• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2018年05月06日

突然のお別れ

突然のお別れ 『これから私の周りの大切な人たちが亡くなってしまう恐怖に怯えてるんだ。』

突然の訃報に動揺した私は、電話で母にそう言いました。


2018年4月24日朝。Johnny♪さんの学生時代からの友人であり、私も親しくさせていただいた女性が若くして亡くなりました。

膵臓癌でした。

病気の発覚が、2017年5月。

その時点では、末期で余命も伝えられていたそうです。

家族、親族、ごくわずかな女性の友人にのみ、病気であることを伝え、この約一年必死に病気と闘っていたようです。

彼女には、旦那さんと今年大学に入学したばかりの息子さんがいます。

遺されたお二人のことを思うと、胸が痛みます。

Johnny♪さんも私も、その知らせを聞いてから、元気が出ずにいます。

病気であることを知っていたら、たくさんお見舞いに行って、いっぱいお話がしたかったです。

なぜ、知らせてくれなかったのか。

それは、私たちの望むことであり、彼女の望むことは、病気である自分の姿を見せたくなかったのかもしれません。

お見舞いで湿っぽくなるのが嫌だったのかもしれません。

私は、彼女って強いなぁと感じました。

もし私だったら…

死を宣告されて、何を思うだろう。

これは、その状況にならなければわからないことだと思います。

彼女は、余命を宣告されて、できる限りのことをして、旅立ったとご家族から聞きました。

通帳の整理、お墓の購入、料理のレシピノート作成等。

私たちには、突然の訃報でしたが、彼女やご家族には、“覚悟の時間”が約一年ほどありました。

その一年と現在のご家族の心境を思うと、なんと言ったらいいのか言葉が見つかりません。



死は必ず訪れるもの。

冒頭にも書きましたが、私は、周りの大切な人たちが亡くなってしまう恐怖に怯えています。

悲しみは自分が死ぬまで続きます。


お休みも今日で終わります。

これから、気を紛らし、故人のことも思い出しつつ、過ごしていくのだろうと思います。
ブログ一覧
Posted at 2018/05/06 12:51:55

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

マンガ家・くりた陸さん逝去。「ゆめ ...
☆みるく@☆キュアセレーネ命☆さん

くりた陸さん(54)死去...
きゃのん@2008さん

強く生きた“君”へ・・・・vol. ...
アリスほのこさん

昨日、会社の同期が亡くなりました。 ...
masato5555さん

突然死、対策
通りすがりの正義の味方さん

鹿児島在住の男❗
RED ランボルギーニさん

この記事へのコメント

2018/05/06 13:05:59
みぃなさん、Johnnyさん、こんにちは。ご友人の方のご冥福、心よりお祈り致します。
コメントへの返答
2018/05/10 16:43:03
隼ぽんさん

返信遅くなり申し訳ございません。

まだ信じられないです。
最後に会いたかったです(´;ω;`)
2018/05/06 13:33:03
いくら覚悟を決めていろいろと尽くしても、その時がやって来ると思う時があるんです。

『どうしてもっとよくしてやらなかったのだろう…』と。

私は大切な人を亡くす喪失感から逃げてしまいました。

ご友人の御冥福を、お祈り致します。
コメントへの返答
2018/05/10 16:59:50
返信遅くなり申し訳ございません。

どんなに尽くしても、尽くしたりない。
まさに、
『どうしてもっとよくしてやらなかったのだろう…』。
そんな後悔をこれから何度となくしていくのだろうと思います。

実際、かけがえのない方の死を経験すると、その辛さを知っているからこそ、逃げたくなるのだろうと思います。
計り知れない辛さがそこにはあります。それに耐える強さを誰もが持っているとは思えません。
私は持っていません。
だから私は未来が怖いのです。
2018/05/06 14:16:42
こんにちは。
「死は必ず訪れるもの。
悲しみは自分が死ぬまで続きます・・・」
確かに、その通りだと思います。
ただ、なんとなくですが、今、ニュースなどを見ていると「死」を軽視している事件や事故が多いように思います。
ましてや「死を悲しむ」ことを感じえないような「人」も増えているように思います。
「死」と見つめ合うことは大変にキツイことかもしれません。
でも、それだけ『いのち』について深く考え、思えられる人間でいたいと思いましたね。
コメントへの返答
2018/05/10 17:16:21
こんにちは。
返信遅くなりまして申し訳ございません。
世の中にこんなに多くの人がいて、その誰もが、死を見送る立場になることって少なくともあると思います。
一つの死は数多くの人の心に痛みを与えます。非常に辛いです。受け入れられずに一生を終える方もいるかと思います。
受け入れることができる人とそうでない人の違い。それは何なのでしょうか。
死を悲しまない人やそう見えない人もいます。実際はその人にならなければわからないことなのかもしれませんが…
ここでも、人の違いを感じずにはいられません。
それは強さなのか、弱さなのか?
私は弱くても、怖くても、死と見つめ合いたいです。
悲しい日々が長く続いても、解放されない悲しみでも、故人を思い出し続けたいです。
その人が大好きな人であればあるほど、たくさん思い出したいです。
2018/05/06 17:19:15
大切な人の早すぎる死はこたえますね。
長年生きてきてそれなりに経験してきたつもりでしたが、全くの別物でした。
長い時間がかかりましたが、やっと車だバイクだと楽しむ気持ちが戻って来て前に進めるようになった・・のかな?
コメントへの返答
2018/05/10 17:26:56
返信遅くなりまして申し訳ございません。
bigtwinさんもその悲しみを経験されておられるのですね。
悲しみが癒えることは、生涯ないのかもしれませんが、ご自身で気持ちが前向いてきたと気づいたことは、そうとうな時間がかかったけれど、大きなことなのかと思います。
けっして忘れることで手に入れるものではなく、受け入れて、見つめ合って、苦しんで、今があるのですね。
2018/05/06 18:10:23
別れは悲しいものです。
生きてけば別れは避けられません。
みぃな♪♪さんより長く生きているぶん、多くの別れをしてきました。
別れた人が悲しむことが無いように生きていくことが大切ではないかと思います。
とはいえ、親しい人との別れはなかなか癒えませんね・・・

