• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2019年03月20日 イイね!

TCRジャパンにも

TCRジャパンにも『KCMGがTCRジャパンとスーパー耐久に参戦へ。ホンダ・シビックをル・マンウイナーがドライブ』

KCモーターグループ(KCMG)は3月20日、イギリス人ドライバーのマシュー・ホーソンを擁しピレリ・スーパー耐久シリーズならびに、2019年からスタートするTCRジャパンシリーズに、ホンダ・シビック タイプR TCRで参戦すると発表した。

2018年にTCRヨーロッパシリーズで最多4勝を挙げ、チームタイトルを獲得したKCMG。香港に本拠を置くチームは2019年シーズン、小林可夢偉を起用して参戦している全日本スーパーフォーミュラ選手権をはじめ、ニッサンGT-RニスモGT3を使用しているIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジ、ホンダカスタマーチームとして戦うWTCR世界ツーリングカー・カップなど、ワールドワイドな活動をみせているレーシングチームだ。

 そんなKCMGは2019年、前述の活動に加えてスーパー耐久のST-TCRクラスと今季からスーパーフォーミュラの併催レースとして行われるTCRジャパンに、ホンダ・シビック タイプR TCRを投じることを明らかにした。

 また、ドライバーにはKCMGと長年の付き合いがあるホーソンを中心とし、スーパー耐久ではチーム創設者のポール・イップと、2019年のドバイ24時間でKCMGのシビックTCRをドライブしたジム・カー・トゥの追加起用があわせてアナウンスされている。

 KCMGとホーソンは、かつて4シーズンに渡ってWEC世界耐久選手権をともに戦い、2015年のル・マン24時間LMP2クラス優勝を含む計5回のクラス優勝を飾るなど数々の成功を収めてきた。また、彼はジェントルマンドライバーながらGTアジア、フォーミュラ3アジア、全日本F3選手権Cクラスなど豊富なレーシングキャリアを持つことでも知られている。

「KCMGとホンダとともに、TCRジャパンシリーズ、スーパー耐久という日本のレースシリーズに戻ることができてとてもうれしく思う」と語るのは、今回初めてシビックTCRをドライブすることになるホーソン。

「僕は過去12年間、KCMGのフォーミュラレースと耐久レースプログラムに参加してきた。新しいTCRプロジェクトに参加することはそんな僕の特権だよね。新しいTCRプロジェクトに参加できて光栄に思うし、KCMGの変わらぬ信頼に感謝しているよ」

「スーパー耐久は僕のスポーツカーレースへの情熱を継続させてくれるだろう。シビック タイプR TCRを使った最初のテストはとてもうまくいった。僕は日本のサーキットをよく知っているし、ふたつのシリーズで大きな成功を収めたいと思っているんだ」

 そんなホーソンのKCMG復帰をチーム創設者のイップは喜ぶ。

「2019年シーズン、アジアで行うTCRレース活動のためにマット(マシュー・ホーソン)がKCMGに戻ってきてくれたことをとてもうれしく思う」

「私たちは何年もの間強い関係を築き、一緒にレースを戦ってきた。そのため、彼とは良い思い出がたくさんあるんだ」

「マットとジム・カー・トゥのふたりは、ともに素晴らしいドライバーであり、彼らは耐久レースとこれから戦っていく(日本の)サーキットをよく知っている。だから、今季の見通しは明るいと予想しているし、今週末の開幕戦鈴鹿5時間レースが始まるのを楽しみにしているんだ」

 世界各地で幅広くモータースポーツ活動を続けるKCMG。チームの新たな挑戦となる日本でのTCRプログラムは3月23~24、鈴鹿サーキットで開催されるスーパー耐久開幕戦でスタートする予定だ。



スーパー耐久は、年間エントリーに名が上がっていたので驚きは無いのですが、まさかTCRジャパンにまで参戦するとはねぇ
Posted at 2019/03/20 20:50:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2019年03月20日 イイね!

