• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

まさやん@スバル乗りのブログ一覧

2011年12月26日 イイね!

スーパー耐久2011 第6戦 もてぎ ロードコース

スーパー耐久2011 第6戦 もてぎ ロードコース前回のつづき。

最終日は前日から一転、ロードコース。

コースは、限られた時間ではあるもののフリー走行で、
急ごしらえではあるものの何とか自分なりの走り方を一応確立は出来ていたので、
あとは、自分の与えられた周回をしっかり走るだけ。

でも、よく考えたらこれまで、僕が出走した決勝は全てスタートドライバー。
それはそれである意味の慣れもあったけれど、
今回はセカンドスティントか最終ドライバーと宣言されたため、
初めてスタートをピットで過ごすことになった。
でまたよく考えたら、「いつ来るか分からない自分の出番」という、未体験ゾーン。
「降りるだけではないドライバー交代」
「スタートから走ったマシンを譲り受ける、状態万全ではない可能性」
うわぁ、考えれば考えるほどなんだか色々難しそうだ(汗)

自分の出番を単純に考えれば周回数を3で割ればいいけど、
セーフティカーとか予測不能の事態もあるから、
待ってる間もう気が気じゃない。
今さら非スタートドライバーって大変だ。。。

さて、樺田選手がスタートして一応、
無線のイヤホンを耳に入れたままいつでも行ける様にして待っていると、
「まさやん準備しといてー」来たコレ。
うわぁ、いつもより緊張する!
まぁ、実際ドライバー交代からはじめの1周とか良く覚えてません(爆)

結局、21周という僕にとってこれまでで一番ロングスティント。
刻々と変化する、コース、タイヤ、マシンの状態に合わせてドライブしなければならない、
「これぞ耐久」という状況を最終戦においてやっと経験することに。

途中、90度コーナーで飛び出したりもしましたが、
何とか山口選手にバトンタッチ、そして無事そのままゴール。
オーバル2戦につづき、最終戦にして今度こそ通常のレースディスタンスを完走することが出来ました。

-----

さて、これであっという間に今シーズンが幕を閉じたわけですが、
僕にとってのS耐デビューシーズンはこれでもかと本当に色んな事が起こってしまいましたが、
来シーズンもし僕が乗れる事になるのなら車の熟成を進めるのと同じくして、
僕自身の熟成も進めていかないといけなくなってきます。
ちゅーか、そもそもこれだけブログで裏話グチグチ垂れんでも済む様にならんとアカンですわね(-_-;)

とにかく、僕なんぞを憧れの全日本戦、しかも夢にまで見たスーパー耐久という舞台に
デビューさせて頂いた関係者の皆様、こういう表現が適当かは分かりませんが、
色々ありましたが僕にとっては結局のところ本当に楽しかったです!
応援して頂いた皆さん、どうもありがとうございました。
Posted at 2011/12/26 23:49:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース活動 | 日記
2011年12月24日 イイね!

スーパー耐久2011 第5戦 もてぎ オーバル(その2)

スーパー耐久2011 第5戦 もてぎ オーバル(その2)前回からのつづき。

第1レースでエラいことになってしまい、メカニックさんにもごめんなさい行脚。
でも、皆さん一様に笑顔で暖かい言葉を返して頂ける。
仮にそれが社交辞令だとしても、救われる様な気持ちだった。

なんて言ってる間に第2レースが迫る。
2レースとも乗る事が決まっていたけれど、正直2レース目なんて本当は逃げ出したいところε=ε=ε=(・o・)
でも、チームは僕へのリベンジを提案。チームからの期待。。。まではされてないかも知れないけど、そういうときにでも走るのがドライバーの役目。
提案を受け入れて、3戦連続のスタートドライバーが決定。
ダミーグリッド。もう慣れたと言いたいところだけど、やはりさっきのイヤーな気持ちがつきまとう。
周りのみんなもそれを察知してか気を遣っていて、本当に申し訳ない。

フォーメーションラップ開始。
第1レースのスタートは明らかに失敗だったので、今度こそはと前車に離されまいと食らいつく
うまくスタートできたものの例の如く、置いて行かれる。

2周目、第2シケインで前の2台のヴィッツが接触!!
おいおい、オーバルでヴィッツ2台が回ってるって、一生かけても見れへん絵面や!(‥;)
そんな1台の横を抜け、もう1台のすぐ後ろに付けるものの、やっぱり速度差は歴然だった。
次のストレートで抜いた1台にすぐに挽回される。
あとは、とにかく後ろに注意を払い、無理をしない様まず「無事」完走を目指す。
そして、レース中盤ピットイン指示。樺田選手へ交代。
気になっていたアリスちゃんは聞けば、なんと一時総合トップ!!
その後樺田選手の慎重な走りでそのままゴール。
やっと本当の意味での無事完走で終われました。

