• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年08月16日 イイね!

お馬鹿シリーズ第〇段?(笑)

お馬鹿シリーズ第〇段?(笑)『Russian guys make a wheel out of printer paper』

先日ご紹介した、ロシア人がビニールテープをタイヤの代わりに使おうとして実験した動画をご記憶だろうか? 結果は成功したとは言えず、"タイヤ"は引きちぎられてブルーのビニールテープの破片が辺り一面に散乱する始末だった。では、代わりに紙を何重にも貼り付けたらどうだろうか?

600ロールのビニールテープをタイヤ代わりに使おうとして上手くいかなかったGarage54ENGが、今度は1万枚ものA4サイズのプリント用紙を何週間もかけて糊付けして紙のかたまりを作り、メルセデス・ベンツ W124型「Eクラス」のパワートレインの重さを使ってプレスして乾燥させた。これをのこぎりでタイヤ状に切り出し、そのままクルマに装着しようとしたら、このままでは剛性が足りないことに気付く。そこでお馴染みのロシア車、ラーダのスペア・タイヤ用スチール製ホイールの中央部分を切り取り、これに合わせて紙の固まりにボルト用の穴を開け、特製の長いボルトでホイールの中央部と共にクルマのハブに取り付けた。

最初は紙製の車輪が完全な円形ではなかったので、実験用のラーダはガレージの中で試運転した際に揺れていたのだが、屋外を走らせてみると紙タイヤは徐々に円形になり、かなりの弾力性があることが分かった。また、パワースライドすると外側に向けて少し伸び、幅がさらに広がるというオマケも付いた。実験に携わった一同は、結果にそれなりの好印象を持ったようである。



タイトルでお判りかt思いやすが、Garage 54 ENGの新作っす(笑)

この方、色んな検証実験を行っているので、いろんな処で記事になってるので、これからも見掛けたらブログにアップして行こうかと思ってやす(^^;
Posted at 2018/08/16 19:08:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年08月16日 イイね!

マクラーレンで?

マクラーレンで?『インディカー代表 「マクラーレンは2019年にアロンソとの参戦を進行中」』

インディカーの最高経営責任者マーク・マイルスは、マクラーレンは2019年にフェルナンド・アロンソとインディカーにフル参戦する計画に取り組んでいると語っている。

8月14日(火)、マクラーレンはフェルナンド・アロンソが2019年のF1世界選手権に参戦しないことを発表。アロンソは17年間におよぶF1キャリアに終止符を打つことになった。

しかし、フェルナンド・アロンソはF1引退を表明した声明のなかでマクラーレンが競争力を取り戻せば、F1に復帰する可能性を示唆している。

生涯の目標に世界3大レースでの“トリプルクラウン”を掲げるフェルナンド・アロンソは、今年6月にトヨタでル・マン24時間レースを制覇。すでにF1モナコGPで優勝しているアロンソは、残るところ昨年に挑戦したインディ500を制覇すれば、その目標を達成することになる。

2017年にフェルナンド・アロンソは、F1モナコGPを欠場してマクラーレン・ホンダ・アンドレッティからインディ500に参戦。27周ラップをリードするなど優勝を狙える力強いパフォーマンスを見せていたが、7番手を走行していた残り21周でホンダのエンジンが故障してリタイアを喫した。ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得したアロンソは、その時からF1引退後のインディカー転向が噂されている。

並行してマクラーレンもインディカーへのフル参戦を計画していることを明らかにし、アンドレッティ・オートスポーツと提携して、フェルナンド・アロンソとスコット・ディクソンの2台体制で参戦すると報じられていた。だが、スコット・ディクソンは、チップ・ガナッシとの複数年の契約延長を発表している。

その一方で、今年F1で危機的なパフォーマンスに陥っているマクラーレンは、マネジメント体制を含めた再建が急務となり、インディカー参戦の契約を白紙化したとも報じられている。

だが、インディカーの最高経営責任者であるマーク・マイルスは、マクラーレンのエントリーについて進行中であることを Autosport に明らかにした。

「(2019年にアロンソがF1を引退するという)今日の発表が、アロンソが2019年を通してチャンピオンシップに参戦することを願うインディカーファンに興奮を呼び起こしたのは確かだ」とマーク・マイルスはコメント。

「マクラーレンは必要な手配をすべて準備しており、我々は彼らの努力を支援している」

「だが、それが解決するのは年末近くになるだろう」

2014年のインディ500ウェナーで、昨年のインディ500でフェルナンド・アロンソとチームメイトを組んだライアン・ハンターレイは、アロンソのインディカー参戦は歓迎されるとし、インディカーに多大な貢献をもたらすだろうと述べた。

