• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年05月14日 イイね!

トヨタ優位のEoTを認めてるなら・・・

トヨタ優位のEoTを認めてるなら・・・『Beaumesnil: LMP1 EoT Can Change “At Any Time”』

ACOフランス西部自動車クラブのスポーツディレクターを務めるビンセント・ボーメニルはWEC世界耐久選手権のLMP1クラスのハイブリッド車両とノンハイブリッド車両のパフォーマンスを均等化するための技術規定、EoT(Equivalency of Technology/技術の均等化)は、“いついかなる時も”変更可能だという考えを示した。

このEoTは、ハイブリッド車であるTOYOTA GAZOO RacingのトヨタTS050ハイブリッドと、ハイブリッドシステムを搭載していないプライベーターチームのLMP1マシンの性能差を調整するためのもの。

具体的には、1周あたりに使用できるエネルギー量とガソリンの最大搭載量、最低車両重量、最大燃料流量などでパフォーマンスが調整されている。

EoTはシリーズ開幕前に公示され、その後4月上旬に行われた公式テスト“プロローグ”の結果を受けて数値が調整。そのEoTをもって、トヨタのワークスチームと各プライベーターは2018/19年WEC“スーパーシーズン”第1戦スパ・フランコルシャンに臨んだ。

しかし、この第1戦スパではトヨタが群を抜くパフォーマンスを発揮。ポールスタートだった8号車TS050ハイブリッドが優勝、ペナルティにより1周遅れでのスタートとなった7号車TS050が総合2位に入っただけでなく、プライベーター勢では最速だったレベリオン・レーシングのレベリオンR13・ギブソンを2周遅れにするほどの圧倒ぶりをみせている。

これまでEoTの改定は毎年ル・マン24時間の後、シーズンに1回限り許可されていたが、この結果を受けて、ボーメニルはシーズン中に回数の制限なく数値を変更する可能性を示唆した。

「当初定めたEoTを優れた規定だと考えている。本質の部分では確かなものだ」とボーメニル。

「しかしデータとパフォーマンス分析を行った結果、変更が必要なことが分かった。もちろん我々はEoTをいつでも変更することができる」

「変更できなければおかしいんだ。そうでなければフェアにならないからね」

ボーメニルはハイブリッドシステムを搭載している車両がLMP1の手本であるとしており、ハイブリッド車がアドバンテージを得られるようにEoTを調整。その目標は、ル・マン24時間のラップタイムで1周0.5秒のギャップをハイブリッド車(トヨタ)とノンハイブリッド車に設けることだとしている。

加えて、ル・マンでは燃費で優れるトヨタ勢に1度の給油で5秒のアドバンテージ、1スティントあたりライバルより1周長く走行できるため、合計で8分近いアドバンテージが得られる可能性もある。

■トヨタの勝利が“普通”であり、負けるようなことがあればニュースになる
この状況にもかかわらず、ボーメニルはEoTでノンハイブリッド勢に与えられたパフォーマンスは、ギャップを縮めるための“ギフト”であるとコメント。そのギフトがトヨタ勢のレベルを上回るものにはならないと語った。

「最先端のリファレンスマシン(TS050ハイブリッド)が遅れを取らないようにしなくてはならない。なぜなら、ノンハイブリッド車のほうが車重が軽く、燃料も多く使用でき、空力性能にも余裕があるからだ」

「プライベーターがワークスと競えるように手助けしながら、我々が掲げている主義をすべて守ることはできない。そんなことをすれば物事を制御できなくなり、混乱を引き起こしてしまう」

「こういった考えを持たない者がいることも分かっているが、それでもレースに参戦するプライベーターにはチャンスになっている」

トヨタのテクニカルディレクターを務めるパスカル・バセロンは、このスーパーシーズンでトヨタが優勝できないレースがあったら驚きだとし、ノンハイブリッド勢に対してパフォーマンスと燃料の面で優位性があることを認めた。

