• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年02月19日 イイね!

DRSの廃止ねぇ・・・

DRSの廃止ねぇ・・・『ロス・ブラウン、F1のDRS廃止を望む。レース改善のため速度を犠牲にする考えも』

F1でモータースポーツ担当マネージングディレクターを務めるロス・ブラウンは、将来マシンの開発が進み、最終的に“DRS”が不要な状態になることを望んでいるという。

ドラッグリダクションシステム(DRS)は、グランプリレースにおいてオーバーテイクのチャンスを増やすための人為的な手段として、2011年にF1に導入された。

ブラウンはDRSを支持してはいないが、中期的にはF1に存在することになるだろうと主張している。

「もはやDRSが不要だという段階までマシンが開発されることを期待している。しかしそれは近い将来のことではないだろう」とブラウンはBusiness Lifeに述べた。

ブラウンは、リバティが物事を正しい方へ変えようと検討する際は、細心の注意を払っていると語った。

「レースを改善する前に、何が起きているのかを徹底的に理解する必要がある。本能的な直感に従うこともできるが、今のマシンがどれだけ複雑極まりないかということを考えると、それでは不十分なのだ」とブラウンは話す。

昨年、F1は幅広のタイヤを備え、より大きなダウンフォースを生み出す新仕様のマシンを導入したが、ドライバーたちはたとえDRSの助けがあってもオーバーテイクが急激に一層難しくなったと不満を漏らした。

スピードを落とすことがより良いレースにつながるのであれば、そういった対策を採る必要もあるとブラウンは考えている。

「スピードは重要な役割を担っており、ファンは最速のマシンを見たがっている。だがレースをより良いものにする方法を考えるとしたら、私はスピードを多少犠牲にすることを厭わない」

そもそもDRSは、ストレートでのオーバーテイクぬのみ有効なモノで、ファンが見たいオーバーテイクは、ブレーキング勝負からのコーナーでのオーバーテイクなのに、勘違いしちゃってやすからねぇ

どうせ使い物にならないモンなんすから、さっさと廃止すればエエと思うんすがねぇ
Posted at 2018/02/19 20:15:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年02月19日 イイね!

レッドブル RB14 特別カラーで登場!

レッドブル RB14 特別カラーで登場!『Red Bull reveals its 2018 Formula 1 car』

レッドブルは、2018年シーズン用のニューマシンRB14をオンライン上で公開した。新車を発表したのは、ハース(レンダリング画像のみ)とウイリアムズに次ぐ、3チーム目ということになる。

昨シーズンはダニエル・リカルドが1勝(アゼルバイジャンGP)、マックス・フェルスタッペンが2勝(マレーシアGP & メキシコGP)の合計3勝を挙げたレッドブル。しかしながらコンストラクターズランキングでは、メルセデスとフェラーリに大きく差を付けられた3位に終わった。

その原因は信頼性の欠如。特にシーズン前半にはフェルスタッペン、後半にはリカルドが相次いでトラブルに見舞われたため、多くのポイントを取りこぼす結果となった。その問題の多くはルノーのパワーユニットに起因するものだったが、今季はその信頼性の問題を解消し、ランキングトップ2を目指す。

今季からタイトルスポンサーにアストンマーチンがつき、”アストンマーチン・レッドブル・レーシング”として新たなスタートを切るチームの第1号車RB14は、一見したところ昨年モデルRB13の正常進化版となっているように見える。しかし、薄く小さいサイドポンツーンは印象的だ。

それ以上に印象的なのは、そのカラーリングだ。これまでの赤と黄色を多用していたカラーリングから、濃紺に青のスクエアが配置され、雰囲気が一変している。ただこのカラーリングはスペシャル仕様とのこと。バルセロナテストの際に、正式なカラーリングを発表するとしている。また、リヤウイングにはアストンマーチンのロゴが大きく入れられている。

明日2月20日(火)には、ザウバーとルノーが2018年用マシンを発表する予定になっている。





発表はされたが、迷彩柄ぽいカラーリングで細部を隠してやすよねぇ

果たして今季、三つ巴の戦いに持ち込めるのか、それとも昨年同様、突き放される展開となるのか?
Posted at 2018/02/19 19:11:47 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年02月19日 イイね!

ラリー・スウェーデン WRC2クラスで優勝を!

