• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
FJ CRAFT
この度はFJ CRAFTのホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。 弊社は和歌山県橋本市に所在しますオリジナルカーマットの製作会社になります。 高い技術を持つスタッフが縫製の美しさにこだわり、丁寧に製作し、お客様に直送いたします。 質、コストパフォーマンス、カラーバリエーション、その他 特注や部分販売など、お客様のご希望に限りなくお応えできますよう対応させて頂きます。 商品についてのご相談、ご質問はお気軽にお問合せ下さい。
ショッピングサイト
SNS

FJ CRAFTのブログ一覧

2018年05月24日 イイね!

「#エフボーイ」を探せ‼ #12 ひらひらひらやんさん

「#エフボーイ」を探せ‼ #12 ひらひらひらやんさんこんにちは、SNS担当の田上です♫
風薫る五月と呼ぶに相応しい季節。皆様いかがお過ごしでしょうか?
先月末に開催されたコラボオフ会では沢山の方にお越しいただき、楽しい時間を過ごすことができました。
ありがとうございます(*^-^*)

さて、今回の#エフボーイさんはお忙しい中オフ会に駆けつけて下さった
みんカラネーム:ひらひらひらやんさん(49歳)をご紹介したいと思います(=゚ω゚)ノ
早速愛車のご紹介から♫

☆TOYOTA/プリウス50/パールホワイト/H28年式
alt

雲一つない青空の下、純白ボディの美しさがより際立ちますね~
お車を拝見した時に感じた印象は“洗練されたシンプル
さて今回はどんなお話を伺うことができるのでしょうか??色々と伺ってみました♫

まずは恒例の愛車遍歴。

初めての愛車は22歳の頃手に入れたSUBARU/レガシィツーリングワゴン
「10万km連続走行の世界速度記録達成及び平均速度は223.345km/h」
というキャッチコピーもあいまって乗りたい欲が高まっていたところ、なんとも運よく奥様のご兄弟から譲り受けることに!性能も良く、とっても気に入っていたのですが残念ながらガソリン代が高く(ハイオクで5~6㎞/L)乗り換えを決意します。その当時、織田裕二さん主演のドラマでも使用されたツーリングワゴンでした。

次に選んだのはTOYOTA/エスティマルシーダ
お子さんの事も考えファミリーカーを選択。4年ほど乗ったのち、ご自身いわく「税金が安くなるというメリット優先で、あんまり考えずに選んでしまった」という日産/CUBEライダーに乗り換えます。7年乗りましたが遠出の際にあまり荷物が乗らないことやお子様の成長に追い付かなくなってきた為、やはり大きい車をということでTOYOTA/NOAHに乗り換え。

ちなみに、ひらひらひらやんさんが車をカスタマイズするようになったのはNOAHの頃から。当時自分と同じ車種のカスタムを常にHPにアップしている方がいた事と車好きな二人のお子様の影響が大きかったんだそう。それがきっかけとなり「みんカラ」に登録。
みんカラ歴はこの5月でなんと13年!
みんカラの開設が2004年8月なのでかなり初期からのベテランさんですね(* ´艸`)

そのNOAHにも7年乗りましたが、車検前のタイミングに色々と好条件が重なったので、同じメーカーであるTOYOTA/VOXYにチェンジ。カスタムを楽しみながら4年ほど経った頃、お子様も成長し大きな車が必要ない状況になったので「自分が本当に欲しいクルマ」に乗ろうと決意。

ご自身にとって初の愛車だったレガシィの走りの良さ、安定感がずっと忘れられずSUBARU/レヴォーグを購入しようと決意。
試乗もしてほぼ決めていましたが最終的に予算が合わず・・・断念。
そんな時、以前NOAHを購入した時にお世話になったディーラーさんから「今なら在庫があるのがこちらです」と紹介されたのが現在の愛車であるTOYOTA/プリウスでした。

alt

買取と納車のタイミングがぴったりであったこと、燃費の良さからトータルコストを考えて
「プリウスという選択肢もアリかもしれない」と思ったひらひらひらやんさん。
試乗なしで購入を決意!!

実際、購入当初は車高が低く感じたりして違和感があったそうなのですが乗り心地や質感、自動ブレーキや安全装備等の新しい技術に驚きつつも徐々に感動を覚えるように。
燃費は通常22~23㎞/Lで伸びる時はなんと30㎞/Lになることも!
ハイブリッドカーの凄さを実感する数字ですね。

プリウス=ありふれていて面白くなさそう
という以前のイメージはどんどん払拭され、乗ればのるほどにその素晴らしさを実感!
そんな、今ではすっかりお気に入りとなったひらひらひらやんさんの愛車について、こだわりのカスタマイズを紹介していきますね~(=゚ω゚)ノ

alt

一番のこだわりは?の問いに迷いなく答えて頂いたのはこのプリウスの“お顔”部分のパーツ
「これをやることによってレクサスっぽくなるんですよ」と仰るひらひらひらやんさん。
確かに!プリウスなんだけどレクサスっぽい!
何かが違うなぁとは思っていましたが、ここにポイントがあったんですね(゚д゚)!
このパーツはマークレスグリルガーニッシュというもので、取り付けはご自身でなさったとか。みんカラのパーツレビューに投稿した際、一番反響の多かったカスタムなんだそう。

alt

お次はこちら。RAYSのホイール。シリーズが沢山ある中でこれが一番ピンと来たんだそう。
はめている人が少ないのも決め手のひとつ。なんだか珍しい色味ですよね。メタリックかつマットな質感。素敵です♪

alt

通常は無地のナットですが、購入日限定でメーカー名入りのオリジナルナットを付けてもらえたんだそうです。特別感がプラスされていい感じですね~。ホイールですのでやはりお値段も張りますが「今回は妥協しなかった」と仰るひらひらひらやんさん。

「値段は高くてもこれだけはこだわりたい!が叶えられたので、やった感があります(*´ω`*)」と満足気に話して下さいました。

その他にはNANIYA LED シーケンシャル ツインカラーファイバー
ウィンカーと連動してラインが流れるように光るパーツですが、間近で見たのは初めてでした。こちらも自分で配線して埋め込んだんだそう。やっぱり車好きの皆さんは、器用な方が多いですよね。
写真を撮りたかったのですが、お天気がよすぎたので断念(>_<)

