• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

310710のブログ一覧

2008年12月31日 イイね!

Zにスマートキーを取付ける。

Zにスマートキーを取付ける。いよいよ今年最後の日記です。
結局今年は殆どZの日記のみで終わってしまいました。

そう言う訳で最後もZネタです(笑)

前回までの日記ではPW不動→レギュレータ&モータ交換の憂き目となったZですが、交換作業の為に運転席ドアの内装等を外したので、このまま再度付けるのも芸が無いと思い、汎用品のスマートキー(キーフリー)システムを取付けてみることにしました。
キーフリーシステムとは送信機(リモコン)を身につけていると、一切の操作無しに車から離れたり近づいたりするだけでドアの施錠、解錠が出来るシステムの事だそうです。メルセデスなんかには純正採用されてるとか…。
一体どんな凝った作りなのかと期待してたのですが、送られてきたものを見ると、小さい送信機のリモコンと、あとは受信機が一体になったリレーのみ。拍子抜けですが、確かにこれで事足りるわな…巧い事考えましたね、ボロい商売かも…と思ったりして。
もっとも、出来たものを見てアレコレ言うのは誰でも出来る。最初に考え付いて実現化するには、それなりの試行錯誤と苦労があるのでしょう。
実は自分のZには中古で購入した時に既に赤外線方式のキーレスが付いてました。

この「当時モノ」のシステム、赤外線ではあまりにも感度が悪く、受信機に触る位に近づけて何回もボタン操作しないと作動しないという代物。

「直接鍵で開けた方が速い」と気付き(笑)以後さっぱり使わなくなり、今やリモコンは何処ともなく行方不明に…
オートロック作動用のモータは既存の赤外線システムのモータを流用。

運転席ドアにモータがない場合や、集中ドアロックシステムそのものがない車には、ドアの数だけモータが必要になるそうです。
さて、肝心の取り付けですが、それなりに面倒でした。
汎用品なのでカプラーオンとは行かず、説明書も簡単に概略しか書いてありません。接続すべき配線は全てテスターで調べて見つけなくてはいけません…。
と言っても、常時電源やドアトリガー線は既存の赤外線キーレスシステムの線をそのまま使えたのでかなり助けられました。これがないと大幅に内装を剥がすハメになるところでした。
それでも、アンサーコールバック用のハザード配線やセキュリティ用のサイレン、ブレーキ入力など、4本くらいは新たに配線を作って車内に引き込み、更に各々を接続…と、とても面倒です。

画像はPWのアンプ。ING電源とアースはここから拝借。
画像では仮組でシーリングスクリーン(ビニールの風よけ)を取り外してますが、装着時にはちゃんと新品を付けます。これを付けないと、エアコンが効かなくなります。
全ての配線が終わったら、次はキー閉じ込み防止スイッチと作動モニタ用LEDの設置です。
スイッチはPWスイッチ部、LEDは運転席ドアガラス後部付近に埋め込みました。

このスイッチはオートマチックモード(キーフリーモード)とマニュアルモード(通常のキーレスと同じく、リモコンの操作でロック、アンロック)の切り替えスイッチも兼ねてます。
施錠時は赤のLED点滅。

Zから離れれば、ちゃんと自動的にロックしてくれるのですが、「本当にロックしたのか?」と心配になって戻ればアンロックしてしまう…(笑)

このシステムは目と音で確認出来るアンサーバックシステムが必須ですね。セットで買っといて良かった。商品としてはオプション設定ではなく、多少値段が上がっても標準で付けるべきです。
解錠時は緑の点灯。

Zに2、3メートルまで近づくと「バシッ」とアンロックしてアンサーバックします。面白い!

自動でちゃんとロックしてくれるか心配な場合等は、ロックだけリモコンでするのも良いと思います。TPOで巧く使い分けましょう。
経年劣化でエッジが割れてしまった運転席ドアスピーカー。恐らく助手席側も…
序でにこれも交換しようと思い部販に言ったらメーカー在庫一個のみ。残り一個はメーカ生廃で入手不可との事…
仕方なく一個だけ購入して運転席のみ交換。残り一個は程度の良い中古を探す?

社外スピーカーに替え、純正スピーカーが手元に余ってる方…譲ってもらえませんかね??

それでは皆様、良いお年を。
Posted at 2008/12/31 20:23:01 | コメント(1) | Z | クルマ
2008年12月21日 イイね!

Z32のウインドウレギュレータ。

Z32のウインドウレギュレータ。前回書いたPWの不調、レギュレータとモータを交換しました。画像は新品のレギュレータです。

外したレギュレータ、新品と見比べると「ガイドチャンネル」と言う部分にかなりのガタ有。
ここはレギュレータとガラスをボルト2本で繋ぎ留めている部分。自分のZは窓を全開でも全閉でもなく、半開程度にして走行していると、カタカタと振動でガラスが鳴る時が有るのだが、これが原因だったみたいですね。

更によく見ると、渦巻きスプリングが破損してました。PWが動かなくなる時、「バキン」と言う大きな音がしたのは恐らくこの所為だったのでしょう。この渦巻きスプリング、走行時の振動でガラスが下がってこないように支えている役目を担っているのでしょうが、自分の車はこのスプリングが外れて?も、かなり動きは渋かったです。もっと力を入れれば下げられる事が出来たのでしょうが、窓ガラスが割れたら嫌なので止めときました。
因みに新品も同様にスプリングが嵌っていなくても動きはかなり固いです。

そして前回、単体試験をして不動だったモータ、今日何の気無しに再び接続してみると、なんと動くではないですか!!どーいうこと!?
しかし、音が変です。うぅむ、今動いてるのは偶々なのか。電装の不定愁訴は苦手です。
試しに新品レギュレータに古いモータを付けて電源を入れてみる…動かない。外してみて単体で電源を入れてみる…動かない。しかし、何回かやっていると動きました。…やっぱり交換するか。というか既に新品買っちゃったし、メーカ発注品だから返品も不可。

今日はこの辺で…
Posted at 2008/12/21 20:50:09 | コメント(0) | Z | クルマ
2008年12月17日 イイね!

