• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2019年01月15日 イイね!

2+1+2シートのEV 日産IMsコンセプト

2+1+2シートのEV 日産IMsコンセプト『Nissan IMs concept previews electric "elevated sports saloon"』

日産は、デトロイト・モーターショーで、電気自動車(EV)の「日産IMs」を発表した。

革新的なパッケージやパワートレイン技術を採用し、将来の「日産インテリジェント・モビリティ」を体現したコンセプトカーだという。

セダンともクロスオーバーとも違うフォルムの「日産IMs」は、広い室内空間に「2+1+2」の独自のシートレイアウトを採用。回転式の前席と小型アウトボードシートを両サイドに備えた高級感あふれる「プレミア」リアセンターシートを装備する。



最高出力:489ps
最大トルク:81.6kg-m
航続可能距離:611km
バッテリー容量:115kWh

フロントとリアの高性能モーターによる4輪駆動システムは高いコーナリング性能を発揮。路面状況と運転モードに合わせて乗り心地とハンドリングを調整できる最新式のエアサスペンションを搭載した。

また、自動運転モードで走行する際は、ヘッドライトとリアのイルミネーションライトがブルーに変わり、前後それぞれのイルミネーションの中央が点滅。これによって、歩行者や周囲のドライバーに自動運転で走行していることを知らせる。

インテリアは、「2+1+2」の独自のシートレイアウトが特徴。リアコンパートメントの中心を占めるのは、両側に小型アウトボードシートを備えた「プレミア」シート。アウトボードシートの背もたれを倒すとアームレストになり、座席中央の背もたれをリクライニングしたり、オットマンを使用することができる。



自動運転時は、フロントシートを内側におよそ15°回転させて、後部座席と会話のしやすい配置に。 ステアリングは格納され、快適にくつろぐことができる広々とした空間が生まれる。

日産のグローバルデザインを担当する専務執行役員のアルフォンソ・アルバイサは、「EV技術や自動運転技術の革新により、デザイナーは従来の乗用車に求められたプラットフォームやパッケージングのあり方に捉われることなく、まったく新しいスタイルのクルマを創り出すことができるようになりました。『日産IMs』はセダンのデザインと機能をあらたな次元へと高めています」と語っている。

「日産の歴史と伝統を振り返ると、初代ムラーノやZなどは、どれもシンプルなシルエットであることに改めて気が付きました。シンプルなデザインは、おのずと高級感を高めます。例えば、直線的でシンプルなトランクラインは、それ自身が高級感を生み出しているのです」 とアルバイサは続けた。











EV化を進めて行く上で、やはりセダンも必要かと思われ、このコンセプトカーがその位置を担うのでしょうねぇ

ただワテ的には「IDx Freeflow」をEV化した方がエエと思うんすがねぇ
Posted at 2019/01/15 20:30:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2019年01月15日 イイね!

インスパイアされたブルーとゴールドのカラーに!

インスパイアされたブルーとゴールドのカラーに!『Subaru Reveals All-New Blue and Gold Racing Livery and New Motorsports Branding』

スバル・オブ・アメリカは、新しいブルーとゴールドのレーシングリヴァリーにつつまれたWRX STIラリーカーと新しいモータースポーツブランド「スバル・モータースポーツ」を発表した。

スバル・オブ・アメリカは10日、2019年のモータースポーツのリヴァリーを発表した。1990年代と2000年代に世界を席巻したスバル・ワールドラリーチームのインプレッサWRCにインスパイアされた印象的な六連星のグラフィックが描かれたブランドの特徴であるブルーとゴールドカラーのマシンに戻る。

同ブランドはまた、U.S.レーシングの活動の構造改革も発表し、今後はスバル・モータースポーツのバナーの下、ラリー、ラリークロス、レコード・アテンプト、オフロードレース、サーキットレースに同時参戦する。

スバル・オブ・アメリカのマーケティング副責任者であるアラン・ベスケは次のように語った。

「これらのカラーは我々のブランドの歴史の一部であり、ファンにも愛されている。ラリーファンの世代にとって、スバルというのは、青いクルマ、金のホイール、そして象徴的なスタークラスターと同義だ。この新しいデザインはその伝統に敬意を表しつつ、スバル・モータースポーツの名の下に将来の成功を見据えている」
 
