• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2016年02月29日 イイね!

フィンランド第2戦は・・・

フィンランド第2戦は・・・SM Vaakuna Ralli 2016

2月26~27日にフィンランド・ラリー選手権第2戦のヴァークナ・ラリーが行われ、終盤の2ステージで連続してトップタイムを奪ったオーレ・クリスチャン・ヴェイビー(シュコダ・ファビアR5)が激しい追撃をみせたが、ユハ・サロ(プジョー208 T16 R5)がわずか2.3秒差で逃げ切り、開幕から2連勝を飾っている。

また、ヤリ・ケトマーのドライブでフィンランド・デビューとなった三菱ミラージュR5は総合4位でフィニッシュ、惜しくも表彰台に届かなかった。

TOYOTA GAZOO Racingチャレンジプログラムの育成ドライバーの勝田貴元(スバル・インプレッサWRX STI)はクラス5位でフィニッシュ、新井大輝(スバル・インプレッサWRX STI)はSS3で横転のためにリタイアとなった。

1. #2 Salo Juha Peugeot 208 T16 Hannu's Rally Team SM1 57:14.0

2. #8 Veiby Ole Christian Škoda Fabia R5 Printsport Oy SM1 57:16.3 +2.3
3. #7 Vihavainen Ari Mitsubishi Lancer WRC2 Hannu's Rally Team SM1 57:54.7 +40.7
4. #1 Ketomaa Jari Mitsubishi Mirage R5 LK7 58:01.8 +47.8

5. #4 Asunmaa Teemu Subaru Impreza STi R4 Hannu's Rally Team SM2 58:25.2 +1:11.2
6. #6 Eskelinen Mikko Mitsubishi Lancer WRC2 Dynamo SM1 59:44.2 +2:30.2
7. #11 Ruokanen Ville Mitsubishi Lancer Evo X SM1 1:00:35.7 +3:21.7
8. #20 Juolahti Arto Mitsubishi Lancer Evo IX SM1 1:00:38.9 +3:24.9
9. #26 Koljonen Juha Subaru Impreza STi Asennuspalvelu RST Oy SM2 1:01:42.0 +4:28.0
10. #13 Hautamäki Ville Subaru Impreza WRX STi Printsport Oy SM2 1:01:42.0 +4:28.0
  ・
  ・
16. #24 Katsuta Takamoto Subaru Impreza WRX STi Tommi Mäkinen Racing SM2 1:03:35.5 +6:21.5


Retirements
#10 flagflag Arai Hiroki - Hall Phil icon Subaru Impreza WRX STi Tommi Mäkinen Racing


SM Vaakuna ralli Jari Ketomaa Mitsubishi R5


SM Vaakuna Ralli 2016 // Mikkeli
Posted at 2016/02/29 20:21:28 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2016年02月29日 イイね!

是非とも表彰台に!v(o^_^o)v

是非とも表彰台に!v(o^_^o)v『井原慶子、セブリング12時間にマツダから参戦』

ウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)のPクラスに参戦しているマツダは、3月に開催されるシリーズ第2戦のセブリング12時間のドライバーとして井原慶子を起用することになった。

14年からこのシリーズにLMP2車両で参戦しているマツダは今年、新たに開発した直4直噴ターボの『MZ-2.0T』を搭載した2台のマツダ・プロトタイプをシリーズに投入。引き続きPクラスに参戦し、総合優勝を目指して戦っている。

井原は今回、ジョエル・ミラー/トム・ロングとともに70号車をドライブする。すでに昨年の12月にエンジンのシェイクダウンを担当しており、その感触を次のように語るとともに、勝利への意気込みを見せた。

「12月のシェイクダウンで1年ぶりにLMPのステアリングを握り、緊張しました。新エンジンは、小型で軽量ながら、今まで主流だったV6、V8エンジンに引けを取らずハイパワーでターボラグも少なく、ポテンシャルを感じました」と井原。

