• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

TAKA +のブログ一覧

2007年02月28日 イイね!

LANDER購入大作戦 その8 最終決戦


 2月13日。仕事帰りに三菱に寄る。「オプション、考えて来てもらえましたか?」というAさんに、コーナーセンサー、シートカバー、マッドガード、トノカバー、ラゲッジマット、ワンタッチサンシェードの6点のオプションを付けてほしいと伝える。Aさんは「わかりました。頑張ってみます」と店の奥に向かった。もうアウトランダー購入の気持ちは固まっている。それをAさんに言うべきかどうか、悩むところだ。もっともまだトヨペットにもホンダにも断りの連絡はしていないが…。

 オプションサービスの5.25万円を差し引いても、プラス10万円以上の上乗せになってしまった。出してくれた見積もりの支払い総額は277万円。これじゃハリアーとの価格差が40万を切ってしまう。オプションは便利だが、支払い総額が上がるのはさけなければならない。考え込んでいると「この中で一番必要ないと思うものはどれですか?」と聞かれ、ラゲッジマット、ワンタッチサンシェードあたりは差し迫って必要ないだろうと伝える。「わかりました。頑張ってみます。時間を下さい」というAさんにお願いし、店をあとにする。

 14日、三菱にて。17日からのフェアも近付き、Aさんも早く決めたい様子だ。どうやら他のセールスさんのところに、このアウトランダーを買いたいと言うお客さんがいて、その商談をストップしてもらっているようだ。あまりAさんに迷惑はかけられない。ラゲッジマット、ワンタッチサンシェードの2点を削って支払い総額は272万になっている。車両や付属品からの値引き額の上限が決められているようで、見積書ではセレナの下取りが15万円で計算されている。どうやら値引きはいっぱいいっぱいのようだ。

 フロントの見切りが悪いのを心配するカミサンが運転する時のことを考えてコーナーセンサーを希望したが、もともと付属のナビにはリアビューのモニター機能もついている。フロントのためだけのコーナーセンサー6.6万円はちょっといたい。カミサンと話し、コーナーセンサーをはずして265万円にしてくれたらAさんにお願いしようということになった。

 15日、決めるつもりで三菱のAさんを訪ねる。コーナーセンサーはずしの、支払い総額265万円の話をすると「ちょっと時間を下さい」と言って店の奥に向かった。しばらくして戻って来たAさんの顔は渋い。「これ以上はちょっと…」と言ってAさんが渡してくれた見積書は、支払い総額265万円になっている。Aさんから見積書を受け取って、じっくりとひとつひとつの数字を追う。ラゲッジマット、ワンタッチサンシェードははずされている。セレナの下取り額もまたあがっている。最後の欄まで確認し、私が「この条件でお願いします」とAさんに伝えようとした矢先、Aさんが口を開いた。「わかりました。ラゲッジマットとワンタッチサンシェードの2点、無料サービスでつけます。私がなんとかします」どうやらAさんは見積書を受け取って何も言わない私を見て、私がこの金額では不十分だと思っているように勘違いしたらしい。

 「よろしくお願いします」

こうしてアウトランダーの契約が成立した。



  【 追記 】
         そして今日、いよいよ納車です。
Posted at 2007/02/28 07:52:42 | コメント(4) | トラックバック(0) | OUTLANDERのある生活 | 日記
2007年02月27日 イイね!

LANDER購入大作戦 その7 天王山の戦い


 2月11日。ハリアーのトヨペット、オデッセイのホンダ、そしてアウトランダーの三菱。
ディーラー巡りをして、今日のうちに候補車を絞り込むことにした。

 まず三菱へ。カミサンも久しぶりにAさんに会って懐かしそうだ。1台限定のお買い得車「アウトランダーG」への希望変更を伝え、見積もりを作ってもらう。見積もりを作ってもらっている間、二人で実車をチェックした。もともとカミサンはシルバー系の車を希望していたので色的には問題ない。私としては白も捨てがたいと思っていたのだが、初めてのシルバーも悪くないか、という感じだ。それにこのアウトランダーは設定されたどの色もなかなか個性的で、それぞれが良い味を出しているような気がする。