カスタムに関しては「みんカラ」と大きくなった二人のお子様からのアドバイスを参考にすることが多いんだとか。
弊社のフロアマットもみんカラでご覧になり気になっていた所、仲良しのみん友(まさ37さん)の記事を見て更に興味を持っていただきサンプル請求されたんだとか。
色選びは奥様の意見を反映し“車の質感をそこなわず汚れの目立ちにくい”プレミアム生地のミックスグレーを選択。

alt

シートに施された青のステッチとも相性がいいですし、とっても高級感があります。センスの良い奥様ですね(^^♪ちなみにラゲッジマットだけは元々やりたかった黒に赤の縁取りのマットをオーダー。←整備手帳はこちら

「マットが届いて入れ替える際1枚ずつ比べてみたんですが、あまりの違いにびっくりしました」と仰るひらひらひらやんさん。

しっかりした厚み、特にフィット感の凄さ。後部座席中央の微妙な盛り上がりにもぴったりフィットし、かつ前の座席のシート下まで広くカバーしている点など“見えないところについてのこだわり”を感じて頂けたんだそうです。
「その差は歴然なのに、それでいて価格は純正の約半分。これには本当に驚きました」
奥様にも喜んでいただけたようで本当に良かったです(*^^)

alt

さりげなく、でも人と違う感じにはしたい

というのが第一にあって「じゃあどうすればいいか??」と考えながらカスタマイズしてきましたと仰るひらひらひらやんさん。あまり過剰なカスタムは好まず、外装・内装・装備のトータルバランスを重視しているんだそう。

「今やっと完成形に近づいてきた感じです」そう嬉しそうにお話される姿からは愛が滲み出ていて、本当にお車が好きなんだろうな~というのが伝わってきました。

プリウスに乗り換えてからは休日にご夫婦で遠出することが増えたんだそう。グルメ好きの奥様の為に、美味しいご飯と綺麗な景色のある所を目的地にすることが多いんだとか。
去年のGWには山口県の角島に行って絶景を楽しんだんだそうです。
いいですね~♪憧れます(*^_^*)

“一番の趣味は車”

子どもの頃から車が好きで、刑事ドラマのカーチェイスシーンを見ては大興奮!特に好きだったのは「西部警察」に登場した赤と黒のスカイラインRSターボ。調べてみたら色んな改造車が出てきてびっくりしました。車好きの方にはたまらないドラマだったでしょうね。

alt

憧れの車はニュルブルクリンク24時間レースで目にしたSUBARU/WRX
注)ドイツのニュルブルクリンクで毎年開催されるADAC主催の耐久レースのこと。24時間でどれだけ長い距離を走れるかを競う。毎年5月から6月の初夏に開催。日本では「ニュル24時間レース」や「ニュル24耐」といった略称で知られている。2018年は5月12~13日に開催され、スバル/STIは総合62位で完走を果たし、SP3Tクラスでの優勝を獲得しました。


↑↑写真は2018年モデル

この耐久レースには毎年200を超えるチームがエントリーしていて、日本からもTOYOTAやSUBARU等がチームとして参戦。一周25km、高低差300m、約200のコーナーをもつ「緑の地獄」と称される伝説のコースを走るため、ゴールした順位に関わらず完走しただけで賞賛が与えられるんだそう!
過酷なレースゆえのトラブル、それをチーム一丸となって乗り越えるドラマなど毎度見応えがあるそうです。

「結構好きで毎年見ちゃうんです。数少ない日本人ドライバーが健闘する姿には同じ日本人として燃えますし、順位よりもとにかく完走して欲しいという気持ちで見ています」と仰るひらひらひらやんさん。

初めての愛車がレガシィで、現在憧れる車はWRX
でも、今のひらひらひらやんさんにとって一番の相棒はこのプリウス
最初はそこまで好きじゃなかったけど、一緒の時間を共にする中でどんどん好きになっていった
それもある意味、運命の出逢いと言えるのかもしれませんね。
シンプルの中に見え隠れするひらひらひらやんさんらしいカスタム、これからも楽しみにしています♪

alt
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

紳士的な佇まいで、とても丁寧に言葉を選んでお話される姿が印象的だったひらひらひらやんさん。実は前回ご登場頂いたまさ37さんからのご紹介で取材させていただいたのですが、やはり「類は友を呼ぶ」と言いますか、ご家族想いでクルマ愛に溢れた方でした。
マットについての感想も熱く語って頂きとても嬉しかったです。

そしてパーツを購入した時は奥様に気づかれないようこっそり荷物を受け取るという「あるある」をお話してくれたりするお茶目な一面も・・・(* ´艸`)

ひらひらひらやんさん、この度はお暑い中ご協力頂き誠にありがとうございました(^^)
これからも燃費の良いプリウスで沢山お出かけして下さいね~
今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(*^^*)

◆◆◆
そして、今回の記事をもって「#エフボーイ」を探せ!!の連載は終了となります。
1年以上にわたって計12人の方にお会いさせて頂きました。
人の数だけ物語があって、車というものは私が考えていたよりもずっと深く人生に寄り添う存在であるということを教えてもらいました。ご協力して下さった方々に改めて感謝致します。
これまでまでお付き合いいただき、本当にありがとうございました(^^)/~~~

2018年02月20日 イイね!

