• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Dすけ☆のブログ一覧

2018年08月14日 イイね!

相手を良く見て、自分の事も良く考える、、、

僕は誰かの後ろについて走る時、相手の技術がどんなもんか、凄い気になります

どんな所を見るか、、、

踏めているか、、、これは結構需要!踏み切る勇気?根性?いや、踏み切れる自信だと僕は思っている、少しアクセルを戻したくなる中高速コーナー、シケインの繋ぎとかで、アクセルを戻さずに踏み切れるのは重要!勿論、ラインを外さずに!

ライン取り、、、これも結構需要だけど、ライン取りイコール、タイヤマネージメントだったりもすると思う、タイヤを効率的に使いたい!そこから産まれる効率的なライン、蛇角の少ないライン

ブレーキング、、、かなり重要、直線で減速させる減速、旋回のためのブレーキング、それらの繋ぎ、、、それからブレーキの踏力を安定して立ち上げるための踏み込み方、イコールサスペンションの潰し方、車輪の転がし方が、か~なり重要!

タイヤへの荷重の載せ方、、、上記を前提として、最終的に、コーナーの前半で、外側のタイヤに沢山荷重を載せるためにどのような操作を行っているか!これは本当に人間の技術!車の差、以上に、人間の差が出る部分!
タイヤに沢山荷重を載せられる!と言うことは、コーナーのボトムスピードを高く保てる!と言うことに限りなくイコールになる!で、以外にも、、、と思うかもしれないけど、ブレーキの踏み方、ハンドルの切り方で、その運転で、荷重を沢山外側のタイヤに積めるのか、積めないのか、かなり違う!

よーするに、この動作が上手くないと、その人にとっては、それがタイヤのキャパの限界になる!すなわち、そのドライバはそれがタイヤの限界と言う事になる!本人としては、タイヤが滑っているから、それが限界と思ってしまう

上記ドライバの特徴は、ハンドルを一気に切る傾向にある、一気に切って、荷重を沢山掛けられればそれで良いのだけれど、実際にはそうはいかない、タイヤのキャパは突然の荷重で低いレベルから一気にオーバーシュートしてアンダーになる!その状態を回避するためにブレーキを使うと今度はオーバーになる

ここから上に上がれないドライバーが多い、同じレギュレーションで勝てないドライバは上記パターンが多い、、、

勝つためには、やはり人間の差か不可欠で、道具の限界をより引き出す!必要がある!!!勝つとはそう言うこと、、、人とは違う!って強い自信と、能力が必須!お金で上に行けば行くほど、苦しむ事になる、、、

で、タイヤを上手に使うためには、ハンドルをゆっくり切る!最初の切り始めに、、、

本質に迫ってきた、、、

コーナーのアプローチで手前で、少しだけハンドルを切ると、少しだけロールする!この状態が、車がコーナーに対して、体制が出来たサイン!

そこから本格的にハンドルを切り始める!
そうすると、ニュートラルに綺麗に、車が曲がるようになる

もう少し、荷重を載せても平気かな?とか、
物理的な、数的な感覚でタイヤの負荷を感じ取って実行に移せるようになってくる、、、

感覚的には

1. ブレーキングからの少しステアを入れる!
2. 少しロールして、車両がカチッとした感覚になる
3. それから、ハンドルを切り足して、ギューン!って曲がる
4. そして、アクセルを合わせて
5.加速に移る!

上手いドライバほど、二番と三番、四番と五番の間が少なくなる!
上手くないドライバは一番と五番だけのような操作になり、少し!とか合わせる!とか言う行程が減ったり、無かったりする!

で、上手くないドライバが、上手いドライバを見ると、一番の後に、直ぐ五番が来るように見える!

でも、実際には、一番から五番が連続している!

自動車は、普通に買えるけど、非常に高度な機械で、
まるで生き物のように、、、楽器は達人が使えば生き物のように、、、自動車も同様に、、、

スマホで打つと誤字脱字直す気しまへん(´Д`|||)

では、では、(^-^)v
Posted at 2018/08/14 18:16:04 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2018年08月11日 イイね!

久々に書きたくなった!これぞ、モータスポーツのエンターテイメント



こんなに面白い、構成のモータースポーツの動画初めてみた

台本通りだけど、こんなに面白い土屋先生初めて見た
Posted at 2018/08/11 19:35:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Philosophy | クルマ
2018年07月08日 イイね!

