• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年05月27日 イイね!

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 決勝結果

2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 決勝結果2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦 決勝結果

2018年のスーパーフォーミュラ 第3戦の決勝が5月27日(日)に宮城県のスポーツランドSUGOで行われ、山本尚貴(TEAM MUGEN)が優勝した。

ソフト、ミディアムの使用義務がある今回のレース。68周のレースではセーフティカー導入によるタイヤ交換のタイミングや燃料を含めたチームの戦略が明暗を分ける展開となった。

スタートではポールポジションの野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップを奪うもペースに苦しみ、14周目に小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がメインストレートでアウトから追い抜いてトップに躍り出る。

17周目、ジェームス・ロシター(VANTELIN TEAM TOM'S)と千代勝正(B-MAX RACING TEAM)が接触リタイア。ここでセーフティカー導入が上位陣の数台がピットに駆け込む。

トップを走行していた小林可夢偉は45周目まで引っ張るが、左リアタイヤの交換に手間取ってタイムロス。大きく順位を落とすことになる。

全車がピットインを終えてトップに浮上したのは山本尚貴。そのまま後続を引き離してトップでチェッカーを受け、開幕戦に次ぐ今シーズン2勝目を挙げた。通算5勝目。ポイントラインキングで大きくリードを広げた。

2位にはニックキャシディ(KONDO RACING)、3位には中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM'S)が続いて表彰台を獲得した。

4位はピエトロ・フィッティパルディの代役として参戦しているトム・ディルマン(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)、5位にはナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)。小林可夢偉は6位でレースを終えた。

1 16 山本尚貴 TEAM MUGEN

2 3 ニックキャシディ KONDO RACING
3 36 中嶋一貴 VANTELIN TEAM TOM'S
4 7 トム・ディルマン UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
5 64 ナレイン・カーティケヤン TCS NAKAJIMA RACING
6 18 小林可夢偉 carrozzeria Team KCMG
7 5 野尻智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING
8 4 山下健太 KONDO RACING
9 20 平川亮 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
10 6 松下信治 DOCOMO TEAM DANDELION RACING
11 1 石浦宏明 P.MU/CERUMO・INGING
12 17 塚越広大 REAL RACING
13 19 関口雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
14 65 伊沢拓也 TCS NAKAJIMA RACING
15 8 大嶋和也 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS
16 2 国本雄資 P.MU/CERUMO・INGING
17 50 千代勝正 B-MAX RACING TEAM
18 37 ジェームス・ロシター VANTELIN TEAM TOM'S
19 15 ダニエル・ティクトゥム TEAM MUGEN

可夢偉は、またしてもチームに足元を掬われたって感じでしたね(o´_`o)ハァ・・・
Posted at 2018/05/27 20:44:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年05月27日 イイね!

FSWでシェイクダウン実施!

FSWでシェイクダウン実施!『スーパーフォーミュラの新型シャシー『SF19』、7月4~5日に富士でシェイクダウンへ』

全日本スーパーフォーミュラ選手権を運営する日本レースプロモーション(JRP)は5月26日、シリーズ第3戦を開催しているスポーツランドSUGOの会場で定例の記者会見を実施。このなかで2019年から導入する新型シャシー『SF19』を2018年7月4~5日、富士スピードウェイでシェイクダウンする予定を明らかにした。
 
2019年シーズンからの導入を目指し、JRPとイタリアのダラーラ社が協力して開発を進めている新型シャシーのSF19は、現行のSF14シャシーと同様に“クイック&ライト”をコンセプトとしている。
 
SF14からはホイールベースを短縮することで敏捷性と反応性が向上。またオーバーテイクを促進するべく、シャシー下面でダウンフォースを稼ぐことも重視されているという。
 
2018年3月に発表された開発スケジュールでは5月ごろにモデルカーが完成し、7月ころのシェイクダウンを予定しているとされていた。今回その予定どおりにシェイクダウンが行われることから、開発が順調に進んでいることがうかがえる。
 
なお、シェイクダウンに登場するSF19は1台のみでホンダエンジンを搭載する予定。
 
シェイクダウン初日の4日にはお披露目を兼ねた情報交換会も予定されているが、シェイクダウンでステアリングを握るドライバーについては未定とのこと。こちらは続報を待ちたい。
 
現行のSF14はF1を上回るコーナリングスピードを持ち、世界でもトップレベルの速さを誇る。スーパーフォーミュラ自体も高いレベルのバトルが繰り広げられていることから、F1を目指すドライバーが相次いで参戦を希望するシリーズに成長しているのは周知のとおりだ。
 
