• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

LED・HID販売のfcl.のブログ一覧

2019年07月26日 イイね!

新型RAV4にfcl.のLEDハイパワーバックランプを取り付け!

フォグランプはカラーチェンジバルブ、ウィンカーは抵抗内蔵LEDウィンカーと納車したばかりの新型RAV4でモニターに協力いただいているヨシー様ですが、今回はfcl.から発売されたばかりのLEDハイパワーバックランプを取り付けていただきました!
alt

▼わたしが取付けました

ユーザー: ヨシー様
取付け車種: RAV4
型   式: AXAH54
年   式: R.1年式
使用した商品: ハイパワーバックランプ
作業難易度:★☆☆☆☆
作業概要: フォグランプをLEDに交換

▼バックランプの交換手順
alt
こちらが今回取り付けていくLEDハイパワーバックランプ。高出力のLEDチップ9連を3面に搭載することで光を拡散できる仕組みになっているハイパワーバックランプは、ホームページでも謡われている通りまさに爆光!はじめてバックランプを替えるという方はバックモニターの見やすさに驚くことでしょう!

▼新型RAV4にLEDバックランプを取り付け
alt
RAV4はバックドア内側にバックランプがあるのでテールランプの取外しは不要!ヘラを使ってリヤゲートを開け、カバーを外していきます。

alt
このようにカバーを外すと、バックランプユニットがすぐに見えます。あとはバルブを交換するだけ!

alt
ユニットから引き抜くと純正バルブが登場!

alt
そしたら引き抜いて写真のようにLEDハイパワーバックランプを取り付けます!作業はご覧の通りとても簡単なので、取り付けに自信がないという方でも安心かと。

▼純正品とLEDの明るさを比較
alt
横から見ると「え?点いてる」と思われてしまうかもしませんが、こちらが純正バックランプの点灯写真です。縁石がほのかに照らされています!

alt
そしてこちらがLEDハイパワーバックランプ!縁石だけでなく広範囲を力強いライトが照らしてくれています!後退時の視界が一気に開けました。自宅の車庫への駐車はもちろん、夜間運転時のバックは昼間と違って何かとやりにくいですが、これだけの明るさがあればもう安心です!

▼まとめ

alt
今回取り付けた商品はこちら↑
運転に自信がない奥様やお子さまが乗るとき、車庫の周囲が暗すぎてブツけてしまったことがあるという方、バックランプが明るいだけでかなり運転しやすくなりますので、バックランプを替えたことがないという方もLEDハイパワーバックランプいかがでしょうか?fcl.公式オンラインショップで絶賛発売中です!
Posted at 2019/07/26 12:01:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | fcl.の取り付け事例 | イベント・キャンペーン
2019年06月29日 イイね!

【新型RAV4をカスタム】みんカラ1位 fcl.抵抗内蔵LEDウィンカーを取付け!

fcl.のナガシマです。
新型RAV4(50系)が4月に販売され、fcl.でもRAV4関係の問い合わせが増えてきました。ロービーム、ハイビーム、ポジションなどはLED化されていますが、ウインカーは純正白熱バルブのままなので、キレがあり、色味の濃いLEDに交換されたいオーナー様が多いのかなと思います。

新型RAV4のバルブ確認表です。
alt

今回は、以前からお付き合いのある新型RAV4オーナーのヨシー様に、抵抗内蔵LEDウインカーバルブを取付けていただきました。(ちなみに、みんカラ2019年上半期ランキングで1位を獲得しました)

alt

これから納車される方も多い方と思います。ウインカーのカスタムの一例として参考にしていただければ幸いです。
alt
取付後の写真。

わたしが取付けました

ユーザー:: ヨシー様
取付け車種: RAV4
型   式: AXAH54
年   式: R.1年式
使用した商品: 抵抗内蔵LEDウィンカー T20ピンチ部違い
作業難易度:★☆☆☆☆
作業概要: フロント・リアのウィンカーバルブを交換

こんにちは。ヨシーです。
納車したばかりのRAV4を色々とカスタムしたいと思い、今回はウインカーのLED化をしてみました。同じRAV4オーナーさんは、ぜひ参考にしてみてください。

