• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2019年01月26日

あらためまして自己紹介 - パート3 - お仕事編

あらためまして自己紹介 - パート3 - お仕事編 フォロー制度に変わり、「みん友」さんができてしまったので始めた
「あらためまして自己紹介」シリーズ(いつからシリーズになった?)

あらためまして自己紹介
あらためまして自己紹介 - パート2 - カメラ編
に続くパート3「お仕事編」です。


こんなもんアップする予定は無かったのですが、昨日のNHKラジオ「すっぴん!」で『男の!ヤバすぎバイト列伝』が取り上げられておりましてね。それを聴いていたら過去のアルバイトを含む仕事ネタを色々思い出したので書いてみました。

挿絵のイラストとか写真は、Googleで「その仕事」の名前を画像検索して表示されたものを並べただけです。




生まれて初めてアルバイトをしたのは、JR稲毛駅の近くにあった『イトーヨーカドー』でした。今はマルエツになっていますね。
1981年。穴川までチャリンコ通学をしていた高校時代です。

加工食品コーナーで缶詰やら乾物やらカップ麺、お菓子などを補充して綺麗に並べるお仕事をしておりました。
帰りがけに従業員用の出入り口に並べられた売れ残りの惣菜を持って帰るのが日課でした。

私を担当していた人が、めっちゃ怖いヤンキー上がりのような社員でしてね。
丁寧に教えるどころか怒鳴り散らして、私が失敗でもしようものなら人格を全否定させる勢いでボロクソに言われ……でも、半年経ったあたりかなぁ、その人とも職場とも馴染んじゃって、すっかり「加工食品売り場の男」になっていたような気がします。





同じく稲毛駅近くの家電屋さんで、チラシ配り要員を募集していたので友人と一緒にやりました。
『ラオックス稲毛店』です。
1983年当時、この場所にあったんですけどねー 今は面影ありませんね。

ちなみにこの友人は、高校卒業後に『ラオックス』に入社して、アキバの「ザ・コン」で働いておりました。
今はだいぶ経営状況が変わってしまいましたが、彼、何をしているのかなぁ。





私は高校卒業後に東武動物公園そばにある某工業大学に通っていました。ゲームソフトを作っては投稿して原稿料と印税でパソコンやソフト開発環境をバージョンアップ…なんていう生活をしていたので、受験勉強なんか一度もしたことありませんが、推薦してくれるそうなので甘えちゃいました。放課後に先生方を集めてパソコン講座を開いてあげたのが奏功したのかもしれません。人生なめてますね。(笑)

んで、夏休みとか冬休みの間は家電の配送センターで倉庫番のバイトをしておりました。
『ラオックス配送センター』
上のチラシ配りのバイト繋がりで「やってみない?」と言われ、軽い気持ちで始めました。
1984年の話です。

これがまた重労働でしてねー
でっかいブラウン管テレビとかスピーカーとか冷蔵庫とか、かなり重いんですが、それを受注伝票見ながら倉庫の所定の場所から持ってきてトラックに積み込むお仕事です。
パレットまで運んで、後はフォークリフトで…ということもありましたが、ほとんど担いで手で積み込みましたね。
配送助手が足りないときは、一緒にトラックに乗って、配達先の家で冷蔵庫などの設置作業をしたりしてね。
当時の逆三角形の体型はその時に作られ、腹にカニさんまで飼っておりましたが、今はマシュマロマンしか住んでおりません。

翌年にまた同じ場所でバイトしたんですけどね。
職場の皆さんからは「このバイトを2年続けてやろうなんていう奴は初めて見たよ(笑)」と言われ、可愛がってもらいました。

タバコを覚えたのも、ココでしたねー
休憩の時に、キャビンマイルドを1本もらって思いっきり吸い込んだらうまいのなんのって。
ヘビースモーカー誕生の瞬間でした。(今は禁煙 17年と 69日目です)





場所は「南行徳」で、今はオートバックスに変わっちゃいました。

休憩時間にフォークリフトで、パレットを移動する時間を競うゲームなんかをやってましてね。あ、これ言っちゃいけないのかなぁ…。私もちょっとやらせてもらいましたよ。片手でハンドルをクルクル回しながら移動して、割と早くできるようになったっけ。