「#エフボーイ」を探せ‼ #11 

「#エフボーイ」を探せ‼ #11 こんにちは、SNS担当の田上です♫
平昌オリンピック、盛り上がってますね~。私も羽生選手の金メダル獲得の瞬間にはテレビ前で歓喜しました!しかもあの金メダル、冬季五輪の通算1000個目の金メダルだったとICOが発表したことを知り、彼は本物のスターだなと神々しさすら感じる今日この頃…(゚Д゚)ノ

さて、今年最初の「#エフボーイを探せ‼」は奈良県葛城市にある道の駅かつらぎでのインタビュー。
寒くはありましたが晴天に恵まれ幸先よいスタートとなりました♬
今回の#エフボーイさんは、みんカラネーム:まさ37さん(48歳)
早速愛車からご紹介させていただきます(^O^)/

☆TOYOTA/NOAH(ノア)/ホワイト/H27年式
alt

冬空に映える真っ白な車体はピカピカにお手入れされていて
所々にある赤がアクセントとなって主張しています♪
これはまた色々とこだわりのあるお話が伺えそうな予感ですね~( *´艸`)

現在の愛車はオーナー歴3年ですが、昔は2年を待たずに買い替えることも多かったというまさ37さん。まず愛車遍歴について伺ってみました(=゚ω゚)ノ

思い出深い初めての愛車は、20歳前後で購入した日産シルビア/S13

「本当は86(FR)が良かったんですけど、中古でも高くて手が出ない。それで色々探していたらこの車が発売されることになったんです」
1988年のグッドデザイン賞を受賞したシルビアS13。当時大人気で3ヵ月の納車待ちを経てやってきたお気に入りの愛車でしたが…約3年ほどで事故のため廃車に(゚д゚)!

次に選んだのがホンダ/インスパイア
ちょうどその頃は3ナンバーの税金が安くなった時期だったんだそう。
この車には4~5年乗られて、その間にご結婚をされたまさ37さん。
以後の車選びには奥様の意見も取り入れられてきます(=゚ω゚)ノ

次の愛車は日産/ステージア「思っていたより荷物が積めない!」という奥様の意見を反映し、1年半ほどで日産/エルグランドハイウェイスターに乗り換えます。
大きくて快適かと思いきや、ワケあってまたまた2年を待たず乗り換え…
この流れからは意外なんですが、次に購入したのは日産/キューブ!!
しかし。やはりちょっと小さい(笑)というわけで次は大きめの日産/セレナ

「昔はほんと頻繁に乗り換えてばっかりで、車貧乏でした(笑)」
そう仰るだけあって、確かに早いサイクルで乗り換えてらっしゃる感じですね~(*ノωノ)

結局セレナも2年弱で手放し、日産/エルグランドに戻ります。
このエルグランドとは結局13年という長いお付き合いになるのですが、特にどこもいじることなくほぼノーマルの状態で乗り続けていたそうです。
その頃はご本人曰く、車熱が冷めていた時期。

そんなまさ37さんに転機が訪れたのは約3年前。
alt

お気づきかとは思いますが、ここまでの車歴ほぼ全てが日産車。しかもステージア以降ずっと同じ営業担当の方から購入していたんだそう。しかし、その方が退職されたのをきっかけに別のメーカーも検討しようと近くにあったディーラーへ。
NOAH・VOXY・CX-5と迷った結果、やはりここでも奥様の意見を取り入れて現在の愛車”NOAH”の購入を決めます。初のTOYOTA車。

お子様も成長し時間の余裕も出てきたので、久しぶりにちょっと車いじりでもしてみようかな~という気持ちになったまさ37さん。

「初めはルームランプとか、細かいエクステリアを変えてみようかなというところから。どんなものが良いかを調べる為にみんカラに登録したのが2015年の4月です」

カスタムの参考になればと始めた”みんカラ”(カーライフを楽しむ方が集まるSNS)のおかげで、いつしか忘れていたクルマ熱は再燃。
奥様の顔色を伺いながらも、時間があれば車いじりに没頭する日々( *´艸`)

そのうち仲の良いみん友さんも出来て、実際に会う機会も増えてゆきます。
車が好きな人達と過ごす楽しい時間(*´▽`*)そんな中でグループを結成しよう!という動きが。それぞれ家庭や仕事があるので、無理なく集まりたいときに集まれるようなスタンスでとスタートしたのが2015年の秋頃。結成時のメンバーは5人。

チーム名は☆N-V-E Owner's Ranger☆

alt

「たまたま5人からスタートしたので、グループ名はゴレンジャーにちなんで付けました。僕が赤好きなので他のみんなから『リーダーと言えば赤でしょ~。というわけでリーダーお願いね(笑)』と言われちゃったので、そこからリーダーやらせてもらってます」

現在の参加メンバー数はなんと190人!!
NOAH・VOXY・ESQUIREのオーナーさん限定ですが、北海道から沖縄までメンバーさんがいて、年代も10代~50代と幅広いんだそう♬
オフ会は年に3~4回ほど開催しているとのことですが、実際に大きなチームを運営するというのはどんな感じですか??と聞いてみたところ

「運営していく中で大変なこともありますが、皆さん本当に良い人ばかりなので楽しいです!過去には関東・東海・北陸・中国・四国・九州など遠方からオフ会に参加してくれた人もいらっしゃいました(*^^*)遠いので帰りが心配でしたが、無事でよかったです。参加してくれる方の安全面については常に気にしています。家に帰るまでがオフ会ですからね。」

というお答えが。
そして、こんな素敵なお話も(=゚ω゚)ノ

仕事柄、他府県に行くことが多いまさ37さん。
出張先をSNSで発信すると、その土地のメンバーさんが集まってくれてご飯を食べたり車の話をしたりするんだそう!プチオフ会みたいでとっても楽しそうですね~( *´艸`)
出張の時に普段会えないメンバーさんと会えることがひとつの楽しみになっているだなんて、羨ましい

「仕事で他県に行った時にも会いたいと言ってくれる人がいるのが嬉しいですね(*^^*)」

お話を聞いているだけでも本当に楽しそう!人望の厚さが伺えるエピソードですね。
仕事や遠方の為オフ会に来れない人たちに向けてのプレゼント企画なんかもあるそうです。本当にメンバーさん想いだというのが伝わってきます。


ちなみに、チーム結成時のエピソードでも出てきましたがまさ37さんは大の赤好き!
というわけで愛車のこだわりポイントも勿論 赤!!
はじめは外装を赤/内装を青にしようと思っていたそうなんですが、ハンドルを赤に変えたことをきっかけにオール赤で揃えようと決意。

alt
仰る通り、ドアを開けると目に入ってくるのはほぼ赤色!!
パネル部分はメンバーさんにスプレー缶で塗装してもらったんだそう♬
美しい仕上がりです。細かい部分までバッチリ(*'▽')

alt
フロアマットも勿論赤をチョイス。弊社の製品をご愛用頂いています(=゚ω゚)ノ
生地はプレミアムのダークレッド/オーバーロックとステッチは黒

「とにかくフィッティングが抜群です。プレミアムなので踏み心地も良いですし、気に入ってます!」

と、嬉しいお言葉(*^^*)赤のマットということでちょっと冒険した感じになるかなぁ…と思っていたそうなのですが、実際にセットしてみると落ち着いた赤だったので全然違和感なく使って頂けているんだそう。内装ともベストマッチです♫
alt


