• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月13日

歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える

歯周病とは、歯垢に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、顎の骨を溶かしていく病気です。進行すると、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。日本の成人の約8割が歯周病もしくは予備軍だと言われている「国民病」で、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。
家庭用超音波スケーラー
歯周病の怖い特徴として挙げられるのが、歯周病は感染していても症状を感じにくく、静かに進行していくという点です。特に初期段階では、これといった症状がほとんどありません。
そのため、自覚症状が現れたころには、歯の周りの組織が細菌によってかなり破壊されていて、手遅れになってしまうケースがほとんどです。
そうなる前に、早期発見・早期治療で、大切な歯を歯周病から守ってあげることが重要です。
こんな方は歯周病治療が必要です。
歯ぐきから血が出る
歯肉が腫れている
口臭が気になる
歯ぐきが後退し、歯が長くなったように見える
歯と歯の間に隙間ができて、食べカスが入りやすくなった
歯ぐきがやせて、歯がグラグラしている
定期的な歯のクリーニングをしていない
生体情報モニター
歯周病は自覚症状に乏しく、気付かないうちにどんどん進行してしまう厄介な病気。だからこそ、歯科医院で定期検診を受けて予防に努めることが大切なのです。当院では、歯周病の疑いがある患者さんには以下のような歯周病検査を行い、早期発見・早期治療につなげています。
ポケット検査
歯周病は進行すればするほど、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の溝)が深くなっていきます。ポケット検査では、専用器具を使って歯周ポケットの深さを測り、歯周病の進行度合いを把握します。
歯の動揺度検査
歯周病が進行して顎の骨が溶かされていくと、歯がグラグラしてきます。歯の動揺度検査では、歯に力を加えてグラグラする度合いを測定することで、歯周病の進行状況を確認します。
レントゲン検査
歯周病が進行するとともに、歯を支えている顎の骨が溶かされていきます。レントゲン撮影をして顎の骨の状態を確認することで、歯周病の進行度合いを把握します。
ブログ一覧 | 日記
Posted at 2018/02/13 16:50:20

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

ブログ人気記事

香港創作料理 火炎
RS_梅千代さん

㊗️E46 31万km突破〜*\( ...
BNR32とBMWな人さん

Type-1ちょっと大きくしました ...
ひろしゅうさん

コキア
ヒロアオさん

あくまで嫁のためのブログ ( ̄▽ ̄ ...
エイジングさん

めちゃ楽しかったね。ラーメンオフ! ...
523@ごにさんさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「歯周病の初期段階の状態で、歯肉に炎症が限局している状態です。 http://cvw.jp/b/2610573/42069820/
何シテル?   10/16 12:36
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/10 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.