• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2019年01月21日 イイね!

生がエエに決まってるやん!(謎爆)

生がエエに決まってるやん!(謎爆)『WRC:J SPORTS、2019年もシリーズ全戦を放送。各大会で番組史上初の生中継プログラム追加』

スポーツ専門テレビ局のJ SPORTSは1月24日に開幕するWRC世界ラリー選手権の2019年シーズン全14戦を放送すると発表した。今年は要望が多かったという生中継プログラムを拡充して放送する。
 
WRCには2017年、トヨタがマニュファクチャラーとしての参戦を再開。復帰2年目の2018年にマニュファクチャラーズタイトルを獲得してみせた。また、2020年にWRC日本ラウンド、“ラリー・ジャパン”開催に向けた招致活動なども行われており、日本でも国内でも人気、認知度が高まっている。
 
トヨタがタイトル防衛、そしてドライバーズタイトル、コドライバーズタイトルの三冠獲得を狙う2019年シーズンはチリ戦を加えた全14戦で争われる。開幕戦は1月24~27日のラリー・モンテカルロ、最終戦は11月14~17日のラリー・オーストラリアだ。
 
J SPORTSは、この2019年シーズンを全戦放送。またオンデマンドでも配信を行う。また、2019年はJ SPORTSの前身会社のひとつであるスポーツ・アイ ESPN時代から数えてWRC放送20周年の節目ということで番組のリニューアルも敢行されることに。その目玉となるのが生中継の拡充だ。
 
これまで生中継されてきたのは、大会最終日に行われるパワーステージのみ。そのほかのステージについてはハイライト形式で放送されてきたが、2019年は番組史上初めてパワーステージのほかに、各大会から1ステージを厳選して生中継を行うという。
 
第1戦モンテカルロでは1月24日(木)27時20分~からライブステージが放送される予定で、時差を踏まえると現地24日の19時30分過ぎにスタート予定のSS1から生中継されることになりそうだ。
 
もちろん、これまで放送されてきたプレビュー/レビュー番組の放送も行われるので、パワーステージ中継、デイハイライトなどを合わると2019年は全5形態で放送されることになる。実況とコメンテーターを務めるのは、WRC招致応援団のメンバーとしてもおなじみの栗田佳織さん。パワーステージ生中継とレビュー番組ではゲスト解説も登場する。
 
詳しい放送/配信スケジュールはJ SPORTSの公式ホームページまで。

各チーム、体制やマシンのカラーリングが一新された2019年開幕戦のスタートが生で見られるとは、嬉しいっすよねぇ~♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ

真夜中と言うべきか明け方と言うべきかは分かりやえんが、早起きしなくちゃ
Posted at 2019/01/21 20:02:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2019年01月21日 イイね!

果たして今季は?

果たして今季は?『F3鈴鹿合同テストで大きな手応えを掴んだ三浦愛、気になる今季の体制は……』

全日本F3選手権で唯一の女性ドライバーとして活躍する三浦愛。まだ2019年の参戦体制については明らかになっていないが、シーズン開幕に向けて順調に準備を進められていると語った。
 
昨シーズンは“勝負の年”と位置づけながらも、強力なライバルたちの壁を崩すことができず、わずか入賞1回で終わった三浦。「このままでは終われない」と2019年も全日本F3への継続参戦の意向を明らかにしていた。
 
そんな中、昨年12月に鈴鹿サーキットで行われた合同テストにTHREEBONDから参加。彼女自身、今までシーズンオフのテストに参加する機会がほとんどなかったこともあり、かなり充実した2日間を過ごせたという。

「正直(THREEBONDのマシンに)乗った瞬間に『これがF3か?』と思うほど、今まで乗っていたクルマとは印象が違いました。もちろんエンジンも違うし(B-MAXはフォルクスワーゲン、THREEBONDは東名)クルマのセットアップも違っていたのですが、逆に自分にとってはそれがすごく合っていて、良いフィーリングで乗ることができました」

「自分の中でも、充実した2日間でしたし、初めてF3に乗った時のような感覚になりました」
 
今回、THREEBONDからはヒューゴ・デ・サドレーとリッキー・コラードもテストに参加したが、三浦は彼らよりも0.6秒以上速い1分52秒375をマーク。コンディションの影響もあったが、彼女自身の鈴鹿での自己ベストタイムも更新できた。それと同時に、今までにない新しい手応えも掴めたという。

