• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2021年05月16日

やっとのやっとで

やっとのやっとで 先日やっとGetした、MX-30 EVモデルのカタログ。

エンジン搭載モデルと比べると厚みはざっと約3分の1、内容も全体的に薄味で、ちょっと期待外れな感じでした。
果たして、このカタログを手にしたお客さんが、500万円もの高額商品の購入に踏み切る気分が高まるかというと、大いに疑問だったりして^^;。

先進安全技術の紹介頁がモノクロというのは…両モデル共通なので仕方ないとしても、MX-30特有のお洒落さのアピール頁がバッサリ端折られているし、何より、今このご時世にこのスペックのEVを国内に投入する意義や考え方がしっかり語られてないのは、心底ガッカリしたところ。
(誰とは言いませんが)仮に熱心なファンが、大枚叩いてマツダを応援しようにも、これでは購入前も納車後も、自らの選択の正当性を自信満々に周囲に主張できないのでは?と心配になってしまいますね…。

そんなEVモデルのカタログで目新しかったのは・・・
「充電設備の設置工事サポート」の頁。
別に、工事に関する詳細説明があるわけでもなく、要は「販売会社とよく相談してね」とのアドバイスなのですが、少なくとも私のマツダ車カタログコレクションの中では初登場のコーナーです(笑)。

その"おすすめ商品"の紹介に見覚えのある充電器があってビックリ。


そう、うちのガレージには200V用が当初から設置してあるのですよ。

「内燃機関を極めるマツダのファンですから、それ要らないですよ」

新宅の設計時、施主のおバカな発言をテキトーに聞き流した設計士さんが、良識に基づく適切な判断をしてくれた結果なのですが、当時の私は、建物の引渡し時にこの充電器の存在に気付き、思わず固まってしまったものです(笑)。
まさか、4年間でここまで世間の空気が一変するとはねぇ…
恥ずかしながら、世の中の常識にやっと意識が追い付いた感じ。

自分自身の読みの甘さも含め、かの設計士さんには全く頭が上がりませんなぁ^^;。

やっとといえば・・・

昨年の発売から半年以上も経過して、MX-30(エンジン搭載モデル)の試乗が叶いました(^^)。
この間、マイカーの車検等で頻繁にディーラーには出入りしていたものの、担当セールス氏やデモカーの状況とことごとく折り合わず、外内装の観察を毎回ただ繰り返すだけで、一度もクルマを動かす機会に恵まれなかったのです。

で、肝心の印象はというと・・・特段の感動はなかったという感じ^^;。
あ、誤解のないようにいえば、インテリアのセンスの良さは店頭で十二分に堪能していたし、マイルドハイブリッド機構はマイカーのMazda3(X)に搭載済みだったので、大きな感動を呼び起こすような要素が少なかったのですよ。
たしかに、「SKYACTIV-G 」と「 ISGモーター」が織りなす独特の駆動感覚は、MX-30が従来のマツダ車と一味異なると思わせる要素かもしれませんが、足回りやボディの印象も含めて、少なくとも10分間の街中試乗では他車との顕著な差は感じなかった、というのが正直なところでした。
よって、現在のCX-3の代替候補になるかといえば「Yes」とは言い難い感触ですね。

「次のマイカーは従来型のパワートレインにはしません」

今から3年前、CX-3(20S)の購入直後に担当セールス氏にこう宣言した我が家(というか、ワタシ 笑)。
最新のSKYACTIV-G,SKYACTIV-Dに加え、旧世代のMZRやREまで混在するマイカーのラインアップを踏まえた将来展望であり、昨年のMazda3(X)の衝動的購入も、いわば"有言実行"の既定路線。
よってお次は電気モーターとくるわけで・・・