父が亡くなった時にお坊さんから聞いた話。
(宗派によって違うかもしれません・・・)
「亡くなった方は49日の旅をします。
その間に悲しみのあまり「戻ってきてほしい」などと願うと迷ってしまいます。
その人が無事に辿り着けるように、毎日お祈りしてあげてください。」ということでした。
コメントへの返答
2018/05/10 18:27:59
返信遅くなりまして申し訳ございません。
生きてるといつかは必ず経験する、大切な人たちの死は、何度経験しても辛いものかと思います。
その辛さは亡くなった方との関わり方で大きくもなるし小さくもなります。
最大級のものを経験しても、また押し寄せてくる慣れることのない悲しみが確実に迫っている、そう遠くない未来がとても怖いのです。

49日の旅をするのですね。
私は恥ずかしいのですが、それぞれの儀式の意味を理解していません。

私は祈る時にどうしても、悲しみの感情をそのまま祈りに込めてしまいます。それだとさまよってしまうのですね…
悲しいけれど、お礼をきちんと伝えて辿り着くべき場所で静かに眠ってほしいです。

johnny♪さんもけっこう苦しそうです。
写真を眺めては呆然としています。
2018/05/06 20:05:56
私がもし、余命を宣告されたら、どうなるんだろう…。
死を意識しながら生きるって、大変な事でしょうね。
でも、突然死を迎える人もいる訳で、きっとその方は、残された時間を精いっぱい生きて、精いっぱい頑張ったのではないでしょうか。

今はとても悲しみでいっぱいでしょうけれど、そんなに怯えずに、今を、これからを大切にしていきましょう(^-^)

コメントへの返答
2018/05/10 19:55:05
返信遅くなりまして申し訳ございません。
私も思いました。
余命を宣告されたら…
やっぱり想像できません。
自分がなくなってしまうってどうなることなんだろう。

残された時間は、実に母親らしい、女性らしい生き方をされたと聞いています。
病気なのを感じさせないくらい元気に振る舞っていたそうです。

ありがとうございます(*^^*)
怯えるのはまだ早いと、母に言われました。
今とこれからを大切に生きていきたいです。
2018/05/06 21:09:05
彼女の分まで自分達は人生をエンジョイしよう!
自分だっていつ死ぬかわからない。
実際に一度死にかけたし。
明日死んでも後悔しないようにと心掛けて生きてる今を。
先を見ることも大切だけど今を大切に しないとね( ・`д・´)
きっと彼女は自分のことで悲しんでほしくないはず。
ちょっと一丁前なこと言ってしまいましたm(。_。)m
コメントへの返答
2018/05/10 20:04:46
返信遅くなってごめんね。
もんどさんの話を聞いた時はびっくりしたよ。
そんなことがあったなんて感じさせないくらい元気なもんどさんの笑顔が、家族やみんなを明るくさせていると思う!

