• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しんむらけーいちろーのブログ一覧

2007年04月27日 イイね!

HACHiRoCK!! FESTA 2007 

HACHiRoCK!! FESTA 2007 






もう、 ユウさんや86ひろサンのブログで 見られてると思いますが
この「HACHiRoCK!! FESTA 2007」
ポスター・・・と言うか、
本番の方のハチロクのイラスト
この しんむらけーいちろーが 引き受けるコトになりました~!!


ん~~~・・・ まだDDやっているので
終わったら サクッと描きますので
実行委員会サン、もうしばしお待ちを~~~!! m(_ _)m


ん~~~ どんなのにしようかなぁ~~~・・・・・。(謎)



日時 2007年9月23日(秋分の日)
     AM9:30~PM4:00

開催場所 相模湖ピクニックランド  第4駐車場





Posted at 2007/04/28 06:56:21 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2007年04月26日 イイね!

「のだめ」もイイけど「GREEN」もイイよ。

「のだめ」もイイけど「GREEN」もイイよ。








もう お茶の間ではお馴染みだと思われる「のだめカンタービレ」ですが
自分は ドラマの方は 1回も見てなくて
(拒否したのではなく 忙しくて見れなかった)
深夜の休憩中 アニメの方を見てハマり 
「面白いネ」と言っていたら ウチのアシスタントから 
同作者:二ノ宮知子先生の「GREEN」を薦められ
読んだら 超オモシロかったデス!!


自分は ぶっちゃけ 同業者でありながら
少女漫画は ほとんど読んだコトはなく
過去に 小学校の時 クラスの女の子が持って来ていた
「キャンディ・キャンディ」をペラリペラリめくった程度・・・。

他は コレ 少女漫画と言っていいのか「ハイティーン・ブギ」

あと「ホットロード」ぐらい・・・。(不良モノしかないのか・・・オレ・・・)(^^;

コレは 唯一 少女漫画で本当のバイクの香りがした漫画でした



まあ、ちょっと脱線しちゃいましたが
ようは よくある少女漫画のコマ運びに 抵抗があって
ほとんど 少女漫画は読まなかったのですが
この 二ノ宮先生の漫画は 読みやすく
ギャグとコマのリズム感が 非常に自分に合って
サクサク楽しく読めました~~~。


「のだめ」でオーケストラをテーマにしたコトもすごいですが
コチラ 「GREEN」では 「農家のラブストーリー」と言うテーマに
超脱帽デス!!!


もし、「のだめ」にハマった方で この「GREEN」
まだ読んでない方おりましたら 是非 お勧めします♪ 


※ちなみに 自分 二ノ宮先生と知り合いでもなく 回し者でもありません。
読んで 面白かったので書いたまでです。ハイ。(^^;

Posted at 2007/04/26 23:59:47 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2007年04月25日 イイね!

僕と尾崎豊。 追伸

僕と尾崎豊。 追伸










今朝 寝る前に 文を書き
今起きて 読んでみて ふと思ったのですが
「尾崎豊」と言うと 本人だったり 歌詞だったりで
いろんな角度からの見方があるため 
違う角度から見た場合 僕が書いた文とは 
かなり食い違いが起きそうな気がしたので 少々 訂正を。


僕の言葉の表現が悪かったかもしれませんが
「お前達の時代をどうこう言わない分 オレの時代に口出すな!!」
と言う文で一番伝えたかったのは
「尾崎の時代こそが正義」とか「中心」と言う意味ではなく


人はそれぞれ 自分の輝いた時代があり
それを恥るコトなく いつまでも大切に守り続ければいい。

と言う意味です。



当然 逆の コト、モノに境なく 共感持てるモノもあると思います。 




あと 
自分の中で「尾崎豊」はいくつかの角度があって
1つの文にくぐれなかったため 今朝の文には 触れなかったのですが
当然 尾崎豊は 好きで
僕にとって 10代のカリスマでありました。

でも「完璧」なのか?問われると
そうでもない・・・と思い続けております。

「結果」と言う言葉から 見た場合
伝説として残されたのは 「10代の時の話」だけで
20代の尾崎は・・・と言うと 
薬、不倫、死・・・と悪いイメージしか 残ってないと思います。