ラリー・スウェーデン WRC2クラスで優勝を!『勝田貴元、スウェーデンでWRC2初優勝』

ラリー・スウェーデンのWRC2カテゴリーでは、トヨタGAZOOレーシング・チャレンジプログラムで欧州遠征中の勝田貴元(フォード・フィエスタR5)が、見事、WRC2での初優勝を飾った。 日本人ドライバーが世界ラリー選手権のサポートカテゴリーで表彰台の頂点に立ったのは、2007年ラリー・ニュージランドの新井敏弘以来、11年ぶりの快挙になる。

勝田は3日間に渡ってスウェーデンの雪と氷の難しいコンディションにおいて、WRC2選手権の昨年のチャンピオンであるポントゥス・ティデマンド(シュコダ・ファビアR5)とそのチームメイトであるオーレ・クリスチャン・ヴェイビー(シュコダ・ファビアR5)という経験で勝るうえに北欧人である2人と三つ巴で激しいバトルを繰り広げた。 

最終日は勝田が13.6秒をリードして迎えたものの、オープニングステージのSS17でティデマンドに遅れを取り、差を9.8秒に詰められた。それでも勝田は「プレッシャーはない」と述べ、非常にリラックスした様子だった。

続くSS19では、「このステージでは思いきりプッシュした」と語った通り、ティデマンドやヴェイビーを上回るタイムを出す。そして最後に残されたSS19を安全に走り抜き、WRC2カテゴリーでの初勝利を手にした。

「ラリー・スウェーデン! WRC2で勝ちました!! 応援ありがとうございました! 皆さんの応援のお陰で最後まで気持ちを強く持てました! 感謝です!」と勝田はSNSで語っている。

Final results
1 35 勝田貴元 フォード・フィエスタ R5 3:01:27.5

2 31 ポンタス・ティデマンド シュコダ・ファビア R5 3:01:32.0 +4.5
3 32 オーレ・クリスチャン・ベイビー シュコダ・ファビア R5 3:01:58.0 +30.5
4 42 マティアス・アディエルソン シュコダ・ファビア R5 +1:49.3
5 43 ヤンネ・トーヒノ シュコダ・ファビア R5 3:03:57.4 +2:29.9
6 34 ヤリ・フッツネン ヒュンダイi20 R5 3:06:29.6 +5:02.1
7 36 新井大輝 フォード・フィエスタ R5 3:09:07.7 +7:40.2


WRC2 - Rally Sweden 2018: Highlights Friday


WRC2 - Rally Sweden 2018: Highlights Saturday


WRC2 - Rally Sweden 2018: WRC2 Event Highlights


昨年までは、時折速さを見せるものの結果に繋がらなかったんすが、今年はラリー・スウェーデンの前哨戦として挑戦したアークティック・ラップランド・ラリーで3位フィニッシュし、初表彰台を獲得したのが自信に繋がったのかも知れやせんよねぇ

ラリーチャレンジプログラム前からラリー畑を歩んで来た新井大輝としては、今回はメカニカルトラブルもあり低迷しやしたが、次は負けられ無いでしょうね
Posted at 2018/02/19 18:12:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年02月19日 イイね!

インディカーシリーズに!?

インディカーシリーズに!?『Cosworth seeking engine partner for IndyCar』

2008年の4月を最後にアメリカのオープンホイール・レースから姿を消していたコスワースが、インディカーに参戦すること念頭に、シリーズ側と交渉を行っているようだ。

コスワースのパワートレイン担当マネージングディレクターであるブルース・ウッドは、インディカーと会談していることを認めたものの、それを実現させるためには、プロジェクトの資金を手にするためのOEMが必要だと語った。

「我々は素晴らしいモーターレースの遺産を持っている。そして正しいOEMパートナーと共に、再び一流のレースを戦うことを熱望している」

ウッドはそうmotorsport.comに対して語った。

コスワースはかつて、トヨタやホンダと戦うべく、シボレー用の自然吸気V8エンジンを作っていた。

「我々はインディカーの人々と、絶えず話し合いを続けてきた。他のカテゴリーと比較して、インディカーは非常に経済的に行うことができる。チームを所有する必要もない」

またウッドは、インディ500の人気は、非常に魅力的だと語った。

「インディに参戦するには、OEMにならなければならない。もし、資金を提供してくれる正しい企業を見つけることができれば、インディに戻ることは魅力的だ」

インディカーも現在のエンジンサプライヤーであるシボレーとホンダに続く、3つ目のメーカーを探していると言われている。

今年の1月には、フィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)会長兼CEOのセルジオ・マルキオンネが、アルファロメオの名前でインディカーに参戦する可能性を示唆。その後、インディカーの競技委員長を務めるジェイ・フライは、第3のOEMメーカーを迎え入れるために、数々のミーティングが行われていたことを明らかにした。

「この数カ月間、特に2017年シーズンが終わった後に、インディカーに参戦する可能性について、OEMと数多くの会議を行った」

フライはそうmotorsport.comに対して語った。

「10回前後、そういう会合を行った。いくつかは初期の話し合いだったが、その他の幾つかは、少し話が進んだモノだった」

インディカーの広報担当者は、コスワースのコメントに応える形で、次のように語った。

「コスワースは、確かにインディカー・シリーズ用のエンジンを作ることができる」

「かつてコスワースがフォードやシボレーと行っていたように、そういった製造メーカーはOEMとしてのバッジを必要としている」

なおコスワースは、2021年からのF1の新しいエンジン規則の議論にも携わっている。

1980年代半ばF1に於いてコスワースは、ターボエンジンの台頭により、弱体化の道を進んでいたが、インディカーシリーズに於いては、80年代後半まで英華を誇っていたんすよねぇ

そんなコスワースがインディカーシリーズに戻って来るとなると、面白い事になりそうですよね
Posted at 2018/02/19 07:26:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2018年02月19日 イイね!

