• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月28日

歯周ポケット(歯と歯の間の溝)の深さを計測します

歯周病は、歯垢にひそむ歯周病菌により歯ぐきが炎症を起こし、出血や腫れなどの症状が起こる病気です。日本人の成人のうち約8割が感染している、もしくは予備軍だと言われており、実は日本人が歯を失う原因第1位でもあります。歯周病は、虫歯同様、初期段階はほとんど自覚症状がありません。気づかぬうちに進行し痛みが出てきたころには、歯を支えているあごの骨(歯槽骨)が溶け、歯がグラグラする状態まで悪化してしまっています。そうならないよう、痛みが出る前、「歯ぐきが腫れる」「出血する」といった症状が出た時点で、早めに受診しましょう。

1.歯周病検査
歯周ポケット(歯と歯の間の溝)の深さを計測します。必要に応じてレントゲン検査、歯のぐらつきのチェック、歯ぐきの出血状態の確認などを行います。
ニッケルチタンファイル
2.歯周基本治療
歯の表面にこびりついた汚れを徹底的に除去します。
具体的には歯みがきの改善やスケーリング、ルートプレーニング(歯石除去)、PMTC、その他の保存不可能な歯の抜歯、噛み合わせの調整、歯みがきの邪魔になってしまっている様な形の悪いかぶせ物の除去なども合わせて行うことがあります。

3.再評価検査
上記2のステップでどのくらい歯周病が改善したのか再検査で確認します。
歯周病の改善が十分にみられる場合はメンテナンスへ移行し、再び歯周病が悪くなるのを予防していきます。
十分に改善が見られない場合は、歯周外科手術を行うか、経過観察を行いながらしっかりとメンテナンスをしていくか検討します。
歯科用マイクロスコープ
4.歯周外科手術
上記3のステップで深い歯周ポケットが残っていたり、歯槽骨の形態の不整を外科手術により改善します。
近年ではエムドゲインという薬品を用いた骨の再生療法も取り入れられるようになりました。

5.再評価
再び上記3と同様に歯ぐきの状態や歯周炎の改善を判断するために検査を行います。これにより患者さま一人一人にあったメンテナンスの頻度や時期的な感覚などを決定していきましょう。

6.メンテナンス
歯周病は何より予防が重要です。一度歯周治療が終了しても再発してしまう事があります。定期的に検査を行い、ブラッシング状態なども確認することが大切です。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2017/11/28 16:39:42

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

フロントサスペンション オーバーホ ...
ksjetさん

今日は土曜日(OMSWC🚘🚿✋ ...
u-pomさん

Orchid & Orchid
nanamaiさん

夏タイヤが安く買えるのは7月~8月 ...
ノンタマさん

今、少し話題?のあの場所へ
LA-XX(ダブルX)さん

ソニカジャパン鈴鹿オフ(^_^ゞ
ともぞ~@JG1さん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「歯周病は、歯を失ってしまう原因なだけでなく、全身疾患にも深く関係しています http://cvw.jp/b/2610573/41742703/
何シテル?   07/20 12:21
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/7 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.