その他のこだわりカスタムもご紹介してゆきますね(=゚ω゚)ノ

alt
リア部分。マフラーは4本出しでM'zSPEEDのもの
ディフューザーはもともとつや消しの黒一色だったのですが、みん友さんに色を塗ってもらい見事なツートンカラーに!!

alt
フロントのフラップスポイラーはシックスセンス
アルミメッシュやナンバーボルト等、細かいところまで赤で揃えているあたり、流石です!

alt
こちらは「みんカラを参考にやってみた」というドアの内張の細い赤ライン。
手芸屋さんなどで売っている市販のバイアステープを隙間に埋め込んだものなんだそう。
まるで最初からこうだったかのような出来栄えですが、こんな風に
車用として販売されているアイテム以外のものを上手く使ってカスタムするのが面白い♪
と仰るまさ37さん。みんカラからヒントを得たり、そこからインスパイアされることも多いということですが、まさに発想の転換ですよね(=゚ω゚)ノ 

カスタム時の注意点としては、奥様も運転される機会が多いので
大きく車高は下げず、標準に近い形をできるだけキープしながら細かくカスタマイズする
というのもポイントなんだそう。やっぱり、奥様想いなんですね( *´艸`)
(※綿密にいうとG’sのサスが入っているので2㎝ほど車高は下がっています)

こういったカスタムの内容をみんカラで随時更新されているまさ37さん。
写真も文章もとてもわかりやすいので、これは参考にされる方も多いのでは??と思うような内容だったのですが、案の定。過去にアップしたカスタムについて「真似していいですかー??」という方がいらっしゃったことも(=゚ω゚)ノ

ちなみにOakley(オークリー)のサングラスにハマっていた時期にはそれについてのブログを書いていて、その時も同じようにコメントをくれる人がいたり、直接会ったり、繋がったりしていたというまさ37さん。ありそうで、なかなかないお話ですよね。
共通の好きがあるからこその出逢い」その繋がりは今も大切にされているんだそう。


自分の好きを発信することで繋がりが出来て
どんどんその輪が拡がってゆく


まさ37さんから感じたキーワードは求心力」&「発信力
自然に人が集まってくるような、そんな魅力を持った方。
これからもこだわりの詰まったカスタム、そしてグループのリーダーとしてのご活躍を心より楽しみにしております(^O^)/
alt

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

初対面にも関わらず、絶妙に話しやすい空気感でその場を和ませてくださったまさ37さん。
本当に人当たりの良い方で、元々はずっと接客業をしていたというのも頷けます♪

「カメラや時計にハマったこともありましたが、今は車にどっぷりです!(^^)!」

カスタムって無限大ですもんね!終わりないですよね~どこまでいきます??(一同笑)
なんて言いながら、車の話は勿論のこと、ご家族の話やみん友さん、メンバーさんのお話をされる時の嬉しそうな表情がとても印象的でした。

まさ37さん、この度はお忙しい中お時間を作って頂き本当にありがとうございました(*^^*)これからもご家族やお仲間を大切に楽しいカーライフを満喫してくださいね♬
さて次はどんな#エフボーイさんにお逢いできるでしょうか?
今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました(*^^*)
関連情報URL : http://fjcraft.net/
2017年12月05日 イイね!

#エフボーイを探せ「FJCRAFT×和楽コラボオフ会編②」

#エフボーイを探せ「FJCRAFT&#215;和楽コラボオフ会編②」

こんにちは、SNS担当の田上です♫

先週末は冬を忘れてしまいそうな程の暖かさだったのに、また急に寒くなりましたね(泣)

こまめな水分補給と手洗いを意識して、風邪をひかずにいたいものです。


さて、今年の3月からスタートしたこの企画ですが、早いもので今回で10回目!!

そんな今年ラストの「#エフボーイを探せ‼」は前回に引き続きオフ会編②としてお届けしたいと思います(^O^)/





オフ会編、二人目の#エフボーイさんは @hide@さん(47歳)

まずは愛車からご紹介させて頂きます(=゚ω゚)ノ


★マツダ/NCロードスター/平成23年式/パールホワイト

alt

真っ白なロードスター

爽やかな印象でスポーティさがより際立ちますね~♬

楽しいクルマを求めて辿り着いた@hide@さんのお気に入りの愛車について

色々とお話を伺ってみました(=゚ω゚)ノ


まず、免許を取得して初めて乗った車はスターレット、次がセリカ

速く走れる感じのクルマですね!!

ところが、だんだんバス釣りやスノボの方に興味が移ってゆき…

車熱が冷めていた時期は実用性重視でパジェロステップワゴンに乗っていたんだそう(/・ω・)/


そんな@hide@さんが久しぶりに興味を持った車が

2012年11月発売のホンダ/N-ONE


あまり大きい車も必要ないことが分かったし、何より面白そう!ということで購入。

しばらく楽しんで乗っていたそうなのですが、CVTのエンジンがちょっと物足りなく感じるようになってきた@hide@さん。

こんな想いが沸き上がってきました。


ここ数年また盛り上がってきたクルマ熱を満足してくれるような車に乗りたい!!


乗るなら楽しいクルマ♬

自分でギアチェンジをしていい感じに走る車

そして決めてはオープンカー!オープンカーに乗りたい!

そんな想いで選んだのが現在の愛車であるロードスター(^^♪


3年前に購入したそうですが、お気に入りのポイントはやはり走りの面

リア駆動の車は乗ってて楽しい!!


そんな@hide@さんの愛車はこだわりのカスタムが沢山(=゚ω゚)ノ

まずはこちらのBBSのホイルですが、@hide@さん曰く


出てそうで 出てないようで 実は出てるホイル(笑)


alt


仰るとおり絶妙~~な出具合ですね( *´艸`)

それにしても、ホイルがとっても美しい!!

