• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

310710のブログ一覧

2013年01月27日 イイね!

二週間ぶりのZ

この前の大雪の前日に乗ってから中々乗る暇がなかったマイZ。
また機嫌を損ねられると大変なので(笑)、今日は隣町のカフェまでドライブする事に。
二週間ぶりにエンジンをかけたZは機嫌良くルルルとアイドリングしてる。アクセル入れればふぉ〜んと軽快に吹け上がる…良かった(笑)

いや〜それにしてもこの前のフェラーリはいい音してた。Zがふぉ〜んなら、向こうはふぉおおお〜んって感じで、思わず聴き入ってしまった。NAV8とターボV6の違いはあるが排気量はだいたい同じ、でも廻してる時は勿論アクセルオフった時の音がまた良いんだよね。355でこれなら、テスタ等の5リッター超えV12はさぞかし大迫力だろうな…と特等席の真後ろを走りながらフェラーリサウンドを堪能させてもらった。ハイチューンのRBやL型、ポルシェも良い音するけど、あの甲高い音はやっぱり独特?

何台もの国産スポーツカーやアルファを乗り継いでフェラーリに行ったH氏曰く、
「エンジンをかけた瞬間から全てが違う」
…成る程ね、あの音を聞かされれば、そんな言葉も納得です(笑)
Posted at 2013/01/27 18:22:22 | コメント(1) | Z | クルマ
2013年01月22日 イイね!

ピーニャ・コラーダの歌。

毎度御馴染みの洋楽懐メロコーナー、
今日はコレです。


ルパート・ホルムズのエスケープ、1980年のヒット曲。
怒濤のディスコサウンドブームの70年代後半が終わり、
そよ風のように吹いて来たこの曲(なんて、然もリアルタイムで聴いてたように書いてみる)
曲自体はどうって事無いが、歌詞が秀逸だ。
例によって310710流ごじゃっぺ翻訳をしてみると…

I was tired of my lady
We'd been together too long
Like a worn-out recording
Of a favorite song

古女房にちょっと飽きがきた
どうも長く一緒に居すぎたようだ
まるで聴きすぎて擦り切れてしまった
お気に入りのレコードみたいさ

…なんて言う出だしで始まるこの曲、
初めて聴いたのは映画、「American Splendor」の劇中歌としてだった。
とても印象に残って後で調べて輸入版CDを買った位なのだが、
この曲以外はあまりぱっとするものは無かった…(笑)

サビのところはこんな感じ。
"If you like Pina Coladas
And getting caught in the rain
If you're not into yoga
If you have half a brain
If you'd like making love at midnight
In the dunes on the Cape
Then I'm the love that you've looked for
Write to me and escape"

あなたがピーニャ・コラーダと
雨に濡れるのが好きで
ヨガに夢中ではなく
半分でも脳みそをもっていて
ケープ・コッドの砂丘で真夜中に愛し合うのが好きならば、
私こそが貴方の求めている女
お手紙下さいな
一緒に逃避行と洒落込みましょう。

とまぁ、実はこの歌当時のローカル新聞の伝言欄(今で言う出会い系サイト?)の中身をそのまんま歌ったようで、中々のアイデア賞ものだったに違いないと思うが、プライバシーとか大丈夫だったのかね…(笑)
「dunes on the Cape」はNY近辺、東海岸で砂丘って言ったらケープコッドかなぁ…と勝手に想像して訳してみた。

最後の歌詞は、
So I waited with high hopes
And she walked in the place
I knew her smile in an instant
I knew the curve of her face
It was my own lovely lady
And she said, "Oh it's you"
Then we laughed for a moment
And I said, "I never knew"

一緒に逃避行に洒落込む筈の相手は、なんと古女房だったと言う素敵なオチ。
そう、相手に不満を感じてる時は、大概向こうもこっちに不満を感じてるんだよな(笑)

さて、この後二人は「愛の逃避行」へと洒落込んだのでしょうか…?
Posted at 2013/01/22 23:50:50 | コメント(0) | お気に入り | 日記
2013年01月18日 イイね!

使った感じ

さて、どちらが新しいiMac?
このアングルから見る限り、新旧iMacの外見上の違いは全く無いと言って良い。使う時は真正面しか見えないからどんなに薄くても関係ない。

この薄さを手に入れる為に新しいiMacは、光学ドライブを捨て、SDカードスロットの位置も側面から背面に移動…おかげで非常に使いづらくなってしまった。
iTunesにCDを読み込ませるのにも態々外付けドライブが必要。幾らiMac本体がシンプルで素晴らしいデザインでも、直ぐ脇に無粋な外付けドライブ等がゴチャゴチャとケーブルで繋がって置いてあったら興醒めだ。

まぁ、Appleも解ってやってるんだろうけど…
もう古臭いCDとDVDは捨てて、音楽と映画共々iTunes Storeからダウンロード購入してお楽しみ下さい…って言う魂胆が見え隠れする訳。相変わらず強気な商売。
それにどの道、Blu-ray Discドライブは外付けじゃなきゃ付かないしね〜
まぁそれにしても随分と思い切ったデザインだと思う。

…と少々愚痴っぽく始まった新しいiMacのレビューだが、数時間使ってみると先述の不満が些細な事に感じてしまう位見事に仕上がっているのを実感出来た。三年の進化を経てFMCしたiMacは、その薄く楚々とした外観とは裏腹に中身は濃く、現時点でAppleの中で最高スペックを持つマシンと言っても良いと思う。

