• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

1・2・3・○○!!のブログ一覧

2017年12月31日 イイね!

「生きがい」

「生きがい」
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

本年も押し詰まってまいりましたが、

いかがお過ごしでしょうか。

今年も大変、お世話になりました。

来年も素晴らしい年でありますように、

心よりお祈り申し上げます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



それでは本年、最後は

こちらの花を、ご紹介したいと思います。










花の名前は『球根ベゴニア』。













球根ベゴニアは、たくさんある

「ベゴニア」と呼ばれる花の中でも

最も華やかな園芸品種になりまして、


アンデス高山地帯に分布する

数種類のベゴニアを交配してつくられた

お花になるのです。













花姿は一重咲きや八重咲き、

バラ咲きなどがありまして


花色は赤やピンクやオレンジなど

多彩であり、


花の大きさは5cm程度の

小輪系のものから

この画像のような大輪のものは

20cmを超えるものもありまして、


その美しさに

しばし魅了されてしまいます。













ちなみに球根ベゴニアは、

「ベゴニアの女王」

「この世で最も豪華な花」

「世界で最も美しい花」などと

その美しさを讃える言葉は

いくつもあるほどの花でした。













そんな球根ベゴニアの花言葉は、


『幸福な日々』です。











では本日も、


ある方の言葉を添えて


終わりにしたいと思います。











その方とは、



アメリカで活動した

イギリス出身の自己啓発作家・牧師


『ジョセフ・マーフィー』氏です。



それでは、ご紹介します。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






人生最高の幸福は


富でも


名誉でもありません。



自分のしたいことを見つけ、


取り組むことです。



人はそれを


「生きがい」


と呼んでいます。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり
Posted at 2017/12/31 20:00:04 | コメント(34) | トラックバック(0)
2017年12月30日 イイね!

この河のようである

この河のようである



こちらのお花、











花の名前は、


『フランネルフラワー』。











フランネルフラワーの原産地は

オーストラリア。


植物全体が細かくて柔らかな

産毛みたいな白い毛に

覆われているのですが、


その雰囲気が毛織物の一種の

フランネル生地によく似ているため、

「フランネルフラワー」

と名付けられたとイワレています。











そんなフランネルフラワーは

花の大きさが8~9㎝ほど。


開花してから長い間、楽しめて

花も次から次に咲かせてくれるのです。


ちなみにマーガレットみたいな白花も

細かな毛で覆われているのでした。











フランネルフラワーの花言葉、


それは『誠実』です。











では本日も、


ある方の言葉を添えて


終わりにしたいと思います。











その方とは、



タイの詩人


『タパニー・ナーコンタップ』氏です。



それでは、ご紹介します。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






どこかに


涼やかな河が流れていれば、


旅人たちが必ず寄ってくる。



彼らは


河のほとりで水を浴びたり、


飲んだり、


安心してくつろぎ、


楽しむ。



誠実な良き人は


この河のようである。



良き人を疑ったり


警戒する者はいない。



皆、仲良く


友だちになりたいと願う。



良き人は


楽しみ(利)を与え、


苦しみ(害)は与えないからだ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり
Posted at 2017/12/30 20:01:34 | コメント(7) | トラックバック(0)
2017年12月29日 イイね!

友情は

友情は



こちらのお花、











花の名前は『クジャクアスター』。











クジャクアスターの花名の由来は

2cmほどの野菊のような

可愛らしい花が沢山連なって咲き、


しかも扇子のように枝分かれをして

咲くその姿が、まるでクジャクが

羽を広げたようであることから

「孔雀」の名があてられて、







「アスター(Aster)」は

放射状に整った花姿や

ひとつひとつの花を「星」に見立て

ギリシャ語の「aster(星)」の名があてられ


『孔雀アスター』と

名付けられたとイワレています。













しかしながら、この

「クジャクアスター」と呼ばれる花は

実は固有種があるわけではなく、


北アメリカが原産の「シロクジャク」

と呼ばれる白色の花をつける種類と、


「ユウゼンギク」という

花色が豊富で育てやすい種類を

交配して作られた


『園芸品種』になるのです。













そんな園芸品種ではありますが

しっかり花言葉がありまして

その花言葉は、


『友情』。













では本日も


ある方の言葉を添えて


終わりにしたいと思います。













その方とは、



アメリカの思想家・哲学者


『ラルフ・ワルド・エマーソン』氏です。



それでは、ご紹介します。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






友情は


晴れた日にふさわしく、


美しい贈り物としてふさわしく、


田舎のそぞろ歩きにふさわしい。



だが、一方、


友情は


険しい山道を越える時、


不運に見舞われた時、


船が難破した時、


貧窮や迫害にあえぐ時にも


ふさわしい。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり
Posted at 2017/12/29 20:01:55 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年12月28日 イイね!