こちらはご自分でペーパーで磨きあげ、ピカピカにしたんだそうです!

内側のディスク面もバラして色を塗り替えているなんてもはやプロの仕事!


しかし、私がもっと驚いたのはこちら


alt


お気づきの方いらっしゃるでしょうか…

実はこの車のフロント部分には、あるはずのアレがついていないんです…


恥ずかしながら@hide@さんに教えて頂くまでさっぱり気付いていなかったのですが

「マツダ」のエンブレムが忽然と消えているんです(゚д゚)!


どうやって消したかというと


エンブレム部分をくりぬいて

裏側からFRPを当てて埋め

その部分にバンパーと同じ色を塗装するという作業


かかった時間は約3日!!

「3日もかかりました」とは仰いますが、普通の人はこんなことできませんよね?!

と聞いてみたら、お仕事は板金屋さんだそうで。やっぱり!!と納得。

素人ではこうはいきません。流石の出来栄えですよね('ω')ノ


alt


内装に関しても細かいこだわりが光っています。まずは赤で統一したステッチ部分。


ハンドルを変えたらステッチが赤だったので、そこから車内のステッチを赤にしだしたということですが、こちらはなんと自作。シフトノブの部分はミシンで縫製してもらったそうですが、サイドブレーキの部分はご自身で手縫いというこだわり(゚д゚)!

迷彩のサイドブレーキブーツも自作!まるで既製品のようです。


本当に、車好きの方ってなんでも自分で作っちゃいますよね??

イメージを形にする能力に長けているというか…

いつも、すごいなぁ~と驚かされてばかりです( ゚Д゚)


alt


ご愛用頂いている弊社のフロアマットも、車内のアクセントカラーの赤に合わせて

スクエアグレー赤のオーバーロックでカスタマイズ♬

今までのフロアマットはチェック柄だったので、変化を求めて選んだ柄ということですが

インテリアとのマッチングがさすがですね~


特に喜んで頂いているのがヒールパッド(^O^)/


以前ご使用だったメーカーさんのものは位置が悪く引っ掛かりがあったそうなのですが

弊社の場合はヒールパッドもカスタマイズが可能なので、サイズをワイドに変更して

少し左にずらしたんだそう

そうする事で使用感がとても良く、運転しやすくなったというご感想( *´艸`)

@hide@さんのようにワイドに変更される方も多いですね~♬


そして、珍しいなぁと思ったのがこちら


alt


なんだと思いますか??実はこれ、ハワイの車検証なんです!

もう有効期限は切れているんですが、本物。現地で販売されているものを、ご友人に買ってきてもらい、ポイントとして貼っているんだそう。可愛いですよね~♪

その方はステッカー関連のお仕事をされていて、@hide@さんの車にはオリジナルの作品が


alt
alt


ロードスターの文字も、サムズアップのサインも愛車とよくマッチしていますね♬

@hide@さんの雰囲気にもぴったりです(=゚ω゚)ノ


「車高が低いから洗車の時に脚立を使う必要がなくなって楽になりました!」


きっと、マメに洗ってしっかりと手入れされているんだなというのが伝わる愛車

良きパートナーとして末永く、これからもどんどん@hide@さん色に染めていってくださいね( *´艸`)♡


alt


いきなりの取材依頼にも関わらず、快く対応頂いた@hide@さん

笑顔が印象的でとっても気さくな方!!素人の私にもわかりやすいように親切に説明してくださいました。

色々とご協力して頂き、本当にありがとうございました(*^^*)


車を通して繋がることのできたご縁に感謝して、これからもどうぞ宜しくお願いします♬





初の試みでお届けしました「オフ会編②」いかがでしたか??


当日に取材を受けてくださる人を二人見つけるというミッションで時間も限られていた為、必死の形相だったのですが…無事に終えることができてホッとしています(*´ω`)

記事を書いているとまるであの日の事が昨日の事にように思いだせるくらい、私にとって思い出深い時間でした。

そんな初めてのオフ会で取材をさせて頂いたtakumi+さんと@hide@さんに、改めて感謝の気持ちでいっぱいです(*ノωノ)

そして今年一年、取材をさせて頂いた皆様にも、改めてありがとうございました!!


2018年も沢山の#エフボーイさんにお会いできることを楽しみにしています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました(*^^*)


2017年11月20日 イイね!

#エフボーイを探せ!「FJCRAFT×和楽コラボオフ会編①」

#エフボーイを探せ!「FJCRAFT&#215;和楽コラボオフ会編①」こんにちは、SNS担当の田上です♫

先日「FJCRAFT×和楽コラボ企画◆第1回◆ドレコン FJCRAFT杯」が開催され、初のオフ会というものを体験させて頂きました(=゚ω゚)ノ
ずらーーーっと並ぶ色んなクルマ!!
そして沢山の人人人!!!とっても楽しく、刺激的な体験でした♬

参加者さんの中には、弊社のフロアマットを愛用して下さっている方もチラホラ・・・
「せっかくなのでお話をお伺いしたい!」ということで、突然の取材交渉の末、お二人の方にご協力を頂けました(*^^*)

というわけで、今回は「#エフボーイを探せ!!オフ会編」と題しまして
いつもより少しタイトなバージョンでお届けしたいと思います(^O^)/

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

まず一人目の#エフボーイさんは takumi+さん(47歳)
早速愛車をご紹介したいと思います(=゚ω゚)ノ

★日産/フェアレディZ34Roadster/平成21年式/プレミアムディープマルーン



美しい曲線美、シックでお洒落なボディカラー
大人のためのスポーツカーという雰囲気を感じます( *´艸`)
takumi+さんにとって「20年ぶりのスポーツカー」というこちらの愛車ですが、まずはこれまでの愛車遍歴をお伺いしてみたいと思います(=゚ω゚)ノ

初めて乗った車はTOYOTA/セリカXX
その後スキーやスノボ、ウェイクボードなどのマリンスポーツに夢中だった頃には
ランドクルーザープラドハイエースバンランドクルーザー100と乗り継ぎます
その後、アウトドアスポーツからちょっと離れて、温泉ドライブに出かける事が多くなった頃からはハイエース200系ヴェルファイアと続くのですが…
こうして過去の愛車を並べてみるとサイズの大きい車種が多いことに気づきます(゚д゚)!

