• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年11月30日 イイね!

やはりローランドに、そして・・・

やはりローランドに、そして・・・『Oliver Rowland takes F1-bound Alexander Albon's Formula E drive』

日産自動車は11月30日、2018/19年のABBフォーミュラE選手権への参戦体制記者発表会を開催し、セバスチャン・ブエミとオリバー・ローランドのふたりでシーズンを戦うことをアナウンス。また高星明誠がリザーブ兼テストドライバーを務めること、ヤン・マーデンボローが公式シミュレータードライバーを務めることも発表された。

第2世代シャシー“Gen2”が導入される2018/19年の第5シーズンから、日本の自動車メーカーとして初めてフォーミュラEへワークス参戦するニッサン。第4シーズン限りでシリーズでの活動を終えたアライアンスパートナー、ルノーに代わって強豪e.ダムスとタッグを組んで参戦する。

そのニッサンは9月20日に参戦初年度のドライバーラインアップを発表。シリーズチャンピオン獲得経験のあるブエミと、GP3やFIA F2(旧GP2)を戦ってきた若手のアレックス・アルボンのふたりを起用するとしていた。

しかし、アルボンについては発表直後から、トロロッソF1への加入が噂され、10月下旬に行われた公式テストを欠席する事態に。最終的にアルボンは11月27日にトロロッソF1への加入が発表されたため、ニッサンのフォーミュラEをドライブするシートが空席となっていた。

アルボンの後任として、そのシートを射止めたローランドは26歳の若手で、アルボンが欠席した公式テストにも参加してニッサンのフォーミュラEマシンをドライブしており経験は充分。「シーズン5でニッサン・e.ダムスのドライバーとして選ばれたのは光栄なこと」とコメントした。

alt

「(セバスチャン)ブエミと一緒に戦うことができるのは素晴らしい機会だし、フォーミュラEで最高のドライバーに挑戦することを楽しみにしている」

あわせてテスト兼リザーブドライバーに就任した高星は、2018年1月にモロッコで行われたフォーミュラEのインシーズンテストに参加しており、フォーミュラEは経験済み。また12月2日開催のニスモフェスティバルでは高星がニッサンのGen2マシンを走らせるという。

ワンデー開催のフォーミュラEにおいて重要なポジションとなるシミュレータードライバーを担当するマーデンボローは「フォーミュラEは、練習走行、予選、そしてレースまでが一日で終了するため、シミュレーターのようなツールを使って準備をすることは非常に重要。シミュレータードライバーとしてチームを支援することを楽しみにしている」とコメントしている。

2018/19年のフォーミュラEは12月15日、サウジアラビアで開幕戦が行われる。

予想通りローランドがドライバーに成りやしたよねぇ

それより嬉しいのは、リザーブ兼テストドライバーながら、日本人ドライバーが起用されたって事ですよねぇ

高星明誠選手には経験を積んで貰い、ALLニッサン製のマシンになった時に、レギュラードライバーとして活躍して欲しいっすよね
Posted at 2018/11/30 19:13:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | Formula-E | ニュース
2018年11月30日 イイね!

コルシカで5日間のテスト

コルシカで5日間のテスト『Skoda baut den Fabia R5 kräftig um』

シュコダ・モータースポーツは、来季のデビューが予定されるファビアR5のエボリューションモデルのテストを5日間にわたってコルシカで行った。ドライバーは、ヤン・コペツキ、カッレ・ロヴァンペラ、そしてフレディ・ロイクスが務めたとの情報だ。

フォルクスワーゲン・ポロGTI R5、シトロエンC3 R5といった新しいR5ラリーカーが登場した今季、シュコダ・ファビアR5はWRC2選手権の13ラウンドのうち12勝を飾るなどその速さにおいて一歩抜きんでている結果を残してきたが、2019年8月にはMスポーツもフォード・フィエスタR5の進化バージョンを投入する予定となっているだけに、シュコダとしても成功に甘んじている考えはない。

新しいシュコダ・ファビアR5は兄弟ブランドのVWポロと共通のシャシーをもっており、外観とともに中身も一新、より軽量のドライブトレインを備え、より長いホイールトラベルをもち、さらなるパフォーマンス向上が図られたマシンとして2019年6月に実戦デビューすると言われている。