新しいデザインは1月14日にデトロイトで開催される北米国際自動車ショーで正式にデビューを飾った。ゴールド塗装のホイールとWRブルーのベースカラーを採用し、ボディサイドに鮮やかなイエローのグラフィックで大きく描かれた六連星のスタークラスターが目を引く。

このスタークラスターのモチーフは、世界ラリー選手権でコリン・マクレーが王座を獲得したインプレッサによって有名になった555カラーが原点となり,その後、スタークラスターのマークでペター・ソルベルグやリチャード・バーンズがチャンピオンに輝いている。

スバルのパフォーマンス部門であるスバル・テクニカ・インターナショナルの特徴的なピンク色のロゴは、フロントサイド・インテーク、リヤウィング・エンドプレート、トランクリッド・ベントパネルに描かれている。
 
バーモント・スポーツ・カーと提携してスバル・ラリー・チームUSAが結成された2001年以来、ラリー参戦プログラムはスバル・オブ・アメリカの中核を形成してきた。新たに発表されたスバル・モータースポーツのブランドは、スバルのボクサーエンジンやシンメトリカルAWDなどのコアテクノロジーを披露するために、幅広いレース分野へのチャレンジが成功してきたことを反映しているものだ。

2018年、スバル・ラリー・チームUSAはアメリカン・ラリー・アソシエーション(ARA)の総合タイトルを獲得し、アメリカズ・ラリークロス(ARX)シリーズを表彰台で終えた。スバル・モータースポーツは3月15日から16日にかけてミズーリ州で開催される100エーカー・フォレストラリーで2019年のARAタイトル防衛戦を開始すると共に、新たなリヴァリーで競技デビューする。








伝統的なカラーリングに恥じない成績を収める事を期待していですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2019/01/15 19:45:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2019年01月15日 イイね!

道上同様の道を歩むのか?

道上同様の道を歩むのか?『ホンダのGT500メンバーから外れた小暮卓史、気になる今季の去就は?』

東京オートサロン2019の会場で発表されたホンダの2019年スーパーGT参戦体制。そこで長年にわたってホンダ勢の一員として活躍してきた小暮卓史が、GT500のメンバーから外れることが明らかとなった。
 
小暮は2003年にNAKAJIMA RACINGからGT500にデビュー。この年は序盤のみの参戦だったが、1年のブランクを経て2005年からフル参戦を開始。2010年にはロイック・デュバルとのコンビでシリーズチャンピオンを獲得するなど、合計15シーズンで9勝を挙げる活躍を見せた。
 
しかし、先日の体制発表ではGT500クラスに小暮の名前はなく、昨年まで所属していたKEIHIN REAL RACINGは塚越広大とベルトラン・バケットのコンビで戦うことが発表された。
 
小暮がGT500のラインアップから外れたことに対して、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長は「いやぁ、すいません……」と苦笑い。小暮をGT500のメンバーから外すことに対しては、苦渋の決断だったようだ。

「彼は昨年の開幕戦でも勝ってくれているし、ホンダへの貢献度も非常に高いドライバーで本当にありがたいです。本当に長い間がんばってくれました」

「しかし、僕としても……各チームともがシリーズタイトルに少しでも近づける体制を作りたいということで、このような体制になりました。彼とも十分に話をして、(現在も)良い関係ではいます」
 
気になる小暮の今季の去就についてだが、GT300クラスを含めホンダのマシンを使うチームでスーパーGTへ参戦する可能性はなさそうだ。
 
同じ日にホンダNSX GT3を使うチームのドライバーラインアップも発表されたが、34号車のModulo Drago CORSEは道上龍/大津弘樹、55号車のARTAは高木真一/福住仁嶺、18号車のUPGARAGEは小林崇志/松浦孝亮のコンビとなった。
 