「僕が彼だったら、魅力を感じるだろう」とライハン・ハンターレイはコメント。

「チームメイトとして彼との時間を過ごしてみて、彼が勝つことにこれまでと同じくらいハングリーだということが知った。僕たちは一緒にとてもいい仕事ができたし、間違いなく彼を歓迎するよ。でも、今のところどうなるかはわからない」

「マクラーレンの立ち位置がわからない・・・現時点で多くの推測があるけど、彼はインディカー、そして、ここにいるファンにとってにとって多大な貢献をもたらすと思う」

今年からインディカーに参戦するカーリンは、マクラーレンが2019年にインディカーにエントリーするにはすでに遅すぎるとの見解を示している。しかし、アンドレッティ・オートスポーツやレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングなどの既存チームと提携すれば、その時間を埋め合わせることができるだろうとも述べている。

マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、F1で自らの名声を高めようとしたが失敗し、今度はインディカーシリーズを利用しようとしてるみたいっすねぇ(o´_`o)ハァ・・・

レースを食い物にするとは、まさにこの事ですよね・・・
Posted at 2018/08/16 18:18:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2018年08月16日 イイね!

舗装戦に自信ねぇ・・・

舗装戦に自信ねぇ・・・『WRCドイツ:舗装戦に自信を見せるオジエ「選手権でのギャップを詰める」』

WRC前戦のフィンランドでは苦戦を強いられたMスポーツ・フォードだが、今週開催される舗装戦のドイツでは、再びセバスチャン・オジエのフォード・フィエスタWRCにアップグレード版のエアロパッケージを装着し、トップ争いへの復帰を目指す。

前回のターマック戦、コルシカで勝利を挙げているオジエは、ドライバーズ選手権での差を詰めていくことを狙う。

「フィンランドでは願っていたペースが出せなかったが、ラリードイツは全く違うイベント。トップ争いを目指していく」とオジエ。

「ターマック戦に戻るのはうれしいし、コルシカではいい走りができていた。しかし、今回も難関だし、多彩なステージを的確に攻めることが一番のチャレンジであることはみんなが分かっている。目指すのはいつもと同じ、優勝のためにベストを尽くすこと。そして、選手権リーダーとの差を詰めることだ」

一方、意外にもドイツではポディウムに上がったことのないエバンスは、これまでの自己ベストである4位の更新を目指していく。

「ラリードイツはかなりチャレンジングなイベントだが、だからこそ楽しめるのだと思う」とエバンス。

「多彩なチャレンジにリズムやセッティングを合わせていくことがすべて。そして完全集中だ。ここでは、2度目のチャンスはないからね! フィエスタは前回のターマック戦ではとてもいいフィーリングだったので、今回は好リザルトを目指していく」

若手のテーム・スニネンは、これまで3回ドイツ戦に参戦しているが、今回は初めてWRカーでターマック戦に参戦するビッグチャレンジに臨む。

「WRカーで舗装戦に挑むのは今回が初めてなので、全く未知の世界」とスニネン。

「WRカーでこの路面に走ることに関して、何も分からないので学ぶことがたくさんあると思う。タイヤの摩耗や、どのようにブレーキを使うのかが一番興味がある。マシンでの自信をつかんで、このトリッキーなコンディションでのドライビングを成長させたい」

確かに2015年2016年とラリー・ドイチェランドで連覇してるんすが、いずれも最強マシンと言われたフォルクスワーゲン・ポロR WRCでの事

昨年はSS16でステージウィンを上げたのみで、シトロエンC3 WRCのステアリングを握ったミケルセンにも後れを取り、3位でイベントを終えてるんすよねぇ

C3 WRCは足回りがアップグレードされ、ヤリスWRCは前戦からエンジンを・・・

この2車種に加えヒュンダイのi20 クーペWRCもいる事だし、エアロダイナミクスで後れを取っているとみられるフィエスタでは、厳しいんやないっすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
Posted at 2018/08/16 07:37:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年08月16日 イイね!

