• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hanomamoriのブログ一覧

2018年11月12日 イイね!

歯周病は、 慢性期 <=> 急性期 をランダムに繰り返し、進行していく病気です。

予防歯科とは、むし歯や歯周病になることを予防する歯科のことです。
しかし、単にむし歯や歯周病を防ぐという意味だけではありません。歯や口の機能が悪くならないようにすることは、食べたいものを不自由なく食べられるなど、幸せな人生を送るためにも大切なことです。予防歯科は、そういった幸せをサポートする歯科とも言えるのではないでしょうか?

歯や歯ぐきが痛くなってから歯医者に行くと、歯や口の健康はご自身が思っていた以上に悪化していて、健康を取り戻す(治ること)がなかなか難しい場合があります。そうならないためには、ご自身のセルフケアと歯科医院での定期的な検診や口腔清掃(プロフェッショナルケア)の両輪を動かし続けることが大切です。
超音波スケーラー
歯周病の症状
歯周病は、 慢性期 <=> 急性期 をランダムに繰り返し、進行していく病気です。
歯周病の症状には以下のようなことが挙げられます。
・ブラッシング時に歯くぎから出血がある・膿(うみ)がでる。
・歯がグラグラ動くような感じがする。
・口臭があると指摘された。
・朝起きると口の中がネバネバする。
・歯と歯の間にすき間が開いてきたような感じがする。
・歯ぐきが下がって歯の根っこが見える。
・かたいものが咬めない。
以上のように、日常生活に影響を及ぼす程の自覚症状はほとんどないのが特徴です。
ユニファスト
歯周病は、虫歯のように痛みを伴わないことが多いので、気がつかないまま放置すると、歯と歯茎の間にできたポケットと呼ばれる隙間がどんどん深くなっていきます。この状態になると、自分で歯茎を丁寧にブラッシングしても、歯ブラシがとどかなくなり、プラーク(歯垢)がさらにたまってしまうので、専門家による治療が必要不可欠になります。
歯周病は、心臓病や糖尿病などの成人病、女性の早期低体重児出産などのリスクとの関連性も指摘されている怖い病気です。

平均寿命が延びて高齢化社会となっている日本ですが、厚生労働省によると「健康寿命」は平均寿命より男性9.1年、女性12.6年短いと報告されています。健康寿命とは、「介護を受けたり病気で寝たきりにならず、自立して健康に生活できる」年齢のことを言います。「健康で快適な生活と心豊かな人生を提案する」ことを理念にもつ和田歯科医院が、歯周病でお悩みの患者様に新たな希望となる「歯周病専用レーザー治療」をご提案いたします。
Posted at 2018/11/12 15:44:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月12日 イイね!

糖尿病の人は歯周病が悪化しやすい

歯垢とは、口の中で繁殖した細菌がネバネバした物質(プラーク)とともに歯にくっついている物で、細菌のかたまり(バイオフィルム)と呼ばれています。歯垢は次第に硬くなって、歯石となり、歯科医院以外では簡単に取り除けなくなります。それ以外にも、糖尿病などの全身の病気や、喫煙などの生活習慣が、歯周病を引き起こすきっかけとなったり、悪化させる原因になったりしています。

歯についた歯垢は細菌の固まりです。歯垢は1ミリグラムの中に約1~2億個の細菌や膿が含まれており、私たちはそれを毎日飲んでいることになります。
また歯周ポケットからは容易に出血し、容易に細菌が体内に入り込める状況にあります。
早産のリスクを7倍にします
中・重度の歯周病の妊婦は早産の危険性が7.5倍と高いことがわかっています。
歯周病が早産の最大の危険因子になっています。歯周病を治すことで、早産を予防できることが発表されました。
ポータブルレントゲン
心臓発作のリスクを2.8倍にします
血管に入り込んだ歯周病菌は、心臓へと運ばれ心臓まで達した歯周病菌は、細菌性心内膜炎、冠状動脈疾患、狭心症、心筋梗塞などの心臓病をひき起こすと考えられています。
歯周病でない人に比べて、致命的な心臓発作を起こす危険性が2.8倍にもなることが報告されています。

糖尿病の人は歯周病が悪化しやすい
糖尿病の人は感染に対する抵抗力が低下しているので、歯周病が悪化しやすいことがわかっています。
また、逆に歯周病が原因で血糖値のコントロールが難しくなってしまうことがわかってきました。

喘息や肺炎などの呼吸器疾患との関わり
歯周病菌が気道に入り、気管支や肺に入った菌がそこで増えて炎症を起こします。
高圧蒸気滅菌器
お口の中のお手入れが悪いと、歯垢が溜まっていってしまいます。歯垢が溜まったままの状態が続くと、唾液の中のカルシウムなどと結合して、固い歯石になってしまいます。歯石になると、歯ブラシでは磨いても落とすことができません。そこで、スケーラーと言う治療器具を使って歯石を落とします。歯周病を予防する第一の方法は、毎日の歯磨きですが、どうしても歯磨きだけでは歯垢を全て落としきることができません。定期的に歯科医院に通い、プロの手でのクリーニングを受けられてはいかがでしょうか?
Posted at 2018/11/12 11:22:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月12日 イイね!