Test Skoda Fabia R5 EVO 2019 - Rovanperä


フォード・フィエスタ R5 にシトロエンC3 R5が挑んできたが、ことごとく退けて来たシュコダ・ファビア R5 だが、来季はフォルクスワーゲン・ポロ R5 と言う、最強の敵が立ちはだかるでしょうから、ウカウカしてられませんよねぇ

トヨタ・ガズーレーシングWRTの勝田は、来季もWRC2クラスに出場し、経験を積むのかは判りやせんが、シュコダのヤン・コペツキ、カッレ・ロヴァンペラを相手に、是非とも互角以上の戦いをして欲しいものですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/11/30 18:16:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年11月30日 イイね!

行きたかったなぁ・・・

行きたかったなぁ・・・『「合同テスト・ルーキードライバーテスト エントリーリスト 』

株式会社日本レースプロモーション(JRP)は、12月5日(水)・6日(木)に鈴鹿サーキットで実施する「合同テスト・ルーキードライバーテスト」のエントリーリスト第1弾を発表した。

合同テストに参加するチームは、2018年のレギュラーシーズンを戦った全11チーム&19台の車両のうちTEAM IMPULの2台を除く10チーム&17台。Honda搭載車両チーム中、現時点でドライバーラインナップを発表したのは、FIA Euro F3を主戦場として戦うヨーロッパの強豪チームMotopark(モトパーク)とパッケージを組んで参戦すると表明したB-Max Racing teamとNAKAJIMA RACINGのみ。ドライバーはB-MaxにはメルセデスからDTM(ドイツツーリングカー選手権)やブランパンGTシリーズに参戦しているLucas Auer(1994年オーストリア生まれ)と、F1マシンデザイナーの巨匠エイドリアン・ニューウェイを父に持つ、Harrison Newey(1998年イギリス生まれ)がラインナップされた。Neweyは近年ではアジアやヨーロッパでのLe Mansシリーズに参戦、昨年はLe Mans24時間にLMP2クラスから参戦している。NAKAJIMA RACINGにエントリーしたAlex Parouは昨年の全日本F3で驚愕の速さを見せ、今季はEuro F3に参戦。先月行われたマカオグランプリではB-Max Racing teamからF3世界一決定戦に出場した。牧野任祐は昨年はEuro F3、今シーズンはFIA F2に参戦し、いよいよNAKAJIMA RACINGから国内トップフォーミュラへ挑戦する。

トヨタエンジン搭載車両チームでは、CERUMO・INGINGがカーNo.を従来の38/39号車として登録。国本雄資に代わり、シーズン17勝で昨年の全日本F3チャンピオンを獲得した坪井翔がラインナップされた。またTeam LEMANSからは、FIA Euro F3で戦うRalf Aron(1998年エストニア生まれ)がエントリーされた。

今回のテストでは車両はSF14を使用したテストとなるが、来季採用が決定している従来よりも幅広のフロントタイヤ(2019年暫定仕様)も供給された中でのテストとなる。

テストは両日とも9時~11時、14時~16時で行われ、一般にも公開される(詳しい情報はこちら)
海外のメディアでも多くの情報が発信されている中、エントリーが更新され次第、このサイトで随時アップデートしていく。

Entry List(11.29現在)
3/4:ニック・キャシディ/山下健太 KONDO Racing/TOYOTA
5/6:TBN/TBN DOCOMO TEAM DANDELION RACING/Honda
7:シャルル・ミレージ/ラルフ・アーロン UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA
8:大嶋和也/片山義章 UOMO SUNOCO TEAM LEMANS/TOYOTA
17:TBN REAL RACING/Honda
15/16:TBN/TBN TEAM MUGEN/Honda
18:小林可夢偉 carrozzeria Team KCMG/TOYOTA
36/37:中嶋一貴/TBN VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA
38/39:石浦宏明/坪井翔 JMS P.MU/CERUMO・INGING/TOYOTA
50:ルーカス・アウアー/ハリソン・ニューエイ B-Max Racing team/Honda
64/65:アレックス・パロウ/牧野任祐 TCS NAKAJIMA RACING/Honda

ワテの注目は今の処、弱冠17歳のシャルル・ミレージに、全日本F3選手権のチャンピオンを獲得した坪井翔、2018年はFIA F2に参戦していた牧野任祐っすかねぇ

ただ、6日なら観に行けると思ってたんすが、病欠で欠員が出て仕事に(o´_`o)ハァ・・・
Posted at 2018/11/30 08:00:07 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-Formula | ニュース
2018年11月30日 イイね!

