• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年09月30日 イイね!

ダイハツのハイゼット・・・だよねぇ?

ダイハツのハイゼット・・・だよねぇ?『なんだコレは…ダイハツの軽トラとバイクを合体させた改造車の動きがヤバい』

海外は何かとスケールが大きい。日本だと制限されているような乗り物の改造だってガンガンやってしまうし、先日お伝えしたスクーターやバイクを三輪トラック「トゥクトゥク」に変身させるキットなんかもいい例だ。

人や荷物をたくさん乗せられて実用的な点が印象に残ったが、今回は逆に「なぜわざわざこんなものを作ったんだ……」と疑問を抱かざるを得ない三輪トラックをご紹介したい。実用性が無さそうなのに、改造をやっちゃうところがまた海外らしい。

・後輪が1本しかない軽トラ
まさかの改造を施された三輪トラックの姿は、動画「Crazy Burnout in 3 Wheel Japanese Mini Truck(Daihatsu Hijet)」で確認可能だ。再生すると、つや消しブラックのボディーカラーがカッコいい「ダイハツ・ハイゼット」が現れる。

車体をよくよく見ると、後輪がデカいうえに1本しかついていない。なんでも、ヤマハのレーシングバイク「FZR600」の一部を組み込んだらしいが、性能はどうなっているのだろう。もしかしたらロケットスタートを決めたりする……?

やがて、三輪トラックはモンスターの唸り声のようなエンジン音を響かせながら発進! メチャメチャ速そう……と期待が高まった次の瞬間!! 

煙をモクモクと発生させつつ、ひたすらスピンしまくってそのまま動画が終了。残念ながら走行シーンはほぼ収録されていなかった。なぜこんなマシンを作ったのかは不明だが、いずれにせよ、かなり手間がかかっているに違いない。

・ロマン溢れるYouTubeチャンネル
その他、YouTubeチャンネル「Pierce Edelbrock」ではバイクのエンジンを積んだHondaの旧車「N600」の動画もアップされている。きっと、いずれも実用性の有無にこだわらずカスタムカー好きが高じて作られたロマン溢れるマシンなのだろう。マニアの世界は実に奥が深いものだ。

▼軽トラとバイクを合体させた改造車がこちら


▼Hondaの旧車「N600」にバイクのエンジンを積んだマシンがこちら


ホンマ、何が楽しくて、こないな改造(?)?するんすかねぇ?(^^;
Posted at 2018/09/30 20:41:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年09月30日 イイね!

現代に蘇る"モビー・ディック"

現代に蘇る"モビー・ディック"『New Porsche 935 debuts at Rennsport Reunion, based on 911 GT2 RS』

ポルシェ「935」は伝説的なレーシングカーの1台だ。1976年にポルシェ「911ターボ」をベースとするFIAのグループ5規定のレース用車両として登場し、それから数年にわたりレース・シーンを席巻した。デイトナとセブリングの両24時間耐久レースではそれぞれ6回ずつ優勝、ル・マン24時間レースはクレーマー・レーシングが1979年に制している。その935が現代のマシンとなって蘇った。ポルシェは米国カリフォルニア州モントレーのラグナ・セカ・レースウェイで開催された「レンシュポルト・リユニオン」で、新型935を発表したのだ。

この新型車は、ポルシェが自社開発した935の改良型としては最後のモデルとなった「935/78」を思わせる。935/78が"モビー・ディック"というニックネームで呼ばれたのは、長く伸びたテールやワイドなフェンダーによるそのスタイルと、白をベースにしたマルティニ・カラーに由来する。新型935はこの"モビー・ディック"によく似たボディワークで、白地に赤、水色、紺色というマルティニ・カラーまで同じだ。

ベースとなっているのは現行の「991.2」型と呼ばれる「911 GT2 RS」だが、ボディのほとんどが軽量化とエアロダイナミクスに貢献するカーボンファイバー複合パネルに置き換えられ、全長4,865mm × 全幅2,034mm(サイドミラーを含む) × 全高1,359mmというサイズは、911 GT2 RSと比べると316mm長く、56mm幅広い。ボディが大型化したにも拘わらず、車両重量は1,380kgと90kg軽くなっている。赤く塗られたエアロ・ホイールも、もちろん935/78を模したもの。幅1,909mmの巨大なリア・ウイングは「919ハイブリッド」のようにエンドプレートにLEDライトが組み込まれている。フロント左右のエア・インテークには4連LEDヘッドライトが備わる。