ただ、様々な内外の事情から、次に判子を押すまでの時間的な猶予はかなりありそう(苦笑)。
実は我が家、パワーソースのバラエティが豊かに見えて、5台中3台が同じ「レシプロガソリン車」だったりもするので、今後はマイカーの思い切った統廃合も視野に入れながら、かねてから(勝手に)提唱し続けている「用途別の○台体制」をしっかり維持・発展していかねばと思っています(^^)。
ブログ一覧 | 隠れ家の乗り物 | 日記
Posted at 2021/05/16 11:30:46

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

[ニューモデル]マツダ「MX-30 ...
ezoflatさん

MX-30が発売
タッチ_さん

[試乗インプレッション]マツダ「M ...
ezoflatさん

[EVモデルを追加]マツダ「MX- ...
ezoflatさん

謎に包まれた新型MAZDA2
タッチ_さん

マツダが挙げる狼煙は復活へ繋がるか ...
仁政さん

この記事へのコメント

2021年5月16日 14:16
建築士さん偉いですね。
頼まれてないと言うことはサービスですよね。
クルマ好きのガレージには200Vが必要と言う事お見通しでした。

EVは自宅で充電できて、遠出用の車があれば、アリだと思います。
税金は安いし、電費は安いし、走りも良いです。
EVは、今は待てば待つほど、値段が下がって性能が上がるので、買い時はもう少し先だと思いますが。

しかし、RE、SKY-G,D,XときてEVが揃うと、マツダパワーユニット博物館の様相を呈してきましたね(笑)。
コメントへの返答
2021年5月16日 15:17
ハイ、とても偉かったです。
ただ、設置中止を明確に指示したわけではなかったので、母屋の方にはご丁寧に充電のON/OFFスイッチまで付いております(^^ゞ。

EVの適用についてはまさに仰る通りで、"自宅充電可"な我が家には、"近距離のチョイ乗り専用"車が既にいますので、ぴったりそのポジションにハマるんですよね。モニター役(人柱?)としてはうってつけだと思うのですが、どこからも声は掛かりません(笑)。

そうですね。パワーユニット博物館を、用途やカテゴリーのダブらないマツダ車たちで実現できたら、理想的ですね(^^)。
2021年5月18日 9:39
マツダのカタログは、もはや写真集のようで…あとは営業マンの説明を受けろってスタンスらしいですが、プレミアムブランドを意識しすぎて間違えた方向に突っ走っている気がします。
マツダを大量に乗りましたが、このままだと次は他社だな…と思ってます。
コメントへの返答
2021年5月18日 13:01
写真集であればお客さんもそのつもりで捲るのでしょうけど、商品カタログですからねぇ。
MX-30 EVモデルのように丁寧な説明を要する新基軸の商品で、そこが薄味というのは・・・orz

おすすめアイテム

プロフィール

小学生の時代に到来したスーパーカーブームがほぼ終わりかけた頃、極めて身近な存在だった国産車、とりわけ強烈な個性が滲み出る'50s~'60sの旧車に強い興味を持っ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2021/9 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

MAZDA VIRTUAL MUSEUM 
カテゴリ:My Favorite Site
2020/02/16 08:57:15
 
Jacobins Square  
カテゴリ:My Personal Homepage
2011/09/15 18:08:17
 
WW2 
カテゴリ:Our Enthusiastic Project
2011/09/15 18:06:58
 

愛車一覧

マツダ RX-7 マツダ RX-7
独身時代の2000年にⅣ型から買い換えたⅤ型。 以降5年間で計29回のサーキット走行に供 ...
マツダ MAZDA3 ファストバックハイブリッド マツダ MAZDA3 ファストバックハイブリッド
見る者をハッとさせる造形、個性とセンスが光る色合い、世界の最先端を窺う新世代エンジン、操 ...
マツダ CX-3 マツダ CX-3
2018年早々、諸事情でDJデミオを緊急放出したため、かねてから代替候補に挙がっていたC ...
マツダ ビアンテ マツダ ビアンテ
我が家の遠出&多人数移動用の三列シート車として、V6フレンディのショートリリーフの跡を受 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2021 Carview Corporation All Rights Reserved.