• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年03月12日

ホンダのスモールスポーツ

ホンダのスモールスポーツ
レビュー情報
乗車形式過去所有
メーカー/モデル名ホンダ / S660 α(MT_0.66) (2015年)
乗車人数2人
使用目的スポーツ走行
おすすめ度★★★★★
走行性能
ノーマルのパワーでは他の軽やN兄弟などと熾烈なバトルができるレベルでしかなく、見た目やハンドリングで相当上がった期待を大きく裏切ってくれること間違いなしです・・・個人的にはこの車のポテンシャルを存分に味わうにはパワーアップはマストかと思います。

少々費用がかかってしまうもののパワーアップそして足回りをしっかりさせれば峠やワインディングで格上のスポーツカーと同等以上の走りをすることも可能です。

操作性は素晴らしいの一言です。
ノーマルサスでもハンドルに対する応答性がびっくりするくらい良いです。人によってはクイック過ぎると感じるかもしれません。
乗り心地
乗り心地はやや硬めで道路の段差や舗装の状態等ハッキリと伝えてきますが、不快なレベルではなく程良いスポーティーな乗り心地です。

静粛性は大人しく走っている分にはちょっとうるさい程度ですがアグレッシブに走っている時や高速を走っている時などは本当に我慢しましょうのレベルです(笑)ソフトトップの宿命と捉えて静粛性は目をつむりましょう・・・
燃費
CVTとMTで実際の燃費が違うのはさておき・・・
パワーを上げる前はリッター15キロほどでパワーアップ後はリッター17キロほどでした。
田舎道では怒涛のリッター20キロ超えを叩き出す時もありました。

なお、どちらも満タン計算で燃費エコランは一切なし、イケイケどんどんのアグレッシブな運転をした時の燃費です。スポーツカーとしては破格の燃費です。
積載性
1名乗車ならスーパーやユニクロといったちょっとそこまでの買い物はできます。ただし2名乗車なら話は別です。比較的手荷物の少ない男2人(この車で男2人は笑えない)で乗ったとしても財布の置き場に困るレベルです。女性をエスコートするならこの車、ピンチに陥ること間違いなしです・・・
シート裏のスペースを活用したら良い!という意見もありそうですが、シートレールのグリスがマイバックに付くという大惨事があったので注意が必要です。

これは屋根ありバイクだ!と割り切る漢らしさを持ちましょう(笑)


写真は男2人乗りした例です(笑)
故障経験
これと言って大きな故障はありませんでしたが、
・停車中に速度計が2~3キロ表示しているバグが数回
・時計がやたら早く進む
というメーター関係のプチ故障がありました。

S6で有名なヘッドライトの焼け?問題は、自分の車はビニールハウスのようなところに保管しているため起きませんでした。イエローショックしかり、ソフトトップしかり・・・どうやら紫外線大敵ということでしょうね。


写真は速度計のバグのやつです。フットブレーキは踏んでませんがしっかりとサイドは引いてる状態です。
満足している点
・並の車では味わえない常識を超えた痛快なハンドリング
・恐ろしくベストなハンドルとシフトの距離感
・スポーツカーとしては驚きの高燃費
・軽という維持費の安さ
・MRという希少な駆動方式
・MTの設定がある(6MT)
・最初からスポーツタイヤ装着
・非日常的な低い目線
・軽とは思えない剛性感
・コンピューターをいイジれば簡単にパワーアップ(MT)
・パワーと足回りをイジれば格上のスポーツカーを脅かす走り
不満な点
・2名乗車すると手荷物の置き場も困る狭さ
・トランク、皆無・・・
・後方及び左斜め後ろの視界の悪さ
・身体に合わない微妙なシート(特に腰)
・身長制限があるのではないかと思う頭上空間の無さ
・乗降性
・慣れると思ったより頼りないブレーキ
・カーブをけっこう攻めた時の純正サスの粘りの無さ
・CVT車ではMT車ほどパワーを上げれない
・馬力自主規制の縛り
・官能的とはほど遠い軽のエンジン音
・軽とは思えないハイプライス
・プラスチック感が否めないセンターコンソール部
・ドアが長いため狭い駐車場では開けずらい
総評
この車を約2年間所有した経験から言うと、この車は軽規格で作られたリアルスポーツカーです。

本やネットではこの車に対してスポーティーという表現が多くて“スポーツカー”と断言しているものは多くありません。さらにはこの車をあまり知らない、乗ったことがない人からはしょせん形だけの車と思われているかもしれません。ですが、自分は間違いなくこの車はスポーツカーだと思います。

確かにノーマルのパワーでは正直、見かけだおしと言われても仕方がないと感じます。しかし今では様々なパーツやカスタマイズノウハウなどが蓄積され、ガチンコサーキット仕様~ストリート・ワインディング仕様など自分好みのS6に仕上げることができます。言い換えればそれらのカスタムを難なく受け入れる潜在能力の高い車だということです。

2人乗りオープンカーということで所有するためのハードルは人によっては高いかと思いますが、軽なので維持費という面では普通車に比べ楽勝です。

初めてのマイカーということでやれる限りイジってタイプR的な性格の車に仕立て上げてしまいました。しかしおかげでどこをどうイジればどんなバランスになるのかや、どうすれば自分は満足できるのか、スポーツカーとはどんなものなのかを勉強することができました。

この車が世に出なければスポーツカーは縁のないものとなっていたに違いありません。この車を作ってくれたホンダに本当に感謝です。
ブログ一覧 | クルマレビュー
Posted at 2018/03/13 21:44:08

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

私的 スポーツカーの定義
i-takaさん

次元が違う
pariliさん

最近のHONDAに思うこと
YF-19さん

今年も「若者の車離れ」についてお話 ...
Fukuokaさん

納車5日経過して・・・
Keiぴろさん

高級車になりきれなかったスポーツカ ...
JagdPixyさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「S6去りし今・・・ http://cvw.jp/b/2576193/41220938/
何シテル?   03/16 18:43
カモ助です。 以前よりみんカラには大変お世話になっていました。 若僧なのでまだまだ車に関してはビギナーですが、これからはレビューや整備手帳等少しでも...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
2006年の暮れに突然以前の車(日産ラルゴ)が潰れてしまい翌年の1月にステップワゴンを購 ...
ホンダ S660 ホンダ S660
2016年1月に約1年ほど待ちオーナーになりました。そして2017年の暮れに手放しました ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.