「今まで自分が3年間乗ってきたクルマと比べると特性は全く異なるものでしたが、これまでの3年間で身につけたものが活きたし、かなり大きかったなと感じる事ができました」

「3年前に初めてCクラスのF3マシンに乗った時は、(マシンのパフォーマンスの高さに)ただただ驚いていただけでした。でも、この前のテストでは『このクルマであれば自分は結果を出せるかもしれない。自分の力をこのクルマで発揮したい』と思えるクルマだなと感じました」

「正直……体力的には辛かったですが、今まで12月のテストは出たことがなかったので、すごく充実した2日間になりました。いつもは前のシーズンが終わってから次のシーズンが始まるまでにブランクができてしまっていました。今回のテストで8時間走れた事で体力面でも技術面でも(2019シーズンに向けて)いいスタートが切れたなと思います」
 
先日、幕張メッセで行われた東京オートサロン2019ではEXEDYブースでトークショーを行なった三浦。彼女の人気も右肩上がりで、サイン会ではブースに入りきらないくらい長蛇の列ができていた。
 
例年なら、この東京オートサロンでシーズンの体制発表を行うのだが、今年については発表は行われなかった。
 
それでも三浦は「良い報告ができるように準備を進めていますので、もうしばらくお待ちください」と前向きな表情を見せた。



昨年は、シングルフィニッシュ8回、ポイント獲得は岡山国際サーキットで行われたR13での僅か1ポイントのみと歯車が上手く噛み合わなかった三浦愛

年齢的にも、今年が正念場でしょうねぇ
Posted at 2019/01/21 19:06:41 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2019年01月21日 イイね!

ラトバラの二の舞いにならなければエエんすが・・・

ラトバラの二の舞いにならなければエエんすが・・・『Fresh start for Mikkelsen』

ヒュンダイ・モータースポーツで2年目のシーズンを迎えるアンドレアス・ミケルセンは、悲惨な結果に終わったシーズンの流れを変えるために、マシンのセットアップやドライビングスタイルを根本的に変えるつもりであると明かした。

ミケルセンは2017年末、大きな期待をもってヒュンダイに迎えられたが、昨年はスウェーデンの3位が唯一の表彰台となり、ドライバーズ選手権でも6位にとどまるなど、チームのタイトル争いにも貢献できずにシーズンを終えている。

ミケルセンは、とくにターマックにおいては自身のドライビングを変えなければパフォーマンスを向上させることができないと語った。

「グラベルではだいたいいい仕事ができたが、ターマックでは苦戦を強いられた。いろいろなことを学んだから、新たな考えで新シーズンを迎えることになる」とミケルセン。

「僕は昨年、ずっと慣れ親しんだ走りにしようとしてセットアップを変えようとしていたが、このマシンの特性のままにドライビングを変える必要があるかもしれない。すでに5年間そうしているチームメイトたちのようにね。彼らの走りをコピーしようとしているし、同じような戦い方をしたいと思っている。マシンがあるがままにね」

ミケルセンは、ドライビングスタイルを変えるためのヒントを求めて、チームメイトのティエリー・ヌーヴィルやダニエル・ソルドのデータとインカー映像を分析してきたと明かした。

「マシンのセットアップもそうだが、コーナーへアプローチもかなり違っている。僕は少しブレーキングを遅くして、ターンインするためにブレーキを残したままにしてきた。マシンのセットアップはよりよいターンインのためだったが、それにはかなりのグリップが犠牲になった。その違いは簡単に見えるが、僕は10年間、このアプローチで走ってきたからスタイルを変えるのは大変なんだ」

ミケルセンは、彼がヒュンダイでフル参戦のチャンスをもつことに批判があることを知りつつも、運命を好転させることができると信じている。

「いい年と悪い年があることはスポーツではおなじみのことだ。昨年は僕にとってもっともチャレンジングなシーズンだったが、全力を注いで戦いに向かえばきっと結果は好転するはずだよ」

ヤリ=マティ・ラトバラは、トヨタに移籍する前年2016年に成績低迷に陥ったのだが、これは当時同チームのセバスチャン・オジェに後れを取っていた事から、オジェのやり方を必死でコピーしようとした結果、自分のドライビングを忘れてしまった事が原因だったとか・・・

ミケルセンが器用なドライバーなら可能かとも思うのだが、ラトバラの二の舞になるような気がするんすよねぇゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
Posted at 2019/01/21 18:00:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2019年01月21日 イイね!

Hyundai-Test Loeb、Neuville、Mikkelsen

Hyundai-Test Loeb、Neuville、Mikkelsen『Hyundai-Test Loeb、Neuville、Mikkelsen』

2018年、3年連続となるシリーズ2位に終わったチームは、6シーズン目となる今季、新チーム代表のアンドレアス・アダモの指揮下で初タイトルを目指す

18日コル・デュ・ノイエ峠のスノーコンディションでのテストが行われ、夜明け前からティエリー・ヌーヴィルがテストを開始、午後にはアンドレアス・ミケルセンがテストを行い、ローブはそれを引き継ぐ形で夕方近くからドライとスノーのコンディションのセクションでテストを開始した模様







Test Loeb | Neuville | Mikkelsen | Hyundai WRC | Pre Rallye Monte-Carlo 2019


Test Rallye Monte Carlo 2019 - Neuville / Loeb / Mikkelsen - RallyeChrono


Test day Rallye Monte Carlo 2019 Sébastien Loeb Hyundai I20 WRC


Test Rallye Monte Carlo 2019 - Loeb | Neuville | Mikkelsen by ORF


しかし、今年はドライバーズタイトルはオット・タナックが獲得し、マニュファクチャラータイトルもトヨタ・ガズーレーシングWRTが連覇っすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2019/01/21 07:21:50 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2019年01月21日 イイね!

えぇー!そうなん?ι(◎д◎υ)ノ

えぇー!そうなん?ι(◎д◎υ)ノ 『ARTA、2019年カラーはオレンジじゃない? 鈴木亜久里監督「ちょっと驚くと思う」』

ARTAの鈴木亜久里監督は、今スーパーGTに参戦させるマシンのカラーリングを大幅に変更する予定でいることを明らかにした。

今シーズンもスーパーGTのGT500クラス、GT300クラスに参戦するARTA。同チームのプロデューサーでありチーム総監督の鈴木亜久里は、2019年のマシンカラーリングを大きく変更する予定だと語った。
 
昨年から、ARTAは「レーシングスポーツブランド」としてイメージ改革を行い、ロゴの変更やチームユニフォーム、サーキット内でのPRブースのデザインを一新した。
 
その流れのひとつとして、今まで蛍光オレンジがベースとなっていたマシンのカラーリングについても、2019年は大きく変更するようだ。
 
鈴木総監督によると“ちょっと驚く”ほどのイメージチェンジになるという。

「実は2019年はカラーリングを大きく変える予定です。それは改めて発表しますが、ちょっと驚くと思います。今までのARTAの線上にはないところのカラーリングになります。今までは蛍光オレンジのような“コテコテな感じ”でしたが、そこから今年はもう少しスッキリした“スマートな感じ”に変わります」

「2台同じカラーリングで登場することになります。楽しみにしていてください」
 
昨年はGT500・GT300ともに最終戦までチャンピオン争いに絡む活躍を見せたARTA。しかし、両クラスともにあと一歩及ばずGT500クラスはランキング3位、GT300クラスは最終戦で12ポイント差を逆転されランキング2位に終わった。
 
改めて、2018年のレースを振り返った鈴木総監督は、ポイントの取りこぼしがないようにさらにシビアに戦っていきたいと今季に向けた意気込みを語った。

「昨年のようにチャンピオン争いをしてみると、自分のチームのどこが悪いかが分かったし、足りない部分もけっこうありました。そういう部分を今年はうまくプロデュースできれば、チャンピオンに行けるかなと思います」

「でも、最終的には(ポイントを)取りこぼさないことです。とにかく1点でも2点でも3点でも……細かいポイントをきっちり稼いでいく。調子がいいときはもちろん勝ちを狙いにいきますし、レースだから上手くいかないときもありますが、それでも0点のレースをなくすことが重要だと思っています」

ARTA(オートバックスレーシングチーム・アグリ)として1998年にスカイラインで初参戦した時から、蛍光オレンジがベースのカラーリングやったんすがねぇ・・・



確かに今、ARTAグッズは黒(?)ベースになってるので、もしかしたら・・・
Posted at 2019/01/21 06:45:19 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース

プロフィール

「生きてたんかい(笑)@つり目っち」
何シテル?   04/21 06:47
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.