「マツダの『飽くなき挑戦』スピリットを胸に、北米マツダチームのチームメイトと力を合わせて優勝したいと思います。どうぞ応援よろしくお願いします」

井原は、2012年から3年間、WEC世界耐久選手権のLMP2クラスに参戦。14年にはWECでは女性として初めて表彰台を獲得するなどの活躍を見せた。その一方で、FIAウーマン・イン・モータースポーツ委員会のメンバーや、JAFのウーマン・イン・モータースポーツ議長を務めるなど、女性のモータースポーツ活動を後押しする活動も実施。昨年はその活動に注力するためレース活動を休止していたが、今回1年ぶりに復帰を果たすこととなった。





2台のマツダ・プロトタイプは初戦、ROLEXデイトナ24時間レースで朝日を見ることなくサーキットを後に・・・

とは言え55号車は11時間走行し、レース中のラップタイムも引けを取ることは無かったんすよねぇ

まだ2戦目でマイナートラブルが起こる可能性も高いんすが、無事走り切れば、表彰台も夢ではないと
Posted at 2016/02/29 19:19:24 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2016年02月29日 イイね!

是非とも日本での開催を!

是非とも日本での開催を!『2年目へ進化続けるTCR。アルファ、オペルら新車も』


2015年、かつてWTCC世界ツーリングカー選手権のプロモーターを務めていたマルセロ・ロッティを中心に立ち上がった新たな国際ツーリングカーシリーズ、TCR。2年目に向けて車種バラエティも増え、アジア圏でも大いに盛り上がりをみせそうな気配がある。

TCRは、WTCCで使用されているTC1、以前のWTCC規定だったTC2に次ぐカテゴリーとして、当初『TC3』として構想されたカテゴリー。GTカーレースのGT3レギュレーションを参考とし、独自のバランス・オブ・パフォーマンス(性能調整)を設定。車両コストもリーズナブルで、幅広い車種の参戦が想定されていた。

シリーズの1年目だった2015年シーズンは、F1の前座レースを含めたインターナショナルシリーズと、アジアシリーズを開催。開幕当初はワンメイクカップカーだったセアト・レオンが多数派で、WTCC用車両も製作するイタリアのJASモータースポーツが手がけたホンダ・シビックTCR、ドイツのエングストラーが走らせたアウディTT、プロチームのフォード・フォーカスST、ワンメイク用のオペル・アストラOPCといった程度の車種だった。

しかしシリーズ中盤戦に向け、エングストラーがフォルクスワーゲン・ゴルフのTCRバージョンを製作し、トップを争う活躍をみせた。また終盤戦にはイタリアのトップ・ラン・モータースポーツがスバルWRX STIを独自にTCR仕様として開発。ただスバルは元WTCCドライバーのアラン・メニュをもってしても苦戦した。

2年目の2016年シーズンは、4月のバーレーンを皮切りにヨーロッパを転戦。終盤にはアジアに渡り、タイ、シンガポール、マカオ、マレーシアでレースが開催される。車種バラエティも増加しそうで、オペルは新たに開催されるTCRドイツ選手権用も見据え、新型アストラのTCRバージョンをリリース。メーカーが関与しただけあり非常に戦闘力は高そうだ。

また、GT3レース界の強豪であるWRTも、初年度インターナショナルシリーズ王者のステファノ・コミーニ、ジャン-カール・ベルネイを擁しゴルフでの参戦を表明したほか、ロメオ・フェラーリ製のアルファロメオ・ジュリエッタがTCR参戦のためにすでにテストを開始。トップ・ランのスバルも本格参戦に向けてテストを繰り返している。さらに、JASモータースポーツは、アジア圏のチームに向けたシビックのデリバリーを見据え、マレーシアに広大なファクトリーも建設する。

もともとツーリングカーレースが盛んなアジア圏では、高騰するGT3カーのハードルが高まりつつあり、富裕層のプライベーターを中心に、TCRに大いに関心が寄せられている様子だ。日本でも少しずつ認知度が高まっているようで、すでに開催されているレースの併催としてTCRを導入する動きがあるとも噂されている。

