• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ゆいのもりの愛車 [フィアット パンダ]

フロントスピーカーのバスレフ化

カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 自作・加工
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度★★
作業時間6時間以内
作業日 : 2016年10月30日
1
もう少し低音が響けばなぁ〜、と思い立ち。
でもコンパクトなパンダにサブウーファーは無いよな、高いし‥ってことで、バスレフ化を試してみました。
バスレフポート出口の仕上げが難しそうなので、何か良いものはないかと探した結果、行き当たったのが、電気コードを壁の穴から出すときに、擦れて被覆が破れないように壁穴に付けるパーツです。
僕が使ったのは、アメリカン電気って会社の製品、内径4cm管長さ約3cmの製品です。https://www.americandenki.co.jp/P/P-8/P8B/P-8B.html
バスレフポートの面積は、スピーカーの有効面積(いわゆるスピーカー径から求まる面積よりも、ちょい小さめ)の10〜40%が適正らしく、特に締まった音が好みの場合は小さめに!ということから穴径4cmを決めました。いわゆる13cmのスピーカーですが、有効径は11cmぐらいとみて13%、まぁこんなものかなと。スカスカの締まりのない低音はゴメンでしたので。
バスレフポートの面積と管長さ、それからスピーカーボックス体積からヘルムホルツ共鳴の振動数が決まるらしく、この共鳴振動数をスピーカーの下限周波数の0.8〜1.0倍にすれば良いとのことです。ここで、フロントドアのように奥行きに対して高さと幅が4〜5倍もあって内部に吸音材をいっぱい貼ってある(今回、追加で貼りました)スピーカーボックスの体積を、端の方まで全部足して良いのか?自信が持てないけど、とりあえず奥行き10cmに幅と高さは50cmとして、共鳴振動数は45Hzぐらいになる。実際には他にも水抜き穴とかあるし完全に気密できてるわけではないので、もっと高めの共鳴振動数になるか?とか思いながら、取り付けた写真がこちら。
仕上がりは玄人っぽくなりました。あくまでパーツの力ですが。

なお、共鳴振動数の計算は以下のサイトを参考にしました。
http://www.diy-sound.net/bassref_calc.html
また、管長さは実際の長さに開口端補正を足した値を使うのが正しいようで(管出口の空気も管内の空気と一緒に振動するので、有効管長さは実管長さよりも長くなるらしいです)、これはWikipediaを参考にしました。


2
ピンクノイズを発生させて周波数特性を比較してみましたが、意外にも差が出ません。下がバスレフ化の後です。無響室で測定したわけじゃないので、肝心の64Hzより下は環境ノイズの影響が大きいこともあってこの測定では違いが分かりませんでした。

で、音楽を鳴らして聴いてみたところ、低音から中音域にかけて、音の抜けや伸びがよくなり、元気で解像度の高い音になりました。
これは驚きの効果です。
なぜか?と調べてみたところ、バスレフ化すると、ドア内張りの振動が明らかに小さくなってることに気付きました。この振動から出る音がスピーカーから出る音と干渉して、音を曇らせていたようです。以前のクルマで、ドアの内張りの振動を止めようと防振材を貼りまくったのに、音の曇りが取れずに諦めたことがありますが、バスレフ化にこんな効果があるとは、制約条件の多いクルマならではなのでしょうが、新しい発見でした。

スピーカーに詳しい方、コメントあれば、よろしくお願いします。
3
その後、ドア内部の吸音材を増やし、制振材もちょこっと貼って、周波数特性を調べてみました。音源はピンクノイズ。
まず、バスレフポート出口近くで測定。
上がBefore(バスレフポートに栓をした状態)、下がAfterです。
バスレフ化することで、40〜64Hzのレベルが上がりました。
4
次に、耳の高さの運転席と助手席の間で測定。64Hzとその下のレベルが上がっています。およそ計算通りの周波数なので、バスレフ化の効果と判断して間違い無さそうです。

音楽を聴きながらバスレフポートを詰めたり開口したり繰り返してみると、確かに低音は強化されてます。心配した締まりの無さは全く感じません。
ただ低音の強化は、高速道路を走ってる状態だと気付かないレベルかも。

あとロードノイズがバスレフポートから響くのじゃないかという懸念については、評価を続けます。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

関連整備ピックアップ

AVIC-MP33II 地図更新とキャンセラー加工

難易度:

スタッドレスタイヤに交換

難易度:

エンジンオイル・フィルター交換

難易度:

パンダ100HP 左デフサイドシール交換

難易度: ★★

ルーフレール&サイクルキャリア取付

難易度:

近日中に修理するもの

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

2016/10/31 21:49:28
すごい\(^o^)/
マニアックな感じのいじりですね〜🎶
効果ありとは素晴らしい!!

私はサブウーハーを一度は考えましたが、スピーカー交換やら素人デッドニングやらイコライザー調整やらと、静音計画二種で今のところCDならば許容できる音になってます。iPhoneでは残念な音です(笑)

すごいアイデアと実行力に脱帽🎶
コメントへの返答
2016/11/01 21:01:10
でもこれって、バスレフ化本来の効果じゃないのがたまたまヒットしたって感じです〜。
元々が気密でもなくドア内張りも共振してるようなスピーカーボックスでバスレフなんてのは成立しにくいってことかもしれません。
ただ、音は明るく元気になったので、良しとしてます。

プロフィール

ゆいのもりです。 4WDのMTを求めて、パンダ4x4に辿り着きました。 よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

Fスピーカー配線 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/24 21:08:02
樹脂系リペア 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 12:08:54
エンジンオイル・エレメント交換 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/08 22:37:58

愛車一覧

フィアット パンダ フィアット パンダ
フィアット パンダ4x4 に乗ってます。4WDのMTという条件にピッタリはまりました。T ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.