• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年02月25日

朝靄の中の私感

朝靄の中の私感 相変わらず、曇り空が不思議と似合うCX-3です(^^)

でも、どこにタイトルの「靄」があるの!?

なんてツッコまれそう。
たしかに、山間のダム湖周辺も、そこに至るまでの道程も、外の視界はクリアそのものでしたから。

実は、朝の風景を霞ませていたのは窓ガラスの曇り(^^;)。

何故か、新入りのCX-3も前車のDJデミオも、エアコンを「足元暖房&デフロスター」の兼用ポジションにしていると役不足なケースが多くて、走行中にサイドガラスが何度も曇り始めてしまう始末(-_-;)。
先日の3人乗車時は仕方ないとしても、今朝は一人っきりのドライブだったのに。
都度、デフロスター専用ポジションに切り替えるのは面倒だし、あまりスマートじゃないんだけどなぁ・・・(-_-;)。
とにもかくにも、このガラスの曇り易さは、キャビン空間が極少なウチのRX-7とイイ勝負です。

さて、CX-3ガソリン車の納車とともにスタートした2月もあとわずか。
私が休日に新車をこっそり連れ出した様子を、似たようなブログタイトル(その1その2)縛りで綴ってきましたが、今回のその3で一応ひと区切り付けるつもり。
(語彙が少な過ぎて苦しくなったというウワサも 爆)

CX-3とは既に、単独ドライブで早朝の国道・バイパス巡航は実施したし、先日の家族ドライブで初の高速道路巡航と三桁国道ドライブも体験済み。
ここでは再び単独ドライブで山道をサッと駆け抜け、新入りのコンパクトSUVについての初期学習を終えたいと思ったのです。

とはいっても、前回の暗闇編ほど私自身の気合いは入ってなくて(苦笑)、感度を高めたオートライトに「あっ、もう全灯でなくてもいいんだよ・・・」とつい語り掛けてしまいそうになる時間帯に自宅を出発(^O^)。
(平たくいえば、とっくに夜は明けていた)
向かった先は、三桁国道をひたすら北上し、標高300メートル余りを一気に駆け上がった先にあるダム周辺。片道30分くらいのルートですね。

で、このステージで私が最も確かめたかったのは、CX-3のステアリングの手応え
そう、DJデミオの頃から、私が事あるごとに「直進するのが疲れる」と言って憚らない電動パワステの独特のフィーリングが、一転して右へ左へ忙しく舵を切るワインディング路でどのように映るのか・・・
期待を込めて表現するなら、直進時に感じた不満を補って余りあるほどの節度感あるパフォーマンスを見せてくれるのかが、最大の関心事だったのです。
些か浅薄ですが「真っ直ぐは苦手だけど、転舵は大得意」なんて展開があってもいいはずですからね(笑)。

しかし、やはりそうは問屋が卸しませんでした。

結局、走り慣れたワインディングにおいても、目から鱗な爽快なフィーリングは出現せず。
あ、別に期待通りに曲がらなかったとか、コントロールが難しかったという話ではないんですよ。
デミオよりも遥かにグレードアップした215/50タイヤや、遠慮がちに隠れた(苦笑)GVC効果もあって、狙い通りのライントレースを見事に披露してくれはしたのですが、一言でいうと「ステアリングを切るのがあまり楽しくなかった」のです。

たぶん、根っこは同じような気がしています。
直進時にせよ転舵時にせよ、主にステアリングを切り始めた初動の手応えに、私にとって違和感に感じる「期待と異なる反応」が潜んでいるということですから。
手応え(反力)があってほしい時にスッと肩透かしを喰らったり、逆にススッと動いてほしい時に妙な抵抗を感じたり。そんな按配なので、その次にステアリングを切り足していく瞬間も、手応えの継続的変化が今ひとつ掴み辛く、時に、路面との隔絶感さえ感じてしまうのです。

とにかく、都度都度、i-DMの青ランプが点くようなく会心の切り込み方を繰り出しても、手に伝わってくる手応えがあまりに通り一遍というか無機質というか、充実感に欠けるのですよ。くるくる回るゲーセンのハンドル感覚・・・といったら言い過ぎですけど(^^;)。
別に、私はピュアスポーツのRX-7のようなダイレクトさが欲しいわけではなく、せめてミニバンのビアンテくらい"血の通った"ステアリングを通じた対話がしたいだけなんですけどねぇ。

