• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年06月30日 イイね!

2018 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE 予選結果

2018 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE 予選結果2018 AUTOBACS SUPER GT Round4 Chang SUPER GT RACE 予選結果

昨年は10月に開催されたタイ大会だが、今年は第4戦として6月30日、7月1日の開催となった。この時期は、タイでも雨が多いだけに、競技中の天候変化が心配される。公式予選はこれまで同様にQ1、Q2と2段階に台数が絞られていくノックアウト方式で行われた。

午前中は快晴だったチャン・インターナショナル・サーキットだったが、昼になると大きな黒い雲が流れて南国特有のスコール(短時間の強雨)が降り出す。このため、現地時間15時の予選Q1開始が、15分遅れることになった。

GT500
GT500クラスのQ1は15時35分から15分間で行われた。雨はほとんど上がっていたが、路面はウエットで、30度近い気温もあって走るに従い乾いていく。その中で、No.12 カルソニック IMPUL GT-Rの佐々木大樹が1分27秒015で1位となる。一方、午前の練習走行で1位だったNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(本山哲)は9位に終わり、昨年のタイで優勝した前年チャンピオンのNo.1 KeePer TOM’S LC500(平川亮)も10位とQ1で予選を終えた
 
16時20分から10分間で行われたQ2では、路面はすでにドライとQ1と状況は一変。ただし、コース端はまだ濡れている難しい状況は変わりない。だが、濡れた路面を得意とするNo.17 KEIHIN NSX-GTの塚越広大が、1分23秒458とコースレコードの1分24秒307を大きく更新してトップに立つ。チェカーフラグが降られるまでこれを更新するマシンはなく、決まりかと思われた。しかし、このチャッカーのラップでNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GTの武藤英紀が1分23秒204と0.117秒上回って見せた。これで武藤にとってはGT500で2回目となるポールポジションを獲得。昨年からGT500クラスにカムバックしたTEAM MUGENとしては、復帰後初の予選1位となる。

1 16 MOTUL MUGEN NSX-GT 武藤 英紀/中嶋 大祐 1:28.405

2 17 KEIHIN NSX-GT 塚越 広大/小暮 卓史 1:27.651
3 39 DENSO KOBELCO SARD LC500 ヘイキ・コバライネン/小林 可夢偉 1:28.542
4 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星 明誠 1:27.101
5 100 RAYBRIG NSX-GT 山本 尚貴/ジェンソン・バトン 1:28.315
6 19 WedsSport ADVAN LC500 国本 雄資/山下 健太 1:28.459
7 12 カルソニック IMPUL GT-R 佐々木 大樹/ヤン・マーデンボロー 1:27.015
8 8 ARTA NSX-GT 野尻 智紀/伊沢 拓也 1:29.730

9 3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R 本山 哲/千代 勝正 1:30.228
10 36 au TOM'S LC500 中嶋 一貴/関口 雄飛 1:30.653
11 6 WAKO'S 4CR LC500 大嶋 和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト 1:30.811
12 1 KeePer TOM'S LC500 平川 亮/ニック・キャシディ 1:31.039
13 38 ZENT CERUMO LC500 立川 祐路/石浦 宏 1:31.064
14 64 Epson Modulo NSX-GT ベルトラン・バゲット/松浦 孝亮 1:31.524
15 23 MOTUL AUTECH GT-R 松田 次生/ロニー・クインタレッリ 1:31.588

GT300
GT300クラスのQ1は雨の残る中で行われ、ワイルドカードでこの1戦だけ参戦するNo.32 est cola by AAS Motorsport(ガンタティー・グシリ)が地元の利を活かして1位となる。だが、ほぼドライとなったQ2では、最後にNo.88 マネパ・ランボルギーニGT3(アンドレア・カルダレッリ)とNo.65 LEON CVSTOS AMG(蒲生尚弥)が1分32秒554の同タイムでトップに並んだ。だが、予選後の車検で88号車に違反が見つかり、65号車がポールポジションとなった。