そんなスーパーフォーミュラが迎える新型シャシー、SF19はマシンの外観も含め、日本のみならず世界からも注目を集めることは必至。7月のシェイクダウンはシリーズにとって、大きなターニングポイントになりそうだ。







出来ればスーパーフォーミュラ最終戦の行われる鈴鹿サーキットで、トヨタエンジンを搭載したSF19とデモランして欲しいっすよねぇ

その時ワテ的には、トヨタエンジン搭載車は平川 亮、ホンダエンジン搭載車は福住仁嶺にステアリングを握って欲しいんすがね
Posted at 2018/05/27 19:43:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年05月27日 イイね!

ライコネンがトヨタからWRCに復帰!?ι(◎д◎υ)ノ

ライコネンがトヨタからWRCに復帰!?ι(◎д◎υ)ノ 『F1 driver Kimi Räikkönen in talks to return to rallying next year』

キミ・ライコネンが今シーズン限りでF1を離れ、2019年にトヨタからWRC(世界ラリー選手権)に復帰する可能性が報じられている

今シーズン末でフェラーリとの契約が期限を迎えるキミ・ライコネンの将来については今週末のモナコでもホットな話題となっている。

フィンランド紙Ilta Sanomat は、キミ・ライコネンがトヨタのチーム代表であるトミ・マキネンとWRC参戦について交渉を行っていると報道。

トミ・マキネンは、彼のチーム(トミ・マキネン レーシング)の副代表ミア・ミエッティネンとともに今週末モナコを訪れており、ハーバーに停泊されたキミ・ライコネンのヨットで目撃されている。

ミア・ミエッティネンは「彼はトヨタドライバーになる可能性があります」とコメント。

「ですが、まずはフェラーリで彼のキャリアを続けるかどうかを決断しなければなりません」

フィンランド出身の元F1ドライバーであるミカ・サロは、フェラーリは2019年にキミ・ライコネンを保持するか、もしくはダニエル・リカルドと契約するかのどちらかだと考えている。

「シャルル・ルクレールはまだ若くて未熟だと思う。来シーズン、フェラーリにとってキミ以外の唯一のリアルな選択肢はリカルドだ」

キミ・ライコネンは、2010年に一度F1を離れて2年間WRCに参戦している。





確かにライコネンがトヨタに加入してWRC復帰となれば、かなり話題にはなると思うんすが、2010年にジュニアチームとは言えシトロエンから参戦した時でも、シングルフィニッシュこそ4戦で記録してるんすが、最高位は5位と表彰台には登れずでしたからねぇ

トヨタはマニュファクチャラータイトルタイトルを狙っているんすから、現実的な話とは思えないっすよねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

まぁ、トミ・マキネンとミア・ミエッティネンが、ライコネンのヨットで目撃されたってのも、ライコネンのWRCデビューがトミ・マキネンレーシングやったので、たまたまやないんすかねぇ?
Posted at 2018/05/27 18:33:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年05月27日 イイね!

ピレリスーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース エントリーリスト

ピレリスーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース エントリーリストピレリスーパー耐久シリーズ2018 第3戦 富士SUPER TEC 24時間レース エントリーリスト

スーパー耐久シリーズは5月25日、富士スピードウェイで6月2~3日に開催するピレリ・スーパー耐久第3戦富士SUPER TEC 24時間レースのエントリーリストを発表。全クラスあわせて52台がエントリーした

【ST-X】
3 ENDLESS GT-R YUKE TANIGUCHI/山内英輝/銘苅翼/峰尾恭輔/砂子塾長/山田真之亮
81 J-Fly Racing R8 Jeffrey Lee/Andre Couto/川端伸太郎/TBN
82 Phoenix Racing Asia R8 Alex Au/Alex Yoong/Shaun Thong/Philip Ellis 20kg
83 Phoenix Racing Asia R8 Lim Keong Wee/Marchy Lee/Melvin Moh/Max Hoffer
99 Y’s distraction GTNET GT-R 浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗/安田裕信/Sun Zheng 30kg
244 MAX Racing RC-F GoMax/田中哲也/佐藤公哉/土屋武士
777 D’station Porsche 星野敏/荒聖治/近藤翼/元嶋佑弥 40kg