「我々が勝つのは普通のことだ。もし負けるようなことがあれば、それはニュースになる」とバセロン。

「結局のところこれが今の状況であり、我々はそれを受け入れている」

「これまでと同じレギュレーションだったら、我々にはさらに多くのアドバンテージがあっただろう。今回のレギュレーション変更で得たものはないんだ」

こう語るバセロンは第1戦スパでトヨタとプライベーターに課せられたEoTに“格差”があったことについて、「いまだ発展途上にある」と考えていると明かした。

「FIAとACOを信頼しなければならない。彼らはすべてのデータを持っているのだからね。すぐさま完全に正確なことを行うのは非常に難しいことだ」

■プライベーターからはEoTの修正を望む声も
開幕戦をトヨタ勢に次ぐ総合3位で終えたレベリオン・レーシングに所属するニール・ジャニは、第1戦終了後に「『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』(新しいトレンドはオレンジ色)というテレビドラマがあるけど、僕たちにとっては、『新しい1位は3位!』がトレンドだ」とトヨタに対する“敗北宣言”とも取れるコメントを残している。

レベリオン・レーシングはレース後のプレスリリースで、ル・マン24時間で各チームが“戦って、見ごたえあるショーができるよう”、EoTを修正する必要があることは明白だとの声明を発表した。

「ハイブリッド勢のアドバンテージが見直されないのなら、競技は魅力のないものになるだろう」とレベリオンの副会長カリム・ボウハドラは述べている。

トヨタ優位のEoTを認めてるなら、ル・マン24時間レースまで見直して欲しいっすよねぇ?

まぁ、トヨタ悲願のる制覇を果たしてからの実施となるのは、目に見えてるんすがね
Posted at 2018/05/14 20:15:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | WEC | ニュース
2018年05月14日 イイね!

2018 RD3: Coyote World RX of Belgium

2018 RD3: Coyote World RX of Belgium2018 RD3: Coyote World RX of Belgium

FIA世界ラリークロス選手権第3戦ベルギーRXは5月13日に最終日を迎え、チーム・プジョー・トタルのセバスチャン・ローブ(プジョー208 WRX)が今季初優勝を飾り、ポイントランキングでも2位へと浮上することになった。

ベルギーRXはセミファイナル・レース1を制した選手権リーダーのヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロR)がポールポジション、ローブがフロントローにマシンを並べることになった。しかし、朝の雨が残って滑りやすくなったグリッドではセミファイナルの2レースともにポールポジションのドライバーがスタートに失敗しており、ファイナルもドラマが起きることになった。

素晴らしいスタートを切ったローブに対して、なんとクリストファーソンはスタートに失敗、1コーナーにトップで進入したローブのあとに続こうとしたが、すでに行き場を失ってイン側のバリアに接触、あわや横転すれずれでチームメイトのペター・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロR)に激しくヒットして2台はもつれるようにワイドになってしまう。この混乱で3列目のグリッドからスタートしたティミー・ハンセン(プジョー208 WRX)が1コーナーで2台のフォルクスワーゲンをパスして2番手で浮上することになる。

ハンセンはセミファイナル2レースをポールポジションからスタートしたもののスタートに失敗した一人だ。彼は接触のあとスピンしたため5番手まで後退したが、そこから激しい追い上げをみせて3番手でゴール。ファイナルは最後尾のグリッドからスタートしていたが、クリーンなポジションから運良くローブに続くことになり、チーム・プジョー・トタルがレース序盤で1-2態勢を築くことになった。

いっぽう、チームメイトに接触されたソルベルグはクリストファーソンに続いて4番手で続いていたが、1周目でジョーカーラップを選択、後方からベストタイムを刻んで猛追を開始することになる。

1-2態勢でレースを引っ張った2台のプジョーはともに4ラップ目でジョーカーラップ、ローブが暫定首位をキープするものの、2ラップ目にバリアに接触してややタイムを落としたハンセンはソルベルグに並ばれて2位を譲ることになってしまう。

ソルベルグはファイナルラップでもこのレースの最速ラップを刻んでローブを猛烈にプッシュしたが0.44秒及ばず、ローブが2016年のラトビアRX以来となる2年ぶりの優勝を飾ることになった。

2位にはソルベルグ、3位にはハンセンが続いて、プジョーはダブルポディウムを達成することになった。

GRXのヒュンダイi20は2台とも速さをみせてセミファイナルに進出することになった。ニクラス・グロンホルムはウェットとなったQ3で3番手タイムと速さをみせたあと、Q4でも素晴らしいスタートを切ったが、1コーナーでクリストファーソンに接触されてコースオフしながら予選11位となったが、セミファイナルでは惜しくも4番手。また、ティムール・ティメルジャーノフも予選8位につけたが、スタート直後のティミー・ハンセンのスピンに巻き込まれてファイナルに進むことはできなかった。