1 65 LEON CVSTOS AMG 黒澤 治樹/蒲生 尚弥 1:42.182 1:32.554

2 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS リチャード・ライアン/富田 竜一郎 1:42.023 1:32.840
3 55 ARTA BMW M6 GT3 高木 真一/ショーン・ウォーキンショー 1:42.442 1:32.84545
4 11 GAINER TANAX GT-R 平中 克幸/安田 裕信 1:43.004 1:33.011
5 96 K-tunes RC F GT3 新田 守男/中山 雄一 1:43.516 1:33.110
6 61 SUBARU BRZ R&D SPORT 井口 卓人/山内 英輝 1:43.415 1:33.167
7 0 グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口 信輝/片岡 龍也 1:42.899 1:33.236
8 34 Modulo KENWOOD NSX GT3 道上 龍/大津 弘樹 1:43.494 1:33.398
9 87 リーガルフロンティア ランボルギーニGT3 佐藤 公哉/元嶋 佑弥 1:43.086 1:33.409
10 32 est cola by AAS Motorsport Maxime Jousse/Kantadhee Kusiri 1:41.575 1:33.607
11 50 EXE AMG GT3 加納 政樹/安岡 秀徒 1:43.522 1:34.685
12 2 シンティアム・アップル・ロータス 高橋 一穂/加藤 寛規 1:42.573 1:36.810

No.88 Qualifying time disqualified(Appendix J 257A 5.2.2)
No.10 Qualifying time disqualified(2018 GTA Bulletin No.031-T)
Posted at 2018/06/30 20:18:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース
2018年06月30日 イイね!

F2 Series 2018 Red Bull Ring, Austria Qualifying

F2 Series 2018 Red Bull Ring, Austria QualifyingF2 Series 2018 Red Bull Ring, Austria Qualifying

FIA F2第6戦シュピールベルグの予選が行われ、ARTグランプリのジョージ・ラッセルが2戦連続となるポールポジションを獲得した。

予選前に行われたフリー走行をトップで終えていたラッセルは、ラストアタックを前にポールポジションを獲得できるタイムを残していたが、最終的には1分13秒451をマークしてポールポジションを決めた。今年のF2マシンは昨年のマシンよりも重量が重くなっているものの、このラッセルのタイムは、昨年シャルル・ルクレール(現ザウバー)が記録したタイムとわずか0.145秒差だった。
 
ランド・ノリス(カーリン)が第2戦バクー以来となる2番手を獲得し、フロントロウに並んだ。彼は最後のアタック中にターン9でコースオフしてしまい、0.2秒差でポールポジションを逃した。チームメイトのセルジオ・セッテ・カマラが3番手に続いた。

ラッセルのチームメイト、ジャック・エイトケンはフリー走行でロイ・ニッサニー(カンポス・レーシング)と接触し、それぞれペナルティポイントを2点加算された。エイトケンは今シーズンのベストグリッドとなる4番手を獲得した一方、ニッサニーは最後尾となった。
 
アージュン・マイニ(トライデント)は、前戦で使用していたエンジンにトラブルが発生したため、フリー走行と予選の間でエンジンを交換したものの、5番手を獲得。6番手にマキシミリアン・ギュンター(BWTアーデン)が並んだ。
 
4列目の7番手にはルイス・デレトラズ(チャロウズ・レーシング・システム)、8番手にはアレクサンダー・アルボン(ダムス)がつけた。アルボンはこれまでの5戦を全てトップ3からスタートしていたが、今回は最後のアタック中にターン4でミスがあり8番手となった。
 
9番手にはニック・デ・フリーズ(プルタミナ・プレマ・セオドール・レーシング)、10番手には牧野任祐(ロシアン・タイム)が入った。また福住仁嶺(BWTアーデン)は17番手となった。
決勝レースはローリングスタートを採用
  
今シーズンはここまで、フォーメーションラップやレースのスタート時にエンジンストールを起こすドライバーが相次いでいた。ドライバーらの報告によれば、マシンを効率的に発進させるためのクラッチのバイトポイントが非常に狭く、クラッチのコントロールが難しいことがストールの原因だという。
 