2015 Singapore, TCR round 18


2015 Macau, race highlights


記事にあるように、ワークスでは無いがホンダ・シビックやスバル・インプレッサも

WTCC以上にバラエティに富んだマシンが、”走る格闘技”であるWTCC並みのバトルを繰り広げているんすから、面白く無い訳がないんすよ

以前から言ってるんすが、WTCCはもてぎで開催、TCRは鈴鹿で開催って事にしてくれまへんかねぇ?
Posted at 2016/02/29 18:11:38 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2016年02月29日 イイね!

おバカが感染?(笑)

おバカが感染?(笑)先月レッドブルのマックス・フェルスタッペンが、スノーチェーンを装着したRB7で雪上F1デモ走行を実施したんすが、走行前に地方自治体の承認を得ていなかったとして3万ユーロ(約380万円)の罰金を支払うことになったとか・・・

罰金はともかく、雪上F1デモ走行に刺激されたのか、それともおバカな菌に感染したのかフェラーリも、ジャンカルロ・フィジケラのドライブでF60(?)を!ι(◎д◎υ)ノ





Posted at 2016/02/29 07:39:06 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2016年02月29日 イイね!

ル・マン制覇のために

ル・マン制覇のために『IndyCar champion Scott Dixon joins Ganassi's Sebring 12 Hours team』

インディカー・シリーズで昨年も王座に輝いたスコット・ディクソンが、3月に行われるウェザーテック・スポーツカー・チャンピオンシップ(WSCC)第2戦のセブリング12時間で、GTLMクラスのフォードGT GTEをドライブすることになった。

昨年、最終戦の逆転劇でインディカーでの4度目のタイトルを手にしたディクソンは、耐久レースにもガナッシから参戦経験があり、デイトナ24時間では2度の優勝を果たした実績も持つ。

今年1月のシリーズ開幕戦デイトナ24時間でも、総合優勝を争うPクラスにガナッシから参戦していたディクソンだったが、第2戦セブリング12時間では、LM-GTE規定の新型車両であるフォードGTの67号車をドライブすることとなった。

デイトナ24時間では、WEC世界耐久選手権でフォード・チップ・ガナッシのドライバーを務めることになるステファン・ミュッケが67号車のステアリングを握っており、今回ディクソンはそのミュッケに代わる形でドライバーを務めることになった。チームメイトはチャード・ウエストブルック/ライアン・ブリスコのふたりとなる。

また66号車では、デイトナ24時間と同じくセバスチャン・ブルデーがジョーイ・ハンド/ディルク・ミュラーとともにステアリングを握る。

ガナッシのマネージングディレクターを務めるマイク・ハルは、「フォードGTのラインナップにスコット・ディクソンを加えることは、プログラムの深化をさらに進めることになる」と話す。

「利己的でなく互いの役割が分かっている6人の才能あるドライバーを揃えることは、更なる次のステップに向けて北米での弾みをつける助けになるだろう」

なおフォードとガナッシは6月のル・マン24時間において、WECに参戦するチームUKから2台、そしてWSCCに参戦するチームUSAから2台の総勢4台体制を敷くことになっている。そしてディクソンとブルデーは、チームUSAの追加ドライバー候補の筆頭であると見られている。

記事にあるように、ル・マン24時間レースに参戦するために、マシンに慣れさせるのが目的に感じられやすよねぇ?

まぁフォードとしては、栄光なる名を受け継いだマシンで、再び栄光を手にしようと目論んでいるんすから、仕方ないっすがね
Posted at 2016/02/29 07:03:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | WEC | ニュース

プロフィール

「金曜にでも、スーパーGT第3戦鈴鹿の〇〇の画像をアップ予定(謎爆)」
何シテル?   05/22 19:48
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2016/2 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829     

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
鈴鹿サーキットパレードランオフ2018 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/23 08:12:31

ファン

48 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.