歯周病とは、歯を失う3大原因の1番目で、歯周病は、歯周病菌が原因で進行します

歯が失われる理由として、一般的にはむし歯が一番多いと思われがちですが、実は最も多い病気が歯周病です。
最近ではテレビなどで歯槽膿漏という言葉を耳にする機会が増えています。むし歯と同様に、予防が大事です。是非、予防歯科のページをご覧ください。歯周病(歯槽膿漏)は、歯を支えている顎の骨を痛みもなく溶かしていき、一度溶けてしまうと、骨は再生することが出来ません。さらには、自分では気付かないうちに、強烈な口臭の原因となります。それだけには留まらず、歯周病は様々な病気との関連性が多いと言われています。患者様には、歯周病(歯槽膿漏)に関する正しい知識と予防策を身に付けていただくだけでなく、早期発見・早期治療、何よりも定期的なメンテナンスやクリーニングをすることで、未然に防いでいただくことをおすすめします。
歯科用エアーコンプレッサー
歯周病とは、歯を失う3大原因の1番目で、歯周病は、歯周病菌が原因で進行します。歯周病菌は「バイオフィルム」と呼ばれる、バリアのようなもので守られ、歯ぐきと歯の間にできた「ポケット」といわれる隙間を広げていき、歯周病が進行するにつれて、どんどん深くなり、歯ぐきを腫らし、歯を支えるための、大切な骨を溶かし、やがて歯は抜けてしまうという恐ろしい病気です。さらに、歯周病は全身疾患に発展します。今では、歯周病菌が体の中に入り込み、糖尿病や他の内臓疾患にも大きく関わっているということがわかっています。実際、糖尿病を患う患者様が、歯周病治療を受けて、どんどん症状が改善されていくところを、何人も目の当たりにしてきました。歯周病の治療と、糖尿病の改善の関係を目の前で見てきたのです。このようなことからも、歯周病のある方は、全身疾患の危険性を避けるため、もしくは改善するためにも、歯周病の治療をしっかりと受けられることをおすすめいたします。
マイクロスコープ 歯科
まずは「基本治療」となります。
・正しいブラッシング = プラークコントロール
・原因となる歯垢や歯石の除去 = スケーリング
・歯の根の面の滑択化 = ルートプレーニング
・歯周ポケットの掻爬
・詰め物への処置
・ぐらぐらする歯の咬み合わせ調整
歯垢の除去をプラークコントロールといい、ご自宅でのブラッシング、セルフチェックです。スケーリングは、歯科医院で、歯の表面や根の表面の歯垢歯石を器械で取除く事です。ルートプレーニングは、歯科医院で、歯の表面のザラザラや、歯石や、細菌で汚染された部分を除去することで、スケーリングと同時に行われます。
歯周病の進行に伴って、歯がぐらついてきますので、その負担を軽くするために、咬み合わせの調整を行います。これらの基本治療を行うことによって、ポケットの深さが浅く維持すれば、メンテナンス(定期検診)と移っていきます。
Posted at 2018/11/12 10:52:36 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月09日 イイね!

この年代になると、幼い時の歯みがきの習慣によって大きく差が生じてきます

これからの歯科医療は「痛くなってから治療する」のではなく、「口腔内の病気をあらかじめ予防する」事が重要視されています。
将来的に生じるお口のトラブルを未然に防ぐことによって生涯にわたって健康な状態を保てる事につながると考えています。医療が発展し、世界的に見ても長寿とされている日本ですが、寿命が長くても「健康寿命」を長くしなければ、残された時間は「要介護」となり、現在の超高齢者社会における日本の状況はさらに悪化していくと懸念されています。生涯にわたって「噛める」という状況が「健康長寿」を達成する一つの要因になると考えられてきていますが、歯科治療の重要性はまだまだ認知されていないのが現状です。ここでは、ライフステージに沿って、注意しなければならない事や歯科医院での上手な治療の受け方を説明致します。
歯面清掃用ハンドピース
青年期(18~39歳ごろ)
この年代になると、幼い時の歯みがきの習慣によって大きく差が生じてきます。親御さんの手を離れ、自分で色々な事が行えるようになってきた反面、お口の中のお手入れも雑になってしまう方も多くいらっしゃいます。また、歯科医院に通院するのが面倒になってくる年代でもあります。学生さんであれば、学校の行事や部活動などで時間が取れない、社会人の方であればお仕事が忙しくて来院する時間が無い、といって、痛くなるまで放っておく方も少なくありません。この年代のうちに、しっかりと定期的に歯科医院で検診する、クリーニングを含めた予防処置を行う、毎日の口腔ケアを習慣づけることで将来生じるトラブルの多くを回避できます。

