• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

yori4Cのブログ一覧

2017年07月02日 イイね!

7月2日富士アルチャレ第3戦に出場

7月2日富士アルチャレ第3戦に出場7月2日はアルファロメオチャレンジ富士第3戦に参加しました。
今回は参加クラスをこれまでのA150-0からMR300クラスに変更。初めて4CにSタイヤを履いての走行です。
前回のブログで紹介しましたが、これまでにLSD、アラゴスタの車高調サス、さらにレースチップを装着とかなりの投資額となっています。これらの効果がきちんと出れば富士の2分切りは硬いだろうな~♪なんて皮算用でアルチャレ第3戦を楽しみにしていました。

が、当日は朝方まで雨が降っていて朝のプラクティスは路面が乾ききらずに所々が濡れている状態。とっても嫌な路面です。このプラクティスはSタイヤの温存とサスやLSDの具合を見るためにラジアルのフェデラルRS-RRで走行。生乾きの路面でおっかなびっくり走ったとは言えタイムは2分4秒と何だかな~っていう感じでした。スプリングが硬くなったことで走り出しは濡れた部分でツーツー滑るのにビビッてしまって走りの感じがつかめなかったこともありますが、サスの状態うんぬんよりも加速がすごく悪いんです。ピットに戻ってクルマを改めて見てみると、何とリヤウイングが45度位に立っている!写真を取り忘れてしまいましたが、これが加速&トップスピードが伸びなかった主要因だったようです。

予選はウイングの取り付けボルト&ナットをしっかり締め直し、Sタイヤに交換して場内をちょろっと走って軽くタイヤの皮むきをして準備万全。路面もすっかりドライになったので後は結果を出すだけ!ただ、太陽が出てきて気温が結構上がってきたのでエンジンとタイヤの熱ダレが心配です。フラミンゴのMメカからはアウトラップでタイヤを温めてもう次の周からアタックで!と言われたものの走り始めが遅い私としてはなかなか2~3周目でタイムを出すのは至難の業なんです。

とは言えそうそう甘えてはいられないので頑張り、計測1周目に3秒5、2周目に1秒2とタイムアップし、次は行けるか?と思ったら1秒1で頭打ち。その後も少しラインを変えたりしてみたものの1秒4、1秒3と2分切りどころか2分1秒すら切れないという体たらく・・・。タイヤチョイスをミスったのかな~? それにエンジンも遅いな・・・。などとアレコレ考えながらピットに戻ってクルマを見ると、またしてもウイングが壁のように立っている~っ!コースサイドから見ていた人いわく、すぐに壁になっていたとか・・・。

ウイングの角度が一般的ないくつかの穴位置で決めるタイプではなく、リンクで調整するタイプなのでズレやすいみたいなのです。そこで、なんとかズレないようにウイングとステーの間にペットボトルのフタをかまし、ガムテープでぐるぐる巻きにして対策!ホントは安全かつカッコよくステーでつっかえ棒を付けたいところですが、そんな物はないので下の写真のようになりました。

何ともやっつけですが、ウイングが壁になってしまうとトップスピードが10km/h近く落ちてしまい、加速もものすごく悪くなってしまうので、まさに背に腹は代えられないのです。

今回のレースは最上位のSRクラスの参加が少なく、出走するもトラブルもあったりして予選結果は総合3位となりました。2分を切れなかったのは残念でしたが、Mメカと賭けをした決勝4位以内が見えてきました。とはいえ、後ろは予選6位までが1秒台なので決して油断はできません。一方、トップは各地のアルチャレで優勝している4Cが57秒台、2位は優勝経験のある147GTA3.2で59秒台なので、この2台と絡める可能性は・・・?何とか食らい付いていきたいところですが、私はオープニングラップが遅いので期待薄です。唯一、上位に絡めるとしたらスタートで前に出るしかありません。

スタートは今回は事前にローンチスタートを練習して備えました。そして、スタートシグナルに集中してブレーキをリリース、決まった!と思ったら目の前のポールの4Cの動きが遅い・・・・。右前の147GTAに並べると思ったところでアクセルを緩めつつ進路を変えたらローンチ効果が切れて一瞬失速。それでも前に出られそうでしたが、1コーナーが迫って引いてしまいました。これで2位以内の目はなくなりました。それよりも予選6位のケイマンSが真後ろに迫っていて焦りました。

決勝前にフラミンゴの社長ともしかしたらケイマンSはどんどん速くなるかも?と話していたのですが、まさにその通りの展開です。コカ・コーラでミスしたら100Rであっという間に接近してきて、その後も3周終了あたりまで気の抜けない状態でした。まあ、前の2台と離れてしまったのでレースを楽しめたとも言えますが。4周目からは一人旅といった感じになり、後ろを気にせずに走行。6周目に何とか2分00秒6が出ました。その後はリヤブレーキがタレ、最終周にリヤタイヤがタレました。結果的に目標であった2分切りは出来ませんでした。うーん、やっぱり人間力が足りないようです・・・。

今回Sタイヤはダンロップ03GのR2コンパウンドを選んだのですが、感覚としてはラジアルとグリップ力は大きく変わらない気がしました。ただ、タイヤがヨレながれも粘るような感じがあるのでもっとステアリングを切ってコジってアクセルを踏んで行く走りがいいのかも?周囲に同じタイヤを使っている人がおらず、適正な内圧がわからなかったのも問題でした。次戦の9月のアルチャレまでにうまくSタイヤを使えるように練習せねば!

動画はドラレコ動画です。オーニングラップが何故か100Rに入ってすぐに途切れて300Rになっています。前の2台がすぐに見えなくなってしまうので、一人旅の寂しい映像が続きます(笑)
Posted at 2017/07/03 11:50:00 | コメント(4) | トラックバック(0) | クルマ

プロフィール

「@HIDE@ビア さん、ありがとうございます。明日は炙ってみます。グラインダーはあるのですが、手持ちに頃合のディスクがなくて(汗)」
何シテル?   08/10 19:40
yori4Cです。 タイヤの付いている乗り物が好きで、ロードバイク(自転車)、バイクにも乗ります。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

フロントドアスピーカー交換。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/21 13:54:13
エアクリ交換(いちおう完成形) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/13 23:06:01
吸気温度対策 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/09 06:49:48

お友達

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

アルファロメオ 4C アルファロメオ 4C
アルファロメオ 4Cに乗っています。
アルファロメオ MiTo アルファロメオ MiTo
トヨタ86(現行型初期モデル)から2018年2月9日に乗り換えました。8年落ち走行5.1 ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.