カローラハッチバックのレースマシン登場 BTCC参戦へ

カローラハッチバックのレースマシン登場 BTCC参戦へ『Toyota Introduces Corolla Hatchback BTCC Racing Car In The UK』

カローラ・ハッチバックの英国ツーリングカー仕様のマシンが発表され、チーム・トヨタGBとスピードワークスモータースポーツからの参戦も同時に発表された

スピードワークスモータースポーツはトヨタ・アヴェンシスのBTCCマシンを使用して、過去2年連続でインデペンデント・チームトロフィーを獲得したが、来季はマシンをカローラ・ハッチバックに変更、ドライバーはトム・イングラムが務める事に

市販車としてはフォード・フォーカスやフォルクスワーゲン・ゴルフのライバルであるカローラは以前にもBTCCに参戦していた。クリス・ホッジスはカローラGTクーペで1986年と1987年に連続してタイトル獲得を果たした

2019年のBTCCは、4月6日にブランズハッチで開幕を迎える







2年連続して、チームチャンピオンシップで4位だったスピードワークスモータースポーツだが、ついにワークス支援を受け、来季はタイトル獲得を目指す事に

こうなったら、スーパー耐久辺りの国内レースか、WTCRマシンに変更してWTCRジャパンのみならず、世界各国のWTCRシリーズにも参戦して、ヒュンダイを完膚なきまで叩きのめして欲しいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/11/30 07:39:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2018年11月30日 イイね!

日本が中国の最大の支援国だったことを「多くの中国人は知らずにいた」=中国メディア

『日本が中国の最大の支援国だったことを「多くの中国人は知らずにいた」=中国メディア』

日本は戦後、中国にとっては憎しみの対象となってきたが、同時に最大の支援国ともなってきた。1979年から行われてきた対中ODAは総額で約3兆円にものぼる。中国メディアの一点資訊は16日、「日本について話すと中国人は目の色を変えるが、日本は最大の支援国だったことを我々は知らない」と題する記事を掲載した。

 戦後の中国に対しては、各国が支援をしてきたが、最大の支援国は日本である。円借款、無償資金協力、技術協力を合わせるとこの30年あまりで3兆円以上のODAを実施してきた。年間にすると約1000億円支援してきたことになる。しかし中国ではこの事実はほとんど知られておらず、ODA終了が決まった今になって初めて知られるようになったというのは不思議な話である。記事の中国人筆者も日本が中国を支援してきたことを知った時は大変驚いたという。

 続けて記事は、このODAに関して、中国人なら知らない人はいない「上海浦東国際空港」も日本のODAの支援を受けて建設されたと紹介。空港のほかにも、日本は道路や発電所といった大型経済インフラ、医療・環境分野のインフラ整備のための大きなプロジェクトを実施してきた。日本の支援がなければ中国がここまで急速な発展をみることはなかっただろう。

 記事は、ほかにも日中関係で特定のことを知らないでいる中国人は多いかもしれないとコメントして記事を結んでいるが、これだけの額の支援をしていても多くの中国人には知らされてこなかったというのは残念なことである。今後は日本に対して正しい理解を持ってほしいと願うばかりである。
Posted at 2018/11/30 06:24:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「バーサスト12時間レース、残り3時間半ほどでKCMGの18号車ニッサンGT-R GT3がトップ周回中」
何シテル?   02/03 12:24
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

忘れてました‼️ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/10 22:58:16
「みんカラオープンミーティング2018」開催決定!今年は!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/04/05 21:59:41
国内では手に入らない、レアでお得なパーツをセカイモンで買ってつけてみた!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/02/27 21:49:31

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2019年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.