また昨年はCarGuy RacingがNSX GT3でスーパーGTに参戦していたが、彼らは今年ブランパンGTアジアなど海外のレースを中心に戦っていく模様。今季のGT300クラスへの参戦は検討中とのことだが、その可能性は少ないようだ。
 
一部では小暮がWTCRに参戦するのではないかという噂も流れているが、今年の彼の動向に関しては全く情報が入ってきておらず、今後の動向に注目が集まっている。

道上龍は2014年にSUPER GT GT500のシートを失い、TEAM 無限のエグゼクティブアドバイザー兼第3ドライバーとしてチームに帯同していたが、7月に新たに自らのチーム「DRAGO CORSE(ドラゴコルセ)」を設立。ホンダの協力を得て、伊沢拓也をドライバーとしてスーパーフォーミュラに参戦

その翌2015年は小暮卓史がDRAGO CORSEのドライバーとしてチームに加入し、スーパーフォーミュラに参戦してやしたよねぇ

道上は2016年にWTCCにスポット参戦し、翌2017年にホンダ・ワークスからフル参戦しやしたよねぇ?

小暮も道上同様の道を歩むのか、ホンマ、動向が気になりやすよね
Posted at 2019/01/15 18:10:59 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2019年01月15日 イイね!

Marrakesh testing

Marrakesh testing 『Muller tops Marrakesh Formula E test for Audi』

マラケシュで行われたフォーミュラEルーキーテストは、アルディのニコ・ミューラーがトップとなった。

1月13日(日)、マラケシュでフォーミュラEのルーキーテストが行われ、アウディ・スポート・アプト・シェフラーのニコ・ミューラーがトップタイムをマークした。
 
ミューラーは午前のセッションで1分17秒532をマークすると、午後には1分17秒074までタイム更新。午前・午後ともにセッショントップとなった。
 
0.115秒差の2番手はDSテチータからテストに参加したジェームス・ロシター。チームが2台のマシン比較の実施を望んだため、午後のセッションで2台のマシンを乗り分けた。これにより、午前中に2番手タイムを残したタチアナ・カルデロンは午後に走行せず。それでも彼女は総合6番手となっている。
 
3番手は1台のみでテストに参加したドラゴン・レーシングのアントニオ・フオッコ。チームは2台目のマシンに元F1ドライバーのフェリペ・ナッセをエントリーしていたが、ナッセの姿はパドックで確認されたものの走行は行われなかったようだ。
 
ヴァージン・レーシングのニック・デ・フリース、日産e.ダムスのヤン・マーデンボローまでがトップ5となった。元ウイリアムズF1のドライバーであるセルゲイ・シロトキンは、マヒンドラからテストに参加し11番手となっている。
 
日産e.ダムスのリザーブドライバーを務める高星明誠もテストに参加。しかしトラブルに見舞われしっかりと走行を行うことはできなかったようで、13番手となっている。

Test results:
1 Nico Muller Audi Sport Abt 1:17.074 - 98 Lap

2 James Rossiter DS Techeetah 1:17.189 +0.115 87 Lap
3 Antonio Fuoco Dragon 1:17.338 +0.264 89 Lap
4 Nyck de Vries Virgin 1:17.560 +0.486 54 Lap
5 Jann Mardenborough Nissan e.dams 1:17.672 +0.598 67 Lap

6 Tatiana Calderon DS Techeetah 1:17.674 +0.600 41 Lap
7 Bruno Spengler BMW Andretti 1:17.735 +0.661 76 Lap
8 Raffaele Marciello HWA 1:17.763 +0.689 85 Lap
9 Arthur Leclerc Venturi 1:17.782 +0.708 73 Lap
10 Norman Nato Venturi 1:18.059 +0.985 69 Lap
11 Sergey Sirotkin Mahindra 1:18.097 +1.023 57 Lap
12 Sam Dejonghe Mahindra 1:18.155 +1.081 58 Lap
13 Mitsunori Takaboshi Nissan e.dams 1:18.229 +1.155 58 Lap