しかし、コレはホローになってしまうかもしれませんが
この世に 発言があった場合 同意する者と 反対する者がいる様に
今、自分が 本や文を作る側にいる人間として 発言の重さがわかる分 
「10代のカリスマ」と言う イメージがつけられた 
尾崎の苦悩だけは なんとなく分かる気がします・・・。


また 僕は昔から
「完璧な人間なんてドコにもいない」と思っていたので
このような尾崎の結果は 
神様ではなく 人間だったんだな・・・とも取れました。


でも、それに対し 尾崎の死は 
正式な原因は知らない分 一概には言えませんが 
生きている人間から見れば「リタイヤ」と言う言葉にも取れるので
そこで 僕は 尾崎の死を 勝手に 
「あれは”継続する”と言う 
僕への最後の課題なんだな・・・
」と把握し 
今でも それが自分への挑戦だと 思い込んでおります。



 
Posted at 2007/04/25 17:36:52 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2007年04月25日 イイね!

僕と尾崎豊。

僕と尾崎豊。










4月25日と言えば 尾崎豊の命日である。

あれは1992年の出来事なので 
今からもう15年前のコトになるのかな・・・。


あの出来事の数日前
僕は漫画家のデビューが決まり
名古屋から講談社に来ていました。


そして 担当と会う時間が早く着きすぎたので
講談社から すぐそばの護国寺へ歩き
そこを渡る歩道橋に登り
東京の景色を見ながら 
なぜか 尾崎豊の唄を口ぶさんでいたんです。



その数日後 ココが葬式の行列になるとは知らずに・・・。




僕にとって 尾崎と言えば 10代の頃は当然、
その後も 夢を食って生きてきた人間なので
あの唄に何回か支えられて来ました。

いや、
今でも 時には支えてくれています。





でも最近 一週間前かな・・・
朝日新聞で ある記事を見たんです。



”最近の若者には 尾崎豊の唄が 胸には届いていない”と。




「なんてこった・・・」とは口に出しましたが
確かに僕達のような80年代を生きた者と
今の10代とでは 環境も生活リズムも違う・・・。


逆に考えてみれば あの頃 自分達の反抗は
僕達より一時代前の 親、教師など考え方のズレからの反発だったハズ。


僕は 当時 吉川晃司の「すかんぴんウォーク」と言う映画の中で
「吸ってる空気が違うんだ!」と言うセリフに
ものすごく共感を持ったコトを今でも覚えています。


それもあって 自分は 「時代の差」だけは意識していて
アシスタントや後輩など20代の子達と 会話をしていると 
時代の差が出る時は多く 自分の時代の話すコトはありますが 
それに共感せよとか 従えとかは あえて言いません。

勿論 その裏には
判断するコトを任せている分
それを活かすかどうかは 自分次第と言う 意味も含めていますが・・・。


それに対し 自分が話す分 それぞれの時代を聞く耳だけは 努力しています。




まあ 少し話は反れてしまいましたが
このように話しますと 僕が時代に合わせているように思われますが
そんなコトはなく コレは逆で取れば
「お前達の時代をどうこう言わない分 
オレの時代に口出すな!!」

と言う 意味もあるのです。



結局 僕自身は 反抗の延長にしかすぎない欠陥品の人間なので
自分が一番好きな時代を今でも主張してんだと思います。



その証拠が 僕のハチロクであり
僕の漫画なんだと思います。



まあ そうは言え 少しは時代に合わせるコトはありますけどネ・・・。(^^;



纏めとして

この世が 尾崎豊の歌詞が「時代」と言う言葉で消しつつあったとしても
僕は その尾崎豊の歌詞を 「時代」ではなく
「1つの歴史」として まだまだ主張し続けたいと思っています!!




ちなみに 
当然 今は 尾崎の歌をかけてますヨ♪













 
Posted at 2007/04/25 05:11:32 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2007年04月23日 イイね!

FLAT OUT 裏話 9

FLAT OUT 裏話 9






いよいよ 初ラリージャパンのフィナーレとなりました。



WRC優勝は 大半の方が願ったと思われる
母国にて国産車での勝利。




そう スバル(ペター・ソルベルグ)の優勝!!