スポットで地元戦に出場した元WRCドライバーのフランソワ・デュヴァル(アウディS1)は予選13番手に終わり、惜しくもセミファイナルに進むことができなかった。

Qualifying: Q1
1. Petter SOLBERG 02:45.223

2. Sébastien LOEB 02:45.779
3. Timmy HANSEN 02:46.970
4. Johan KRISTOFFERSSON 02:47.090
5. Kevin HANSEN 02:47.515
6. Mattias EKSTRÖM 02:48.290

Q1 Highlights | World RX of Belgium


Qualifying: Q2
1. Mattias EKSTRÖM 02:44.169
2. Timmy HANSEN 02:44.184
3. Petter SOLBERG 02:44.711

4. Sébastien LOEB 02:45.438
5. Johan KRISTOFFERSSON 02:45.747
6. Kevin HANSEN 02:46.684

Q2 Highlights | World RX of Belgium


Qualifying: Q3
1. Timmy HANSEN 02:53.469
2. Johan KRISTOFFERSSON 02:54.620
3. Niclas GRÖNHOLM 02:54.771
4. Andreas BAKKERUD 02:55.519
5. Janis BAUMANIS 02:55.837
6. Jérôme GROSSET-JANIN 02:56.320
  ・
  ・
10. Sébastien LOEB 02:58.085
11. Petter SOLBERG 02:58.423


Q3 Highlights | World RX of Belgium


Qualifying: Q4
1. Petter SOLBERG 03:03.188

2. Kevin HANSEN 03:04.657
3. François DUVAL 03:05.846
4. Guerlain CHICHERIT 03:06.069
5. Grégoire DEMOUSTIER 03:11.274
6. Timmy HANSEN 00:00.000

Q4 Highlights | World RX of Belgium


Semi Final 1
1. Johan KRISTOFFERSSON 04:17.270
2. Petter SOLBERG 04:19.468

3. Mattias EKSTRÖM 04:20.794
4. Niclas GRÖNHOLM 04:23.636
5. Kevin HANSEN 04:24.398
6. Robin LARSSON 01:46.079

Semi Final 2
1. Sébastien LOEB 04:10.869
2. Andreas BAKKERUD 04:17.333
3. Timmy HANSEN 04:17.664
4. Janis BAUMANIS 04:20.420
5. Guerlain CHICHERIT 04:21.583
6. Timur TIMERZYANOV 04:30.364

Final
1. Sébastien LOEB 04:05.108

2. Petter SOLBERG 04:05.555

3. Timmy HANSEN 04:06.910
4. Mattias EKSTRÖM 04:07.068
5. Johan KRISTOFFERSSON 04:07.203
6. Andreas BAKKERUD 04:08.139

World RX Final | World RX of Belgium
Posted at 2018/05/14 19:19:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース
2018年05月14日 イイね!

2018 F1 第5戦 スペインGP 決勝結果

2018 F1 第5戦 スペインGP 決勝結果2018 F1 第5戦 スペインGP 決勝結果

2018年のF1世界選手権 第5戦 スペインGPの決勝が13日(日)にバルセロナのカタロニア・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンで前戦に続いて今季2勝目、通算64勝目を挙げた

トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが12位、ピエール・ガスリーはロマン・グロージャンがターン3で単独スピンしたのに巻き込まれリタイアに
順位 No ドライバー チーム

1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス

2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス
3 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル
4 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ
5 3 ダニエル・リカルド レッドブル
6 20 ケビン・マグヌッセン ハース
7 55 カルロス・サインツ ルノー
8 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン
9 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア
10 16 シャルル・ルクレール ザウバー
11 18 ランス・ストロール ウィリアムズ
12 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ

13 9 マーカス・エリクソン ザウバー
14 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ

(R) 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン
(R) 31 エステバン・オコン フォース・インディア
(R) 7 キミ・ライコネン フェラーリ
(R) 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー
(R) 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ



(R) 8 ロマン・グロージャン ハース

2018 Spanish Grand Prix: Race Highlights


2018 Spanish Grand Prix | Lap 1 Crash From All The Angles
Posted at 2018/05/14 07:24:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年05月14日 イイね!

