• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

CLUB365のブログ一覧

2017年05月31日 イイね!

下らない独り言🎵その761 貰い物を再利用

 前回の車検前にタイアを換えました。その際に真っ黒の目立たないバルブに交換しましたが、そのさり気無さと質感の高さが気に入っていました。

 ところが、mazdaspeedのエアバルブ、きっと海賊版だと思うのですが、戴きました。ただ、さり気無さが気に入っていたのに、それは鍍金タイプの光り物。無碍に捨てる訳にもいかず困っていましたが、よく見るとmazdaspeedのロゴが金属部から外れる構造になっています。それだけを剥がすと、結構、目立たない感じ。

 それで、真っ黒のバルブの上に貼ってみました。これだと目立たないですし、捨てずに一部利用したことになりますので、何とか戴いた方にも失礼にならないかと思い、暫く使ってみることにします。写真で見ると粗が目立ちますが、ホイルに着けてしまえばほとんど目立ちません。

Posted at 2017/05/31 12:47:43 | コメント(1) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月30日 イイね!

ぶらりクルマ旅♫その228 食べ過ぎる店!元を取ろうと思わないこと

 ブッフェスタイルの店、昔はバイキングと言っていたのでしょうか、全く興味が無くなってしまいました。若い頃は幾らでも食べられる、限界が無いぐらい。友人と拉麺屋さんに行き、目の前に積み重ねられる器の数を他の客が見て、目を白黒させられたこともあります。同じ友人と駅前の丼・饂飩・蕎麦の店に行き、全メニュを注文しようかと話したこともあります。それぐらい底なしに食べても全く太らず、全て代謝してエネルギーを仕事に使い切っていたのかも知れません。

 それが年齢と共に身体が守りに入っていったのか、体質が変わり、省エネのエコ仕様の身体になり、食したカロリーは全て身体が吸収し、無駄無く使う仕様に変更されたのか、以前よりは明らかに食が細くなったにも拘らず、エネルギーを備蓄する身体に変わっていってしまったように感じます。

 今では、結構な高級な宿に泊まっても、朝食がブッフェスタイルでも、本当に食べたいものを少量だけ取って楽しんで食べるようにしています。決して、方針を決めずに目移りしてあれもこれも取らず、今朝は〇〇風にしようとか、△△にしようとか、一度決めたものに合わせて選択したものだけを少量ずつ楽しむようにしています。

 何故か、飽くまでも、食事を楽しむのであって、量や種類を楽しむのではないこと、彼是と目移りして、今、目の前にある食材を楽しんで食べないと決して愉しくはないという自分のスタイルに気づいたことが大きいかも知れません。

 だから、基本的に回転寿司も好きではありません。今、目の前にある食材を愉しんで食べるモードになろうと意識していても、一つの注文が終わると、次、何を食べようかと考え始めている自分が気に入らないからかも知れません。

 で、表題の店。メインのおかずを選ぶと、ご飯とお味噌汁、明太子、高菜漬けは食べ放題、何度でもお代わり自由の店なのですが、食べ過ぎたり、たくさん食べることを意識すると、食事を愉しむことができなくなるので、お代わりはしない、目の前にある食材を愉しむ、というモードで食事をします。
 
 私は明太子風味鶏の唐揚げ、

 妻は豚肉の生姜焼き、

 お代わりしませんが、お代わり自由の明太子と高菜漬け(あまり好まないからか焦点が合っていませんね)、


 1人前はこんな感じ、

 それでも、1人前でお腹いっぱい、もう、お代わりする必要、全く無し、という量です。それでも、他店よりも明らかに安い。これでも、開店当初よりも量が少なくなったね、と妻は申しておりますが。
Posted at 2017/05/30 09:44:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月29日 イイね!