くわえタバコで倉庫番している姿も板につき、ランチは皆で隣の中華屋へなだれ込み、「いつものね!」と言うと、「たまごチャーハン大盛り」が出てくる。
楽しかったなぁ。





稲毛から東武動物公園まで毎日通うのが面倒くさくなり、大学の近くにアパートを借りて念願の一人暮らしを始めました。
高校卒業後、すぐに家を飛び出したかったのですが、いろいろ難しくて……。

当時のアルバイトは上の配送センターを含めれば四つほどやっておりました。
メインは工学社の『I/O』というコンピュータ雑誌の編集部でした。高校時代からプログラムを投稿していた雑誌です。
「I/Oエンジンルーム」と言って、雑誌の原稿を書いたり、掲載するプログラムを作ったりして、代々木のタコ部屋に入り浸ってゲーム開発を続けました。

その後、担当の人が他社に移籍した関係で、私も一緒にくっついて行きました。
ラッセル社の『PCマガジン』という雑誌の編集部です。
取材に出かけたり原稿を書いたりプログラムを作ったり……という仕事内容は同じです。

この担当の方とはその後も長い付き合いになりましてね。一回目の結婚式(^-^; にも出席してもらったし、人生のどん底で助けてもらったり。ほんと、感謝感謝なのであります。





大学時代、暇さえあれば入り浸っていた『シカゴ』というレコード屋がありました。
東武動物公園駅前にあり、もう何度か書いておりますが一人暮らしを始めて最初のLPレコード、『飯島真理』の『Rosé』を買ったのもココです。

ちょうどレコードからCDにシフトしていく時期でしたが、当時の私はゲームソフトを作った印税収入があったので、「中森明菜を大人買い」とか「ハイエナジーユーロ大人買い」とか言って、棚の端から端までごっそりCDを買い占めたりして大学生の割には金遣いが荒かったのです。
VFR400Rを乗り回し、ガソリン代とタイヤ代を合わせて毎月10万超えはザラでした。

そのレコード屋とは、バーベキューやキャンプに行ったりスキーに行ったり、その後も家族同然の付き合いを続けておりました。
そんな縁で店番とかもよくやってました。バイト代は晩飯とかね。
上で書いた代々木のバイトからバイクで戻ってくると、玄関前に奥さんが作った手料理が置いてあったりして、嬉しかったなぁ。
大将、今はもうこの世にいないんですけどね……。
二人の娘さんが乳母車に乗っている頃から知っていますが、今はその子たちも30代後半だもんな。自分も年取るわけだわ。

当ブログでも何度か登場しているパロキアとのお付き合いも、この頃から始まりました。ここでバイトしているときに、よくアイスコーヒーを頼んで持ってきてもらったっけ。当時、パロキアでバイトしていた女の子が可愛かったのよ……。





東武動物公園』の駅前。

レコード屋の隣には『光文堂』という文房具屋さんがありましてね。
私、そこでもバイトやってました。

コペンに乗り始めてからぶらっと散策したこともありますが、この町は第二の故郷ですね。





プログラマー本職時代。1987年~
Googleの画像検索で、もっと雑然とした開発室の写真が出てくると思ったのですが、今のオフィスって綺麗なんですね。(>_<)





南池袋』に8年「住んで」いました。家に帰れなかった(帰らなかった)だけですが。
設立間もない『ゲームアーツ』というゲーム会社でプログラマとして働き始めました。大学は、コンピュータについて、もっとスゴイことを教えてくれるのかと期待していたのですが、知っていることばかりでつまらなかったので中退しちゃいました。それより早く働きたかったんですよね。ほんと、人生なめきってますね。推薦入学だったので、後に母校の高校の学祭を訪れたとき、元担任の先生に怒られましたよ。後輩の推薦枠が減らされたって……そりゃそうだわなぁ……ほんと、申し訳ありません。m(_ _)m





その後、『要町』に5年「住んで」いました。1995年~
『ビッツラボラトリー』というゲーム会社に移籍したんです。
職場結婚に失敗し、会社に居づらくなっていたところを、ここの社長(3号機くれた人)に助けてもらいました……ん~ ちょっとニュアンスが違うけどまあいっか。