ADAC Zurich 24h-Rennen Race Result

ADAC Zurich 24h-Rennen Race ResultADAC Zurich 24h-Rennen Race Result

第46回ADACチューリッヒ24時間レース(ニュルブルクリンク24時間レース)は5月13日、決勝レース中の深夜2時頃から雨が降り、いったんは小康状態だったものの、夜が明けた頃からふたたび雨が降りはじめ、レース終盤の11時59分、レース中断を告げるレッドフラッグが提示されていた

赤旗中断が現地時間14時に解除されて1時間30分の戦いが展開され、ここで逆転しトップに立ったマンタイ・レーシングの912号車ポルシェ911 GT3 R(リヒャルド・リエツ/パトリック・ピレ/フレデリック・マコウィッキ/ニック・タンディ)が優勝を飾った

SP-PROクラスに参戦するTOYOTA GAZOO Racingの土屋武士/松井孝充/中山雄一/蒲生尚弥組56号車レクサスLCは、明け方にグランプリコースで雨に起因するエンジントラブルに見舞われ大きく順位を落としたものの、しっかりと総合99位でフィニッシュ

SP3Tクラスに参戦するスバルのカルロ・バンダム/ティム・シュリック/山内英輝/井口卓人組90号車スバルWRX STIは、序盤のトラブルを克服した後はウエットコンディションにも助けられ快調に周回していたものの、残り1時間ほどというところで、電気系のトラブルでストップしたが、必死の作業でふたたびコースインし、総合62位(SP3Tクラス優勝)という結果を残した

SP8クラスに参戦したNovel Racingの佐々木孝太/吉本大樹/ドミニク・ファーンバッハー/マリオ・ファーンバッハー組42号車レクサスRC Fは小さなトラブルを抱えながら、ドライバーたちが好ペースで周回を重ね、総合45位(クラス2位)、43号車レクサスIS F CCS-Rの東徹次郎/小山佳延/松井猛敏/佐々木孝太組も順調に走行を重ね総合46位(クラス3位)と表彰圏内を獲得、梅本淳一と奥村浩一が乗り込んだ125号車ルノー・クリオも、総合87位(クラス5位)でフィニッシュした

1 912 SP9 Manthey Racing Porsche 911 GT3 R 135 Lap 24:00:09.010

2 4 SP9 Mercedes-AMG Team Black Falcon Mercedes-AMG GT3 135 Lap 24:00:35.423 +26.413
3 5 SP9 Mercedes-AMG Team Black Falcon Mercedes-AMG GT3 135 Lap 24:10:32.377 +9:56.954
4 7 SP9 Aston Martin Racing Aston Martin Vantage 134 Lap 24:00:15.409 +1 Lap
5 6 SP9 Black Falcon Mercedes-AMG GT3 134 Lap 24:03:42.581 +1 Lap
6 1 SP9 Audi Sport Team Land Audi R8 LMS 133 Lap 24:03:24.433 +2 Laps
7 3 SP9 Audi Sport Team Phoenix Audi R8 LMS GT3 133 Lap 24:04:25.185 +2 Laps
8 22 SP9 Wochenspiegel Team Monschau Ferrari 488 GT3 132 Lap 24:02:29.072 +3 Laps
9 44 SP9 Falken Motorsports Porsche 911 GT3 R 132 Lap 24:02:31.260 +3 Laps

10 16 SP9 Landgraf Motorsport Mercedes-AMG GT3 132 Lap 24:03:13.780 +3 Laps
  ・
  ・
  ・
45 42 SP8 Ring Racing with Novel Lexus RCF 117 Lap 24:00:36.589 +18 Laps(SP8クラス2位)
46 43 SP8 Novel Racing Lexus ISF CCS-R 117 Lap 24:01:07.365 +18 Laps(SP8クラス3位)

  ・
  ・
  ・
62 90 SP3T Subaru Tecnica International Inc Subaru WRX STI 112 Lap 24:02:41.209 +23 Laps(SP3Tクラス優勝)

  ・
  ・
  ・
87 125 SP3 Renault Clio Cup 103 Lap 23:55:29.386 +32 Laps(クラス5位)
  ・
96 56 SP-PRO Toyota Gazoo Racing Lexus LC 97 Lap 24:12:04.775 +38 Laps(クラス優勝)


24h Race Nürburgring 2018 | Full Race Highlights


Crazy Crashes at the Nordschleife | ADAC Zurich 24h-Race 2018 at the Nürburgring
Posted at 2018/05/14 07:12:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2018年05月14日 イイね!