空気の力は偉大

空気の力は偉大箱車のチューニングは、まず初歩ステップとして
万人向けに超アンダー方向にセットされた、基本アンダーなセットをニュートラルに持っていく方向で進められる

用は、基本セットを起点に、オーバー方向に持っていく

ブレーキバランスだったり
アライメントだったり
FFや4WDなら、タイヤのグリップバランスだったり

特に、初心者が、これからスポーツ走行を覚えるためには、あえてオーバー方向のセットにして、オーバーを自在にコントロールして、車の旋回を覚える、その過程で、効率的なスライドの領域と、その範疇外のスライドを覚える事が出きるし、箱車スポーツ走行の究極は、スライドのコントロールと言うことで間違いない

そして、タイムが上がってきたり、勝負する相手のレベルが上がってくると、今度はオーバーステアに苦しむようになってくる

特に120キロ以上からのフルブレーキでコーナーにアプローチしたり
100キロ以上の慣性力が強く掛かり始める速度以上のコーナーリングにおいては特にそれが顕著で

FFだと、オーバーが強くて、怖くて速度が上げられない
FRだと、オーバーが強すぎてトラクションが掛からない
スライドのし過ぎでボトムスピードが落ちてしまう、、、

など、結局、走りのレベルがあがると駆動方式に関係なく、やはりオーバーが強くて、悩みのたねになる

ブレーキバランスやアライメントを純正バランスに戻したら、他が遅すぎて話にならないし、、、ってなり

ここで、一般的なのは、エアコンを捨てる等の軽量化!
全てを黙らせるパワーアップ!が普通なんだけど、、、

それが両方出来ない場合は、空気の力を借りるしかない
主にホームセンターの資材を使って、、、

ラヂエタの排気をフロントホイルハウスへ出す
エンジン下とホイルハウスのタイヤ部分以外は全部蓋をする
フロントタイヤの前にアップスイープを着ける
リアのデフケース回りも、熱害がない程度で、全て下面をを多い、リアのディフューザーのアップスイープに、なるべく乱れていない綺麗な空気を流してやる
リアバンパーのパラシュート部分をカットする
仕上げにGTウィング
これくらいやると、全然違う乗り物になるのがわかる


風切り音は極端に減り、室内はかなり静かに
NA明けでも、オープンにしても後ろからの巻き込み風が凄い減る

でもね、今回のロードスターは普通の、ノーマル風で乗ろうと決めていたのに、サーキットや草ラリーにいくと、皆、軽量化とエンジンやってる、、、僕は、お金もないし、快適性も捨てられないから、ホームセンターへ行って、空気の力を借りる
Posted at 2018/07/08 21:56:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | ロードスター NA8C | クルマ
2018年05月30日 イイね!

本庄サーキットで初めて、紙を貰った

本庄サーキットで初めて、紙を貰った今回、初めて紙を貰った
で、見たら、区間タイム出とる
ちなみに、このタイムは誰かの後ろについて、軽くドリフトしながら、スーパー楽しく走っているタイムです

第2セクターは純粋な旋回速度を計れるような区間になっていた

なになに、7秒、、、うーん、意味がわからんと、回りの仲間と見比べると

俺って、はえ~Σ(´□`;)
ごめんなさいm(__)mまだまだです( TДT)

が、しかし、まぁ、良いこと知った

そして、最高速の低さ、、、なんじゃこれ( TДT)
ノーマルエンジンに安全装備満載のトレードオフ、、、

とりあえず、判ったことは

ドリフト
グリップ
ドリフト
グリップ
の走行枠で、ドリッパーがはっちゃけまくると、路面の砂処か、岩が転がっていて、、、そして、それを誰も拾わない、、、でも、僕はそんなテキトー感が好きです

チューニングカーとしてのクルマのバランスが良い事がわかった、後は、軽くするか、パワーさえあれば、あるだけタイムが出る

人間としては、1ヘアと3ヘアのブレーキングとボトムスピードの管理に改善の余地を感じる

本庄はパワーウェイトレシオがタイムに占める割合が大きい


悔やまれる事は、最期の赤旗と、カムとコンピューターを戻すか、、、あと、S字だけの区間がタイムが取れたら楽しいな~、、、サーキットでもクラッシュされたり、マシントラブルでコース上で止まられると、マジメイワクΣ(´□`;)
が、まぁ、これは僕にも山程経験あるし、救急車で搬送経験もあるので、偉そうな事は言えない、、、

エンジン、エンジン、エンジンはノーマルで行く!
軽量化も無し!

ってか、もうクルマを弄るのは面倒なので、基本このままで良いや!

気が向いたら、またサーキットにいこう!

僕は、草ラリーがやはり好きです(-.-)Zzz・・・・
Posted at 2018/05/30 18:54:25 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ
2018年05月23日 イイね!

