• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hanomamoriのブログ一覧

2018年06月19日 イイね!

お口の健康を維持するためには、正しい生活習慣を身に付けることが重要なのです。

虫歯や歯周病の治療が終わって健康を取り戻しても、その健康状態を維持し続けるためには、日ごろの丁寧なブラッシングはもちろん、歯科医院での定期検診・メンテナンスが欠かせません。

定期検診を受けることによって、常にお口の健康状態を維持できるうえ、たとえ虫歯などが再発したとしても早期のうちに発見・治療ができます。「歯が痛くないのに歯医者へ行くの?」と思われるかもしれませんが、結果的に治療費や治療にかかる時間など患者様の負担を軽減することにつながるのです。
超音波スケーラー販売
ブラッシング指導(TBI=Teeth Blushing Instruction)
ご自宅での毎日のブラッシングを正しく行えるように、患者様のお口の状態をよく知る担当衛生士がブラッシング指導を行います。正しいブラッシングは、噛み合わせなど、歯やお口の状態によってそれぞれ違うもの。担当衛生士が定期的に口腔内をチェックし効果的な指導を行うことで、お口の健康維持、虫歯などの予防に役立てます。

フッ素塗布
歯質の強化、再石灰化促進、抗菌作用、酸への抑制効果を持つフッ素を歯の表面に塗布することで、虫歯を予防します。なお、フッ素を利用した予防法は、歯科医院で定期的にフッ素を塗布する方法のほかに、フッ素入り歯磨き粉などを使って毎日のブラッシング時に歯にフッ素を採り入れる方法があります。どちらも虫歯予防には有効ですので、併用されることをおすすめします。
歯科用 ダイヤモンドバー
生活習慣の指導
日常の生活習慣は虫歯や歯周病と深いかかわりがあり、これらの病気が悪化する原因のひとつとされています。当院では、十分なカウンセリングによって患者様の食生活や睡眠・ストレス・喫煙の有無といった生活習慣を把握し、問題となる点があればその改善策をご提案します。お口の健康を維持するためには、正しい生活習慣を身に付けることが重要なのです。

咬み合わせチェック
咬み合わせが乱れていると、食べ物をしっかり咬めなかったり、見た目が悪いためコンプレックスを抱えてしまったりするだけでなく、身体や顔のゆがみ、頭痛・腰痛など、全身にも悪影響を及ぼします。当院では咬み合わせをチェックし、患者様それぞれの年齢や口腔内の状況、生活習慣なども考慮して正しい咬み合わせに調整する方法をご提案します。
Posted at 2018/06/19 16:25:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月19日 イイね!

ご自宅でもしっかりとケアができるように歯の磨き方をお教えいたします

「歯が痛くなってから歯医者に行けばいい」と考えていませんか? 
確かに虫歯や歯周病にかかっても治療はできますが、歯はその都度ダメージを受けています。また、症状が進行するにつれて、治療期間や治療費の負担も大きくなってしまいます。負担を最小限に抑えながら、いつまでも健康的な歯を維持するために、予防歯科に力を入れていきましょう。

定期検診
お口の中の状態を定期的にチェックすることで、虫歯や歯周病になっていても、初期症状の段階で治療をすることが可能になります。早期発見・早期治療を通して、最小限の負担で健康な歯を維持していきましょう。
歯科用ユニット
TBI
「トゥース・ブラッシング・インストラクション」のことで、プロによるブラッシング指導のことです。毎日ブラッシングしていても、正しい方法でなければあまり効果は期待できません。患者様一人ひとりに合った正しいブラッシング方法を指導していきますので、これを身につけて虫歯や歯周病を予防しましょう。

PMTC
「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、歯科医院で行う歯のクリーニングのことです。毎日ブラッシングしていても磨き残しは出てしまうものなので、これをきれいに除去します。痛んだりしみたりすることはなく、ほとんどの患者様が快適に施術を受けています。

ブラッシング指導
ご自宅でもしっかりとケアができるように歯の磨き方をお教えいたします。年齢や歯の生え方などによって、人それぞれに正しい歯磨きのやり方が違うので、自己流の歯みがきでは磨き残しをしてしまいがちになっていることが多いです。普段から虫歯予防できるよう、正しい磨き方を身につけましょう。
歯科用マイクロスコープ
フッ素塗布
フッ素には虫歯菌が出す「酸」に負けない強い歯にする効果があります。定期的にフッ素塗布をすることで歯の表面を強く保ち虫歯になる可能性をグッと下げることができます。
Posted at 2018/06/19 12:02:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月18日 イイね!