ロールケージが溶接された車内は、レカロ製バケットシートや6点式ハーネス、コスワース製のデジタル・メーター、そして助手席側の足元に軽量リチウムイオン電池が装備されている。クイック・リリース式のカーボンファイバー製ステアリング・ホイールには、ピットレーン走行用のスピード・リミッターも備わる。エアジャッキや消火システム、エアコンも搭載されている。

エンジンは911 GT2 RSと基本的に変わらず、3.8リッター水平対向6気筒ツインターボが最高出力700psを発生。7速「PDK」デュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わされ後輪駆動ということも同じだが、リミテッド・スリップ・ディファレンシャルはレース用に最適化されている。オリジナルの935/78には水冷式ヘッドを持つ水平対向6気筒ターボ・エンジンが搭載されていた。ブレーキは前6ピストン、後4ピストンのアルミ製モノブロック・キャリパーに前380mm、後355mmのスティール製ディスクという組み合わせ。18インチの1ピース鍛造アルミ製センターロック式ホイールに、前29/65-R18、後31/71-R18のミシュラン製レース用タイヤを履く。

ポルシェによると、この新型935は77台の限定生産で、価格は税別で701,948ユーロ(約9,300万円)。納車は2019年6月より開始になるという。ボディ・カラーは「アゲート・グレイ」のみ、マルティニ・ストライプはオプションだ。















935/78と言うより、フロント部は935で、リアが935/78ってな感じですよね

それにしても最近のポルシェは、ワンオフのポルシェ993ターボSを製作したりとどうなったんすかねぇ?
Posted at 2018/09/30 20:17:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース
2018年09月30日 イイね!

シート獲得は難しいし・・・

シート獲得は難しいし・・・『Ocon could have Force India third driver role in 2019』

フォースインディアのチーム代表を務めるオットマー・サフナウアーは、来季のラインアップから外れる可能性が高いエステバン・オコンに対し、サードドライバーおよびシミュレータードライバーとして、チームに残ってくれれば嬉しいと示唆した。

ランス・ストロールのフォースインディア加入とセルジオ・ペレスのチーム残留が確実視されているため、オコンは来季のレースシートが確保できていない状態だ。彼にとって、F1残留に向けて唯一の選択肢はウイリアムズへの移籍のみとなってきている。
 
フォースインディアに残れば、少なくともチームの開発作業に携わることはできるだろうが、メルセデスの育成ドライバーであるオコンは、ワークスチームであるメルセデスでも同様の役割を担うことはできるだろう。

 
フォースインディアは未だドライバーラインアップを正式発表していないものの、サフナウアーはオコンについて「彼が何かを見つけることを願っている」と話した。

「しかし我々は彼のことを助けるだろう。彼は非常に素晴らしい」

「好機を待つべきだ。(キミ)ライコネンはどれだけF1を離れていた? 2年か? 彼はF1に戻ってきて、今もよくやっている。オコンには十分な若さと、十分な才能がある」
 
motorsport.comがサフナウアーに、チームがオコンに対してテストやシミュレーターでの役割を与える可能性はあるかと問うと「それもありうる」と答えた。

「決まっていることは何もない。しかしもしシミュレーターの作業をするなら、実際のマシンにも乗らなければ、開発を進めることはできない。なぜならそれは、実際のマシンをシミュレーションしているものだからだ」

「最新のマシンに乗る必要がある。そうでなければ、シミュレータードライバーとしての有用性は低下する」
 
一方でサフナウアーは、オコンは別カテゴリーのレースをするためシートを探すべきではないと述べた。

「私の個人的な見解だが、来年F1のシートが見つからなくても、それ以降にF1に戻るチャンスはある。私なら他のシリーズはやらない」

「しかし、それは彼へのアドバイスではない。彼には他の人々がついている。単に私の意見だというだけだ」
 
対してオコン自身は、まだウイリアムズのシートを求めて動いている。

「どんな状況になるか、見てみよう」とオコンはmotorsport.comに語った。

「もちろん、サードドライバーになるのは素晴らしいことじゃない」

「だけどもし来年レースに出られないのなら、マイレージを稼げるのは助けになる。でも今はまだ、来年レースに出ることを求めている」

ウィリアムズのドライバーとしては、現在F2でランキングトップに立っているジョージ・ラッセルや、今シーズンのウィリアムズのリザーブドライバーを務めているロバート・クビサ、その他財政的な損失を埋めるためにF2ドライバーのアルテム・マルケロフ、GP3ドライバーのニキータ・マゼピンなどの名前も・・・

