• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

MINI原人のブログ一覧

2018年08月11日 イイね!

MINI原人のNew RINDO TREK 2018 (25) 小平:小平西北部その2

MINI原人のNew RINDO TREK 2018 (25) 小平:小平西北部その2林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

8月9日夜~8月11日朝、台風13号の影響で留萌地域には雨が降った。その影響を調べるためMINI原人は小平町西北部の蛇の目沢川、小椴子川、大椴子川、鬼泊川の林道に出かけた。この地域には原人未踏査の林道が多い。その様子を2回に分けて報告する。



本日の行程図その2である。図の丸数字は下記のタイトルのそれに一致しています。
 9:15 ①
大椴花岡線の大椴側(北側)入り口です。できれば花岡まで抜けたいと思います。
 9:19 ②
分岐部です。左へ降りる道は畑とつながっているだけです。右の道は本来の大椴花岡線ですが、途中から草ボウボウで進入できません。しかたがない、反対側(南側)の花岡から入りましょう。
 9:36 ③
芝生をひいたような美しい道があり、「私道につき立入禁止」の看板があります。大椴花岡線の南側入り口は2本の道路が平行に走っていますが、1本はこの私道でした。
 9:37 ④
こちらは町道のほうです。草刈りが行われているようです。
 9:40 ⑤
デジャヴ(déjà-vu)でしょうか、さっきと同じような状況です。まっすぐは本来の林道で草ボウボウ、左へ下る道は農道です。
 9:42 ⑥
淡い期待を抱いて左下におりてみましたが、やはりダメです。牧草地で林道はありません。大椴花岡線は名前だけでもう廃道になってしまっているのでしょうか。花岡線を奥まで進んだところに林道があり、そちらからはいけるかもしれません。
 9:48 ⑦
というわけで奥のほうにきました。ここからダートがはじまします。
 9:50 ⑧
まもなく、分岐部です。左の道はなんとか進めそうな感じです。
 9:51 ⑧
道路上には刈られた笹が一面に積もっています。いってみましょう。
 9:53 ⑧
それがまちがいでした。はいってすぐに右前輪を脱輪、はまってしまいました。左に轍がありさけようと右へハンドルを切ったら、笹が積もっていて段差が見えず右前輪を落としてしまったのです。
 9:54 ⑧
あ~あ。これは不覚。このような状況では路面がどうなっているか判らないので慎重に進むべきでした。ごらんのように後方によい立木(アンカーポイント)がなく、しかも後方に引っ張ると重力方向なので車が落ちてきて危険です。左前方に立木があるのでハンドウィンチで引っ張ってみましたがはまった前輪が全く動きません。
 10:31 ⑨
いろいろやってみましたが徒労でした。30分後誰かに助けを求めるため歩き始めました。もちろん携帯電話は通じません。
 10:47 ⑩
農家のようなものが見えますが、だれも人が棲んでいない通い農家の資材置き場のようです。
 11:24 ⑪
4kmほど歩いて携帯電話の通じる国道近くまできました。JAFは旭川から来るので2~3時間かかります。ハンターをしている友人に電話をかけたところ、「今ボク札幌なんすよね~」。それでも同じハンター仲間に電話をかけてくれレスキューにきてくれることになりました。
 11:58 ⑦
その方はヒッチメンバーをつけた4駆で来てくれてあっさり救出してくれました。下方に引っ張るときはやはり運転席にいて制動することが必要です。ジムニさんなんとなく照れくさいやら情けないやら、ほっとした顔です。
 12:29 HOME
ひっぱってもらった右リヤのオクヤマの牽引フックは少し曲がってしまいました。また注文して黄色く塗装してとりつけましょう。
 12:30 HOME
右フロントのAPIO牽引フックもハンドウィンチで左斜めに引っ張ったためまがってしまいました。この前予備をかっておいたので取り換えます。
 13:31 HOME
はずした牽引フックはこのように裏も表もペイントがはがれ、曲がっています。
 13:56 HOME
新しいフックをつけました。ウレシイけど、ハマるたびに出費がありますorz。いっそのこと電動ウィンチを買った方がよさそうです。
 13:56 HOME
今回使用したハンドウィンチです。ワイヤーが固着していて引き出すのに苦労しました。ハンドウィンチの欠点は、牽引できる距離が短いこと。前方に引っ張るのは電動ウィンチ、後方に引っ張るのはチルホールがよいでしょう。ハマらないのが一番ですが(笑)。
 00:00 HOME
ああ、ハマるとつらいよです(泣)。(図はおかりしました)


本日の遭遇危険度 クマ2つ

(1つ: ほぼ安全、2つ: やや危険、3つ: かなり危険、4つ: やばい、 5つ: そこにいます)

本記事を基に南留萌林道概説 (9) 小平町道有林道 その1(10) 小平町道有林道 その2(11) 小平町民有林道  を改訂いたしました。

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) 留萌ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1 (25) 小平町北西部その2 