【ST-Z】
51 DIAMANGO Cayman 石原将光/細川慎弥/池田大祐/余郷敦/坂本裕也

【ST-TCR】
10 Racingline PERFORMANCE GOLF TCR PhilippeDevesa/密山祥吾/遠藤光博/脇阪寿⼀ 15kg
19 BRP★Audi Mie RS3 LMS HIROBON/YOSSY/秋吉圭/奥村浩一/山脇大輔/古宮正信 15kg
45 プリズマ☆イリヤ RS3 LMS 竹田直人/白坂卓也/田ヶ原章/奥村佳之 10kg
65 L&JR Mar Audi RS3 LMS 今村大輔/加藤正将/石澤浩紀/吉⽥寿博 10kg
75 m-1 CARFACTORY RS3 LMS 塚田利郎/蘇武喜一/清瀧雄二/松本和之/山路幸宏/渡辺忠司
97 Modulo CIVIC TCR 植松忠雄/中野信治/大津弘樹/小林崇志/石川京侍 50kg
98 FLORAL CIVIC TCR 飯田太陽/加藤寛規/⾼橋⼀穂/Richard Wee

【ST-1】
47 D’station Porsche cup 星野辰也/織戸学/浜健二/小林賢二/リ ジョンウ 50kg
31 NissokuPorsche991GT3Cup JACK/影山正美/富田竜一郎/上村優太 30kg

【ST-2】
6 新菱オート☆DIXCELエボⅩ 冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄/成澤正人/藤井芳樹/古山節夫 25kg
7 GLocal☆新菱オートDXLエボⅩ 八巻渉/岡崎善衛/廣田築/面野一/奥村博文 10kg
17 DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D 谷川達也/野上達也/野上敏彦/山田弘樹/藤原能成 15kg
59 DAMD MOTUL ED WRX STI 大澤学/後藤比東至/井口卓人/石坂瑞基 50kg

【ST-3】
9 MP Racing ワコーズEDニルズ JOE SHINDO/井上恵一/大野尊久/高田匠/NATSU/TBN
14 エヴァRT弐号機 岡部自動車 Z34 甲野将也/市森友明/大原学/山﨑学/輿水敏明/島澤隆彦
15 エヴァRT初号機 岡部自動車 Z34 長島正明/小松一臣/藤原 誠/檜井 保孝/安宅光徳/勝亦勇雅 40kg
34 TECHNOFIRST RC350 加納政樹/大草りき/松原怜史/大西隆生/阪直純
38 muta Racing ADVICS IS 350 TWS 堀田誠/阪口良平/新田守男 40kg
39 ADVICS TRACY RC 350 TWS 手塚祐弥/下垣和也/前嶋秀司/近藤説秀
62 DENSO Le Beausset RC350 嵯峨宏紀/宮田莉朋/石浦宏明/平手晃平/山下健太 20kg
68 埼玉トヨペット Green Brave GR SPORT マークX 服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之/番場琢/菅波冬悟

【ST-4】
13 ENDLESS 86 小河諒/高橋翼/花里祐弥/中山友貴/呉良亮/小林真一 15kg
18 wedssport 86 浅野武夫/井上雅貴/芝叔和/西村元気/西村和則
26 WAKO’S TRUST 隈元建設 field WM HPI Vitz 松尾充晃/吉岡一成/東貴史/三浦康司/横尾優一
27 D’station FINA ゴーゴーガレージ SSR Ings 86 伊橋勲/藤田竜樹/廣田秀機/馬場優輝
28 T’s CONCEPT86 東徹次郎/DAISUKE/久保隆/河野駿佑/森山鉄也
29 T’S CONCEPT小倉クラッチ86 佐々木雅弘/大嶋和也/小倉康宏/小山美姫/豊田大輔
55 Sunoasis田中建築86 たしろじゅん/伊藤毅/田中雅之/大井貴之/三笠雄一 10kg
58 ウインマックステインワコーズDC5☆KRP 小林康一/塩谷烈州/瀬戸貴臣/山田隆行/坂野将之
77 CUSCO RACING 86 山田英二/遠藤浩二/中島保典/橋本洋平/松井猛敏
86 TOM’S SPIRIT 86 松井孝允/坪井翔/中山雄一/蒲生尚弥 30kg
100 トレーシースポーツwith SPV 平優弥/田中良平/TBN/TBN/TBN
884 林テレンプ SHADE RACING 86 平中克幸/HIRO/HAYASHI/吉田広樹/国本雄資
999 えんとつ町のプペル GLORY FN2 天川翔貴/白石勇樹/野間一/下山和寿 30kg