Zのパワーウインドウが壊れた。

Zのパワーウインドウが壊れた。あぁ、早くセブン弄りたいなぁ…とおもいながら時間が割けない今日この頃。

先週の月曜あたりだったかな…Zをガレージから出してたとき運転席側のパワーウインドウが上がり切った瞬間に「バキンッ」という大きな音が。そしたら、それきり動かなくなってしまった。
あ~あ、ワイヤが切れたかな…と思いながら色々と忙しくて今日までそのままに。

本日ちょっと時間が出来たのでバラしてみました。
電気的には配線、スイッチ共に問題無し。と言う事はやっぱりワイヤが切れたんだな…と思いながらマニアルをみると…
なんと、Z32のレギュレータはワイヤではなく昔懐かし(?)のあのへんてこな形の歯車が動くタイプでした(笑)
このレギュレータ、モータがギアを動かし、そこに蚊取線香みたいな渦巻きスプリングが付いてて手でウインドウを押した位ではビクともしません。そう、ウインドウは上がり切ったままフリーになってないのです。
さて困りました。レギュレータとウインドガラスを留めているボルトにアクセス出来ないどころか、内張さえ数本のボルトをウインドガラスが邪魔して緩める事が出来ません。

1/4、300ミリのエクステンションにユニーバーサルジョイントとビットドライバの先を付けて、内装をこじってなんとかネジを緩めました。これで内張が剥がせた…。
次はレギュレータとガラスを外すんですが、これもボルトが見えない。本来ならパワーウインドウをサービスホールの有る位置まで下げてそこからボックスレンチを入れてボルトを緩めるのですが…。
仕方なくレギュレータ自体を留めてるボルトを外し、レギュレータとガラスを留めているボルトが見える位置までずらし、そこで木っ端をガラスに噛まして固定、ネジを緩めて取り出しました。嗚呼、めんどくさかった。

取り外したモータとレギュレータ、どうやら壊れてた方はモーター見たい。単体にして電源を入れてみても全く反応無し。
レギュレータじゃないのか…じゃぁ何であんな大きな音がしたんだろ。不思議だな。
部販に電話するとなんとモータ29000円!うぇ、何でこんなに高いの!?
今年は最後の最後までお金掛かったなぁ、うちのフェアレディは。

ということで、部品がそろうまでここで中止。年内に終わるか?
Posted at 2008/12/17 23:00:58 | コメント(0) | Z | クルマ
2008年12月15日 イイね!

日本車ってなんだ?

ま、良く出来た機械であり、道具である訳なんだが…

GT-Rを見て思った。
ニュルを何分何秒切った??
速くないとスポーツカーじゃないのか?じゃ、レーシングカーのれば?
中古のF3の方がある意味遥かに速いだろ。
…極論は極論で制される。

じゃ普通車は?
そこそこに性能が良い割には値段が安い。しかし個性は全くない…典型的な今の日本車ですね。
というか今の日本、いや日本人のことですかね。
そこにいる人間は別に君じゃなくても良いんだよ…。
今の首相やその他大勢の政治家に言ってやりたいね。

もしもあと10年、いやもっと速いかな…中国が今の日本車の半額の値段でそのポジションの車を作り始めたらどうなるか??トヨタ日産ホンダは今のビッグスリーと同じだよ…。

性能は良い。だけど尊敬されない。
なんか虚しいですね。

自分が自分らしく生きていくには哲学がないと駄目だ。最後まで生き残れるのはそんな奴だ。
車作りもそうだろう。そうじゃないとこの先日本は生き残れないだろう。
金儲けの巧さとか、会社の大きさとかじゃないんだよ。
Posted at 2008/12/15 01:49:13 | コメント(0) | ひとりごと | クルマ
2008年12月14日 イイね!

新しいZを見てきた。

新しいZを見てきた。展示車だけで試乗車はまだ用意出来てなかった。
隣にはスカイラインクーペと、セダンが展示。GT-Rは撤去されてました。
さて、実車を見た感想は…
タイヤデカイ(19インチ)、フトイ(リヤ275)、カネカカル…ナビタカイ。
重量税はベーシックモデルで56700円、バージョンSTでは75600円。
自動車税は年間66500円…

肝心のデザイン、Z33が出たときの「???」の感覚再び。
Z32のオーナーとしてはどうしてもあのデザインが納得出来ないんだよなぁ…
クルマって、いくら性能が良くてもカッコが好きになれないと買わないからなぁ。

まだまだウチの32は活躍しそうですね。
Posted at 2008/12/14 21:26:43 | コメント(1) | ひとりごと | クルマ

プロフィール

「スタッドレス…」
何シテル?   12/09 22:24
愛車いじりひとりごとブログです。 全ては自己満足の為に…
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2008/12 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
お出かけ用です。 長距離ドライブには最高のクルマです。 整備するには最悪のクルマです ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
孤高のロータリーターボエンジン。 時代を超えて輝くクルマ(笑)
ホンダ S660 ホンダ S660
納車まで丸々一年… 人生初ホンダ車。
ホンダ Nバン+スタイル ホンダ Nバン+スタイル
衝動買いです。 これで全国車中泊の旅へ…
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.