 1台限定のお買い得車「アウトランダーG」の見積もりは、ナビ(17.85万円)付きで、支払い総額は265.9万円。車体からの値引きには30万を超える金額が書かれている。それに15万キロも走って下取り価格はないと思ったセレナの13万円の査定も含め、値引きの総額は40万円は超えている計算になるだろう。新聞広告にあったようにフロアマットは付いてくるし、この上に5.25万円分のオプションがサービスになるので、たしかにお買い得だ。とは言っても展示車だから、その辺は差し引いて考えないといけないが…。そのディーラーには試乗車がなく、午後2時に別のディーラーで落ち合って試乗するという約束をして店を出る。カミサンはアウトランダーが気に入った様子だ。まぁ、これだけAさんが頑張ってくれれば悪い買い物ではなさそうだから、それも含めてということだろうが。

 三菱近くのD君のいるホンダへ。アブソリュートと同じ黒のパネルに変更するとプラス10万かかるという。たしかに実車の「M・Aero Package」の木目調のパネルはカタログよりは落ち着いて見えるが、やっぱり気になる。値段によっては考えるが、どうやらオデッセイは圏外へ。それでもセレナの下取りを頼んでいるところからの回答待ちということで、値引きは後で連絡させてくれと頼み込んでくる。夕方寄るから、それまでにフロアマットとバックモニター付きのナビを付属しての一発回答を、と伝えて店を出る。アウトランダーと同じ装備で比較したいと思ったからだ。もちろん大幅値引きもお願いしておいた。

 次はハリアー。トヨペットのH君にもアウトランダーと同じ装備となるフロアマットとバックモニター付きのナビを付属しての見積もりを出してもらう。ハリアーの支払い総額は353万円。ハリアーなら300万をきってくれれば考えようと思っていただけに、これは厳しい。50万以上の値引きが必要になる。これにはカミサンも渋い顔。ハリアーを気に入っていただけにショックの色は隠せない。支払い総額ではなく、支払い総額の差によってはハリアーも考える、ということ、あまり時間はかけたくないから一発で最大限の条件を出して欲しいということを伝え値引きを聞くが、セレナの下取りを含めて、315が精一杯だという。頑張ってくれているが、希望額とはまだ差がある。残念ながら候補からはずれそうだ。

 昼食をとって、アウトランダーの試乗に向かう。店の前でAさんが待っていてくれた。置いてあったのはアクアメタリックのアウトランダー。この色もなかなか良い。ドライバーズシートの調整をしてエンジンをかける。車幅感覚がつかめない。助手席のカミサンも大きさに不安そうだ。「エンジン回しちゃって大丈夫ですから」とリアシートに乗り込んだAさんは言うが、自分の車じゃないからやっぱり怖い。段差に気をつけて道路に出る。

 「ホントにエンジン回しちゃっても良いんだろうな」と思いながら、流れに乗ったところでアクセルを踏み込む。「オオッ!」セレナのターボに慣れた体には、このMIVECの加速は新鮮だ。パドルシフトもおもしろい。シフトのアップダウン、レーンチェンジやコーナーでの安定した足回り。スムーズに感じるのは車重の重いセレナとの比較だけではないだろう。雑誌やインターネットで書かれていた「運転が楽しい」というのは、こんなところなのかもしれないと思った。普通だと思っていたアウトランダーの走りは普通じゃなかった。ハリアー、オデッセイ、アウトランダー。価格が一緒だとしてもアウトランダーは第一候補になる車なのかもしれないと運転しながら思った。

 試乗した感想はAさんに内緒にして、お礼を言って店を出る。「すごく楽しかった」なんて本音を言うと「ここで決めちゃいましょう」とAさんに言われてしまいそうだ。カミサンもアウトランダーを気に入った様子。もうホンダには行かなくてもいいか、という気持ちになってしまった。

 約束だから仕方なくホンダに向かう。カミサンは近くで買い物してると言う。「一緒に行っても仕方ないから」ということらしい。オデッセイから、この気持ちを覆すほどの特大値引きでもあれば話は別だが…。