こうやって見ると、メルセデスからの支援の縮小が災いとなり、ウィリアムズのシート獲得は難しい事になってしまってやすよねぇ?(o´_`o)ハァ・・・

いっその事、F1はきっぱりと諦めて、メルセデスが2019年のシーズン6から参戦するフォーミュラEのシートを狙うのも一つやないっすかねぇ?
Posted at 2018/09/30 19:12:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2018年09月30日 イイね!

みんカラらしく(笑)

久々に、みんカラらしい(?)ブログを(笑)

義父は結構古いワゴンRに乗ってるんすけど、気になってたのがライトの明るさ・・・

義母と二人で出掛けられる時はワゴンRで出動(笑)されるんすが、古さゆえにヘッドライトの黄ばみとノーマルバルブでの照度不足が気になり、心配やったんすよ・・・

そこで、まずはヘッドライトの磨きを!

以前購入して、まだ残っていたProMiraX ヘッドライトプラスチックカバーでシコシコと

しかし、年式が年式だけに頑固で、2液タイプのクリーナーを買って来て、次回また作業しようかと

続いてバルブの交換なんすが、先日ドンキに行った時、ゴールド(イエロー?)バルブが安価で販売してたので購入しておいたので、それと交換しやした

交換前


交換後


画像では分かり難いんすが、ソコソコ(苦笑)明るくなったような感じっす(^^;

まぁ、見易さは人それぞれなので、義父が見難いと感じたら元に戻ずつもりっす
Posted at 2018/09/30 13:58:17 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2018年09月30日 イイね!

当選の流れですよね

当選の流れですよね『ERC王者ルクヤヌク、来季はWRC2への挑戦を希望』

ヨーロッパ・チャンピオンのアレクセイ・ルクヤヌクは、予算の問題がクリアになれば来季はWRC2選手権にチャレンジしたいと意欲をみせた。

ルクヤヌクは先週末のラリー・ポーランドはリタイアとなったが、今季の7戦のうち3戦で優勝を飾って悲願のヨーロッパ・チャンピオンを獲得することになった。

ルクヤヌクはポーランドのクラッシュによってマシンの修理代がおよそ3万ユーロに上り、その半額が保険でカバーされるという。

彼は今季最終戦のラリー・リエパーヤを欠場することを認めたが、さらなる将来に目を向けており、より困難な挑戦になると知っているが、WRC2に挑みたいと考えている。

「来季に関する計画はまだないんだ。スポンサーやチームと様々な可能性や目標、野心について話をしなければならない」とルクヤヌクは語った。

「僕はヨーロッパ選手権の雰囲気が好きだ。世界選手権とは違って、そこはフレンドリーで騒がしくないからね。でも、僕らは前に進まなければならない」

「僕らのスポンサーが予算を2倍にしてくれたら、僕らは完全な準備をして路面にあわせたドライビングを準備できるし、うれしいね。いつもはテストをしないで本番に臨んできたが、WRC2ではそうした準備のドライブも大事になる。すべてが可能になればとてもうれしいよ」

3年連続でヨーロッパ選手権でチャンピオンに輝いたカイエタン・カイエタノビッチがWRC2に苦しんでいることについて、ルクヤヌクはWRC2のレベルが高いことを認めた。

「僕らがWRC2で競争力を発揮できるかどうかは言い難い。カイト(=カイエタノビッチ)も今年から始めたばかりだからね。彼は時にはゆっくりと行くこともあったが、ときには本当に速くて、非常に経験豊富なドライバーだ。もちろんWRC2のレベルが高いことを認識しているが、少なくとも彼と同じくらいの走りはできるはずだよ」

ヨーロッパチャンピオンとなれば、次は世界へと目が向くのは当然の事ですよねぇ

来年は38歳になるのでこれが最後のチャンスかも知れないし、Mスポーツ・フォードがスポット参戦させてやればエエと思うんすがねぇ?
Posted at 2018/09/30 07:25:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース

プロフィール

「バーサスト12時間レース、残り3時間半ほどでKCMGの18号車ニッサンGT-R GT3がトップ周回中」
何シテル?   02/03 12:24
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.