下らない独り言🎵その760 小ブログを訪れる内、敵である私にも影響を受けているから軽蔑されている可哀相で情けないヒト

 妻を何と呼ぶか。家族の中での最年少者の視点で呼称を決めるというのは日本的な文化だそうで、子どもが生まれた途端にパパ、ママ、お父さん、お母さんなど様々な普通名詞に変わってしまうものなのかも知れませんが、私は相手を呼ぶときは交際時から変わらず数十年来名前で呼んでいます。

 中には、その親まで、お爺さん、お婆さん、ジージ、バーバなどに変わったり、親から自分の子どもを呼ぶ時にも、最年少の視点からお兄ちゃん、お姉ちゃんなどと呼ぶ場合もあるようです。

 話は戻って、妻を何と呼ぶか。直接的には名前ですが、他の人がいる場合は「妻」という一般名称を使っています。それは、「家内」や「嫁」という呼び名が何となく女性は家の中にいるもの、とか、女性は家に嫁ぐものという発想や歴史的概念や固定的文化の臭いがするから嫌なのかも知れません。同様に、「奥様」というのも家の奥にいる存在、その対義語の「主人」と同様、主従関係を臭わすものとして嫌な感じがします。

 このみんカラ上でも様々な呼称が使われていますが、私が忌み嫌う一味に「ワイフ」という昭和期の遺物的表現を使うのがいたが、時折、資料集めしている中で、直近のものに「ワイフ」ではなく「妻」という表現を使っている記事を見つけた。気の利いた洒落た表現のつもりで使っていたものが、色褪せた「ナウい」などの遺跡的表現と同じだと遅ればせながらも初めて気づいたのか、その恥ずかしさを自覚したのか、まぁ、拘りを持つヒトでも色々様々な価値観や視点に思いを巡らすタイプでもないので、常用する卑猥表現の一つとして「猥婦」を使っていたのでもなさそうなのは確かだが、単にジャブが効いてきただけなのかも知れない。私が忌み嫌う対象で、生命を落とさないものはない。その内にガラリと価値観が変わるかも知れぬ。
Posted at 2017/05/30 07:06:22 | コメント(0) | クルマ
2017年05月28日 イイね!

下らない独り言🎵その759 運転は頭脳でするものです

 先ず、朝日新聞デジタルからの引用文(実名掲載記事でしたが**にしています)を:

 大阪府門真市の住宅街の通学路で乗用車を暴走させたとして、府警は27日、運転していた同市の少年(19)と、同乗していた知人の会社員**容疑者(20)=同市=を殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。いずれも「殺そうとは思っていなかった」と容疑を否認しているという。クラクションを鳴らしながら減速せずに走る動画がインターネットに投稿され、問題になっていた。
通学路で車暴走、19歳少年出頭 殺人未遂容疑で捜査
 門真署によると、逮捕容疑は、19日午後4時ごろ、多くの中学生らが下校中だった門真市内の市道で、接触すれば歩行者が死亡しかねない速度で車を暴走させたというもの。少年は「(普段)小中学生が広がって歩いていて邪魔だったので、思い知らせるためにスピードを出して走った。その動画を撮ろうと(**容疑者に)話した」と説明。**容疑者は、自身が動画を撮影したことを認めているという。2人は26日午後、門真署に出頭していた。
 この動画は約20秒間で、狭い道路を車が何度もクラクションを鳴らしながら減速せずに走り、下校中とみられる小中学生が慌てて逃げる様子が映っていた。車内の男が発したとみられる「どけこら、お前ら」という声も入っていた。

 通学時間帯は、道路によっては歩行者優先や車両通行禁止になっている場合が多く、私は朝や夕方の通学時間帯は学校周辺の道路は迂回してなるべく通らずに生活をしていますが、自宅周辺の地理によってはそれもできないやむを得ない場合もありますが、容疑者の場合はどうだったのでしょうか。もし、その道路を通らなければならない必然性が無い場合は、その時点で容疑者の安全運転に対する姿勢が読み取れてしまいます。

 先ず、危険性のある場面に身を置かない、という鉄則が安全運転には必要です。

 やむを得ない地理的環境の場合にも、世間には様々な方々が生活しているという視点が必要です。中には警笛が聞こえない聴覚障碍のある方、警笛は聞こえていても咄嗟には行動に移せない視覚障碍や身体的障碍のある方、時にはそれらの複数に障碍のある方もおられます。