 D君の出してくれた見積もりは平凡なものだった。というより期待はずれといったところか。フロアマットとバックモニター付きのナビを付属しての販売価格は354万。セレナの下取りが10万で、値引きは24万。支払い総額は320万だという。「いかがですか、オデッセイは評判の良い車ですから、この値段であれば満足していただけると思いますが」と言われるが、正直この金額では話にならない。D君の「オデッセイには他車にはない良さがありますから」という言葉もイヤミに聞こえてくる。「検討してみる」という社交辞令が精一杯。早々に引き上げる。

ハリアー支払い総額、315万。
オデッセイ支払い総額、320万。
アウトランダー支払い総額、265万。これに5.25万円分のオプションが付く。

 ハリアー、オデッセイからナビをはずして計算しても仕方ないだろう。購入した後、やっぱりナビが欲しかった…なんて気持ちになるかもしてない。それにこの価格差では車格が違うとはいえ、コストパフォーマンスに差がありすぎる。展示車とはいえ、アウトランダーの値引きは大きい。Aさんの様子だと値引きでももう少し頑張ってくれそうだ。オデッセイは論外、ハリアーとアウトランダーを比較検討してみるが、この価格差はちょっとうめられない。検討の結果、アウトランダーを第一候補に決定した。


Posted at 2007/02/27 08:11:55 | コメント(2) | トラックバック(0) | OUTLANDERのある生活 | 日記
2007年02月26日 イイね!

LANDER購入大作戦 その6 アウトランダー編

 アウトランダー

 雑誌やインターネットで情報を収集するたびに目にする車だ。なかなか評判がいい。
「三菱か…。Aさん、元気かなぁ?」Aさんは10年以上前、カミサンのミニカ購入の時に良くしてもらったセールスさんだ。実は「月刊 ○家用車」の「X氏の値引きにチャレンジ○作戦」に採用してもらったのは、このミニカの時のものだ。

 2月8日。仕事帰りに三菱に立ち寄る。ショールームの真ん中にクールシルバーメタリックのアウトランダーが置かれている。明るすぎない落ち着いたシルバーだ。いわゆる「顔」はオーソドックスな印象だ。目立つ部分はないが、気になるような部分もない。全体のデザインも角張っているわけでもなく丸すぎるということもない。リアビューも普通。強いていえば、ランプが個性的と言えるんだろう。ちょっとメカニカルで、どちらかと言えば好みだ。

 今思えば、アウトランダーの第一印象は薄い。何といえば良いだろうか。「ビビッ」とくるものはなかったが、ヤダなと思ったところもなかった。「ドキドキしながらつきあう恋人」というより、「いつのまにかそこに居るような、一緒にいて落ち着く友だち」というような感じか。

 ドアを開けてドライバーズシートに座る。シートは普通。インパネも普通。豪華さや派手さはないが、心配していた安っぽさは感じない。雑誌などではアウトランダーのインテリアはプレスチッキーで、あんまり評判が良くなかったので心配だったのだが…。

 展示車はGの5人乗り。HDDナビとロックフォードのシステムが装備されている。「これがパドルシフトってやつか!」マグネシウムのパドルシフトがハンドルの奥に見える。ドライバーズシートから見るとフロントの見切りが悪いような気がする。もっともセレナと比べてのことだから仕方ないのかもしれない。ボンネットはセレナの倍くらいあるのだから。

 フロントのシートをドライビングポジションのまま、リアシートに座ってみる。ハリアーよりは、気持ち狭いようだが、大差ないようだ。シート面の広さとか、シートのリクライニングの加減による差程度といった感じだろうか。CX-7よりは広い。これくらいなら、なんとか長距離もこなしてくれるだろう。まぁ十分な広さとは言えないが。

 リアシートを降りてテールゲートに向かう。

「こんにちは!お久しぶりです」

 上下のテールゲートを開いて25センチのサブウーハーの大きさに驚いていた時、ちょうどそこを通ったAさんを見つけ、挨拶する。最初は怪訝そうな顔をしていたが、どうやら顔は覚えていてもらえたようだ。それまで対応してくれていたセールスさんにお礼を言い「ご無沙汰していて…」「こちらこそ…」と改めて挨拶をかわしながら、勧められた椅子に座る。

 「アウトランダーの見積もりをお願いします」
Gの価格は266万7千円。Mの方が価格が抑えられているからコストパフォーマンスは高いがパドルシフトがないのはちょっと痛い。そこでターゲットにしたのが「M-Style Edition」価格は249万9千円。ロックフォードがないのは残念だが、Gとの価格差は16万8千円。支払い総額を抑えるためには仕方ない。