こなかったので歯を喪失した」などの症状・自覚のある方は注意が必要です。そのまま放置していけば、壮年期・高年期になった時に多くの歯を喪失し、咀嚼能力が落ち、医療費もかかるうえに、健康状態が悪化していく可能性もあります。
しっかりと意識改革をして、歯科医院への通院をしていきましょう。
オートクレーブ滅菌
壮年期(40~64歳ごろ)
お仕事や家庭で円熟した時期にあると思いますが、身体機能などは徐々に低下してきています。 健康についての関心も高くなる半面、色々な不安に悩まされる年代でもあります。
多忙な時期は、不規則かつ偏った食事生活になりがちです。正しい情報を基に定期的な健診で、ご自身の健康状態をしっかり把握するようにしましょう。
この年代で多く現れるのが「歯周病」です。虫歯とは異なり歯周病の症状ははっきりとしたものではありませんので、歯科医院での検査が必要になります。「歯がぐらつく」「歯肉から出血する」「口臭がきつい」などの症状が顕著な場合は歯周病が進行している可能性があります。
また、これまでに多くの歯を治療してきた方は、再度精密な検査をお勧めしています。
この時期に「以前治療した場所が悪くなってきた」「装着しているブリッジや義歯の具合が悪くなった」という患者さんは少なくありません。
比較的時間の余裕ができ、健康にも関心が深くなってきたこの時期に、お口の中全体の治療を行い、口腔環境を整えることが出来れば、高年期・老年期になった時にも、しっかり咀嚼し実りある生活を送れるようになります。
Posted at 2018/11/09 16:15:48 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年11月09日 イイね!

予防歯科とは現在はもとより未来にも繋がる「究極の無痛治療」ともいえます。

今までは、むし歯や歯周病で歯が痛くなってから、歯医者さんに行き治療を行うという流れが多かったと思います。
しかしそれでは、だんだんと大切な歯を失うことになってしまいます。虫歯部分を削って詰めて、また虫歯になって削って詰めて…を繰り返してしまうと、最終的にはどうなってしまうかご理解いただけると思います。

これからの歯科治療は、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するのではなく、いかに健康な状態を長く維持する事ができるかが重要なことだと考えられています。それが「予防歯科」という考えです。
予防歯科とは現在はもとより未来にも繋がる「究極の無痛治療」ともいえます。
超音波スケーラー
歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌(細菌)に感染することで歯ぐき(歯肉)が腫れたり、出血などで疲弊し、最終的には歯が抜けてしまう病気です。
初期の段階では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いのですが、日本人が歯を失ってしまう最も大きな原因が歯周病なのです。実際には日本人の成人の約80%が歯周病(歯肉炎・歯周炎)に罹患しているという統計もございます。

イトーデンタルクリニックでは、虫歯や歯周病予防の為、PMTCに力を入れております。PMTCとは、「プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」 の略で、直訳すると「歯科医院による機械的なお口の清掃」という意味になります。
実際にPMTCを経験されると、歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。
パルスオキシメーター
PMTCで得られる効果
口臭予防…口内の菌の減少により、口臭も軽減します。
歯周病の改善…口内の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。
虫歯予防…口内の細菌を減少させてプラークの再付着を防ぎます。
審美性の向上…着色を除去して、光沢のある歯の表面を回復します。
歯質の強化…フッ素入りの研磨ペーストを用いることにより、歯の再石灰化を促進して歯質を強化します。

歯周病は、歯周病菌が歯を支える骨を溶かしてしまう病気です。自覚症状がないまま進行するため、歯を失う原因のトップになっています。しかし、歯周病の原因であるプラークや歯石は、日常の歯磨きと定期的な歯科検診で簡単に予防することができるのです。歯と歯の間や、歯の裏など、磨きにくい箇所に歯垢は残ってしまいます。例えるなら、毎日お風呂に入って体を洗っていると思いますが、「あなたの背中はきれいですか?」おそらく洗えてないと思います。だれかに洗って貰えれば当然綺麗になるでしょう。
Posted at 2018/11/09 12:30:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「歯周病は、 慢性期 <=> 急性期 をランダムに繰り返し、進行していく病気です。 http://cvw.jp/b/2610573/42176429/
何シテル?   11/12 15:44
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.