ディクソンが契約延長かぁ・・・

ディクソンが契約延長かぁ・・・『Scott Dixon had 'moderate' talks with Ganassi's IndyCar rivals』

チップ・ガナッシ・レーシングは、2002年から同チームでインディカー・シリーズに参戦しているスコット・ディクソンと契約を延長。2019年以降の複数年契約を結んだことを発表した。

4度のタイトルを獲得し、通算44勝を挙げ、今シーズンもランキングトップに立っているインディカー最強ドライバーのディクソン。2002年からチップ・ガナッシで参戦し現在38歳となるが、チームとさらなる複数年契約を結び、来シーズン以降もチップ・ガナッシからインディカーへ参戦することが決定した。

「いつもチップ(ガナッシ)と彼がこのスポーツで果たしてきたことに大きな尊敬の念を抱いていると語ってきたよ。簡単なビジネスではない。彼の履歴書は彼自身を語り、どんなドライバーも彼の下で運転したいと思わせるチームオーナーだ。必要なツールが提供され、適切なスタッフと一緒に仕事を完遂する必要がある」

「このチームは2002年から僕にとって家族のような存在だったし、さらなる勝利とチャンピオンシップ、そしてインディ500に挑めることがうれしいね」とディクソン。

前戦のミド・オハイオでインディカー300戦目の節目を迎えたディクソン。2003、2008、2013、2015年にチップ・ガナッシでチャンピオンを獲得。さらに2008年にはインディ500を制覇している。

通算44勝は、AJフォイト、マリオ・アンドレッティに次ぐ歴代3位。そして今シーズンもランキングトップに立ち、5度目の王者獲得へ向けて邁進している。

「スコット・ディクソンという名前を目にすれば、多くの数字と記録が彼自身を語り始めるだろう。我々は多くのことを達成してきたが、彼が減速する兆候はない。まだチャンピオンシップを戦っていく男だよ。ドライバーたちが頂点に行くためには彼を倒す必要があるんだ」

「彼は、どのようにアプローチしてアタックし、勝利を収めるのか、常に次のレースについて考えているドライバーなんだ。この関係を継続し、さらなる成功したシーズンを一緒に楽しめる機会があることはとてもうれしいね」とオーナーのチップ・ガナッシは語っている。

アンドレッティ・オートスポーツの代表を務めるマイケル・アンドレッティはマクラーレンと組んで、フェルナンド・アロンソとスコット・ディクソンを引き抜いて2019年を戦うつもりやったみたいなんすが、ディクソンは実績のある方を選びやしたよねぇ

これでマイケル・アンドレッティは、現行アンドレッティ・オートスポーツ誰かとアロンソを置き換えるのか、それともアロンソを追加する形とするのか?
Posted at 2018/08/16 06:54:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2018年08月16日 イイね!

日本人がよく口にする「すみません」から見える、日本の文化=中国メディア

『日本人がよく口にする「すみません」から見える、日本の文化=中国メディア』

日本語において「すみません」というのは実に用途の広い、便利な言葉だ。その包含する意味は、「謝罪」という一言では到底包含しきれず、日本語や日本文化に慣れない外国人をしばしば困惑させるようだ。中国メディア・解放網は7日、「日本人はどうしていつも『すみません』と言うのだろうか」とする記事を掲載した。

 記事は「『すみません』は日本人が最も頻繁に使う言葉の第1位と言える」としたうえで、日本人がこの言葉を頻発する理由について、日本を旅した英BBCの記者による考察を紹介している。

 この記者は、「すみません」をはじめとする謝罪の言動が、日本における一種のライフスタイルになっており、「ごめんなさい」、「すみません」のほかにも謝罪表現の言葉が少なくとも20種類は存在すると説明。その一方で、実際「すみません」という言葉の中には謝罪の意味合いは10%程度しかなく、残りの90%はリスペクトや礼儀、誠意を示す意味が込められているとした。

 そして、「相手に迷惑をかけることへの断り、一種の謙遜、あるいは、謝罪、はたまた、感激を示すのか、それは、実際の状況に基づいて判定することになる。『すみません』の文化は、謝罪の文化であるとともに一種の感恩の文化でもあるのだ」と説明している。

 また、「日本では、近しい人との付き合いでも礼儀が必用であり、これは相手に対するリスペクトになる」としたうえで、「『気遣い』は日本の謝罪文化の一部であると同時に、気遣いと共感は不可分のもの。気遣いの実践は、一定の範囲内で他人を意識することから始まるものであり、謝罪も他人の感情をおもんぱかる能力に源を発しているのだ」とする、ある日本人の分析を紹介した。

 「すみません」という言葉には、謝罪や断りのほかに、相手への配慮、相手に対する感謝など、さまざまな気持ちが含まれている。われわれは普段無意識のうちに使いこなしているが、よくよく考えてみると確かに奥の深い言葉だということに気づかされる。
Posted at 2018/08/16 06:24:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「居たら、頑張りやす(謎爆)@美~豚 」
何シテル?   11/17 07:41
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

ファン

54 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.