そして、アリス号はST-2クラス初優勝。
本当に良かった。
しかも、前の件から間髪入れず勝ってくれたので、正直僕も色んな意味で助かった。
アリス号関係者以外で一番喜んでたのはもしかしたら僕かも知れないな。。。

さて、このオーバルコース。
コース形状、速度域、挙動、その他色んな意味で全く違った感覚を色々体験できました。
来年のS耐カレンダーからも落ちていますし、補修されない限りレースには使えないようです。
何だかもったいないですね。

さぁ、2戦連続完走。もうネタは充分w
この調子で明日のロードコースも無事完走したいところです。

つづく。
Posted at 2011/12/25 01:21:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース活動 | 日記
2011年12月23日 イイね!

スーパー耐久2011 第5戦 ツインリンクもてぎ オーバル

スーパー耐久2011 第5戦 ツインリンクもてぎ オーバル前回からのつづき。

さぁ、土曜日なのに予選も決勝もあり、しかも決勝は2レース。
忙しい。。。

予選は、Z4の130%と言えど速度差のあまりST-5は全車予選落ち->嘆願書。
って変やけどルールやからまぁしょうがないわね(-_-;)

マシン的には、他の同クラスとの差はまだ大きく、
ST-5にとってシケイン以外ほぼ全開のオーバルでもそれは変わらなかった。
よって、戦略というか目標はやはり完走。

で、昼飯を食べるか悩むぐらいの間しかなく、すぐに決勝第1レース。
2回目のスタートドライバーと言うこともあってか、緊張感は鈴鹿より無い。
ローリング開始。相変わらず鈴鹿の時と同じ前の人は激しいウェービングで横に並ばせてくれない(`Д´)
その煽りをもろに喰らって近寄ってスタートできなかった。
それに加えて、相変わらず他のヴィッツとの速度差は歴然としてどんどん差を付けられてしまう。
無線で「落ち着いて」の指示、ああ、そうだった。とりあえず目標は完走だった。

しばらく後ろを見なくて良いし、とりあえずペースを掴もう。。。
3周目、無線。「トップが後ろから来ます。注意してください」
「え”?(゜ロ゜屮)屮早!!」
そんなんでペースなんぞ掴めるかい。
しかし、それは容赦なく襲ってきた。
しかも、フリーや予選とみんなの抜きっぷりが違う。
「もう、ホンマごめんなさい。」そんな感じ。
特にシケインの立ち上がりで、右から抜くマシンと左から抜くマシンがいて、、、でもじっとしててもジャマなので、基本的にちゃっちゃと譲るのが安全と思ってそうしていたけど、、、

そんなある周、シケインを抜けるまでに後続に追いつかれそうな感じだったので出口で譲ろうと思ったらマシンに衝撃が走った。
ミラーに目をやるとなんとそれは同じチームのアリスちゃん!?。。。
もうなんか半分パニック。「また完走できないのでは?」と一瞬頭によぎる。
とにかく、マシン状態を確認、幸い異常は感じないので無線で連絡ののちそのまま走行。
そして21周目ドライバー交代。
そしてそしてアリス号の皆様にごめんなさい。
まぁ、どういう状況にしろ安全に譲れなかったのはたぶん僕にも何らかの落ち度があるんでしょうから。
そんな状況にも関わらず、交代した山口選手は堅実に周回を重ね見事ゴール。。。

僕自身、スーパー耐久初完走で喜ばしいことなのに、
何とも後味の悪い初完走となってしまいました。

そんなことで落ち込んでる暇もなく第2レースの時間はもうすぐ。

つづく。
Posted at 2011/12/24 03:17:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース活動 | 日記
2011年12月21日 イイね!

スーパー耐久2011 第5・6戦 ツインリンクもてぎ フリー走行(その2)

スーパー耐久2011 第5・6戦 ツインリンクもてぎ フリー走行(その2)前回のつづき・・・

僕にとってコースイン前の神聖?な儀式・・・
メガネを外し、目出し帽をかぶり、ヘルメットをかぶり、メガネを差し込む。。。
「ペキっ!」
あ”ぁ・・・見事な割れっぷり。
そりゃ長年愛用のしかも樹脂フレームメガネでしたからいつかはこうなると思ってましたよ。
だからって、何もレース初日に、、、

メガネレーサーな僕にとって死活問題ですからこんな事もあろうかとメガネは毎レース複数持って行くことにしてるので、その点は事なきを得ましたが、実に縁起でもない
さぁ、気を取り直して、オーバルのフリー走行2枠目を終え明日へ備える。

オーバルは50lapx2レース、それぞれ1レース中1回のドライバー交代が義務づけられる。
と言うことは3人のうち誰かが2レースとも乗ることになる。

チームの戦略は・・・2レースとも僕が乗ることに。しかもまたもやスタートドライバー!
まぁ、2周ぐらいは後ろを気にしなくても良い分だけ安心かな。。。
・・・だけど、事件は1回じゃ終わらなかった。

つづく。
Posted at 2011/12/22 01:38:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | レース活動 | 日記
2011年12月19日 イイね!