後悔ないように私は今を生きてるか?と聞かれると答えに困ってしまうと思う。
そんな生き方しかできていないんだよね…
やっぱり「今を大切に生きること」が、未来の私が過去を振り返った時に後悔しない生き方をしてきたってことにつながるんだろうね。
ありがとう(*^^*)
2018/05/07 17:08:47
Johnny♪さん、みいなさん ご友人の突然の別れにお気持ちをお察しします。

人はいつ天寿をまっとうするのか誰にも分らないです。
私自身、今日・明日いつこの世を逝くか分らないです。
不謹慎かもしれないですが、ご友人は余命宣告されて
残りの人生をどう過ごすか考える時間があったこと
ご家族のことを想うことで一生懸命に生きたと思います。
故人を想い偲ぶことが何よりも供養になると思います。
気持を整理するには時間がかかりますが
前向きに考えて元気をだしてくださいね!
コメントへの返答
2018/05/10 20:24:36
返信遅くなりまして申し訳ございません。

彼女は残していく家族のために、残された時間を、彼女のできる精一杯のことをして過ごされたそうです。
なので、余命宣告されたのは、非常に辛いことかと思いますが、Lダックスさんの仰るように、ご家族のことを想うことで一生懸命に生きたのだと思います。
彼女らしい生き方を最後までされたのだと感じます。

Johnny♪さん、私の二人とも、信じられない思いですが、たくさん思い出していきたいと思います。
明るい女性でした。
私もいつか死んだ時に彼女のように-誰かの心に残る-そんな人生を送りたいものです。

彼女は周りの友人たちに病気であることを伏せていました。
悲しまれることを望んでないからだと思いました。
今は考えてしまうけど、いつか笑顔で彼女の思い出話ができるといいです。

ありがとうございます(*^^*)
2018/05/07 17:27:15
昨晩、親族のお通夜の席にてお坊さんが
乳がんで余命宣告を受けた方のお話をされました。

奥様が余命宣告を受けた後のご夫婦は
残された時間、充実した時を過ごしたそうです。

その後、奥様は亡くなりましたが
ご主人は”思い残すことが無い程”の
会話が出来たと...

彼女も”残された時間”ご家族と大切に
過ごせたのでは、ないでしょうか。

お二人にとって大切な人の
御冥福を心よりお祈り致します。
コメントへの返答
2018/05/11 20:16:24
返信遅くなりまして申し訳ございません。

余命宣告をされたことで、命の残りの時間がわかってしまう。
ご本人、ご家族にとっても非常にキツイ現実かと思います。
それでも「充実した時」を過ごされたのですね。
悲しみに暮れる毎日ではなく、多くの会話をすること。
結果「思い残すことが無い程」の会話ができたのは、余命宣告を受けなければできなかったことですね。
突然事故等で亡くなってしまうことも悲しいですが、余命宣告により、そのようなご夫婦もおられることに驚きました。
そのご家族にしかわからないことも多分にあるかとは思いますが、彼女は病気を知ってからも明るく振る舞っていたそうです。
本当ならG.Wにバブルオーバーのケーキをご家族で食べにくるはずだったそうです。
それを聞いた時は、けっこうこたえました。
2018/05/09 13:21:45
コメントして良いのか迷ったのですが
私の周り…大切な人も末期の癌で亡くなりました。

色々、力になれる様にしてきましたけど
結局本人しか、わからない部分が沢山ですよね。
私は後悔しない様にと最後の時間まで付き合いましたが
当人の助けになっていたかどうかはわかりません。

ただ、月並みですけれど
私ができる事は忘れない事だけなんですよね。
それすら自己満足なのかも知れませんが
忘れてしまうのは悲しいなぁ…と。
コメントへの返答
2018/05/11 20:32:13
返信遅くなりまして申し訳ございません。

コメントくださってどうもありがとうございます。
クー@ココアさんの大切な方も…
お辛い過去をお話してくださって…
本当にすみません。
実際身近にいらした分、辛さも手に取るようにわかられるのかと思います。
そして、「本人にしかわからないこと」が苦しい程に伝わってきたのですね…
後悔ないように、一緒におられたこと。励みになったのではないかと、私だったら泣いてしまうほど嬉しいだろうなと感じました。

亡くなられた方の心がどこへ行ってしまうのか、思いは通じるのか、実際わかりませんが、私は大切な人を生涯忘れることはありません。
思い続けることは、確かに自己満足なのかもしれませんが、忘れることなどできません。
思い出とともに、生きていきたいです。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

「@にん肉まん さん♪ありがとうございます(*^-^)スマホのカメラに助けられました(*^^*)
紫陽花❤️きれいですね(^-^)/うちの近くはまだまだ咲いてましたよ!!気をつけて帰って来てくださいね♪」
何シテル?   06/24 17:31
みぃな♪♪と申します(*^^*) 100%電気自動車“リーフ”に乗っています! ☆ペーパーの私が、『運転できるようになりたい!』との思いから、2015年...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2019/1 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

自分の中で揺るがないもの。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/19 07:31:27

愛車一覧

日産 リーフ 日産 リーフ
日産リーフに乗っています♪ 日産のキャンペーンで当選したものです(๑´•.̫ • `๑) ...
スバル R2 スバル R2
ペーパーの私が、練習用に購入したものです。 小柄な私でも運転しやすいコンパクトさ! 小 ...
スズキ アルト ターボRS スズキ アルト ターボRS
アルトターボRSは、優れたAGSが魅力的なとっても面白い車でした。デザインもお気に入りで ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.