 警笛を鳴らせば、自身が優先して通行できるという発想は、歩道をチリンチリンとベルを鳴らして歩行者に退け退けと厚顔無恥に走る知的や倫理的に問題のあるヒトと何ら変わらない行為を、更に危険なクルマという道具でしていることになります。

 また、住宅地であれば、飼い猫を外に放すような倫理観や道徳観に問題のある飼い主に飼われている「猫」が、突然、飛び出してきて、咄嗟に猫を避けようとして、思いもしない方向にステアリングを切り、歩行者を撥ねる可能性があることも、頭の片隅になければ住宅地をクルマでは通行はできません。

 下校時であれば、早めに下校した小学生が路地でボール遊びなどをしていて、ボールを追いかけて飛び出して来る可能性もあります。

 同じように知的に問題のあるドライヴァーが交差する道路を同じような運転で走り抜けて来る可能性だってあります。自分のような愚かな者は他には存在しないと確信できる根拠なんてないでしょう。

 少しの想像力を働かせれば、とても怖くてできないような行為を、「頭が働かないからできる」という精神構造は、明らかにクルマと云う危険な道具を操る適性に問題があるドライヴァーということになります。

 また、危険を察知した際には、警笛やステアリング操作の前に、「先ず、減速する」ということが、一般ドライヴァーには必須のドライヴィング・スキルだということも分かっていません。

 こういう運転行為をしたヒトには、一定の期間、運転免許を取り消し、再交付しないなどの措置が必要だと思われます。

 こういう少しの想像力が働かないことが原因の異常行動は、不正改造行為をするヒトにも言えることだとは思いますが。
Posted at 2017/05/29 18:00:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ
2017年05月27日 イイね!

下らない独り言🎵その758 不正改造vs共存・共生社会を考える

 音量というのは計測器を使わない限り印象による場合が多いと思いますので、人によって印象そのものが違う可能性の高いもの。だからと言って、普通の人が計測器を持っているのも不自然。だから、車検制度などで基準が設けられているのでしょうか。このみんカラ上で「爆音」「近所」のキーワードで検索すると以下のようなものが出てきました。絵文字などの細部は記事に関係が無いと思われますので変更してあります。また、引用に際し不都合がありましたら、削除致します。固有名詞らしき表記は*の伏字にしております。

 〇その1:装着しての印象ですが、思っていたよりも音量が大きい!?近所の手前少々気恥ずかしさもありますが、かといって爆音でもなく、アクセルを踏むのが楽しいところもあります。経年劣化でこれ以上大きくなると困りますが、深夜早朝でなければぎりぎりセーフだと思います。

 〇その2:引っ越ししたところが山道なので自分の爆音マフラーでは近所迷惑。でもサイレンサーでは格好がつかないってな訳で取り付けました。電動も有るのですが高いのとすぐ壊れそうだったので…ワイヤー式にしました。室内にいながらマフラー音を変えれるのですごく便利です。ご近所さんが気になる人におすすめのアイテムです

 〇その3:まだ夜が明けない早朝4:00に自宅を出発しますが、DMEチューンの際にコールドスタートをキャンセルしてあるので、**エンジンの爆音が近所中に響き渡ることはもうありません

 〇その4:始動音は爆発かと思うほどの音がします、近所迷惑ですね!1分ちょいぐらいで一旦小さくなりそこからだんだん下がっていきます。走行してみての印象ですが、大人しく乗ればそこまでうるさくないです。アクセルの踏み込み方によってうるさくも静かにもなります。これぞ僕の求めてたマフラー。**に入ってからは評判通りケタ違いの音が楽しませてくれます。