14 Jamie Green Audi Sport Abt 1:18.250 +1.176 99 Lap
15 Pietro Fittipaldi Jaguar 1:18.403 +1.329 79 Lap
16 Daniel Juncadella HWA 1:18.555 +1.481 77 Lap
17 Harry Tincknell Jaguar 1:18.623 +1.549 69 Lap
18 Marco Wittmann BMW Andretti 1:18.727 +1.653 89 Lap
19 Jake Hughes NIO 1:19.631 +2.557 74 Lap
20 Benoit Treluyer Virgin 1:21.181 +4.107 97 Lap
21 Jamie Chadwick NIO 1:22.196 +4.664 71 Laps
22 Felipe Nasr Dragon no time
Posted at 2019/01/15 07:21:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース
2019年01月15日 イイね!

3.0ℓ直6と2.0ℓ直4かぁ・・・

3.0ℓ直6と2.0ℓ直4かぁ・・・『New 2019 Toyota Supra: official images, specs and prices revealed』

トヨタは、デトロイト・モーターショーで、新型スープラを世界初公開した。ここでは、その実車写真をご紹介しよう。なお日本発売は、2019年春頃を予定している。

86より100mm短いホイールベースは2470mmと発表された。チーフエンジニアの多田哲哉がこだわった、ホイールベースとトレッドの比は1.55。他の量産スポーツカーと比較してもトップレベルの小さな値を達成し、回頭性に寄与。また、前後重量配分は50:50、重心高は水平対向エンジンの86よりもさらに低いという。

室内はシフトバイワイヤ式のシフトレバー、8.8インチTFTメーター、大型フルカラーヘッドアップディスプレイで構成される新世代レイアウト。

alt

alt

alt

エンジンは、3.0ℓ直6ツインスクロール・ターボ、2.0ℓ直4ツインスクロール・ターボを用意。後者は、出力違いの2種類を揃えた。

alt

サスペンションは、前:ダブルジョイント・スプリングストラット式、後:マルチリンク式。一部グレードにアダプティブ・バリアブルサスペンション・システムを搭載し、選択中のドライブモードと路面状況に応じて、4輪のショックアブソーバーの減衰力を制御する。また、VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0〜100の範囲で無段階に制御するアクティブ・ディファレンシャルを搭載する。

alt

alt

alt

alt

alt

alt

新型スープラ(日本仕様) 主要諸元
エンジン:2998cc直6ターボ・(1998cc直4ターボ)・「1998cc直4ターボ」
トランスミッション:8速スポーツAT・(8速スポーツAT)・「8速スポーツAT」
駆動方式:FR
最高出力:340ps/5000-6500rpm・(258ps/5000-6500rpm)・「197ps/4500-6500rpm」
最大トルク:51.0kg-m/1600-4500rpm・(40.8kg-m/1550-4400rpm)・「32.6kg-m/1450-4200rpm」
0-100km/h加速:4.3秒・(5.2秒)・「6.5秒」
全長:4380mm(トヨタ社内測定値)
全幅:1865mm(トヨタ社内測定値)
全高:1295mm(トヨタ社内測定値)・(1290mm(トヨタ社内測定値))・「1290mm(トヨタ社内測定値)」
ホイールベース:2470mm
前トレッド:1594mm・(1609mm)・「1609mm」
後トレッド:1589mm・(1616mm)・「1616mm」
*スペックはRZ・(SZ-R)・「SZ」の順に

どうやら、2.0直4ターボは国内仕様のみみたいで、エンジンはトヨタ内製かと思われやすよねぇ

また価格に関してはアメリカで約540万円から約584万円との事から、2.0直4ターボは300万円台から設定されるかも?

ただ、これまでは余り気にしていなかったんすが・・・

A70スープラ


A80スープラ


A90スープラ


こうやって見てみると、運動性能を重視した(?)ためか、過去のスープラらしい伸びやかさが感じられ無く、鈍重な印象が・・・
Posted at 2019/01/15 06:42:26 | コメント(4) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース

プロフィール

「バーサスト12時間レース、残り3時間半ほどでKCMGの18号車ニッサンGT-R GT3がトップ周回中」
何シテル?   02/03 12:24
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.