ちなみに、私が事あるごとに引き合いに出すビアンテのパワステは電動油圧式。
CX-3やデミオの電動式とは形式が異なりますが、その違いに原因を擦り付けるのはさすがに早計に過ぎます。だって、同じ電動式のアクセラXDはそこまで私のフィーリングは悪くないですからね。
元来のサスペンションジオメトリ―の違いも含めた、電動式パワステのチューニング・味付けの違いというべきであり、残念ながら現状は少なくとも、私の好みではないというだけのこと。

そう・・・ただそれだけの話なんですよ(^^;)。
だいいち、メインユーザーの嫁さんは本件全く不問なので、困り事や悩み事として顕在化しているわけではありません。むしろ、腕力のないドライバーにとっては、ステアリングの操作感がいつも一定で、しかも、できるだけ軽い方がよっぽど好都合ですからね。

そんなわけで、私がDJデミオ時代から騒ぎ続けているステアリングの手応えの些細な問題も、CX-3の嫁さん専用車としての資質を脅かすものではありません(^^)。
当の私にしても、動力性能や安全性能で初期型デミオから格段の進歩を遂げたCX-3の存在は、家族が利用するマイカーとしてはホントに頼もしい限り。
デザインに惚れ込んだ弱み?もあるので、これからもしっかり向き合っていきたいと思います。
ブログ一覧 | 隠れ家のCX-3 | 日記
Posted at 2018/02/25 18:12:02

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

WRX STI インプレッション  ...
Ron Stinxさん

CX-3 改良型の試乗記から
シロナガスさん

壊れたっぽい。
弓ム日月さん

東京モーターショー2015 マツダ ...
b-basicさん

営業バンが高速をぶっ飛ばせる理由2
マスタングさん

Gベクタリングコントロール搭載車( ...
よしゆき@青粋さん

この記事へのコメント

2018/02/25 19:37:49
こんばんは♪
油圧を長く乗ってきた我々にとって、なかなか電パは馴染めないですね。
私も重量的には厳しいですが、燃費とフィーリングの最善の落としどころは電動油圧だと思っています。
電パのフューズを外すして運転したらどんなフィーリングなのでしょうかね?
コメントへの返答
2018/02/25 21:37:27
こんばんは!
電動なのできっと制御自体は緻密なのでしょうけど、それが旧来のフィーリングと相容れない上に、ドライバーの疲労を助長してしまうものとなると、燃費やコスト・重量と引き換えに失ったものは小さくないと感じますね。これも自動運転化への布石のひとつなんでしょうか(-_-;)
2018/02/25 22:55:23
こんばんは、
油圧のしっとりした感じ、特に切り始めのタイヤの撓みの手ごたえは確かに電パだと再現難しいかもですね、
電パに合わせてタイヤ側が撓みで操舵感を演出する場合もあるみたいで、
ミシュランはそいう方向らしいです、タイヤサイズと銘柄次第でフィーリングはある程度改善できるかもしれません。あとタイヤオフセットとスクラブ半径でも違うかも。
コメントへの返答
2018/02/25 23:24:16
こんばんは。
しっとりという表現、まさに言い得て妙ですね(^^)。不感帯から手応えが立ち上がる近辺なんて、明らかに感触が違う印象を受けますし。

なるほど、タイヤ側の特性との連携ですか! やけに手の込んだ演出ですが、一定の効果はイメージできますね。アクセラの電動式の印象が決して悪くないこととも関係があるかもしれません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

小学生時代のスーパーカーブームを機に、なぜか国産車に傾倒していった変わり者です。こちらではマイHPとかぶらないクルマネタで攻めたいと思っております(^^ゞ
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/4 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 
MZ RACING 
カテゴリ:My Favorite Site
2010/05/25 00:05:21
 

ファン

130 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型からスイッチしたⅤ型。以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
実家のアクセラXDを2017年8月に名義変更し、亡き父の所有から自称・孝行息子の私の所有 ...
マツダ CX-3 マツダ CX-3
2018年早々、諸事情でDJデミオを緊急放出したため、かねてから代替候補に挙がっていたC ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.