 〇その5:乗って帰る家が住宅街なので爆音や、たとえ車検対応でもうるさいのはダメ。その昔、**につけてたマフラーは車検対応にも関わらず21時以降は乗って帰ってはいけないと命令されてました。。。なので音量が小さめなスズキスポーツを選択。アイドリングは多少低音があるものの、10日間程乗って帰ってもマフラー替えた事を気付かれないほどの音量。アイドリングでエアコン廻った時の音量でも近所には迷惑かからない程度で狙い通り。なのでマフラーを替えた実感は少なめ。アクセルONで多少その気になるような音が出てるモノの、タービンが廻り始めると一気に音量が下がります。体感は良く分かりません。音も良く聞こえませんが、静かめなマフラーが良い方にはお勧め。

 まだまだ、いっぱい記事はありますが、全てをご紹介することが意図ではありませんので、このくらいで終わらせようと思います。気候が暖かくなってきますと夜半から未明にかけて近所を走るバイクの騒音に悩まされるのですが、街中の住宅ですので、窓ガラスは騒音対策済みのものが設置されています。が、窓を閉めていても夜中や未明に起こされるぐらいの音量があるバイクや車が走ることがあります。

 それぞれのパーツを着けている人なりの基準で近所には気を遣っているような文面の記事ばかりですので、それぞれの人がそれぞれの基準を設けて、その範囲内で自らを律していると思われる記事ばかりです。

 が、近所に住んでいる人以外の人も、勿論、人なのです。寧ろ数の上では近所以外の人の方が圧倒的に多数になります。走行している場合は一過性のものだと軽く考えられている場合もあるかも知れませんし、一過性の場合は個人を特定される可能性は低くなりますので、個人を意識されないのかも知れません。でも、一過性の音量で迷惑をかけられている人々の思いにも気を遣うのが成熟した大人としての考え方だとも思われます。「この野郎」と数多くの人に怨まれていては、いい死に方は到底できないでしょう。

 全ての人が、この程度なら我慢できる、この程度なら許容できる、この程度なら仕方がない、と思えるような中庸な部分を決めているのが車検制度での規制なのではないか、と考えてしまいます。

 車検制度に適合できないようなものが不正改造であるとすれば、一人ひとりがルールやマナーを守る姿勢が、即ち、不正改造を行わない姿勢に繋がり、いろいろさまざまな人々が共存、共生できる社会づくりの基本になるように思われてなりません。
Posted at 2017/06/20 07:06:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「ケルビム さま、私も初めて映像を見た時、あれでよく軽傷で済んだなぁ、逆に運が良かったのでは?というものと、何の安全確認もせずに突進するように見える歩行者の危機管理意識の無さでした。想像力が無くなっているのは、運転する人だけでは無く、歩いている人も、全ての人のようですね。」
何シテル?   09/15 15:21
 単なるクルマ好きですが、細かなコダワリを共有できると嬉しく思います。家族と同じく少しずつ長く愛情を注いでゆくものがクルマと考えています。流れ重視安全運転派で...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

「ごめんなさいの勇気…」🛐 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/05 04:20:57
NCロードスター生産台数のまとめ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/05/24 23:45:13
第3回富士山れんげまつり 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/17 13:00:40

お友達

自己紹介の拙文をお読みいただき、御縁のある方とはコメントやメッセージで交流させていただいた後、御申請いただければ精査の上ご承認させていただく場合がございます。どうぞ宜しくお願い致します。
34 人のお友達がいます
オリエンタルカレーオリエンタルカレー * e46hiroe46hiro *
あひりんあひりん * イトケン(G)イトケン(G)
H-SADAH-SADA Nathan ZacharyNathan Zachary

ファン

136 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ ジムニー スズキ ジムニー
今年に入って直ぐに地元ディーラーに購入意思を伝え、何か情報があれば連絡をくださいと依頼。 ...
マツダ ロードスター MiataRSDropHeadCoupe6MT (マツダ ロードスター)
購入時は、ほぼ、受注生産状態でオーダーが溜まるとラインに流すようで製造日が分かりました ...
ミニ MINI YellowCooperR (ミニ MINI)
伝統的倶楽部Club305時代からのOriginalMini好き、体格的な問題から購入で ...
その他 その他 VauxhallFronteraRS (その他 その他)
1998VauxhallFronteraSportRS3.0DOHCTurbo4x4です ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.