• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ttrkameのブログ一覧

2018年11月12日 イイね!

愛車と出会って1年!

愛車と出会って1年!11月12日で愛車と出会って1年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!
・ヘッドライトLED化→HID化
・フロントウインカーバルブのステルス化
・シャークフィンアンテナ装着
・自作車中泊ベッド装着
・他多数


■この1年でこんな整備をしました!
・充電トラブルを強制リセット
夏の帰省時に起きたトラブル、お盆休みだったのでかなり焦りました・・・。


■愛車のイイね!数(2018年11月12日時点)
99イイね!

■これからいじりたいところは・・・
・リアウインカーバルブのステルス化
・リアスポイラー装着


■愛車に一言
キワモノだけに楽しませてくれるね~。


>>愛車プロフィールはこちら
Posted at 2018/11/12 19:49:24 | コメント(1) | トラックバック(0)
2018年11月02日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【スーパーゼウス】

Q1. コーティングを選ぶときに重視するポイントは何ですか?
回答:持続性と作業性

Q2. カーケアや車について悩んでいることはありますか?
回答:ボディーの小傷

この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【スーパーゼウス】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2018/11/02 06:27:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年10月22日 イイね!

みんカラ:モニターキャンペーン【d’Action 360 S】

Q1. d’Action 360 Sでやってみたいことは?
回答:サーキットの走行画像を撮影してみたいですね。

Q2. お使いのスマートフォンを教えて下さい(メーカー/品番)
回答:Motorola/G4plus

この記事は みんカラ:モニターキャンペーン【d’Action 360 S】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募が無効となる可能性があります。
Posted at 2018/10/22 15:12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用
2018年10月06日 イイね!

FCVにも乗ってみた

FCVにも乗ってみた
少し前、7月末の事でしたが、宮城県主催の「燃料電池自動車(FCV)の体験試乗会」に参加しました。

嫁さんがたまたまJAF宮城支部のホームページで見掛けて申し込んだところ、参加人数が少ないのか抽選なども無くすんなり受付となりました。
車両購入価格の高さや、EVを普段使いしていると、イーロン・マスクじゃないですが「水素社会なんて来ない!」なんて言葉も思い浮かぶので、購入対象としては「アウトオブ眼中」なんですがFCV自体には興味津々だった訳で・・・。
「とりあえず乗ってみたい」だけの好奇心で参加しました。

試乗会場には「MIRAI」が2台、「クラリティ FUEL CELL」が2台用意されていました。
初のFCV試乗にテンションが上がります。
alt
さっそく受付に向かうと、試乗する車両が「MIRAI」か「クラリティ」か選択できました。
先日、「クラリティPHEV」に試乗していたので、今回は全く未体験の「MIRAI」を選択。
ナンバープレートを見て見るとなぜか全車希望番号で「40-20」になっています。
何か意味があるのかと考えてみたら、嫁さんが「CO2ゼロなんじゃ無い?」と・・・。
多分これで正解なのでしょう。

alt
受付を済ませて外に出てみると、展示用の「MIRAI」も用意されています。
これはチャンスとばかりに各部を観察します。
alt
ボンネットが開けてあったので覗き込みます。
「MIRAI」のFCスタックは前席下に搭載されているので、ボンネットの中はパワーコントロールユニットとモーターなどが納められているようで、見慣れているリーフのボンネット内とも似ています。
気になったのは「エアクリ?」の存在ですが、FCスタックで使う空気(酸素)を取り入れるためですね。
EVには搭載されていないものですから気になるワケです。(笑)
alt
FCVですからこれが重要です。
水素の充填口は車両の左後方、給油口の位置に付いていました。
こんな所もガソリン車などから乗り換えても違和感の無い所でしょう・・・。
alt
タイヤはブリジストンのエコピアEP-133という専用タイヤを履いています。
サイズは215/55R17ですので、リーフ(215/50R17)より少し大きいタイヤです。

次は室内。
alt
 インパネ周りはガソリン車と比べれば未来的かも知れませんが、いつも初代リーフに乗っている私には普通に見えます。(それだけ初代リーフのメーター周りがブッ飛んでるワケですがw)
年式が新しい分、自動ブレーキやレーンディパーチャーアラートなども装備されていますが、最近では当たり前の装備ですね・・・。
alt
4人乗り仕様のEセグメントセダンですから後席は十分な広さです。
後席用エアコン吹き出し口もあるので、いわゆる上級か高級セダンって仕立てです。

alt
そんなこんなしていると試乗の時間になりました。
試乗会場の周辺を左回りに回る5.8kmほどのコースです。
程よくアップダウンや路面の荒れた場所もあり、試乗するにはちょうどよい感じです。
乗り心地はと言うと、いわゆる少し前のトヨタのセダン・・・。
フワンフワンとしたサスの動きなどが、クラウンや実家の親父が乗っているウインダムなどを思い出させます・・・。