真面目にモータースポーツ、本庄サーキット

本庄サーキットとか言う場所に、ちょっと行ってきた

昔の仲間との一騎討ちをしに、、、(-.-)Zzz・・・・
で、256カムごときでエンジン弄ってるΣ(´□`;)
とか言われいるのが嫌なので、ノーマルエンジンに戻した

ら、

凄い快適(^_^ゞ
移動時の振動の少なさ、エアコンも何事もなく美しく回る

実質、クルマの仕様は、
ノーマルエンジンに、軽量化無し、エアコン、パワステ着き
六点ロールケージやラリーガード等の安全装備着きの車両に
サスペンションと空力チューン仕様と言う、ある意味面白い仕様になった、サスペンションも町乗りを考慮して、12k10kに、内減り対策でキャンバーも2度と少しに抑えてる、そしてアジアンタイヤの組み合わせATR K SPORTS 215 50 15

で、

ノーマルエンジンは、サーキットはちとつらい、256カムでも、コンピューターで8000まで回せるんだけど、ノーマルだとシフトアップしないとダメな区間が多い、6速に4.3を選択しているのが、スーパー裏目に出る、ノーマルエンジンなら5速に4.3だね!それにしても、このロスはデカい!シフトアップするとダウンもしないと!ヘタッピーな僕は、シフトダウンとブレーキングを同時にすると、ブレーキングで少しロスが出ます(-.-)Zzz・・・・ヘタッピーだから、、、強い横Gでギアが入らないNAロードスターの構造のせいにしとこう(ノ´∀`*)

で、

先行後追いバトル、、、色んな人と、勝手にバトル、、、
楽しかったな~
直線で凄い離されて、ブレーキで鬼の様に追い付く!空力は偉大である
ちなみに追い抜きポイントは、第一ヘアピンよりも、手前に来る第2ヘアピンの方が相手の脇腹に滑り込みやすかった、あと、S字も相手がこっちを見てくれていれば並んで入れる

そんな感じで、バトル中に出たタイムが48.5秒

47秒は確実に出る予感があり、少し涼しくなった夕方に、タイムアタック!と思ったら、赤旗Σ(´□`;)
そのまま行くかな~、、、とか思ったけど、そう言う問題じゃあねーよな~!と大人の判断で、ピットへ( TДT)

ドリフトとグリップを交互に走られるため、コースも汚く走るのも難しかったけど、それがまた、バトルを面白いものにしてくれた

で、バトルしながら思ったのは、
本庄は、ヘアピンにたいして、ブレーキを直線的に掛けて、奥まで突っ込んで、ステアリングをグーっと切っているのでは、タイムが出ないと見た

効率的に走るには
手前から、ユックリとステアを切り初めて、なるべく浅いアングルでコーナーに入れるように、クルマの向きをかえつつ、ブレーキを掛けて、クルマの姿勢を制御した方が、ブレーキング中の平均速度が明らかに高い

で、

上記操作は、オーバーステアとの戦いになるケースが多いと予想され、空力の優位性が問われるかと思うっす(ノ´∀`*)多分ね( ´∀`)

で、S字は僕の御気に入りのコーナー
ボトムスピードを落とさず!かつ、踏めるラインを選ぶ!

で、最終的に思ったのは、クルマはエンジンで、生存するタイムゾーンが決まるけど、エンジンがクソでも、走ることの楽しさは変わらん!むしろ、足、ブレーキのバランスはとても重要で、空力はもっと大切かもしれない

そして、MRSはハエー事がやはり判った、、、MRSで腕がよくて、足と空力があれば、、、MRSはバトル有りの勝負ベース車両としてAE86を越えていると俺は見切った!

どーせ二人乗り買うなら、NAロードスターではなく、MRSにしとけば良かったかも、、、と思うほど、、、そして、MRSは、エアロボンネット、カナード、GT翼、カッコイイホイル!これがそろうと、ロードスターのカッコ良さをも越える( TДT)

が、僕に乗り換える資金は無し!

さー!カムをハイカムに戻すか、このままにするか悩むな~
理由は、面倒くさいのと、、、通勤にはノーマルエンジンが最高!

サーキットもたまには良いね(^_^ゞ
楽しすぎて写真無し!


Posted at 2018/05/23 22:33:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | モータースポーツ | クルマ

プロフィール

「これくらい涼しくなると、昼間のドライのサーキットでも走りたい気分になってくるな~、そーいえば最近、また、HLAが鳴らなくなってきた、まるで生き物だな、、、まぁ、鳴らないに越したことはないけど、、、エンジンはノーマルと決めているのにカムを換えたくなる病が、HLAの音とリンクする」
何シテル?   09/15 00:15
NA8C購入を期に、ミンカラ登録 独身時代、JAF公認競技、ショップ戦、耐久レースに出場 2千うん年頃の年間タイトルホルダーを何個か、、、 今は競...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

ファン

33 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
FRを基本レイアウトとし、 軽量コンパクトな車体に小排気量NAエンジンを搭載 軽快なフ ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
一番初めのクルマ、2000年以前 この頃、まだバイクでレースしてました とりあえず、安 ...
日産 シルビア 日産 シルビア
EG4から乗り換え、2000年位かと やはり乗り物はリア駆動!バイクもリア駆動だから面白 ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
シルビアで練習中、たまに遭遇するVTECのFF、恐ろしく速かった 勿論、当時はまだ下手 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.