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
(1) 南留萌林道の分布概観 (2) 増毛山道周辺の林道 (3) 増毛民有林道
(4) 増毛国有林道 (5) 留萌市道有林道・民有林道 (6) 留萌市国有林道 その1
(7) 留萌市国有林道 その2 (8) 留萌市国有林道 その3 (9) 小平町道有林道 その1
(10) 小平町道有林道 その2 (11) 小平町民有林道 (12) 小平町国有林道 その1
(13) 小平町国有林道 その2 (14) 小平町国有林道 その3 (15) 小平町国有林道 その4
(16) 小平町国有林道 その5 (17) 小平町国有林道 その6 (18) 小平町国有林道 その7
(19) 小平町国有林道 その8 (20) 小平町国有林道 その9 (21) 苫前町民有・道有林道 その1
(22) 苫前町道有林道 その2 (23) 苫前町国有林道 その1 (24) 苫前町国有林道 その2
(25) 苫前町国有林道 その3 (26) 苫前町国有林道 その4 (27) 苫前町国有林道 その5
(28) 苫前町国有林道 その6 (29) 苫前町国有林道 その7 (30) 苫前町国有林道 その8
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町
付録: クマ出没記  
Posted at 2018/08/12 21:22:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年08月11日 イイね!

MINI原人のNew RINDO TREK 2018 (25) 小平:小平西北部その1

MINI原人のNew RINDO TREK 2018 (25) 小平:小平西北部その1林道、それは最後のフロンティア。そこには原人の想像を絶する新しい文明、新しい生命が待ち受けているに違いない。これは原人最初の試みとして、調査旅行に飛び出した中古車 ジムニさん号の驚異に満ちた物語である。 

8月9日夜~8月11日朝、台風13号の影響で留萌地域には雨が降った。その影響を調べるためMINI原人は小平町西北部の蛇の目沢川、小椴子川、大椴子川、鬼泊川の林道に出かけた。この地域には原人未踏査の林道が多い。その様子を2回に分けて報告する。



本日の行程図その1である。図の丸数字は下記のタイトルのそれに一致しています。
 7:18 ①
まず町道蛇の目線から始める。できれば民有林145林班線へ抜けて小椴子に出たい。ここは廃屋があるだけで無人の地帯だ。
 7:24 ②
はい、ここで草ボウボウ・ぬかるみで進入困難となります。なんとか切り返して引き返します。
 7:36 ③
今度は小椴子線の道有林74林班線への分岐部にきました。
 7:37 ④
ここにコンクリートを河床にした潜水橋があります。渡って進みます。
 7:38 ⑤
いきなりシカさんたちと遭遇です。こちらもびっくりです。
 7:39 ⑤
ピョンピョンと道路の反対側に逃げ4匹まとまってこちらを警戒しています。左端に角の生えかけた若い雄がいます。
 7:41 ⑥
右への民有林道の分岐部ですが、草ボウボウです。
 7:43 ⑦
山の尾根沿いを走る民有林道(左)への分岐部です。この林道は入れそうです。今度きてみましょう。
 7:46 ⑧
右への民有林道分岐部です。草ボウボウです。
 7:49 ⑨
潜水橋ですが、川が干上がっています。
 7:49 ⑨
川より向こうは草ボウボウで進入できません。引き返しましょう。
 7:55 ⑤
同じところにまたシカさんたちがいます。
 8:04 ⑩
今度は小椴子線を奥まですすみます。ここで舗装は終了ダートとなります。
 8:06 ⑪
川が増水し路肩を削っています。調べてみると、イタドリを掃えば通行可能です。山菜刀で切りまくり進みます。
 8:13 ⑫
143林班線(左)の分岐部です。草ボウボウで進入困難です。
 8:17 ⑬
先ほどと同じような路肩決壊ですが、こちらのほうは左の路面がえぐれており、通れません。
 8:18 ⑬
ハイ、記念撮影です。引き返しましょう。
 8:29 ⑭
先ほど素通りした145林班線へ上がる道です。この林道は整備されまともです。
 8:33 ⑮
このような倒木がいたるところにありますが、通行可能なように処理されています。
 8:35 ⑯
新規林道(左)への分岐部です。左へ行ってみましょう。
 8:39 ⑰
倒木が数本あり、排除は新しいノコギリ「スゴワザ」でも困難です。引き返して旧道を進みましょう。
 8:44 ⑱
旧道はこのような深い森の道です。倒木によりはみ出した枝は「ゴム太郎」で掃って進みます。
 8:48 ⑲
蛇の目線(左)との合流部に来ました。蛇の目線は草ボウボウのため進めません。この辺で引き返しましょう。
 8:55 ⑳
お、ここに手頃な倒木があります。「スゴワザ」の試し切りのため、辻斬り(笑)をしていきましょう。
 8:56 ⑳
凄くよく切れます。グイグイ切れていきます。
 8:57 ⑳
太い木が30秒ほどで真っ二つになりました。うーむ名刀であるなあ。切捨てゴメン。


その2は大椴・花岡の民有林です。ハマって苦労しました。

本日の遭遇危険度 クマ2つ

(1つ: ほぼ安全、2つ: やや危険、3つ: かなり危険、4つ: やばい、 5つ: そこにいます)