まず当たり前だが速い。Mountain Lionでは少々もたつく感のあった自分の旧iMacだったが、新しいiMacでは当然そんな事は無くサクサク動く。
自分の場合、プロセッサが2.66GHz Intel Core i5 から、3.4GHzクアッドコアIntel Core i7、メモリが8GBから16GBとなった訳だが、その速さは想像以上。

iTunesやiPhotoは勿論、PhotoshopCS6が瞬時に立ち上がり、iMovieやプリメーラPROでは動画の編集、コーディングがサッと出来るのが実に頼もしい。これはプロセッサの性能向上だけではなく、新機能の「Fusion Drive」の恩恵も大きい処なのかもしれない。このFusion Drive、HDDとフラッシュメモリの間の子で、よく使うアプリやファイルはフラッシュメモリ(ストレージ)上に保存して置いて瞬時にアクセス出来るのだ。ブラウザを起動してキャッシュに残っている自分のみんカラのページを表示する迄2、3秒程で済んでしまうのは痛快だ。(フラッシュストレージは本体メモリとは別に用意されている)

ディスプレイも旧モデルでは映り込みが酷かったのが改善されている。だが、画質自体はそれほど変わらないかな?自分は旧iMacでも不満は無かったから、差をあまり感じないだけかも知れない。
まぁ近いうちにタッチパネル機能が付いたRetina displayモデルが出るから?、気になる人はそちらを待ってみるのも手かもしれない。

そして細かい処では、自分には内蔵スピーカーの音質が格段に向上してるのが嬉しかった。深夜に作業しながらiTunesで音楽や、インターネットラジオを聞き流す程度ならもう外部スピーカーは必要無い。
本体重量もかなり軽くなった。たまにしかやらないが、違う部屋への移動が大分楽になった。これでMac Book Airを買う必要は無くなったか(笑)

…と此の様にトータルで見ればかなりの完成度で、流石Apple、見事な出来映えだなと言う感じ。
冒頭で「見て呉れ優先の薄いデザイン」と苦言を呈したそれも、インテリアとすれば秀逸で、SOHO等で来客時にPCの背面が見えるのが見苦しいと思ってた人も、新しいiMacならスマートな空間を演出できて満足するだろう。拘る人にはそれだけでも買う価値がある。(旧iMacもデザインでは申し分なかったのだが)

最近はタブレット端末に話題を奪われがちなデスクトップモデルだが、満を持して投入された新しいiMac、Appleの哲学を頑に貫き通した見事な会心作と自分には見受けられた。購入した自分もなぜか晴れ晴れとした気分になったと書くのは大袈裟過ぎるかな。
ただやっぱりDVDドライブ内蔵無しと、SDカードスロットの位置はXだよな…(笑)

P.S :
これで御役御免となった旧iMac、中古ショップでかなり良い値段で引き取ってくれる話になっていた。
あと一寸足せばMacBook Airが買える値段だが、いざ売るとなると名残惜しさを感じざるを得ない。
Zでのツーリングから帰って、ちゃんと撮れたかな…とワクワクしながらG9から画像を読み込んだり、FDでもてぎを走った時のデータや、セッティングの成功、失敗の記録も全部このiMacの中に入っていた…
得意になってみんカラにZやFDの記事をUPしたのも、勿論このiMacからだ。
三年間、ほぼ電源を入れっぱなしに近い状況に堪えたこのマシン、もはや自分の分身…いや、我身の一部にも思える位愛着を感じている。これはもう、Z32やFDに対する気持ちに近いかもしれない。

やはり手元に残しておく事にしよう…サブとして、Windows8を入れて頑張ってもらおう。
幸い、11月にAppleケアでHDD、液晶ディスプレイパネル、バックライトは無償で新品交換を済ましている。つまり基盤以外の主要部品は皆新品だ。後三年は余裕で使えるだろう。

パソコンでこんな気持ちになったの、Macintosh SE30以来かも。
Posted at 2013/01/18 20:34:17 | コメント(1) | ひとりごと | 日記
2013年01月15日 イイね!

三連休が終わって…

今日は雪かきで疲れたよ…
で、雪が降る前日はと言うと、

カーキチクラブ今年最初の顔合わせ。



黄色のてんとう虫。かわいい。隣の水色はレストア中。

さて、こちらは何でしょう?


エンジン音が二気筒バイクみたいで微笑ましい…

Z君、今年もツーリングで頑張ってもらいますよ!よろしくね。



日が傾いてきても話は尽きない…
Posted at 2013/01/15 16:42:45 | コメント(2) | クラブ活動 | クルマ
2013年01月11日 イイね!

新しいiMac、開封の儀。

昨日届いた
変な形の段ボール箱。
開けてみると…
中にはまた箱が。
…って新しいiMacだぜい。
やっときた。
錐台形の変な形の箱。
さすがapple、
どーでも良い処にも拘ってますね。
反対側はこんな感じ。
では、早速開封。
この瞬間がたまらない。
おお、薄いな〜。
見る角度によるけど(笑)
流石に全体がこの薄さじゃ、中に何も入らない。
ボディ中央部はそれなりに膨らんでる。でも、それでもやっぱり薄いよ。
凄いぜ!新しいiMac。
とりあえず今日はここ迄。
次回は実際に使ってみた感想を書いてみたいと思う。
Posted at 2013/01/11 23:26:21 | コメント(0) | ひとりごと | 日記

プロフィール

愛車いじりひとりごとブログです。 全ては自己満足の為に…
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2013/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

ファン

15 人のファンがいます

愛車一覧

日産 フェアレディZ 日産 フェアレディZ
お出かけ用です。 長距離ドライブには最高のクルマです。 整備するには最悪のクルマです ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
孤高のロータリーターボエンジン。 時代を超えて輝くクルマ(笑)
スズキ ワゴンR スズキ ワゴンR
足クルマです。
ホンダ S660 ホンダ S660
納車まで丸々一年… 人生初ホンダ車。
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.