 ディスチャージヘッドライトは明るいと聞いていたので、オプションで付けてもらっての見積もりをお願いする。価格差は10万円ちょっとに縮まってしまう。10万円の差なら、ロックフォードシステム標準装備のGも検討対象になってくるはずだ。頭に入れておこう。

 「実は17日、18日の二日間、フェアを開催するんですが、お買い得車もあるんですよ」と、店の奥から印刷されたばかりの新聞広告を持ってきてくれる。どうやら、展示車を特別価格で、ということらしい。ということは、ここにあるアウトランダーか!そう思って改めてアウトランダーを見る。Gの5人乗り。メーカー特別装備ということでHDDナビが付いている。フロアマットも付いて、247万8千円。フェア2日間の特別価格は確かにお買い得だ。ってことは狙っていた「M-Style Edition」より支払い総額は安くなるってこと?

 フェアまでは10日ほどある。カミサンにも相談したいからと言って、カタログと見積書と新聞広告をもらって帰宅。カタログを見ながら、「Aさん、懐かしいね~」という話になる。「カッコイイじゃない!」とカミサンはアウトランダーを気に入った様子。Aさんなら値引きも頑張ってくれそうだということで、アウトランダーが候補車に急浮上。もしかするともしかするゾ!

 もらった「M-Style Edition」の見積もりには10万円の値引きが計上されている。それより気になるのは1台限定のお買い得車「アウトランダーG」だ。2日間の特別価格ってことは値引きはもうこれ以上ないのか、まだあるのか、新車成約時の52500円のオプションプレゼントだけなのか。三菱に行って、Aさんにいろいろ聞いてみようという話になる。

 ターゲットは1台限定のお買い得車「アウトランダーG」となった。
Posted at 2007/02/26 08:13:02 | コメント(4) | トラックバック(0) | OUTLANDERのある生活 | 日記
2007年02月24日 イイね!

LANDER購入大作戦 その5 ホンダ CR-V オデッセイ編


 CR-Vとの初対面は2月4日。マツダを出た後買い物をして、「ついでに」という軽い気持ちでホンダに入る。そこで初めてCR-Vとご対面。ちょっと押しが強いデザインに感じる。特に厚みのあるフロントグリルの個性的なデザインと、サイドウィンドウのリアに向けて流れ落ちていくような曲線のデザインは好みが分かれるかもしれない。インテリアは思っていたよりシンプル。最近のホンダらしくない、ってこともないか?リアシートは広くはない。着座位置が高いようで、ヘッドクリアランスが足りないように感じる。

 近くにいたセールスさんにカタログを頼んだ。ずいぶん時間が経っても、ちっとも持って来てくれない。そんなに忙しそうなわけでもないのに、なんかガッカリ。アコードエアロデッキの時のセールスさんは親切でいろいろ気付いてくれる人で、ホンダのイメージは最高だったのに…。CR-Vとオデッセイのカタログをもらい「また来ます」と言って店をでる。たぶんここには二度と来ない。

 カミサンはセールスさんの対応にご立腹。デザイン的にもあまり気に入らなかったようだ。値段もちょっと高い。良い車だとは思うけど、申し訳ないけど好みじゃない、って感じかな。ということで早くもCR-Vは候補から落選しそうだ。試乗くらいしてみても良かったかな、とは思ったが…。

 オデッセイの実車はなし。カタログで見る限りではなかなかオシャレで悪くはないが、カミサンは木目調パネルに反応してしまった。「アブソリュートの黒ならいいけど、他の色は × 」車高が低いのも「カッコいいかもしれないけど、ちょっと乗りにくそう」と合格点は出ない。それを覆すだけの値引きでも出れば別だが、オデッセイも厳しい状況になって来た。

 2月8日、オデッセイの実車を見たかったので、カミサンと一緒に行って印象の悪かったホンダとは別のホンダに1人で顔を出す。若いセールスのD君が対応してくれる。ショールームには実車がなく、D君自身が仕事でも使っているという自分のオデッセイを見せてくれる。黒のアブソリュート。夜だと「青い目」が余計に目立つようだ。インテリアは黒の木目調で青い照明に良く映える。車高が低いせいか、心配していた乗り降りもちょっと抵抗がある。リアシートは特に乗りにくい。それにちょっと狭い。