歯周病とは、歯と歯茎の間に溜まった歯垢(プラーク)内の歯周病菌に感染することで発生する病気です

初期段階には痛みやしみなどの自覚症状がないことから、「サイレントキラー」とも呼ばれています。また、歯周病は一度かかると完治することはなく、症状が進行すると歯を失う結果にもつながります。現在、歯周病は「歯を失う一番の原因」であると言われています。そのほか、歯周病は糖尿病や心疾患など全身に対しても影響をおよぼすことがわかっていますので、歯の健康を守るためにも、そしてお体の健康を守るためにも、少しでも症状をお感じになった時には、すぐに当院にて治療を受けられるようにしてください。

歯肉炎
歯と歯茎の間に歯石や歯垢(プラーク)が溜まり、歯茎が炎症を起こして赤く腫れます。また、ブラッシング時に出血することがあります。
ホワイトニング 照射器
軽度歯周炎
歯茎の腫れが大きくなり、歯周病菌が歯周組織に侵入し、歯槽骨や歯根膜が破壊され始めます。また、歯茎と歯の間の歯周ポケットが深くなり、そこから出血したり膿が出たりすることで口臭が現れる場合があります。

中度歯周炎
歯茎の炎症がさらに拡大し、歯の周りの骨が溶け始めます。歯周ポケットはさらに深くなり、歯がグラグラと動くなどの自覚症状を感じるようになります。

重度歯周炎
歯茎の炎症がさらに拡大し、歯を支える骨(歯槽骨)が半分以上破壊された状態です。歯のぐらつきがひどくなり、痛みのために食事がとれなくなるなどの症状が現れます。

歯周病は「サイレントキラー」とも呼ばれており、初期段階には自覚症状が極めて少ない病気です。そのため歯周病予防・症状抑制のためには、歯科医院での定期的なメンテナンスでもって「早期発見・早期治療」をはかることが大切です。定期的なメンテナンスによってお口の中の歯垢(プラーク)をきれいに除去することにより、高い確率で歯周病を予防することができるようになりますし、効果的に症状を抑制することができるようにもなります。また歯科医院のメンテナンスだけでなく、ご自宅でのブラッシングなどのケアも効果的です。そのため当院では、お口の中の清掃だけでなく、ブラッシング指導なども行うことで歯周病予防・症状抑制をはかり、患者様の歯をしっかりとお守りします。
エアースケーラー
スケーリング & ルートプレーニング
歯垢(プラーク)は、時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯石と歯垢(プラーク)を除去し再び付着しづらくする治療法が、スケーリング&ルートプレーニングです。
歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていきます。また、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。
Posted at 2018/06/18 11:09:56 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月15日 イイね!

定期健診で歯科医院に通われている患者様の歯は、80歳でも20本以上あります

特に成人の約8割が歯周病にかかっている、もしくは予備軍とも呼ばれており、軽視できない病気と言えるでしょう。「最近歯がグラつく」と感じている方は、すでに症状が悪化している可能性もあります。できるだけ早く、大阪市西区の阿波座駅すぐの歯医者「あわざ歯科クリニック」にお越しください。

歯周病のリスクについて
歯周病とは、歯周病菌が招く炎症によって、歯周組織(歯ぐきや歯を支える顎の骨)にさまざまな症状をもたらす病気です。症状はまず、歯ぐきの腫れや出血といった形であらわれます。その後、口臭やグラつきに発展し、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまうことも。大きなリスクのある病気ですので、痛みがないからといって放置しておくのはとても危険です。
歯科重合用光照射器
メインテナンス・定期健診の必要性
このグラフは「歯医者へのかかり方次第で、将来的に残っている歯の数が変化する」ことをあらわしたものです。「何か歯に問題が生じた時にだけ歯科医院に行く」という考えでは、歯を残すことは困難です。