で、肝心のドライブフィールですが、普段リーフやe-NV200に乗る私には拍子抜けするほど普通にEVフィーリングなのです・・・。
まあ、考えてみればEVの走行用バッテリーをFCスタックに置き換えてあるだけなので、要はFCスタックで電気を供給するEV(FCV=FCEV)なワケです。
EVとの違いと言えば、フルスロットルにすると「ゴー」と聞こえる空気を吸い込む音が聞こえる程度でしょうか・・・。
加速でのアクセルに対する反応の早さや、「Bsモード」での回生ブレーキなどは、普段「エンジン+CVT」の車に乗っている方には驚きがあったと思うのですが、EVユーザーにはごく普通のフィーリング・・・。
一時的に電気を溜めておくバッテリーも搭載され回生ブレーキも使えるので、発電がエンジンとFCスタックの違いは有るものの、日産の「e-Power」システムに近い物なのではと思いました。
「燃料電池」とやたらと強調するのでどんなものかと思っていたのですが、よく考えてみれば「FCV=FCEV」ってことでEVの一つの形・・・。
「近縁種」とか「親戚」とかって感じで、EV(BatteryEV)から見て「FCV=敵」って言うのは違う気がします。(笑)
alt
そんな感じで運転席の私はいろんな事を考えながら試乗していたのですが、後席では息子がリアセンターアームレスト周辺をイジリ回してご機嫌だったようです。
基本的に静粛性が高いのですが、そのためか「タイヤノイズが大きめに感じた」とは後席の嫁さんの感想です。

alt
試乗後に係の人と話をしていたら、貯まった水をパージする所を撮影できました。
コース2周と待機中に使った電力分でこの程度らしいのです・・・
意外と少ない量なのだなあと感じました。(走行中などに自然排水される残りのようです)

車としての完成度は文句なしなのですが、FCVを運用するに当たっての問題はやはり供給インフラ・・・。
仙台の場合は常設の水素ステーションがあるのですが市内(県内)には1カ所だけ・・・。
お隣の水素ステーションはと言うと、福島県の福島市と郡山市で日替わり営業する「ふくしま移動式水素ステーション」・・・。
航続距離が長いとは言ってもこれでは運用の足かせになりかねません。

とは言っても、車両価格が高価になる理由の白金触媒は、白金代替触媒「カーボンアロイ触媒」などが解決してくれそうですし、水素の供給についても太陽光や風力による発電で水素を製造する設備なども開発されています。
水素の製造・充填装置が小型化されて家庭や街角に設置できるようになれば、供給インフラの問題も解決に向かうでしょうし・・・。
「水素社会は来るのかも知れない?」というのが現在の私の考えです。

alt
帰り際、e-NV200と「MIRAI」を並べて撮影できないかと思っていたら、駐車場に仙台トヨペットの「MIRAI」止めてあるじゃありませんか。
さっそくe-NV200を移動して撮影させてもらいました。(笑)

とにかく「FCV」が何者なのかを理解するには最適な試乗会でした。
私的には、「燃料電池車」とか「FCV」とか言わずに、「燃料電池・電気自動車」とか「FC・EV」とか表現してくれれば、理解しやすいのにと思わずには居られませんでした。
それだけに、「MIRAI」のFCスタックと高圧水素タンクを大容量バッテリーに載せ替えたら、単純にEVの「MIRAI」が出来てしまうではないですか・・・。
車両の完成度は文句なしですから、「トヨタにはEVが無い・・・」とは言ってられない状態だったのです・・・。(現実としてクラリティにはPHEVとEVが有りますし・・・)
図らずも「トヨタ侮り難し」(ホンダも)と思わせた試乗会でした。

Posted at 2018/10/08 09:22:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2018年10月06日 イイね!

みんカラ:新商品スタッドレスタイヤモニターキャンペーン【ESPIA W-ACE】

Q1. スタッドレスタイヤに求めることはなんでしょうか。
回答:ロングライフ・低転がり抵抗

Q2. 希望タイヤサイズを教えてください。
回答:195/65R15

この記事は みんカラ:新商品スタッドレスタイヤモニターキャンペーン【ESPIA W-ACE】 について書いています。


※質問項目を変更、削除した場合、応募無効となる可能性があります。
Posted at 2018/10/06 16:07:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | タイアップ企画用

プロフィール

「福島日産「城南店」でQC中。お店の車みたいですが、e-NV200バンと並んでの充電ですw」
何シテル?   11/17 09:35
ttrkameです。 子どもの頃から機械イジリが大好きで、免許を取ってからは車もバイクも出来る整備は自分でするのが趣味です。 今回乗り換えたリーフは、自分で...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/11 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

リンク・クリップ

サベルト(4点シートベルト)取り付け 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/25 19:43:03
リーフチャンピオンレース決勝動画☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/03/24 11:10:44
助手席アシストグリップ取付 その1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/13 17:31:56

ファン

10 人のファンがいます

愛車一覧

日産 リーフ 日産 リーフ
程度の良い中古(元試乗車の模様)と出会いリーフに乗り換え2年が過ぎました。 維持費の安さ ...
日産 e-NV200 日産 e-NV200
new嫁さん専用車です。 燃料代が気になってすっかり乗らなくなってしまった「マーチん先生 ...
日産 マーチ 日産 マーチ
嫁さん専用車。 e-NV200と入れ替えで知人に譲りました。 まだまだ元気なのでしばらく ...
ダイハツ ムーヴカスタム ダイハツ ムーヴカスタム
ランクルを手放して次期メインカーを手に入れるまでつなぎに買った、ゲタ代わりの軽四のつもり ...

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.