先月、ぶらっと池袋に遊びに行ったのは、そんな思い入れがある二つのオフィス周辺を散歩したくなったからです。

蛇足ですが、『ゲームアーツ』の創立メンバーも『ビッツラボラトリー』の創立メンバーも、『月刊ASCII』でバイトやってた連中が中心なんですよね。私も『I/O』ではなく『ASCII』に出入りしていたら、もっと早く彼らに出会っていたかもしれません。





書いちゃってイイのかな。
5年勤めたこの会社が分裂しちゃいましてね。
居場所がなくなった私は個人開業します。2001年の出来事です。





五反田にある『NTTコムウェア』で某ネットワークプログラムの研究開発とか……

神保町にあった『NTT情報開発』で某セキュリティ関係のシステム開発とか……





新大久保にあった『デジタルエンターテインメントアカデミー(DEA)』というゲームプログラマを養成する専門学校で非常勤講師をやったりして食ってました。





講師の仕事は、打診があった当初、「えー? 私がー? そんな仕事できねーよ~(^-^;」なんて言ってたんですけどね。
やり始めたら面白くて面白くて、人に教える仕事に目覚めた私でした。2001年から7年間やりました。

1コマ1時間半の講義を週に6コマぐらい担当していましたが、この学校はテキストやサンプルプログラムを学校が用意するのではなく、全部自前なんですよね。プロで活躍している人しか採用しないというこだわりは良いのですが、教える側は講義だけやっていればイイというわけではなく、ゲームを1本作って完成させるところまでやったもんですから、そりゃぁもう家に戻ってきてからも、プログラミングの毎日で大変でしたよ。しかも「動けばイイ」というレベルではなく、ちゃんと「お手本」として分かりやすいコードを書かなくてはならなかったわけですからね……。

3社掛け持ちしていた時期もありますが、こんなに忙しくても、バイクツーリングは頻繁に行ってました。
しかもカメラに凝っちゃった時期で、撮った写真をRAW現像して、さらに結構マメにブログも書いたり……今思うと、バイタリティーに溢れていましたかねぇ。
自分、「ブログを書く」ということ自体が趣味で、それがストレス発散になっているようにも思います。みんカラのこのブログだって今年に入ってからすでに……いくつ書いてるんでしょ。(^-^;





「どこにそんな時間があったんだよ!」と、自分でもツッコミたくなりますが、なんと「牛乳配達」のアルバイトもやっておりました。
午前2時から7時くらいまで、市川市や松戸市の住宅街を軽トラックでぐるぐると。
一種のルート配送ですね。





今の仕事でも毎日通る場所なんですけどね。
今のかみさんと結婚した頃で、引っ越し作業をするのに、この軽トラを借りて荷物をちまちま運んだりして……。
オヤジさん、元気かなぁ。


その後、専門学校が閉校したんです。
「少子化が進むし、黒字経営のうちにたたみましょう」という理由です。
でも、いま、プログラミングが必修になるって言うじゃありませんか!
今も続いていたら、それなりに需要があったかもしれませんよねぇ。





そんなわけで、講師仲間と一緒にソフトウェア開発会社を設立しました。東神田で。2008年の話です。
名前だけ取締役です(笑)
一所懸命プログラムを書いてましたから、やってることは何も変わっておりません。



 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆



その後、とある病気になりましてね。
人生のどん底を味わいました。
先にも触れましたが、2012年6月1日に私は生まれ変わりました。





で、いまココ。

まさか自分がタクシードライバーになるとは夢にも思いませんでした。
現在進行形なので会社名などは、まだ伏せています。

本当は大型トラックの運転手をやってみたくて、大型免許の申し込みに行ったんですけどね。教習所が満員だったので、とりあえず普通免許で乗れるトラックにしておくかーと、ルート配送の仕事を探したんです。地元の有名クリーニング企業の配送トラックとか学校給食の配送など、トラック運転手の募集を探して面接に行きましたが全部落とされました。職歴がプログラマじゃぁダメなのか?(^-^;