【ST-5】
2 TEM221ロードスター 筒井克彦/山西康司/山下潤一郎/田中勝輝/田中貴博/首藤哲也 25kg
4 THE BRIDE FIT 黒須聡一/太田侑弥/伊藤俊哉/見並秀文/カルロス本田/相原誠司郎 5kg
32 Nissoku ND ROADSTER 原嶋昭弘/高橋純子/松田明大/川島直也
37 DXLワコーズNOPROデミオSKY-D 関 豊/井尻薫/大谷飛雄/加藤芳皓
48 DIJON ホンダカーズ野崎エンドレスFIT 猪股京介/Takamori博士/河村翔/笹尾徹也/青野誠之/TBN 10kg
50 LOVE DRIVE RACING ロードスター 岩岡万梨恵/小松寛子/猪爪杏奈/加藤沙也香/辻田慈/関崎/祐美子
66 odula Idia MAZDA デミオ15MB 橋本陸/霜野誠友/武地孝幸/西山隆/井出靖司/谷岡力
69 J’S RACING Moty’s 制動屋 FIT 梅本淳一/藺牟田政治/Razak/Ifwat/妹尾智充/久保田英夫/高橋宏和
88 村上モータースMAZDAロードスター 村上博幸/雨宮恵司/吉田綜一郎/脇谷猛/中根邦憲/杉野治彦 5kg
168 冴えカノレーシングWITH FCA ふじいじゅん/窪田俊浩/梅田真祐/伊藤裕士



日本では、十勝スピードウェイ(旧:十勝インターナショナルスピードウェイ)にて開催されていた24時間耐久以来、10年ぶりに復活する24時間レース

富士での24時間レース開催は、1967年に我が国初の24時間レースが開催されて以来、51年ぶりとなるんすが、どんな展開で、どんな結果が待ち受けているのか、楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/05/27 07:24:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース
2018年05月27日 イイね!

2018 F1 第6戦 モナコGP 予選結果

2018 F1 第6戦 モナコGP 予選結果2018 F1 第6戦 モナコGP 予選結果

2018年のF1世界選手権 第6戦 モナコGPの予選が5月26日(土)にモンテカルロ市街地コースで行われ、全マシンで唯一で1分10秒台に突入、1分10秒810という驚速タイムを叩き出したレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが、2016年のモナコGP以来となる自身2度目のポールポジションを獲得

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが自身2度目のQ3進出を果たして10番手、ブレンドン・ハートレーはQ1で敗退して16番手だが、ロマン・グロージャン(ハース)に3グリッド降格ペナルティが科せられるため、ハートレーは15番グリッドからスタートすることになる

1 3 ダニエル・リカルド レッドブル 1分12秒013 1分11秒278 1分10秒810

2 5 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1分12秒415 1分11秒518 1分11秒039
3 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1分12秒460 1分11秒584 1分11秒232
4 6 キミ・ライコネン フェラーリ 1分12秒639 1分11秒391 1分11秒266
5 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1分12秒434 1分12秒002 1分11秒441
6 31 エステバン・オコン フォース・インディア 1分13秒028 1分12秒188 1分12秒061
7 14 フェルナンド・アロンソ マクラーレン 1分12秒657 1分12秒269 1分12秒110
8 55 カルロス・サインツ ルノー 1分12秒950 1分12秒286 1分12秒130
9 11 セルジオ・ペレス フォース・インディア 1分12秒848 1分12秒194 1分12秒154
10 10 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1分12秒941 1分12秒313  


11 27 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1分13秒065 1分12秒411  
12 2 ストフェル・バンドーン マクラーレン 1分12秒463 1分12秒440  
13 35 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ 1分12秒706 1分12秒521  
14 16 シャルル・ルクレール ザウバー 1分12秒829 1分12秒714  
15 8 ロマン・グロージャン ハース 1分12秒930 1分12秒728  

16 28 ブレンドン・ハートレー トロロッソ・ホンダ 1分13秒179    

17 9 マーカス・エリクソン ザウバー 1分13秒265    
18 18 ランス・ストロール ウィリアムズ 1分13秒323    
19 20 ケビン・マグヌッセン ハース 1分13秒393    
20 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル NT

2018 Monaco Grand Prix: Qualifying Highlights


Daniel Ricciardo's Pole Lap | 2018 Monaco Grand Prix
Posted at 2018/05/27 07:04:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース

プロフィール

「残念ながら、遺産は無かったなぁ(謎)」
何シテル?   11/18 13:44
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.