金曜日に行われたフリー走行では、各ドライバーが2回スタート練習を行い、FIAはそのデータを分析した。なおこの時も、ニコラス・ラティフィ(ダムス)とデレトラズがエンジンストールを起こしていた。
 
F2が出した声明は以下のとおりだ。

「ポール・リカールのグリッド上で数台のマシンがスタート時にエンジンストールを起こしたことを受けて、今週末のシュピールベルグでは、スタート手順の変更が行われた」

「本日(金曜日)のフリー走行ではスタート練習が追加され、そこで得たデータを分析した」

「F2オーガナイザーらは、適切な方法を決断するためにFIAにこのデータと結論を提出した」

「F2の2018シーズンは現在、3連戦の真ん中を迎えており、有効な変更を行うことは難しい。よってFIAは、安全上の理由により、第6戦シュピールベルグと第7戦シルバーストンのフォーメーションラップをセーフティカーの後ろでスタートし、F2競技規則の39条16の手順に従う」

「セーフティカーはフォーメーションラップのスタート時に隊列を先導し、1周を走り終えたところでピットレーンに戻る予定だ」

「フォーメーションラップの間、トラック上のライトパネルには”RS”と表示される」

「この時、セーフティカーのライトが消えたら、先頭のドライバーはペースをコントロールすることができる。先頭がラインを通過した時点でレーススタートとなる」
 
またF2代表のブルーノ・ミシェルはこう話した。

「理想的な状況ではないが、ドライバーの安全が最優先事項だ」

「我々にはテスト行ったり、スタートの問題に対する永続的な調整を適切に検証する時間がない。FIAの決断は間違い無く最も安全なものだ」

「これにより我々は、(第8戦の)ブダペストや今季の残りのシーズンに向けて、この問題の解決策を見つけ、安全な通常の状況に戻るための作業を行う十分な時間を確保できる」

1 8 G. Russell ART Grand Prix 1:13.541

2 19 L. Norris Carlin 1:13.779 +0.238
3 18 S. Sette Câmara Carlin 1:13.823 +0.282
4 7 J. Aitken ART Grand Prix 1:13.961 +0.420
5 16 A. Maini Trident 1:13.999 +0.458
6 11 M. Günther BWT Arden 1:14.014 +0.473
7 20 L. Delétraz Charouz Racing System 1:14.104 +0.563
8 5 A. Albon DAMS 1:14.115 +0.574
9 4 N. de Vries PERTAMINA PREMA Theodore Racing 1:14.171 +0.630
10 2 T. Makino RUSSIAN TIME 1:14.201 +0.660
11 14 L. Ghiotto Campos Vexatec Racing 1:14.309 +0.768
12 9 R. Merhi MP Motorsport 1:14.323 +0.782
13 21 A. Fuoco Charouz Racing System 1:14.330 +0.789
14 17 S. Ferrucci Trident 1:14.334 +0.793
15 3 S. Gelael PERTAMINA PREMA Theodore Racing 1:14.363 +0.822
16 10 R. Boschung MP Motorsport 1:14.389 +0.848
17 12 N. Fukuzumi BWT Arden 1:14.400 +0.859
18 1 A. Markelov RUSSIAN TIME 1:14.589 +1.048
19 6 N. Latifi DAMS 1:14.700 +1.159
20 15 R. Nissany Campos Vexatec Racing 1:15.436 +1.895
Posted at 2018/06/30 19:09:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年06月30日 イイね!