2018 WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン レグ3

2018 WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン レグ32018 WRC 第2戦 ラリー・スウェーデン レグ3

2018年世界ラリー選手権第2戦スウェーデンは、ヒュンダイ・モータースポーツのティエリー・ヌーヴィル(ヒュンダイi20クーペWRC)がリードを守り抜いて、優勝を飾った。スカンジナビア人以外で同ラリーを制したのは、セバスチャン・ローブ、セバスチャン・オジエに続いて3人目となる。昨年、ヌーヴィルは勝利をほぼ手中に収めながらも、土曜日夜のスーパーSSでクラッシュして勝利を逃したが、その雪辱を今回、見事に果たした。

「一つのミスを除いては本当に良い走りができた」と渾身のドライビングでステージ最速タイムを刻んだラッピに対して、パッドンはクレストで一時ストールして11.5秒を失い、結果、ラッピがトヨタ勢としては最上位となる総合4位に。

7位となったラトバラは昨年のように優勝とはいかなかったものの、「厳しいラリーだったが、僕たちはフィニッシュし、ポイントを得た。そのことが最も重要だ」と、彼は選手権全体を考えていることを強調したが、今回の結果には納得していないことをこわばった表情が物語っていた。

タナクは、初日に2番手出走でステージコンディションの影響を受け、2日目はトラブルが発生したクリス・ミークをコース上で抜こうとしてコースオフし、順位を落とし9位でフィニッシュしている。

WRC2カテゴリーでは、トヨタGAZOOレーシング・チャレンジプログラムで欧州遠征中の勝田貴元(フォード・フィエスタR5)が、見事、WRC2での初優勝を飾った。

WRC
1 5 ティエリー・ヌービル ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:52:13.1

2 11 クレイグ・ブリーン シトロエン C3 WRC 2:52:32.9 +19.8
3 4 アンドレアス・ミケルセン ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:52:41.4 +28.3
4 9 エサペッカ・ラッピ トヨタ・ヤリス WRC 2:52:58.9 +45.8

5 6 ヘイデン・パッドン ヒュンダイ i20 クーペ WRC 2:53:07.5 +54.4
6 12 マッズ・オストベルグ シトロエン C3 WRC 2:53:28.4 +1:15.3

7 7 ヤリ=マティ・ラトバラ トヨタ・ヤリス WRC 2:54:18.0 +2:04.9

8 3 テーム・スニネン フォード・フィエスタ RS WRC17 2:55:05.3 +2:52.2
9 8 オット・タナック トヨタ・ヤリス WRC 2:55:57.5 +3:44.4

10 2 エルフィン・エヴァンス フォード・フィエスタ RS WRC17 2:57:40.5 +5:27.4
11 1 セバスチャン・オジェ フォード・フィエスタ RS WRC17 3:00:58.5 +8:45.4

  ・
  ・
  ・
  ・
32 10 クリス・ミーク シトロエン C3 WRC 3:22:24.4 +30:11.3


WRC2
1 35 勝田貴元 フォード・フィエスタ R5 3:01:27.5

2 31 ポンタス・ティデマンド シュコダ・ファビア R5 3:01:32.0 +4.5
3 32 オーレ・クリスチャン・ベイビー シュコダ・ファビア R5 3:01:58.0 +30.5
  ・
  ・
6 34 ヤリ・フッツネン ヒュンダイ i20 R5 3:06:29.6 +5:02.1
7 36 新井大輝 フォード・フィエスタ R5 3:09:07.7 +7:40.2


WRC3
1 63 デニス・ラドストローム フォード・フィエスタ R2T 3:16:26.0

2 61 エミール・ベルグクヴィスト フォード・フィエスタ R2T 3:16:33.3 +7.3
3 66 ユリウス・タンナー フォード・フィエスタ R2T 3:21:09.2 +4:43.2

WRC - Rally Sweden 2018: Highlights Stages 12 - 15


WRC - Rally Sweden 2018: Highlights Stages 16-18


WRC - Rally Sweden 2018: Power Stage Highlights
Posted at 2018/02/19 07:01:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース

プロフィール

「金曜にでも、スーパーGT第3戦鈴鹿の〇〇の画像をアップ予定(謎爆)」
何シテル?   05/22 19:48
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
鈴鹿サーキットパレードランオフ2018 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/23 08:12:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.