• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年05月25日 イイね!

SF19 「クラッシュテスト」動画

SF19 「クラッシュテスト」動画『SF19 「クラッシュテスト」動画』

来シーズンより導入される新型シャシーSF19の「クラッシュテスト」の様子が動画で届きました。

SF19の国内シェイクダウンの日程や、公開の日程など、近日発表する見込みとなりましたので、是非ご期待ください。

SF19 クラッシュテスト


SF14 クラッシュテスト


以前「5月くらいにはモデルカーができあがり、7月くらいにはシェイクダウンをするという段取りになっています」と言う事で、場所はおそらく富士スピードウェイになるとのことだったのだが、何処のサーキットで、誰がホンダエンジン搭載車を担当し、誰がトヨタエンジン搭載車を担当するのかも楽しみですよね
Posted at 2018/05/25 19:26:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年05月25日 イイね!

ついに・・・

ついに・・・『Aus Gründen der Sicherheit: Citroën nimmt Meeke aus dem Rennen』

シトロエン・レーシングWRTは、クリス・ミーク/ポール・ネイグル組の2018年WRC参戦を打ち切る決定を下したことを発表した。クルー自身の安全を脅かすような激しい事案を含めクラッシュが頻発していること、このためラリー参戦に当たって危険のリスクが懸念されることを理由に挙げている。

この決定は、次戦に予定されているWRCラリーイタリア・サルディニア(6月7‐10日)から適用となるため、チームは残る2018シーズンのドライバーズラインナップについて近日中に発表を行うとしている。サルディニアでのクレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組、マッズ・オストベルグ/トルステイン・エリクセン組の参戦は予定通り。

チーム代表のピエール・ビュダールは「ドライバーとコ・ドライバーに影響を及ぼすことなので簡単な決断ではなかったが、チーム代表として常に注視しなくてはならない安全への懸念が大きくなってきていた。この結果、予防的な観念からこの決定を選んだ」とコメントしている。



2016年は、翌年から参戦するWRカーであるシトロエンC3 WRCの開発に尽力したミークだったが、シトロエンのワークスドライバーとしてステアリングを握った2017年には、ラリー・グアナファト・メキシコとラリー・デ・エスパーニャで優勝し、ドライバーズランキング7位とはなったのだが、12戦出場し5戦でリタイアに・・・

そのリタイア原因も、ラリーモンテカルロではリエゾン途中で交通事故に巻き込まれて他車と接触、ツール・ド・コルスこそエンジンブローだったが、ラリー・アルゼンティーナでは14回転する大クラッシュを



ラリー・イタリア・サルディニアでも横転



ラリー・ドイッチュランドでは、SS1でコンクリートブロックの餌食となってリタイア



まぁこうなってしまったら、チームとしても仕方のない決定でしょうねぇ・・・

しかし、これでまた、セバスチャン・ローブ復帰の噂が再燃焼しそうっすよね
Posted at 2018/05/25 18:14:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年05月25日 イイね!

1週間ほど遅れの、スーパーGT観戦記(^^;

1週間ほど遅れの、スーパーGT観戦記(^^;先週の土曜・日曜に、鈴鹿サーキットで行われたスーパーGT第3戦 SUZUKA GT 300km Fan Festival を観に行って来やした

土曜の予選日は、オープンピットもあり、ゲートオープンが6時45分とかなり早かったんすが、間に合うようにと家を5時少し前に出て、6時過ぎには到着

しかしそれでも、駐車場はP7の奥の未舗装の場所に(o´_`o)ハァ・・・

それでも帰りはキャンプ場行きの巡回バスに乗ればすぐなので、まぁエエかと

オープンピットで写真を撮りまくり、その後FIA-F4公式予選、SUPER GT公式練習をS字コーナーで観戦&撮影する事に



ここで失敗を

フェンスの金網越しで撮影し、モニターで確認してたんすが、帰って写真をPCに取り込んで見てみると、半数近くの写真にばんやりと金網が(o´_`o)ハァ・・・

まだまだ修行が足りないと実感しやした

その後は、皆さんの期待に応えようと、ピットウォークの並び列に

1時間前に並ぶと、かなり前やなぁ( ̄ー ̄)ニヤリ ・・・と思ってたら、1時間間違えて、2時間前から並ぶ事に(^^;

まぁお陰で何とか早めに入れたんすが、聞いた処によると、ピット裏の並び列は、最終コーナー付近のEパドックまで続いていたとかι(◎д◎υ)ノ

その為か、ピットウォークは人・人・人の大混雑

それでも人混みを掻い潜り、期待に応えるべく尾根遺産を盗撮(エロ爆)

決勝日の事もあったので、何時もの如くプッチタウンキッチンで昼飯を食べ、GPスクエアをウロウロ回って帰って来やした

翌決勝日は、8時ゲートオープンやったんすが、チョイと余裕をみて前日とほぼ同じ時間に家を出たんすが、な、な、なんと、昨日以上の台数で、駐車場は未舗装のP8に

しかも何故か後から来た車は、舗装のP9と不条理な事が(ノ`Д)ノ<怒怒怒怒怒 凸(▼▼メ)

ホンマは決勝日もピットウォークに行くつもりやったんすが、前日の人混みから、決勝日はそれ以上と予想されたので諦めて、GPスクエアで前日体験出来なかった「SEGA World Drivers Championship」



その後、早めの昼食をとり、決勝はヘアピンコーナーで観戦

チェッカーまで見ていると、メッチャ渋滞にはまりそうやったので、そこそこに切り上げて帰って来やした

・・・と、ここからがお待ちかねの尾根遺産画像っす!