近年稀に見る・・・

近年稀に見る・・・『Vila Real WTCR: Loeb team-mates Huff and Bennani ruled out by crash』

WTCR世界ツーリングカー・カップは6月23~24日、ポルトガルのヴィラ・レアルで第4ラウンドが行われ、レース1の予選はロブ・ハフ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)とメディ・ベナーニ(フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR)のセバスチャン・ローブ・レーシング勢がフロントロウを独占。3番手にノルベルト・ミケリス(ヒュンダイi30 N TCR)が続く形に。
 
迎えたスタートではミケリスが好スタートをみせたが、ハフとベナーニがサイド・バイ・サイドの状態で前を塞ぐ格好となり、集団のまま1コーナーをクリア。
 
しかし、続く2コーナーでハフとベナーニが接触。2台はそのまま2コーナーアウト側のガードレールに激突してしまう。
 
クラッシュの衝撃でベナーニのマシンは、一時ハフのマシンに乗り上げるような格好となると、2台はコースを塞ぐような形でストップ。これに後続の約27台が次々と巻き込まれる大クラッシュに発展した。
 
ハフとベナーニのふたりは検査のために病院へ搬送されたほか、アクシデントの処理、ガードレールの修復のためにレースは2時間以上に渡って赤旗中断。クラッシュに巻き込まれた車両のうち7台がリタイアを余儀なくされた。
 
大クラッシュの引き金となったセバスチャン・ローブ・レーシングの2台は修復を断念。レースウイーク全体をリタイアしている。







WTCR Race 1- Big crash in the streets of Vila Real Portugal


27台もの多重クラッシュとは、近年稀に見る出来事ですよね
Posted at 2018/06/30 18:18:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCR | ニュース
2018年06月30日 イイね!

ジョン・バーナードが言いたのは・・・

ジョン・バーナードが言いたのは・・・『McLaren might not survive the change it needs - Barnard』

1980年代にマクラーレンに在籍し、タイトルをもたらした伝説的カーデザイナーのジョン・バーナードは、低迷に苦しむ今のマクラーレンが栄光を取り戻すためには、マネジメント体制を大幅に変更する必要があると考えている。しかし一方で、チームがそれに耐えられるかどうかについては疑問視している。

1970年代に速さを見せたチャンピオンマシン、マクラーレンM23の設計に関わったバーナードは、一時チームを離れていたものの、マクラーレンがロン・デニス体制へ移行した1980年にチームに再合流。翌年にカーボンファイバー製モノコックを採用した初のF1マシン、MP4/1を設計した。
 
マシン後部が絞り込まれた『コークボトル・ライン』と呼ばれる、現代F1マシンにも通じる空力思想が初めて採り入れられたマシンを武器に、ジョン・ワトソンがこの年のイギリスGPで優勝。それまで低迷していたチームにとっては4年ぶりの勝利となった。続いて投入されたMP4/2も強さをみせ、84年から86年にかけてニキ・ラウダやアラン・プロストにタイトルをもたらした。

バーナードがチームを離れた1986年以降もマクラーレンはトップチームであり続けていたが、現在は長いスランプに陥ってしまっている。2012年のブラジルGPでジェンソン・バトンが優勝したのを最後に勝利から遠ざかっており、2014年の開幕戦オーストラリアGP以降、表彰台獲得すらない。
 
バーナードは自伝『ザ・パーフェクト・カー』発売に際し、レースに勝てるようなチームに戻るため、マクラーレンはマネジメント構造を一新する必要があると主張した。ただし、タスクの量が膨大になることから、その変更は不可能かもしれないと付け加えた。

「彼らはおそらく(以前のCEO)マーティン・ウィットマーシュが導入したマネジメントシステムを使っているが、それを破棄しなければならない。それはうまく機能するとは思えない。考え方を変えなければならないんだ」とバーナードは語った。

「それにどれくらいの時間がかかるのかは分からないし、そういった基本的な部分の立て直しを、チームが無事にやり遂げられるかどうかも分からない」

「1980年にマクラーレンに加わった時のことを考えると、問題を抱えた時にはやり方を変えようとして、それができていた。我々は極めて小さなオペレーションのことを話していたからだ」

「もし今、マクラーレンで働く多くの人々と共にそういった問題を抱えた場合、私はその仕事をすることを楽しめないだろう。まるで巨大な石油タンカーを操るようなものだ」
 
またバーナードは、マクラーレンの会長兼CEOだったデニスの下で市販車部門が設立されるなど、マクラーレンがグループ企業として多角化していったことも、F1チームに悪影響を与えていると感じていたようだ。