さもしい愛では無い

さもしい愛では無い



こちらのお花、











花の名前は『ナデシコ』。









ナデシコはその種類がとても多く

世界に約300種ほどが分布しています。


そのためナデシコ科ナデシコ属を総称して

『ナデシコ』と呼ぶのです。











日本でも古くから咲いていた花ですが、

平安時代には中国原産のナデシコも

入ってきました。


そのため日本のものを「大和撫子」。


中国のものを「唐撫子」と区別したのです。


ちなみに現在は

大和撫子を「カワラナデシコ」。

唐撫子は「セキチク」と呼んでいます。


またナデシコ自体も別名で

「ダイアンサス」と呼ぶのです。











そんなナデシコですが

その品種によっても開花時期に

違いがありまして、


春にしか咲かせない

「一季咲き」のナデシコもあれば、


一年の内に何度か花を咲かす

「四季咲き」のものもありまして、

まさに多種多様な花になります。











そんなナデシコの花名の由来は

あまりにも愛らしく、

我が子を撫でるかのように慈しむ・・・


そのような意味合いから

「撫子(なでしこ)」、

と名付けられたようですね。









ナデシコの花言葉、


それは『純愛』。











では本日も


ある方の言葉を添えて


終わりにしたいと思います。











その方とは、



日本の作家


『太宰 治』氏です。



それでは、ご紹介します。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






誰に理解されなくてもいいのだ。



私の愛は純粋の愛だ。



人に理解してもらう為の愛では無い。



そんな さもしい愛では無いのだ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり
Posted at 2017/12/28 20:03:37 | コメント(8) | トラックバック(0)
2017年12月27日 イイね!

これによってのみ

これによってのみ



こちらのお花、









花の名前は、


『コブクザクラ』。











以前、ご紹介しました

「十月桜」と

「支那実桜(しなみざくら)」

という品種の掛け合わせで

誕生したサクラが、

このコブクザクラになります。











コブクザクラは「十月桜」と同様に

秋から冬まで花が咲き

しかも春も花が楽しめる、

年二回、開花をする

八重のサクラです。











そんなコブクザクラの特徴は

『実(み)』にあります。


それはコブクザクラは

花が咲き終わると

2つ以上の実が成るのです。


通常は1つの花から

1つの実が成るものですが、

そこがコブクザクラは違います。


そのようなことから

「子宝」の桜ということで、

「子福桜(コブクザクラ)」と

名付けられたとイワレているのです。









そんなコブクザクラの花言葉が、


『愛は死より強し』。











では本日も、


ある方の言葉を添えて


終わりにしたいと思います。









その方とは、



ロシアの小説家


『イワン・セルゲーエヴィチ・ツルゲーネフ』氏です。



それでは、ご紹介します。








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






愛は死よりも強く、


死の恐怖よりも強い。



愛、


ただこれによってのみ


人生は与えられ、


進歩を続けるのだ。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おわり
Posted at 2017/12/27 20:02:39 | コメント(5) | トラックバック(0)

プロフィール

「@zakiyama@roadstinさん、愛車ランキング『1位♪』おめでとうございます(^_^)/」
何シテル?   02/23 12:11
1・2・3・○○!!です。 おかげさまで、みんカラに登録して 来年の2月(※H30年11月時点)で 3年目を迎えます。 これまでは渋造(レヴォーグ)と共に ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

愛車一覧

スズキ ハスラー 渋吉 (スズキ ハスラー)
愛車がレヴォーグ(渋造)から 「ハスラー(渋吉)」に 変わりました! ハスラーも人気車 ...
スバル レヴォーグ 渋造 (スバル レヴォーグ)
おかげさまで待ちに待ったレヴォーグが H28年3月15日に納車となりました(^^)d ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.