本記事を基に南留萌林道概説 (9) 小平町道有林道 その1(10) 小平町道有林道 その2(11) 小平町民有林道  を改訂いたしました。

new RINDO TREK 2018
ドック整備(1)タイヤ  ドック整備(2)兵装ホルダー  ドック整備(3)生存ツール
ドック整備(4)牽引フック  ドック整備(5)腹黒塗装  ドック整備(6)艶々清掃
ドック整備(7)後退灯交換  ドック整備(8)サス交換  (1) 早春の偵察ミッション
(2) 春の南瓜クマ探索  (3) 早春の偵察ミッション2  (4) 新緑の箸別暑寒熊探索
(5) 苫前町:奥古丹林道探索  (6) 留萌市:大和田林道探索  番外編 Geographicaの活用
(7) 小平町:寧楽・七軒屋  (8) 苫前町:力昼・九重  (9) 増毛:43林班クマ糞
番外編 原人勉強中 (10) 留萌市:トーヒ沢クマ足跡 (11) 留萌市:豊岡巨木新発見
(12) 留萌ポンルル2号熊お留守 (13) 苫前:霧立へGO! その① (13) 苫前:霧立へGO! その②
(13) 苫前:霧立へGO! その③ (14) 小平:小平蘂源流の沢たち 番外編 林道概説進化中
(15) 留萌:徘徊クマを求めて (16) 潜入:留萌演習場への道 (17) 苫前:三渓へGO! その1
(17) 苫前:三渓へGO! その2 (18) 留萌:陽光の嘉一橋林道 (19) 踏糞百六号・打岩石山
(20) 小平:湖畔に舞う尾白鷲 (21) 舎熊岳:霧中の動物達 番外編 サイドシルガード
(22) 苫前:アナトロへGO!(1) (22) 苫前:アナトロへGO!(2) (23) 留萌:さくら林道 再調査
パロディ編:焼尻オンコの森 (24) 小平:小平蘂源流再調査 番外編 進撃の原人ツール
(25) 小平町北西部その1  

南留萌林道概説
南留萌林道概説はクロカン・ドライブ・登山・自然観察・野鳥観察・化石採集・渓流釣り・昆虫採集など様々な目的のため山に入るひとたちのために作成しています。原人の実地探査などにより訂正・補遺が必要な場合、予告なくその都度改訂していき、最善のガイドとなるよう心掛けていきます。
(1) 南留萌林道の分布概観 (2) 増毛山道周辺の林道 (3) 増毛民有林道
(4) 増毛国有林道 (5) 留萌市道有林道・民有林道 (6) 留萌市国有林道 その1
(7) 留萌市国有林道 その2 (8) 留萌市国有林道 その3 (9) 小平町道有林道 その1
(10) 小平町道有林道 その2 (11) 小平町民有林道 (12) 小平町国有林道 その1
(13) 小平町国有林道 その2 (14) 小平町国有林道 その3 (15) 小平町国有林道 その4
(16) 小平町国有林道 その5 (17) 小平町国有林道 その6 (18) 小平町国有林道 その7
(19) 小平町国有林道 その8 (20) 小平町国有林道 その9 (21) 苫前町民有・道有林道 その1
(22) 苫前町道有林道 その2 (23) 苫前町国有林道 その1 (24) 苫前町国有林道 その2
(25) 苫前町国有林道 その3 (26) 苫前町国有林道 その4 (27) 苫前町国有林道 その5
(28) 苫前町国有林道 その6 (29) 苫前町国有林道 その7 (30) 苫前町国有林道 その8
総索引 増毛町・留萌市 総索引 小平町 総索引 苫前町
付録: クマ出没記  
Posted at 2018/08/11 21:09:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「 MINI原人謹告: Get a HONDA N-BOX (FF, CVT) http://cvw.jp/b/2607956/42170179/
何シテル?   11/13 12:56
・ 北海道留萌市在住の「MINI原人」です。 ・ 学名 MINIpithecus roadsterus ssp. cooperS。絶滅危惧種です。 ・ いろ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/8 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

お友達

     原人でもお友達にしてくれますか?
1499 人のお友達がいます
おっ! Kei (^▽^;)おっ! Kei (^▽^;) * くに@K6Aくに@K6A *
legacybpflegacybpf * ボンビーやんボンビーやん *
あるからえくあるからえく * しゃこべぇ♪しゃこべぇ♪ *

ファン

125 人のファンがいます

愛車一覧

ミニ MINI MINIさん (ミニ MINI)
MINI原人が青天井ドライブを楽しむ車です。いろんなしがらみを風であたまからふっとばすこ ...
スズキ ジムニー ジムニさん (スズキ ジムニー)
2013年(平成25年)6月27日登録のJB23W 9型です。2017年8月9日納車され ...
ボルボ V40 ボルボさん (ボルボ V40)
フォーマルな用途や遠出の旅行などに使っています。原人が現代人のフリをするためのクルマです ...
ヤマハ PAS ナチュラL ママチャリ原人号/マダム号 (ヤマハ PAS ナチュラL)
焦げ茶色がMINI原人用、エメラルドグリーンがマダム用です。アシスト性能が進化し、坂道も ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.