F2 Series 2018 Circuit de Barcelona-Catalunya , Spain Final Classification

F2 Series 2018 Circuit de Barcelona-Catalunya , Spain Final ClassificationF2 Series 2018 Circuit de Barcelona-Catalunya , Spain Final Classification

Race1
FIA F2選手権のバルセロナ戦レース1が行われ、VSC4回出動の乱戦をARTグランプリのジョージ・ラッセルが制した

牧野は悔しい9位。福住は入賞圏内に一歩及ばない11位でレースを終えた

1 8 ジョージ・ラッセル ARTグランプリ 36Lap 1:02'58.902

2 4 ニック デ・ブリーズ プレマ・レーシング 36Lap 1:02'59.938 +1.036
3 19 ランド・ノリス Carlin 36Lap 1:03'00.662 +1.760
4 14 ルカ ギオット カンポス・レーシング 36Lap 1:03'04.616 +5.714
5 5 アレクサンダー アルボン ダムス 36Lap 1:03'05.000 +6.098
6 7 ジャック・エイトケン ARTグランプリ 36Lap 1:03'07.116 +8.214
7 18 セルジオ セッテ・カマラ Carlin 36Lap 1:03'08.732 +9.830
8 1 アルテム マルケロフ ロシアン・タイム 36Lap 1:03'19.759 +20.857
9 2 牧野 任祐 ロシアン・タイム 36Lap 1:03'22.852 +23.950

10 21 アントニオ フォッコ Charouz Racing System 36Lap 1:03'24.191 +25.289
11 12 福住 仁嶺 アーデン 36Lap 1:03'28.052 +29.150


12 15 ロイ・ニッサニー カンポス・レーシング 36Lap 1:03'35.621 +36.719
13 9 ロベルト メリ MPモータースポーツ 36Lap 1:03'57.673 +58.771
14 6 ニコラス ラティフィ ダムス 35Lap 1:03'12.520 +1lap

DNF
3 ショーン ゲラエル プレマ・レーシング
20 ルイス デレトラズ Charouz Racing System
16 アルジュン・マイニ トライデント
10 ラルフ ボシュング MPモータースポーツ
11 マキシミリアン・ギュンター アーデン

DNS
17 サンティノ フェルッチ トライデント

Race2
FIA F2第3戦バルセロナのレース2が行われ、3番手スタートのARTグランプリのジャック・エイトケンがF2初優勝を飾った

5周目、後ろを走る福住が牧野に仕掛けていったが、路面が濡れていたのだろうか、福住が牧野のマシンに乗り上げるような格好でグラベルに突っ込み、両者リタイアとなり、接触はレース後に審議されることに

1 7 ジャック・エイトケン ARTグランプリ 26Lap 45'21.511

2 5 アレクサンダー アルボン ダムス 26Lap 45'23.061 +1.550
3 19 ランド・ノリス Carlin 26Lap 45'24.375 +2.864
4 8 ジョージ・ラッセル ARTグランプリ 26Lap 45'29.617 +8.106
5 14 ルカ ギオット カンポス・レーシング 26Lap 45'32.620 +11.109
6 3 ショーン ゲラエル プレマ・レーシング 26Lap 45'35.213 +13.702
7 21 アントニオ フォッコ Charouz Racing System 26Lap 45'36.348 +14.837
8 6 ニコラス ラティフィ ダムス 26Lap 45'50.189 +28.678
9 1 アルテム マルケロフ ロシアン・タイム 26Lap 45'50.576 +29.065
10 20 ルイス デレトラズ Charouz Racing System 26Lap 45'50.948 +29.437
11 17 サンティノ フェルッチ トライデント 26Lap 45'52.507 +30.996
12 11 マキシミリアン・ギュンター アーデン 26Lap 45'53.939 +32.428
13 16 アルジュン・マイニ トライデント 26Lap 45'54.747 +33.236
14 15 ロイ・ニッサニー カンポス・レーシング 26Lap 45'57.183 +35.672

DNF
9 ロベルト・メリ MPモータースポーツ
10 ラルフ・ボシュング MPモータースポーツ
18 セルジオ・セッテ・カマラ Carlin
2 牧野 任祐 ロシアン・タイム
12 福住 仁嶺 アーデン

4 ニック・デ・ブリーズ プレマ・レーシング
Posted at 2018/05/14 06:57:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース

プロフィール

「残念ながら、遺産は無かったなぁ(謎)」
何シテル?   11/18 13:44
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.