えっ?待ってない?

そうなんか・・・

じゃあ、止めておこうかなぁ・・・







































なんて事は言わず、アップしやすが、先に書いたように、予選日だけの尾根遺産画像なのでご満足頂けるかどうか・・・

まぁ、見てやってくださいな

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・1

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・2

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・3

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・4

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・5

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・6

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・7

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・8

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・9

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・10

SUZUKA GT 300km Fan Festival RQの尾根遺産・・・11
Posted at 2018/05/25 15:33:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-GT | 日記
2018年05月25日 イイね!

多分・・・馬鹿っすよね(笑)

多分・・・馬鹿っすよね(笑)『Honda Civic Type R Pickup Truck concept revealed』

ホンダ・シビック・タイプR「ピックアップ・トラック」コンセプトが公開され、その性能はと言うと、最高速度は266km/h、0-100km/h加速は6秒未満と、俊足を誇る。

タイプRをベースに、ホンダのスウィンドン工場の腕利き12名が製造したワンオフ・モデルで、その改造は、Bピラーに手を加えることから始まったという。

パワートレイン、エンジンコンポーネントに変更はない。それにもかかわらず、リアシートとトランクがあった場所をストレージ・スペースにすることができた。





リアゲートの開口部を工夫し、あの勇ましいリアウイングの形を変えることで荷室へのアクセス性を高めている。

そのほかにもロールケージ、SRSシステムの改修など、リアセクション以外にもモディファイした部分は多い。

ハッチバックのラインを保つためにボディサイドに使用されたカスタムパーツの開発期間は8週間で、そのうち最初の5週間が企画・設計のために、残り3週間が製造のために費やされた。

車重は非公開であるが、後席を撤去したとはいえ、インテリアとルーフをカスタム、荷室表面をメタルにしたことからウエイトアップは避けられないと考えられる。

荷室は長さ1550mm、幅830mmもあり、写真のようにホンダの芝刈り機2台を呑み込む。



英国ホンダは、生産化の計画はないと話しているが、本コンセプトは同社で機器の移動時などに使用されるという。

英国にあるホンダ系列は、頭が緩いんすかねぇ?(笑)

量産品のホンダ製芝刈り機「HF2620」をベースにし、大型スポーツバイク「VTR1000Fファイアーストーム」から受け継いだ最高出力110psを発揮する1,000ccV型2気筒DOHCエンジンを搭載すると言う、おバカな事をやったのも、BTCC(英国ツーリングカー選手権)に参戦しているチーム・ダイナミクスだし・・・(^^;
Posted at 2018/05/25 07:21:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年05月25日 イイね!

甘ちゃんなのか、世間知らずなのか・・・

甘ちゃんなのか、世間知らずなのか・・・『ブレンドン・ハートレー、トロロッソ・ホンダ解雇の噂に「契約がある」』

トロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーは、自分がF1シートを喪失するという噂に“驚いている”と語る。

2週間前のスペインGPからブレンドン・ハートレーがトロロッソ・ホンダのシートが喪失するとの噂が流れ始め、一部では今週末のモナコGPが最後のレースになるとも報じられている。

実際、ブレンドン・ハートレーは、ダニール・クビアトの放出とカルロス・サインツのルノー移籍によって昨シーズン後半にトロロッソに加入して以降、パフォーマンスを発揮できずにいる。

相対的にチームメイトのピエール・ガスリーにパフォーマンス面で劣っているだけでなく、中国GPでの同士討ちやスペインGPのFP3の単独クラッシュなどのミスもブレンドン・ハートレーの評価を下げる要因となっている。

しかし、ブレンドン・ハートレーは、モナコGPがトロロッソ・ホンダでの最後のレースになるとの噂を否定している。

「それを聞いて驚いたよ。僕には契約がある。本当に驚いたよ」とブレンドン・ハートレーは Crash.net にコメント。

「F1では常に多くの噂があるし、ドライバーとしてはあまりそのようなものは読まない方が得策だ」

「自分がチームプレイヤーであることはわかっているし、舞台裏で非常に懸命に作業している。自分にもっと実力があることはわかってる」

「人々はF1でかなり短い記憶しか持っていないときがあると思う。状況はあっという間に過ぎていくし、1週間で完全に違ったストーリーになっていることもある」

「多くの批判家がいるけど、ドライバーとして最大の批判家は自分自身だ」

噂では、ブレンドン・ハートレーのパフォーマンスにレッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコの忍耐は限界に達しているとされ、メルセデスのモータースポーツ責任者であるトト・ヴォルフが契約ドライバーであるパスカル・ウェーレインを売り込んでいるとも報じられている。

ブレンドン・ハートレー解雇の噂について質問されたヘルムート・マルコは「現時点ではそのような意向はない」と答えた。

ハートレーが甘ちゃんなのか、世間知らずなのか判りやせんが、F1界の契約なんぞ、あって無いに等しいっすからねぇ

まぁどうなるのか、モナコGPの結果次第かも知れやせんよねぇ?
Posted at 2018/05/25 07:03:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース

プロフィール

「きっと晴れるって、岡国楽しんで来てな@白天 」
何シテル?   11/16 04:21
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.