「私はいつも、事業が多角化していくことを心配していた」とバーナードは付け加えた。

「ロンの考えが、マクラーレンを今のような巨大なグループ企業にすることだと知っていた。彼は、大規模なオペレーションの一番上に座っていたかったんだ。そして彼はそれを達成した。だが私は、F1チームがその犠牲になっていたと思う」
 
デニスは昨年6月にマクラーレンの全株式を売却し同社との関係に終止符を打ったが、バーナードは最近、まだ会長職に就いていたデニスに対して、幅広い事業ではなくF1チームに集中するよう促したことがあったと明かした。

「私はロンに言い続けた。『誰がF1チームを率いているんだ? 君も一緒にF1チームを引っ張るべきだ。他にそれができる人物はいない。君だけだ』とね」

「今のマクラーレンを見ていて、彼がもう少しチームに関わっていたら、事態は変わっていたのかもしれないと考えるんだ」

と言う事は・・・

CEOを務めるザク・ブラウンやレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、所詮」F1チームを引っ張る器じゃ無いって言いたいんすよねぇ?(笑)
Posted at 2018/06/30 07:43:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年06月30日 イイね!

ついに、“ノルドシュライフェ”でも!

ついに、“ノルドシュライフェ”でも!『Porsche smashes Bellof's Nordschleife lap record with uprated 919』

ポルシェは6月29日、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”でポルシェ919ハイブリッドEvoによるタイムアタックを行い、従来のレコードタイムを大きく上回る5分19秒546をマークしたと発表した。
 
全長20キロ以上のコースに約170のコーナーを有すことで“世界一過酷なコース”として知られるノルドシュライフェのレコードタイムは、今から35年前、1983年のニュルブルクリンク1000kmの予選で、当時ポルシェ956をドライブしていた故ステファン・ベロフによって記録された6分11秒13となっており、このタイムは長らく破られることなく今日まで守られてきた。


 
ポルシェはこの伝説的なタイムを自らの手で破るべく、昨年限りで役目を終えたLMP1マシン、ポルシェ919ハイブリッドを大幅にアップデート。エアロダイナミクスをはじめ、パワートレイン、足回りに至るまで全面的に改良が施された『919ハイブリッドEvo』を仕立て、4月にはワークスドライバーであるニール・ジャニのドライブで、スパ・フランコルシャンのサーキットレコードタイムを破ってみせた。
 
今回のチャレンジにあたっては、6月上旬にノルドシュライフェで事前テストを実施し、本番のアタックを担当した地元出身のワークスドライバー、ティモ・ベルンハルトがポルシェが誇る最新モンスターマシンの調整を行っている。
 
迎えた29日は晴天、路面はドライという状況のなか予定どおりにタイムアタックが行われ、ベルンハルトが駆るポルシェ919ハイブリッドは従来のレコードを50秒以上短縮する5分19秒546をマーク。5月12日にともにパレードランを行ったポルシェ956の偉大な記録を打ち破ってみせた。
 
新たなレコードを打ち立てたポルシェは今後も“919トリビュート”ツアーの一環として7月12日からイギリスで行われるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードや、ブランズハッチで開催するポルシェ・フェスティバル、アメリカのラグナセカで行われるポルシェ・レンシュポルト・リユニオンでも919ハイブリッドEvoを走らせる予定だ。

The 919 Tribute Tour: On-board record lap, Nordschleife.


ついにポルシェは、ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”でもコースレコードを叩き出しましたねぇ

次は、どんな驚異的なコースレコードを叩き出して見せてくれるんすかねぇ?
Posted at 2018/06/30 06:57:45 | コメント(0) | トラックバック(0) | WEC | ニュース

プロフィール

「バーサスト12時間レース、残り3時間半ほどでKCMGの18号車ニッサンGT-R GT3がトップ周回中」
何シテル?   02/03 12:24
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.