マニア向けだよなぁ(笑)

マニア向けだよなぁ(笑)『新型スズキ・ジムニー(JB64) 1/64ミニカーシリーズに 青島文化教材社』

カプセルトイ新製品はジムニー
青島文化教材社は、カプセルトイの1/64ミニカーシリーズに、新型スズキ・ジムニー「JB64」が加わると発表した。

ジムニーコレクション第2弾となるJB64は、カマド社の全面協力で取材を行い、数10年に渡る自動車プラモデルの設計で培ったノウハウを余すことなく投入。実車の下に潜り込んでの突き詰めた調査などを行い、シャシー裏の造形、フロントグリルのメッシュ・ハニカム模様、特徴的なメーターナセルを正確に再現したことが特徴。

全5色に付いてくるスペアタイヤは2種類を用意。バリエーションによってどちらかが付属される。



・塗装済み完成品
・サイズ:全長約50mm
・素材:ABS
・キネティックイエロー
・ジャングルグリーン
・ブリスクブルーメタリック
・スペリアホワイト
・ミディアムグレー

発売は4月、税込み予定価格は各300円と発表されている。



以前ガチャガチャで見掛けた時にも「めっちゃマニア向けやなぁ(笑)」と思ったんすが、JB64型ジムニーが出るとはねぇ(^^;
Posted at 2019/03/20 19:51:27 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース
2019年03月20日 イイね!

ツール・ド・コルスに向けて・・・

ツール・ド・コルスに向けて・・・3月8~10日に行われたWRC第3戦ラリー・メキシコでトラブルやアクシデントで大量得点を逃し、マニュファクチャラーズランキングでシトロエンに交わされ、3位に後退したヒュンダイ・モータースポーツ

第4戦ツール・ド・コルスに向けて、セバスチャン・ローブとダニ・ソルドが精力的にテストを実施しているのだが・・・

tests sebastien LOEB daniel ELENA pour le tour de corse 2019


ソルドのテスト車両に、見慣れぬシュノーケル状の物体が?

WRC Test Dani Sordo - Carlos del Barrio hyundai i20 Tour de Corse 2019


果たしてこの物体は何で、何の目的で取り付けられているのか・・・
Posted at 2019/03/20 18:30:56 | コメント(2) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2019年03月20日 イイね!

FIA-F3規定の車両開発に

FIA-F3規定の車両開発に『童夢が新しいフォーミュラ3規格車両の開発着手を発表』

日本のレーシングカーコンストラクターである株式会社 童夢は、2018年にFIAにより批准された新しいフォーミュラ3規格のマシン『DOME F111/3』の開発に着手したことを明らかにした。
 
この新規定は、今年のFIA-F3でも導入される規格の車両で、HALOや側面衝撃吸収構造体などを採用した最新の安全基準をクリアしたマシンである。
 
今回、童夢はこの規格の車両開発をはじめ、FIAホモロゲーションを受けたシャシーとエンジンおよび部品をキャッププライス(ローリングシャシー:7万7000ユーロ、エンジン2万3000ユーロ)で販売するとのこと。詳細な販売開始日は注文方法の案内は今年6月下旬を予定しているという。
 
今年から旧GP3がFIA-F3となり、新規定のダラーラ製車両を使う。しかし、その一方で全日本F3選手権や、フォーミュラ・ヨーロピアン・マスターズ(昨年までのヨーロピアンF3)は従来規定のシャシーをそのまま使用している状況だが、童夢が新F3規定の車両を製作することにより、各シリーズにも様々な影響をもたらすことになりそうだ。





これで安全性にプラスして、速さやセッティングの幅が広いマシンである事が主命されたら、FIA-F3のマシンとして採用される可能性もありやすよねぇ?

FIA-F2もダラーラ製のシャーシが採用されてやすが、同じ方向性のマシンよりエエんやないかと思うんすがねぇ?
Posted at 2019/03/20 07:20:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2019年03月20日 イイね!

本格始動!