実はtakumi+さん、身長190㎝とかなりの高身長な方!!
となるとクルマ選びの際には、サイズ感も大切な要素となってきますよね。

そんなtakumi+さんですが、元々スポーツカーも大好きで
心の片隅に「いつかオープンカーに乗ってみたい」という想いがあったんだそう。
そんな憧れを叶えるきっかけをくれたのは、1台のある車との運命的な出会いでした。



takumi+さんの現在の愛車フェアレディZ34Roadsterが発表されたのは2009年秋
前述したようにその頃はご友人達と温泉ドライブを楽しんでいた頃♫

当初は「カッコいい車だけど、今の自分には必要ないな」と思っていたんだそうです。
しかし、その想いはある出来事で一変します。
発売開始直後のある日、偶然街を走るZ34Roadsterを見かけたtakumi+さん
その姿に一瞬で心を奪われました。そしてこう思ったんだそうです。

これに乗りたい!

…とは言っても高価な車両。新車は諦め3年後に車検を迎える車両を狙おうと考えました。
2年後あたりから中古車情報サイト等で探すも、出展車両が非常に少なく、寝落ちもしていない。その時初めて販売台数の少ない車両だと知ったんだそうです。

なかなか予算内で程度の良いものに出会えないまま当時所有していた車両の車検が迫り、もう車検を通してこのまま乗り続けようか…と思っていた時、仕事中に通りかかった中古車販売店でボルドー色の幌のZ34Roadsterを発見!!

展示スペースに置いていなかった為スルーしましたが、どうしても気になったので仕事を終え自宅に帰ってから、車を1時間ほど飛ばしてそのお店に。
早速店長さんに伺うと「買取で入ったばかりで掃除もしていないけど売り物です」との事!

内装、幌はボルドー色で内外装極上。
とても状態が良く、少しだけ予算はオーバーしましたがほぼ即決で購入を決められたんだそう( *´艸`)
元のオーナーが店長さんの知り合いという事で、保管状況やメンテナンスの状態も知る事ができたのも良かったのですが、なんとナンバープレートには見覚えのある数字の羅列が…!!

もしやと思って前オーナーの方の人物像を聞いてみたところ、あの時見た時の光景と同じ!
なんとそれは最初に街で見かけて心奪われたあのZ34Roadsterだったんです!
とっても素敵なエピソードですよね…(*ノωノ)
まさに運命と呼ぶにふさわしい出会い。
takumi+さんの強い気持ちが引き寄せたご縁なんだと思います。



そんな不思議な出会いで約5年前からセカンドオーナーとなったこちらの愛車
北米でも発売されている仕様なので、高身長のtakumi+さんにも丁度良いサイズ感♫

お気に入りのポイントはやはり「一目惚れしたこの形
カッコ良さと上品さ、その両方を兼ね備えたデザインですよね。
日本に約800台ほどしかないので、あまり同じクルマに出会わない所も気に入ってるんだそうです。
個人的にはこの珍しい色がとても素敵だなぁと思いました(´艸`*)



シートと幌はボルドーです。落ち着いた配色がたまりません。

ご愛用頂いているフロアマットは人気のアーバンシリーズ
アーバンレッドにオプションでオーバーロック、ヒールパッドをブラウンに変更。
ブラウンを入れることで落ち着いた配色になり、車体や内装との統一感もバッチリ♫
ステッチのレッドもいい感じに馴染んでいます。

こうして拝見すると、フロアマットも車内の雰囲気づくりに一役買っていることがよくわかります。



使い心地について伺うと、特にヒールパッドについて
滑らない、運転しやすい、安心して使える」等の嬉しいご感想を頂きました。

「ヒールパッドがあることでマットの消耗も防げるし、あるとないとでは品質に差が出ますよね」というお声も。
特にtakumi+さんのようにドライブに出かけることが多く、長時間運転される方はその重要性をよくご存じなので、実体験からのご感想はとても参考になり、有難いです(*´ω`*)



ちなみにtakumi+さんは名古屋在住の方

私が「名古屋から来てくださったんですか?!」とびっくりしていると

「先月は(和楽のオフ会で)龍神まで行きました。和歌山、奈良は最近よく来てます」とのお返事。
この日は往復で約450㎞、前回は約670㎞!さらっと仰いますが、なかなかの距離ですよね(゚д゚)!運転がお好きだと疲れ方も違うんでしょうか??私は苦手な方なので、本当に羨ましいです(/ω\)

前は年間走行距離2000㎞くらいだったんですが、去年の5月にみんからを始めて25000㎞くらいになりました

2000㎞が25000㎞???
なんと驚異的な増え方なんでしょう!!
しかも愛車に乗るのは週末のみというんですから更に驚きです( ゚Д゚)
みんからに参加してからオフ会、特に遠乗りやツーリングに出かける機会が増えたことで
月に3回ほどは1回の走行で約400㎞くらいのロングドライブとなるんだそう



お気に入りスポットは奈良の月ケ瀬周辺。
ろぐ空(からっぽ)やカフェセブンがお好きなんだそう♫
インタビュー中にお仲間の方が教えてくれたのですが、オフ会が遠方の場合は集合時間に間に合うよう起床がAM3:30になることも。なんて早起き!!
この日もかなりの早朝出発だったそうですが、一切疲れを感じさせない辺り、流石です!!

takumi+さんにとって沢山の出会いをもたらしてくれているZ34Roadster
これからも愛車と共に素敵なカーライフを送っていかれるんでしょうね(^^♪



突然の取材に最初は少し戸惑っておられましたが、一つずつ丁寧にお話して下さったtakumi+さん。
少しシャイだけど、とても懐の深い方だなぁという印象を受けました。
この度は半ば強引にお願いしてしまったにも関わらず、色々とご協力して頂き、本当にありがとうございました(^^♪

車を通して繋がることのできたご縁に感謝して、これからもどうぞ宜しくお願いします(*^^*)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

さて、初の「オフ会編」いかがでしたでしょうか??
いつものインタビューよりもかなり短い時間ではありましたが、ワイワイとした雰囲気の中で楽しくお話を伺うことができました(^^♪
貴重な時間をくださったこと、本当に感謝しています。

次回はオフ会編②をお届けしたいと思います。
今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました(*´ω`*)
2017年10月30日 イイね!

