベストタイムを奪ってラリーをリードする。しかし、SS3では18歳のマルティンス・セスクス(プジョー208 R2)がベストタイムを奪って首位に浮上、そのまま逃げ切って開幕戦に続いてLRC3クラスで2勝目を飾っている。

オリヴァーは最後の2つのナイトステージではミスもあったものの、開幕戦に続いてクラス2位でフィニッシュしておる。

「ラリー・サルマで2位でフィニッシュできてうれしいよ。今回は僕にとっての3回目のスノーイベントだったが、開幕戦よりさらによくなったように感じるよ。スピードもよかったし、いくつかのミスはあったけど、多くのことを学び、雪や暗闇のステージでのさらに貴重な経験を得ることができたね。チームとヴェロニカと家族に感謝している!」

昨年のイベントではカッレ・ロヴァンペラとの死闘を制した地元のニコライ・グリアジン(シュコダ・ファビアR5)が今年もオープニングSSから圧倒的な速さをみせつけ、9つのステージすべてを制して2年連続でラリー・サルマのウィナーに輝いている。

Rallijs Sarma 2018 Final results
1.#1 Gryazin Nikolay - Fedorov Yaroslav Škoda Fabia R5 LRC 57:21.1

2.#4 Kaur Egon - Arnek Annika Ford Fiesta Proto LRC 58:42.7 +1:21.6
3.#2 Gorban Valeriy - Larens Sergey Mini John Cooper Works WRC LRC 59:08.6 +1:47.5
4.#7 Bundsen Ranno - Loštšenikov Robert Mitsubishi Lancer Evo VIII LRC1 1:00:20.2 +2:59.1
5.#10 Blums Emils - Eglītis Didzis Mitsubishi Lancer Evo IX LRC2 1:01:01.2 +3:40.1
6.#11 Popov Allan - Krylov Alexey Mitsubishi Lancer Evo IX LRC2 1:01:37.4 +4:16.3
7.#20 Sesks Mārtiņš - Francis Renars Peugeot 208 R2 LRC3 1:01:38.0 +4:16.9
8.#3 Berķis Jānis - Čeporjus Edgars Ford Fiesta R5 LRC 1:01:51.8 +4:30.7
9.#16 Koik Priit - Simm Silver Ford Fiesta Proto LRC 1:02:15.4 +4:54.3
10.#25 Lielkajis Guntis - Grošus Ivars Mitsubishi Lancer Evo IX LRC1 1:02:36.0 +5:14.9
11.#21 Solberg Oliver - Gulbæk Engan Veronica Peugeot 208 R2 LRC3 1:02:42.4 +5:21.3






Posted at 2018/02/15 06:50:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース

プロフィール

「[パーツ] #デミオ レッドブル・イヤーマフ(嘘爆) https://minkara.carview.co.jp/userid/2541884/car/2089842/9308189/parts.aspx
何シテル?   07/07 21:32
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

49 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.