そのような通院方法だと80歳にはどのぐらい歯が残せるかというとせいぜい6本程度です。8020には遠く及びませんね。ご自分の歯がなくなれば、入れ歯の生活となります。しかし、定期健診で歯科医院に通われている患者様の歯は、80歳でも20本以上あります。

歯科でもそうですが、定期検診に来られる患者様は、歯に異常がなくても来院される方です。定期的に来院する習慣のない方にとっては「なんで異常もないのに歯科医院に行くの?」と疑問に思うかもしれません。しかし、「異常がなくても歯科医院に行く」という考えがあるか否かで、将来、あなたに残っている歯の本数が変わってくると言っても過言ではありません。
歯 ホワイトニング 機械
定期健診では、悪い部分の早期発見・早期治療が可能になることはもちろんですが、何よりも歯周病の原因となる歯石・歯垢・バイオフィルムの除去を行いますので、歯周病予防にとっては欠かせないことです。歯周病の状態・歯周病リスクの有無など、お一人お一人違ってきますが1カ月~3カ月に1度の定期検診を受診されることをお勧めします。
Posted at 2018/06/15 15:26:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年06月15日 イイね!

健康な口の中の状態は、歯茎はピンク色で引き締まっており、丈夫な骨の中に歯が植立しています

人の口の中には300~500種の細菌が生息しています。人から人への接触感染、ペットを介しての感染、喫煙などが歯周病の発症、進行に影響を与えます。口の中が不潔になると細菌が繁殖し体に害を与えることにより始まります。他の臓器に感染が拡大しないように、歯を犠牲にしていると考えられています。

危険信号がない病気です
日本人の約8割が歯周病と言われています。徹夜をしたり、風邪を引いたりした時に歯茎が腫れたり、歯が浮いたりした経験がある人がいると思います。歯周病が厄介なのは進み方がゆっくりなので、歯周病にかかっていることに気付かず、放置していることが非常に多いことです。歯茎が腫れたり、浮いたりした時、歯周病は既にかなり進行していると考えてよいでしょう。
小型高圧蒸気滅菌器
健康状態をチェック!
健康な口の中の状態は、歯茎はピンク色で引き締まっており、丈夫な骨の中に歯が植立しています。歯周病の初期は細菌のかたまりである歯垢、歯石が歯に付くことで歯茎に炎症を起こし、歯茎が赤く腫れ、出血しやすくなり、歯肉炎になります。中期では歯茎の炎症が進み、歯と歯茎の間から膿がでたり、口臭が発生します。これは歯と歯茎の間に食べかすや細菌が入って歯を支えてる骨を溶かし炎症が起こるからです。さらに歯周病が進行すると、歯茎が下がって根が出てきたり、歯茎がしょっちゅう腫れたり、歯がグラグラ動揺したり、膿がでて口の中がネバネバした感じになり、独特な口臭が起こり、ひどくなれば歯が抜けたりします。

歯周病にならないために・・・
毎日の歯磨きでいかに汚れを落とすかにかかっています。毎日磨いていても汚れを落とすことができない場合があります。まずは正しい歯磨きの仕方を覚えることが大切です。
歯石や細菌の膜であるペリクルは3ヶ月位たつと硬くなって歯磨きだけではとることができなくなります。なので3ヶ月に1度、定期的に歯科医院に行って細菌を取り除くことで歯周病を予防します。
歯科技工用マイクロモーター 
家族やパートナーと歯科医院に行きましょう
自分の歯周病予防がうまくできるようになったら、その輪を広げて家族やパートナーと一緒に歯科医院に行きましょう。家族やパートナーは接触頻度が多いですから進行した歯周病の方がいる場合、いい環境とは言えません。歯科医院にもご両親がお子さんと一緒に検診を受けるだけでなく、パートナー同士で一緒にクリーニングをしてもらう例も多いです。歯科医師や歯科衛生士さんから歯ブラシ方法や歯周病のケア法を共有すれば知識も深まりますし、歯周病を効果的に予防できるでしょう。
Posted at 2018/06/15 11:31:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「お口の健康を維持するためには、正しい生活習慣を身に付けることが重要なのです。 http://cvw.jp/b/2610573/41625501/
何シテル?   06/19 16:25
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

ファン

1 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.