そしてPCWRCは 新井サンが優勝!!





スバル・チームに取っては 最高のシナリオだったと思います。。。



まあ こんなコト言ってたかは わかりませんが・・・。(笑)






ってゆーか、表彰台付近は このように盛り上がっている中
ワタシはドコかと申しますと・・・。







表彰台のはるか後ろのサクの向こうでした・・・。(泣)





もうちょいズームUPすると 皆サマの後ろ姿が見えたり・・・。(泣)






なんで こうなったかと申しますと
コレは現地にいた方でないと 少々説明しずらいのですが
フィナーレ(表彰台)の場となった 
北愛国サービスパークの その通路が
通常ならば左右へ渡れるブリッジで繋がっていたのですが
閉鎖となり また出口付近も閉鎖され
タイミング悪く 読者達を見送るため駐車場に回った私は
戻ったら 通れた道が塞がれ
表彰台のそばには行けれなかったのデス。。。(T-T)




でも さすがWRC!



同じ世界最速の競技でも F1とは違って
こんなトコに居ても そばで マシンやドライバーが見れるのデス!!















そして、フレンドリーさを痛感したのは
この網の向こう側でも
サインしてくれる方もいる!!!






ちなみに この時 
「今年で引退されるんじゃないか・・・」と噂されていた
サインツが そばで見れたのは嬉しかったデス。



ワタクシの”ラリー”と言えば
ランチャ・ストラトスから始まるモノの
マジマジとWRCとして 見るようになったのは
自分が免許を取った頃の話で ランチャがインテグラーレで
ドライバーは カンクネンなどがメインで
サインツはまだ「若手」に含まれ 
セリカでランチャや他社とのバトルを ワクワクして見たモノでした。。。


そんな あの頃の想いをめぐらせながら 
「とうとう引退か・・・。」と
自分のあの時代と照り合わせながら ちょっとジ~~ンとしながら 
サインツの雄姿を見届けました~。






そして 表彰式が始まり
ペターの声が 聞こえ
会場のみんなの声が ワーーーーーッと響いた時
自分は思ったんデス。





この多くのラリー・ファンの熱意を
マンガと言う形に変えるのは
オレの使命なのかな・・・と。






っつーコトで、勝手に自分で思い込み
まだ担当には話しませんでしたが
もう 心に やるコトに決意したのでした。( ̄ー ̄)b



つづく・・・。






Posted at 2007/04/24 03:04:07 | コメント(10) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「Jコミで長年封印されていた『プライベーターSAKI』 無料で読めるようにしたので みんな読んでネ~♪http://www.j-comi.jp/book/comic/43321
何シテル?   10/13 03:16
はじめまして。  イチ漫画家の「しんむらけーいちろー」デス。 基本的にクルマ、バイクを中心に漫画描いております。 読んだコトある方も 初めて知っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2007/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リンク・クリップ

K-すたでぃお 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/10/13 03:24:05
 
Toping Tune 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/04/14 04:07:29
 

お友達

イチ漫画家の「しんむらけーいちろー」デス。

自分はハチロクに乗ってますが
車種限定なく お付き合い下さいませぇ~。
638 人のお友達がいます
岡リ岡リ * ドカッちょドカッちょ *
サキガケサキガケ * ウッkeyウッkey *
ManiaxCars☆ケン太郎ManiaxCars☆ケン太郎 * ポルシェですわポルシェですわ *

ファン

581 人のファンがいます

愛車一覧

トヨタ カローラレビン トヨタ カローラレビン
新生 けーSPL 2007年 ユウさんの手により 改造手術され CP86さんのお陰で  ...
ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
ラッキーにも 偶然 WBC 王JAPANが世界一になった  2006年3月21日に納車さ ...
その他 その他 その他 その他
親友が長年乗り続けた29L それを継ぐために 自分が購入。 仕様は・・・ 大きく言え ...
その他 その他 その他 その他
コチラが 昔6万円で買った 4L3。 本当はCBXが欲しくて 先輩に聞いたトコロ 「C ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.