「そうだ、介護タクシーでもやってみるかー」と思い、今の会社へ。
入ってみれば、「ただのタクシーの運ちゃんじゃん!」でした(笑)
ちなみに「運ちゃん」という言葉は蔑称と受け取られることがありますので使わない方がいいです。

不思議なもので、人間というものは環境に馴染んでゆくのかもしれませんね。おそらく様々な職業に対するステレオタイプというものがあるように、その職種固有のイメージを持っていると思います。
「プログラマ」と聞いて連想する人物像とか、「新聞配達・牛乳配達」と聞いて連想する人物像、「建設作業員」と聞いて連想する人物像、「タクシードライバー」と聞いて連想する人物像……。
おそらくそのイメージは「ほぼ」合ってます。

配送センターで倉庫番やっていた頃を振り返ると、自分はどう見ても倉庫番でしたし、ゲームプログラマ/デザイナの頃の自分はプログラマ以外の何物でもない感じでしたし、専門学校の講師をしていた頃は、やっぱりどうみても講師でしたし、今はどこから見てもタクシードライバーだと思います。
もし、あの時、大型の免許を取ってトラック運転手になっていたとしたら、きっと今頃、高速のサービスエリアで仮眠を取りながら、姿形だけでなく、言動や振る舞いも含めて、どこからどう見てもトラック運転手になっていたと思います(笑)

自分が環境に馴染みやすい性質だから? じゃぁ自分の本当の姿ってどれなの?
プログラマも講師もドライバーも、本来の自分の姿ではない?
そういう風にも思います。
おそらく一番自分らしいのは、このブログを書いているときの自分なんじゃないかなーなんて思います。

話が逸れました。

で、タクシードライバーというお仕事ですが、意外や意外、天職なんじゃなかろうかと思えるほど楽しいのであります。でもね、ゲームプログラマやってるときも天職だと思っていましたし、そんな思いなんて当てにはなりませんね。

数年後、もしかしたら空撮の仕事をやってるかもしれませんし(笑)

子供のころは、漫画家とか小説家になりたいと思っていたことはナイショですけどね。

自分が何に向いているかなんて、まだ分かりませんよ。53年も生きているのに……ね。
音楽もやってみたいし、芝居もやってみたいし。でも53年生きてしまいました。
あと何年残ってるんだろ? ね。


このあたりで自己紹介パート3を終わります。パート4は無いと思います。(たぶん)
ブログ一覧 | 自己紹介 | 日記
Posted at 2019/01/26 20:08:58

イイね!0件



タグ

今、あなたにおすすめ

関連記事

コミケ
ぷっちゃん@りきゃこ推しさん

HP上でのDiscoverPro地 ...
熊 五六さん

札幌国際芸術祭 Creative ...
BT1221さん

そう言えば…出光
take-cさん

久しぶりに食玩を買ってみた
蒼アルさん

ヒッチハイカーは外人
Eishing++さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@haharu さん、おはようございます。そうなんです。そこまでその言葉に弱い人間ではなかったバスなんですが……なんでだろ(^^;」
何シテル?   04/19 04:20
金も無いくせに欲しいものが出てくると我慢できず…。安月給のタクシードライバーが、なんとかやりくりしながら趣味を楽しむブログです。 昔はゲームプログラマでした。...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/4 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

リンク・クリップ

HALF WAY スポーツECU 
カテゴリ:パーツ
2019/04/20 20:56:22
ダム巡り ロックフィルダム  
カテゴリ:ダムと河川
2019/04/18 19:47:43
ニューマシンで初遠征 
カテゴリ:天体観測
2019/04/09 17:24:24

愛車一覧

ダイハツ コペン ダイハツ コペン
試乗して惚れました。 初めてのオープンカー、そして3台目の2シーターです! 2016年3 ...
スバル インプレッサ WRX STI スバル インプレッサ WRX STI
試乗して惚れてしまい(こんなんばっかだな)、かみさんにお願いして購入許可をいただきました ...
マツダ AZ-1 マツダ AZ-1
サーキットで試乗して気に入ってしまい、数日後には車屋でハンコついてました。 楽しい車だ ...
トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
BG8Zファミリアを転がして壊してしまい、通勤の足も泥んこ遊びもできなくなってしまいまし ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.