 「M・Aero Packageの4WDがいいんだけど、木目調のパネルをアブソリュートの黒に変えてもらうことはできる?」と聞いてみる。難しいとは思うが、調べておくとのこと。昔、アコードエアロデッキに乗っていたと伝えると、是非話をさせてほしい、とのってきた。また来るから、それまでに黒のパネルの件と、値引きについてドンとしてくれるように頼んでおく。オデッセイも街中で見慣れて来たので、大幅値引きも期待できるかもしれない。候補車になるかどうかはD君の頑張り次第というところか。

Posted at 2007/02/24 08:57:10 | コメント(2) | トラックバック(0) | OUTLANDERのある生活 | 日記
2007年02月23日 イイね!

LANDER購入大作戦 その4 ハリアー編


 2月6日。仕事の帰りに帰宅途中のトヨペットに寄る。
良い車だ。ちょっと古い感じがしないこともないが、高級感は抜群だ。木目調のインテリアも適度な使い方でいやらしくない。細かいところまでそつがなく、トヨタらしいという印象だ。シートもゆったり座れるし、リアシートもまずまずだ。(リアシートはもっと広いと思っていたのだが…)ラゲッジルームも十分だ。サイドのドアの部分が下に向かって絞り込まれている感じで、腰高に見えてしまうのが個人的にちょっと気になる。サイドスカートをはかせたら、カッコいいのかもしれない。予算的には到底無理だろうけど…。

 対応してくれたのは若いセールスのH君。前は工場で整備をしていたらしく、メカにも詳しい。実直な好青年という感じだ。「見積もりを」と言って、ひやかし客でないことを告げる。実は2月4日、マツダに行く前に家の近くのトヨペットに寄り、カミサンとハリアーの実車チェックは一応済ませていた。そこのセールスさんは、売る気がないのか、ずいぶんタカビーで印象が悪かった。その時は見積もりも取らずに退散したが、ハリアーならここのH君から買いたいと思った。

 240Gに何もオプションを付けない本体価格で見積もりを書いてもらう。ナビについては今まで必要性を感じたことがないから今日のところははずしておいた。ナビも使いこなせば便利なんだろうとは思うが、初めて行った場所で道に迷ったり、新しい道を覚えるのも旅の楽しみの一つだと思ってるし、出かける前にインターネットで道路地図はチェックしていくことにしているからそれほど不便を感じたことはない。単にナビを付けるだけの経済的な余裕がなかったせいもあるだろう。もちろんオマケで付けてくれるというものをいらないとは言わないが…。

 出して来た金額は支払い総額328万円。値引きも書かれていない。もともと車庫証明、納車費用などのカットの要求は伝えていないし、考えてもいない。セールスさんによってはそういうところで値引きの調整をする場合もあるだろうし、その分の値引きは当たり前、支払い総額のコストパフォーマンスで判断したいと思っている。

 「値引きは?」と聞くと、「とりあえず10万ということになっていますが…」と新人セールス君らしい回答。「まさか、それで終わりじゃないよね?」と探りを入れると。「頑張ります」という力強い言葉が返って来た。「いくらになるの?」と水を向けると「とりあえず今日のところは310で」とのこと。値引きは18万。これ以上は上司と相談することになっているそうだ。まぁ、最初としてはこんなもんだろう。

Posted at 2007/02/23 08:26:35 | コメント(1) | トラックバック(0) | OUTLANDERのある生活 | 日記

プロフィール

「itDEAL スマートブレスレットレビュー http://cvw.jp/b/262788/41606527/
何シテル?   06/15 12:08
.
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

掲示板

<< 2007/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ フリード+ハイブリッド ホンダ フリード+ハイブリッド
2017.5.28 納車
三菱 アウトランダー 三菱 アウトランダー
 2007年2月28日納車。  2017年5月28日降車。
ホンダ フォルツァ ホンダ フォルツァ
メーター取替えのため、第二期 2018年6月3日 売却
日産 ノート eパワー 日産 ノート eパワー
次男のファーストマイカー
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる