• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

hanomamoriのブログ一覧

2018年05月31日 イイね!

歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます

歯周ポケットの内部にできたプラークやバイオフィルムは、歯科医や歯科衛生士でなければ除去不可能です。つまり口腔内環境の健康維持には、ご自宅でのケアと歯科で行うケアを両立して行うことが欠かせません。

歯周病の原因
お口の中には数百種類もの細菌が住んでおり、歯磨きが不十分であったり、体調が悪くなって免疫力が低下したりすると、お口の中にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が作られます。なんと、たった1mgのプラークには10億もの細菌が含まれており、これが虫歯や歯周病の原因になり、歯周病の場合は骨まで溶かしてしまいます。さらに、プラークはやがて固まって歯石となり、歯磨きだけでは取れなくなってしまいます。
家庭用超音波スケーラー
歯周病の進行過程
健康な歯肉
特徴
歯茎が引き締まっており、色はきれいなピンク色で、弾力もあります。

歯肉炎 
特徴
歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます。

歯周炎 
特徴
歯茎が腫れて赤くなり、歯磨きをすると出血します。また、歯茎が腫れたことで、歯と歯茎の間に歯垢が溜まりやすくなります。
生体情報モニター
 歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる 
特徴
歯茎がさらに腫れて、赤紫色になってしまいます。歯茎の中に膿が溜まる、骨が溶け出すなど、重大な症状が現れます。

どれくらい歯周病が進行しているかに関わらず、まずはお口のプラークや歯石を除去すること、そして歯の根っこ部分まできれいにお掃除するルートプレーニングが基本的な治療となります。これらを継続することで歯周病の改善が見られる場合は、定期検診とメンテナンスを続けていくことになりますが、改善しない場合は歯茎を開いて歯の根っこに付着した歯石を取り除く歯周外科手術が必要となります。
Posted at 2018/05/31 15:12:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月31日 イイね!

歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます

歯周ポケットの内部にできたプラークやバイオフィルムは、歯科医や歯科衛生士でなければ除去不可能です。つまり口腔内環境の健康維持には、ご自宅でのケアと歯科で行うケアを両立して行うことが欠かせません。

歯周病の原因
お口の中には数百種類もの細菌が住んでおり、歯磨きが不十分であったり、体調が悪くなって免疫力が低下したりすると、お口の中にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が作られます。なんと、たった1mgのプラークには10億もの細菌が含まれており、これが虫歯や歯周病の原因になり、歯周病の場合は骨まで溶かしてしまいます。さらに、プラークはやがて固まって歯石となり、歯磨きだけでは取れなくなってしまいます。
歯科技工用マイクロモーター 
歯周病の進行過程
健康な歯肉
特徴
歯茎が引き締まっており、色はきれいなピンク色で、弾力もあります。

歯肉炎 
特徴
歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます。

歯周炎 
特徴
歯茎が腫れて赤くなり、歯磨きをすると出血します。また、歯茎が腫れたことで、歯と歯茎の間に歯垢が溜まりやすくなります。
家庭用超音波スケーラー
 歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる 
特徴
歯茎がさらに腫れて、赤紫色になってしまいます。歯茎の中に膿が溜まる、骨が溶け出すなど、重大な症状が現れます。

どれくらい歯周病が進行しているかに関わらず、まずはお口のプラークや歯石を除去すること、そして歯の根っこ部分まできれいにお掃除するルートプレーニングが基本的な治療となります。これらを継続することで歯周病の改善が見られる場合は、定期検診とメンテナンスを続けていくことになりますが、改善しない場合は歯茎を開いて歯の根っこに付着した歯石を取り除く歯周外科手術が必要となります。
Posted at 2018/05/31 12:16:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月31日 イイね!

予防における大切な基盤となるのは、毎日のホームケアです

こういった症状が見られる場合、歯周病にかかっている可能性があります。また、初期には自覚症状が出にくいために、このような異変に気づいたときにはすでに進行していることが考えられます。歯周病は虫歯と同じく決して自然治癒しないため、早期発見・早期治療が必要です。少しでも違和感を覚えたら、できるだけ早く箕面市の歯医者「箕面おとなこども歯科」までご相談ください。また歯周病は、虫歯とともに予防が可能な病気です。
パルスオキシメーター
歯周病は歯を失う病気です
歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石に棲みつく歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていく病気です。悪化すれば歯は支えを失ってグラグラになり、最後には抜け落ちてしまいます。

日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられているのは、実は虫歯ではなく歯周病です。日本人の成人の約8割が「歯周病である」もしくは「予備軍である」とされるほど、広く蔓延しているのです。つまりあなたも、すでに歯周病にかかっているかもしれないのです。

ご自宅での"ホームケア"
予防における大切な基盤となるのは、毎日のホームケアです。毎日ブラッシングしていても、正しくみがけているかは別の問題。一人ひとりのお口の状態に合ったみがき方で行うことが大切です。
歯科用マイクロスコープ
歯科医院での"プロケア"
ご自宅で毎日きちんとブラッシングしていても、残念ながらすべての汚れを落とすことはできません。そこで歯科医院で専門的なケアを行い、歯と歯、歯と歯ぐきの境目などにこびりついた汚れを、残らず取り除くことが必要です。定期的にプロケアを受けていれば、虫歯や歯周病を予防できる確率は大幅に上がります。積極的にプロケアを受けましょう。
Posted at 2018/05/31 11:41:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月30日 イイね!

虫歯の原因となっているものをみなさんは知ってしますか?

菌が歯の表面に付着して糖分と接着した時点で、酸の発生が始まります。
つまり、口の中を細菌だらけにしたまま、飲食物を口の中に入れると細菌と糖分の接触が頻繁に行われます。その分酸の量も多くなるので虫歯になりやくなります。
超音波スケーラー
ですので、食事をしてから早めに歯磨きをすることで細菌を除去できるので酸の発生を抑える事ができますので虫歯になるのを防ぐいわゆる「予防」になるわけです。
虫歯になるSTEP
虫歯の原因となっているものをみなさんは知ってしますか?
虫歯の原因は、プラーク(歯垢)に含まれている細菌です。その細菌を「ミュータンス菌」と言います。
このミュータンス菌が飲食物から「糖分」を取り込み「強い酸」を作ります。この「酸」が虫歯の主な原因です!虫歯になるプロセスには5段階あります。では実際どのような過程を経て虫歯になってゆくのかのプロセスを説明したいと思います。
ワックスペン
(1)感染
まずはじめに、歯の表面に虫歯の原因となるミュータンス菌が付着することが始まります。ミュータンス菌は、歯の表面でどんどん増殖をしていきます。ここで大切なことは、歯磨きでこの菌をしっかりと落としていくことです。また、歯と歯の間など自分では磨きづらい箇所は、歯科医院で専用の機械による掃除(PMTC)などを受診するといいでしょう。
(2)糖を分解
口の中に運んだ食べ物が含む糖分を、ミュータンス菌が持っている酵素が分解を始めます。この糖の分解が始まると次のSTEPに進みます。
(3)酸を産生し不溶性グルカンを形成
(2)のSTEPで分解された糖分は、さらにミュータンス菌の持つ酵素の力により「酸」と「不溶性グルカン」を作り出します。またこの不溶性グルカンは、歯に菌をつけやすく抗菌剤などからも菌を守り保護する働きをします。さらに、この不溶性グルカンは、酸と一緒となり温床を作りだしミュータンス菌をさらに増やしていきます。
(4)エナメル質を脱灰
歯の表面のカルシウムであるエナメル質を、STEP③で生み出された「酸」のより溶かしてしまいます。(エナメル質を脱灰)
この歯の表面のエナメル質が溶けたのが、虫歯です。さらに、この発生した酸を不溶性グルカンが閉じ込めてしまいます。
(5)実質欠損
歯の表面であるエナメル質が溶けると、Caイオンが抜けてしまいます。また、エナメル質も崩壊してしまいます。このエナメル質は、他の体の骨と違い自然に再生することはありません。つまり、1度エナメル質が溶けて欠損してしまう自然に治癒しないので痛みがなくても歯科医院にて治療が必要です。
Posted at 2018/05/30 15:39:15 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年05月30日 イイね!

歯周病とは、プラークに棲む歯周病菌が炎症を起こし、歯ぐきや歯を支える顎の骨などの歯周組織を破壊していく病気

悪化すれば最終的には、歯が抜け落ちてしまいます。実際に、日本人が歯を失う理由の第1位が、歯周病であるというデータも出ているほどです。
また歯周病は、口腔内の症状だけに留まる病気ではありません。細菌が血管を介して全身をめぐることで、さまざまな全身疾患を引き起こしてしまうのです。それには、動脈硬化や心臓病、肺炎のほかに、早産や低体重児出産などが挙げられており、糖尿病に至っては互いに症状を悪化させてしまうという特殊な関係を持っています。歯周病は、ちょっと歯ぐきが腫れ、グラグラするだけの病気ではありません。できるだけ早く見つけ、その進行を食い止めましょう。自分の歯があることの素晴らしさに気付くのは、残念ながら歯を失ってから。失ってはじめて「どうしてもっと早くから、自分の歯を守ろうとしなかったのだろう」と後悔する方は少なくありません。近年では、大切な歯を失わないよう、予防歯科に力を入れている歯科医院が増えています。そして、その重要性は患者さん自身にも認識されつつあります。歯を失う原因として代表的な病気である虫歯と歯周病。これらの病気は原因が明らかなため、ケア次第で予防することが可能です。日頃からの適切なブラッシングと、歯科医院での定期検診における予防処置・メインテナンスを習慣付け、大切な自分の歯を自らの意志で守っていきましょう。
マイクロモーター ハンドピース 
歯周病の特徴
•朝起きたとき、口の中がネバネバする。
•ブラッシング時に出血する。
•口臭が気になる。
•歯肉がむずがゆい、痛い。
•歯肉が赤く腫れている。 (健康的な歯肉はピンク色でひきしまっている)
•かたい物が噛みにくい。 
•歯が長くなったような気がする。
•前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に 隙間がでてきた。

このような症状がひとつでもある人はある程度の差はあれ、歯周病の可能性があります。心当たりがある方は、検査を受けることをおすすめします。
コントラ 歯科
基本治療
この療法は、ほとんどの歯周病に対する基本的な治療法です。ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行います。
スケーリングは歯の表面や根の表面の歯垢歯石を取り除くことです。ルートプレーニングは根の表面がざらざらしたり、歯石で満たされていたり、毒素や微生物で汚染された表層をきれいにすることです。このことにより、歯周組織が改善され、ポケットの深さが浅く(2mm~3mm)維持されればメインテナンスに移行します。 
歯周外科治療
基本治療でポケットの深さが改善されず、ポケット内で細菌が生息し、ブラッシングでは除去できない状態や、歯周病の状態の進行が進んでしまった状態に対しては外科的にポケットの深さを減少させる手術があります。また特殊な材料を用いて部分的に失われた骨を再生させる手術を行うことも可能です。 手術を行いポケットが改善されればメインテナンスに移行します。
Posted at 2018/05/30 11:46:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「歯並びが悪い、歯の色が変色してしまったなどのトラブルを解決する治療です http://cvw.jp/b/2610573/41959984/
何シテル?   09/18 12:31
hanomamoriです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/5 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

BMW 1シリーズ ハッチバック BMW 1シリーズ ハッチバック
BMW 116iに乗っています。

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.