本格始動!『BTCC squad Speedworks buoyed by new Toyota Corolla pace in testing』

2019年のBTCCイギリス・ツーリングカー選手権に投入される新型ワークスカー、トヨタ・カローラBTCCのエースドライバーを務めるトム・イングラムは、スペインで実施され成功裏に終わったプライベートテストの感触を踏まえ「今年は騒がしくなるだろう」と手応えを語った。
 
今季からトヨタGBのファクトリーバックアップを得て、新たにチーム・トヨタGB withスピード・ワークス・モータースポーツ(SWM)の名称に生まれ変わったチームは、イギリス・オールトンパークでのシェイクダウンを経て、すぐさまスペインへと移動。
 
バルセロナ近郊のカラファト・サーキットで3日間のプライベートテストを敢行し、メルセデスを走らせるシシリー・モータースポーツやフォード・フォーカスRSを投入するモーターベース・パフォーマンスらと合同で走行セッションをこなし、完全なニューモデルながら充分なマイレージを走破した。
 
イギリスへと戻ったチームは、今後も公式テストのメディアデイを前に開幕戦の舞台となるブランズハッチや、ドニントンパークでのテストプログラムを予定している。

「この新型マシンのロールアウトに際して、ファンや周囲からのリアクションは驚くべきものだったよ」と語ったイングラム。

「もちろん、僕たちにはバイアスが掛かっていて偏りがあるのはわかっているが、このカローラBTCCはこの世のものとは思えないほど素晴らしいルックスで、そのことにはみんな同意してくれると思っている」

「ライバルチームの代表やドライバー仲間からも、彼らがどれほどの感銘を受けたか教えてもらう機会があるし、その事実はトヨタGBとSWMのクルーがどれほど素晴らしい仕事を成し遂げたかを証明する信任票みたいなものだ」
 
そのテストでの脅威的ペースから、すでにデビュー前ながらライバル勢から警戒されているというトヨタ・カローラBTCCだが、イングラムもスペインで過ごした3日間を「本当に生産的な数日間だった」と振り返った。

「僕たちはチェックリストのすべてを確認し、たくさんの疑問点を解決して帰ってきた。そして最も重要なことに、クルマは絶対的に素晴らしい感触なんだ。これは新車だし、僕たちもすぐにペースを発揮できるとは考えていなかったけど、カラファトでの初日を終えた段階で『すでにBTCCの水準レベルに達している』という確信があった」

「とくに心強いのは、このカローラが(昨季までの)アヴェンシスと比較してわずかなセットアップの変更により正しく反応することで、そのスタビリティとブレーキング・パフォーマンスはすば抜けているんだ。とても興奮しているし、このマシンで新シーズンを迎えるのは心の底からワクワクするね」


 
チーム代表のクリスチャン・ディックも最初のテスト結果に満足すると同時に「シーズン開幕前までにはまだやるべきことがたくさんある」と気を引き締めた。

「我々はソーシャルメディアでの反応と、最初にマシン画像を公開した際に受け取ったすべての熱烈なメッセージに圧倒された。そのカローラが初めてトラックを走り出したときは感情的な瞬間だったし、すべてのメンバーに強い自尊心をもたらしてくれた」とディック代表。

「ホイールベース、空力性能を念頭に置いたマシンシルエット、重心位置、そして重量配分の点で、私たちが以前に走らせていたアヴェンシスとは全く違うクルマになっている。それはつまり、学ぶべきことが山ほどあり、しっかりと慎重に物事を進めなくてはならないことも意味する。でも今は、このカローラがどんな個性と特徴を持って機能するか、完全に把握できたと言っていいね」





BTCCで活躍して、いずれはTCR規定のマシンやFIA-GT3規定のマシンに発展させ、日本国内のレースにも姿を見せて欲しいすうよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2019/03/20 06:47:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース

プロフィール

「生きてたんかい(笑)@つり目っち」
何シテル?   04/21 06:47
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/3 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.