「#エフボーイ」を探せ!! #8

「#エフボーイ」を探せ!! #8
こんにちは(=゚ω゚)ノ SNSの田上です。
10月もあと二日となりましたが、本当に今月はよく雨が降りました。
台風の上陸もあり、身近な所からも被害の声を聞いたり…来月は穏やかに過ごせることを祈ります(*ノωノ)

さて、今回はちょっぴり曇り空の下、京奈和道かつらぎ西PAで待ち合わせてのインタビューとなりました。


今回で8人目となる「#エフボーイ」さんは アキぷりさん(34歳)
早速愛車をご紹介したいと思います(^O^)/

★レクサス/CT200h/ホワイトパールクリスタルシャイン/2011年式



美しいボディ!!
「綺麗な白ですね~(^^♪」という私の一言を聞いて

「通常の”TOYOTAの白”はカラー番号070なんですけど、このレクサスはカラー番号が077(現行モデルのホワイト系は083、085)なんです。塗装に厚みがある分美しい発色が叶うと言われています。ちなみにこのホワイトパールクリスタルシャインは現行ではもうないカラーです」



レクサスならではの独特の艶と輝きを放つ白のワケはそこだったんですね~φ(..)メモメモ

こんな風に専門的かつ解りやすい説明をしてくださるアキぷりさん
会話の内容からもクルマLOVE♡のオーラがひしひしと伝わる感じの方なのですが
小さい頃から本当に、車というものが大好きだったんだそう( *´艸`)

「近所に大きめの交通公園があって、そこでゴーカートに乗るのが大好きやったみたいです」

お父さんに運転をしてもらってはいつも隣で嬉しそうに手を振っていた幼少期
小学校になるとお父さんに車雑誌をおねだりするコアな少年に成長(=゚ω゚)ノ
「OPTION」という雑誌を熱心に読みふけっては、お父さんに驚かれたんだそうです。



そして小学校3年生の夏休み。鈴鹿サーキットに連れていってもらったことがきっかけで
本格的にゴーカートにハマります。以後、卒業まで夏休みは毎年鈴鹿へ。
その頃から特にスポーツカーに興味を持つようになり、順調にクルマ大好き少年として成長('ω')ノ

そんなアキぷりさん。車選びにはいつも明確な決め手がありました。
まず、免許を取って初めて乗った思い出の車はトヨタMR2
この車に乗ろうと決めたのは、中学生の頃。
塾の先生が乗ってきたMR2を見た時、初めて間近で見たスポーツカーにとっても興奮したアキぷりさん。その時「免許を取ったらこれに乗る!」と決意されたんだそうです。

自動車学校に通う前から中古車探しを行い、免許取得前にフライングで車を納車!
その1か月後に無事免許を取得し、念願のスポーツカーデビューを果たします( *´艸`)
しかし・・・ミッションが壊れてしまい1年弱で手放すことに(涙)

時は流れ、社会人を目前に次の車を購入。
レガシー、アコード、アテンザで迷った結果、一番スタイルが好みかつ周りに乗っている人がいないマツダアテンザスポーツに決定♫
スポーティでツーリングが楽しめる点がお気に入りで9年間大切に乗られていたのですが
ハイオクということもあり、ちょっと燃費が…(/ω\)

というわけで、結婚&娘さんの誕生をきっかけに乗り換えを検討します
自分のこだわりを貫きたいけれど、奥さんの意見も尊重したいということで
燃費の事を考えつつ、走りのことも考えてセレクトしたのがトヨタプリウスG’s
(そういえば最近トヨタが新ブランドを立ち上げたりもしましたね~)
こちらも気に入って乗っていたのですが、訳あって1年11ヵ月という期間で手放すことに( ゚Д゚)

・・・実はアキぷりさん、幼い頃に大病をして入院・手術の経験があったのですが、プリウス時代にまた同じ箇所を患い入院治療をよぎなくされました
「治療が遅ければ命を落としていた」お医者様からそう言われた時、こう思ったんだそうです

「これで死んだら悔いが残る。今の車は買って間もないけど…やっぱり自分が乗りたい車に乗る!でないと死にきれない!!」

ベンツ、AUDI、BMW、そしてレクサス。いつかこのどれかに乗りたい!
長年胸に抱きながらも実現できていなかった想い。
その想いを叶えるべく、退院後半年で今の愛車レクサスCTを購入します(*´ω`*)

「Cセグメントのサイズ感が好き」ということで
ベンツだったらAシリーズ、AUDIだったらA3、BMWだったら1シリーズ
と、候補も色々ありましたが、内装がしっくりきたのが決め手だったそう



「黒×赤」この2色の組み合わせが大好きなアキぷりさん
シートは元々この配色だったので、それに合わせて他もカスタム
フロアマットも勿論この組み合わせ♫有難いことに先日オーダー頂いたものです。

こちらは新発売の「ドライブブラック」
※商品ページのデザインが決まっていない為HP上に掲載できておりませんが、お問い合わせ頂ければ製作は可能です

単色で高低差をつけた立体感のあるループ織りが特徴。スポーティな印象で今後人気が出そうな予感♬
ヒールパッドとオーバーロックのレッドが効いてます!
ご使用頂いた感想としては、見た目、使い心地、共にご満足いただけているようで、有難いです(=゚ω゚)ノ
特にヒールパッド!純正にはなかったので嬉しいと仰ってくださいました。

何か希望があるとしたら??という質問にはやはり
「オリジナルのロゴや車の名前を入れられるようになったら嬉しいです」とのお声
クルマ好きの皆様、思うことは同じなんですね~( *´艸`)



インテリア・内装にこだわるというアキぷりさん
ドアの内側部分にアルカンターラ調のシートを貼ってカスタマイズ
肘置きの部分なんかにも。自分の手が触れる所に貼っているんだそうです('ω')ノ
ちなみにミラーはレクサスLSのカバーを流用してらっしゃいます



オーディオのボリュームのつまみ部分を変えていたり、シフトノブは現行モデルのものに変えていたり…パッと見ただけではわからないくらい細かいカスタムですが、そこがアキぷりさん流♫
少しずつ自分好みに仕上げていっているんだそう

「内装以外にどこかカスタムしている所はあるんですか??」と伺うと
「顔面です」とのお答え

が、、、がんめん???

