• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

きたっの愛車 [プジョー 407 ステーションワゴン]

フロントブレーキキャリパー OH

カテゴリ : 足廻り > ブレーキ関連 > オーバーホール
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間3時間以内
 
1
2ヶ月ぐらい前、減っていたブレーキパッドとローターを新品に交換しました。
ブレーキパッドはブレンボのOEパッド、ローターはbreniをチョイスしました。

交換の際にピストンを押し戻すのですが、2ピストンのうち、大きい方は奥まで簡単に戻りません。押し戻しツールが壊れるのではないかと思うほど重かったのですが、なんとか押し戻し、装着しました。
すると、案の定ブレーキ引きずりが起こってしまいました。

そこでキャリパーOHキットを注文しまして、それが届いたのでOHを行いました。

まずはブレーキペダルを適切なつっかえ棒で踏んだ状態に固定します。(ブレーキ液を垂らさないため)
そのまま、キャリパーを外します。
2
今回は407のキャリパーオーバーホールキットをイギリスから輸入しました。
3
最初はエアで加圧してピストンを押し出そうとしたのですが、大きい方のピストンが出てきません。(左右とも)

そこでキャリパーを車体に戻し、小さいピストンを手持ちのソケットで抜け止めをして、ブレーキ油圧で大きいピストンを抜きました。
4
キャリパー、抜いたピストンを洗いまして、乾かした後に組み立てに入っていきます。
5
ピストンにうっすらとグリスを塗り、ピストンブーツをピストン奥まで押し込みます。

このピストンブーツは、キャリパーのブーツ溝にはめ込みピストンを挿入すると抜けなくなるという、整備が簡単になる工夫がされていました。
(スマートのbiggRedピストンブーツはジグで強く押し込む必要があり、苦労しました)
6
ピストンを入れる前のキャリパーです。
引きずりの原因は、ピストンシールとピストンブーツの間の錆のようで、清掃時にこの部分を磨きました。
大きなピストン側の方が多く錆がついていました。
7
2つのピストンを入れました。軽い力でなめらかに入っていきましたので、もう引きずりは起こらないはずです。

車両に戻し、エア抜きをして完成です。

無事ブレーキひきずりは無くなりました。加速も良くなり快適になりましたが、アッパーアームのブッシュのヘタリがはっきりと分かるようになりまして・・・。ブレーキ引きずりはサスの動作などにも影響があることがよく分かりました。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

CVジョイント(インナー)グリス交換 2回目

難易度: ★★

フロント ボールジョイント(アッパー・ロア)交換

難易度: ★★

CVジョイント(インナー)グリス交換 

難易度: ★★

ATF交換

難易度: ★★

フロント アッパーアームブッシュ(インナー)交換

難易度: ★★

ウオッシャーノズル詰まり解消

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

「@マンさん 怪しいのは燃料ポンプでしょうか・・。ここへのコメントの仕方がよくわからず、多コメント申し訳ありません..」
何シテル?   08/14 21:55
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

お友達

3 人のお友達がいます
らいおん407らいおん407 マンさんマンさん
takao_n7takao_n7

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

スマート K スマート K
通勤用
プジョー 407 ステーションワゴン プジョー 407 ステーションワゴン
点検整備はディーラー任せにするはずだったのに・・・。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.