スーパー耐久2011 第5・6戦 ツインリンクもてぎ フリー走行

スーパー耐久2011 第5・6戦 ツインリンクもてぎ フリー走行もてぎ戦のチームリリースが公表されています。
では、お待ちかね(?)の独自レポを。

-----

僕にとっていまだ完走できず仕舞いのまま、
もてぎに乗り込むに当たって、「不安でない要素」なんぞ残念ながら何一つ無かった。
まして未経験のもてぎロードコースに加え、
今までの経験が役に立たないであろう未知のオーバルコース。
そして考えがまとまる暇もないタイムスケジュール。
金曜のフリー走行はロード・オーバルの両コース。
土曜、オーバル予選・決勝しかも2レース。
日曜、ロード予選・決勝300km。
見事な追い込まれっぷりですわな。
ところが、ここまで来たらもう開き直るしかない。ってことでは考えやすかった。
そして「まずは完走。」そう、これが今回の目標だから。

フリー走行まずは、ロードコースから。
動画や文章で予習はしてきたもののやっぱり見ると走るでは全く違う。
しかも、今まで走ったことのあるどのコースとも性格が違う。
そしてヴィッツだからって事もあるかも知れんけどなんというかリズムがつかめない。
微妙なアンジュレーションと相まってコーナーの先が見えず、
目測をつかみにくいのが原因みたい。
とりあえず、1枠目はコースとギア位置を覚えることに専念する。
2枠目、目測に頼らず自分なりのリズムを作り、決勝のペースイメージをつかむこと。
それくらいしか限られた時間では出来なかったです。はい。

そして間髪入れずに次はオーバルの走行へ。
ここで、今までに体験したことのない感覚を得る。
それはコースへの感覚ではなく・・・
「なんやこれ!?いぢめやん!」
走った3人が口を揃えてそう言った。
そう、あまりにも速度差があって左右両方から上位クラスのマシンが文字通り飛んでくるんです!
下手すりゃ100km/h近い差がある状態で抜かれるワケですから、
正直、前なんて見てる暇ないですってw
まぁ、シケインは通過せずとも避けれる様になってはいるけど、
ヴィッツですらメーター振り切る手前ぐらいはスピード出てて、
そんな状態でシケインに突っ込んでいくのですよぉ(~o~;)

シケインにはポールが立っていて、スピードもあってこれが結構な破壊力らしく、
本番前にぼろぼろになってもアレだと言うことで
フリーの時55号車は念のため、非RSの純正フロントバンパーで走ったのですw
だから見た目フツーのヴィッツがオーバルを走ってたのですが、、、
今のところ画像はネット上にありませんねぇww
(もし、見掛けたら教えてください~)

さて、オーバルのフリー1枠目を終え、2枠目の準備をしている中で1つ目の事件が。

つづく・・・
Posted at 2011/12/20 00:56:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | レース活動 | 日記

プロフィール

「GWの恒例行事 http://cvw.jp/b/257923/29856084/
何シテル?   04/28 13:37
「まさやんランド別館」へようこそ! 本館「まさやんランド」 http://www.masayanland.com/ もよろしく!
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

AS Racing 
カテゴリ:レース
2011/08/24 02:10:27
 
AS Racing 広報ブログ 
カテゴリ:レース
2011/08/24 02:09:53
 
アドバンスステップ 
カテゴリ:パーツメーカー&ショップ
2011/08/24 02:08:09
 

ファン

23 人のファンがいます

愛車一覧

スバル ステラ スバル ステラ
カスタムRS D型。 てんとう虫から始まるスバルの軽自動車の歴史のトリを飾る(事になって ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
'95年式、ex(ECVT) C型。 意図せず2代目を降りることになったところへ偶然&グ ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
'93年式、T-top(元ECVT車) オープンカーに一度は! あで?ヴィヴィオにオープ ...
スバル ヴィヴィオ スバル ヴィヴィオ
'93年式、RX-R(MT) A型。 ミラ、アルト全盛期に敢えて別の車を、、、 軽らしか ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.