なんと。このお顔。実は顔面ごと付け替えているんです(゚Д゚)ノ
当時の現行モデルの顔が気に入ったので、思い切ってチェンジしたんだそう!!


そんな事が出来るということにまず驚いたのですが、形状が合えば可能なんだそうです。



ちなみにこの写真は元のお顔。比較で並べてみました
顔を取り換えるだけでこんなにも印象が変わるんですね~( ゚Д゚)
フロントの表情は車の雰囲気を大きく左右するんだということがよくわかります。
ちなみに後ろ姿はこんな感じ。



ちょうど取材直前に新調したリアスカートがこれまたいい感じです(^^♪



「車に乗っている時は内装が目につくでしょう?だから内装にこだわりたい。車から降りた時は、振り返って見たくなるような車にしたい」

好きなもの、好みのスタイルが明確なアキぷりさん
パッと見た時に「こうしたい!」「こっちの方がいい!」と感じたら
そのインスピレーションに正直に従うんだそう(=゚ω゚)ノ 

自分の中に確固たるイメージがあるからこそ、思い描く理想像を追求することができるんでしょうね。そんなアキぷりさんが目指すカスタムは

できる限り純正の形は崩さず シンプルかつさりげないカスタム

「しれーーーっと、さらっとカスタムするのが好き」とのことですが
仰る意味、とてもよく解る気がします。「十人十色」とはよく言ったもので、クルマの数だけカスタムあり。色んな人にお会いしましたが、その方の個性?というか、性格が出るような気がします。

ちなみに車だけに限らず、洋服を選ぶ時もシンプルなテイストがお好みなんだそう
定番アイテムはジャケットで真夏以外は着るそうです。そういうマイルールがあるのも自分のスタイルが確立されているからこそですね♫

ドライブ、食べること、甘いもの、温泉、読書や絵画鑑賞が好きと仰るアキぷりさん( *´艸`)

基本的に休日はご家族でランチに出掛けたり、公園で思いっきり遊んだりですが
思いがけず一人の時間ができた時は愛車でドライブに出かけるんだそうです♬
まずは食べたいもの探し!行く場所が決まったら周辺の温泉地をリサーチ!!
それをもとにルートを組むんだそう♫大人の休日って感じですね( *´艸`)

お気に入りのドライブスポットは高野山の龍神スカイライン界隈
「ゆず夢」さんのカレーライスが絶品なんだそう
大好物の赤福餅はもちろん伊勢まで食べにいっちゃいます♬せっかくなら本場で食べたいですもんね(=゚ω゚)ノ

せっかくなら本場で、、、といえば
アキぷりさんの一番好きな絵画は ボッティチェリ「プリマヴェーラ」



ルネサンス期を代表する名画で、日本では「春」というタイトルで親しまれています。
フィレンツェのウフィツィ美術館に所蔵されているのですが、なんとアキぷりさん、現地に行って実物を観てきたんだそう!!
新婚旅行のついで…ということですが、なんとも羨ましい…(*ノωノ)
きっと生涯忘れられない思い出になったでしょうね。

色々とお話を伺った中でも特に印象に残ったのは人生観について
ご自身の命の危機に直面したことで、あらゆる価値観が大きく変わったんだそう

「人生、楽しむことが大事だなぁと思います。仕事でもなんでも。その場その場を楽しむ。楽しみたい。でないと時間が勿体ないって思うんです」

そう仰る表情はとても穏やかで、日々の暮らしの中で忘れがちな大切なことに気づかせてもらえたような、そんな気がしました。

「my favorite」がはっきりしていて、揺るがない
時間をかけて、タイミングを見計らって、確実に自分の好きを形にしていく
万人の最上を追い求めるのでなく、自分にとっての最上を選ぶことができる審美眼
これからもアキぷりさんらしく、日々を大切に人生を謳歌していかれるのでしょう( *´艸`)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お会いした時は、とにかく物腰の柔らかい方で少しシャイな印象を受けましたが
実際にお話ししてみると芯が強く情熱的な一面を感じさせる。
そしてクルマに限らず好きなものに対する愛情が滲み出ている、そんな方でした。

「色々試したいとは思うけれど、結局元々好きな所に戻ってきてしまうんです(^^♪」

憧れのスポーツカーはマクラーレン650S
でも、やっぱり自分で手をかけた愛車が一番(^O^)/

「大事にまだまだ乗ります。手放さずずっとガレージに置いておきたい(笑)」

アキぷりさん、この度はお忙しい中ご協力頂き誠に有難うございました(*^-^*)
どうぞお身体には気をつけてくださいね(*^^*)
次はどんな「#エフボーイ」さんにお会いできるでしょうか?とても楽しみです。
今日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「へっぽこアウトドア部★#3 http://cvw.jp/b/2596361/42958461/
何シテル?   06/14 15:51
FJ CRAFTのSNS担当です(^^) 車関係初心者ですが、皆さんのブログを拝見しかなり勉強させていただいてます(*´ω`*) MADE IN W...

ユーザー内検索

<< 2019/6 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

愛車一覧

ミニ MINI Clubman ミニ MINI Clubman
ミニ 専用フロア&ラゲッジマット絶賛販売中です(^o^)!
アウディ A6アバント (ワゴン) アウディ A6アバント (ワゴン)
品格と実用性を兼ね備えたプレミアムワゴン(^^)
トヨタ ルーミーカスタム トヨタ ルーミーカスタム
家族みんなが楽しめる定番スタイルがいぃーですね(*‘∀‘)
ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター ランボルギーニ アヴェンタドール ロードスター
爽快な解放感が魅力です(*^-^*)
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.