リアウィンカーの交換手順
alt

まずはリヤから。バックドアを開けてリヤランプに付いている保護を外していきます。
alt
ネジが出てきたら回したら、もうそこにはリヤランプ!

alt

ツメを外すと勢いよく外れてしまう場合があるため落下注意。あとはウインカー球のユニットを外すのみ。反時計回りにスライドすると豆球が姿を表します。

alt

豆球を外したら、fcl.抵抗内蔵LEDウインカーを取り付けていきます!

alt
こちらが抵抗内蔵LEDウインカーです!
alt


外した豆球の代わりにLEDバルブを挿入して、時計回りにスライド。
alt


あとは元に戻すだけ!
alt

非点灯時はこんな感じ。黄色が目立たないので統一感が出ます。

alt

点灯するとこんな感じ!写真でもわかる通りかなり明るいのであまり近づきすぎないようにしましょう!

フロントウィンカーの交換手順

alt

続いてヘッドライト側を作業していきます。ボンネットを開けてヘッドライト裏に手を伸ばすと
alt

豆球を取り出せます!
alt

こちらもリヤランプ同様の手順で交換。

alt

こちらはヘッドライト側のウインカー非点灯時。映り込みはありません!
alt


こちらも点灯させてみるとインパクト大!点灯前は存在感を消えているけども、、点灯したときのパフォーマンスはバッチリ!

alt

こちらが本日取り付けた抵抗内蔵LEDバルブ T20 (ピンチ部違い) 2個1セットです。

LEDの点灯写真


ナガシマです。
大変満足していただき素直に嬉しいです。
最後にヨッシー様から取り付け後のカットをいくつか頂いたので、御覧ください。
ご協力いただいたヨシー様、ありがとうございました!
alt

alt

alt


alt





Posted at 2019/06/29 12:01:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | fcl.の取り付け事例 | イベント・キャンペーン
2019年06月27日 イイね!

アルファード30後期カスタムパーツ-純正LEDフォグを2色切り替えLEDに交換

fcl.のナガシマです。
最近よくいただくお問い合わせで、

 「アルファード30後期用のフォグランプユニット売ってますか?」
 「ファン付きLEDとカラーチェンジLEDは、どっちが明るいんですか?」


という質問が多く痒いところに手が届く会社fcl.としては、この質問に対してなんとか解決策を提示したいと思い動きました。

①「アルファード30後期用のフォグランプユニット売ってますか?」については、販売を開始しました。

alt
【30アルファード/ヴェルファイア後期専用フォグランプユニット】
販売を開始してから、すぐに在庫切れになり話題性は高いです。興味がある方は御覧ください。

②「ファン付きLEDとカラーチェンジLEDは、どっちが明るいんですか?」

カラーチェンジが話題になり、検討しているけども、2019年モデルの方がパフォーマンスが良いのでは?とお悩みの方が多く、「どうしたら良いかなー?」と考えた結果、ある方に比較してもらおう!という答えになりました。

 「ある方?」

以前からfcl.も大変お世話になっていて、広島の福山で開催されたオフ会にも呼んでいただいたみんカラユーザーのフラ☆爺様にご協力をいただき、

 ・ファン付きモデルLEDフォグランプ
 ・カラーチェンジLEDフォグランプ

を比較していただきました。
それぞれのパフォーマンスが、どのような感じかよく表れているので参考にしてみてください!

▼わたしが取付けました

ユーザー:: フラ☆爺様
取付け車種: アルファード
型   式: AGH30W後期
年   式: 平成29年式
使用した商品:
使用した道具: プラスドライバー、マイナスドライバー、ペンチ
作業概要: フォグランプユニットを交換し、LEDバルブを取付け


こんにちは。アルファード30後期オーナーのフラ☆爺です。
わたしがアルファード30後期に乗り換えたときに、フォグランプユニットの取付けのお話をfcl.さんからいただきました。

その時は、トヨタ汎用タイプのフォグランプユニットを取付けてみましたが、30後期から少しユニットの形状が変わっていて、取付けできませんでした。
(アクア前期純正フォグランプユニットを流用してつけました)

その後専用品が販売されたとのことで、専用品を取付け、更にカラーチェンジとファン付きLEDフォグランプの使用感の比較を、このような感じで行ってみました。

alt
取り付け車両はトヨタ アルファード AGH30W

いちユーザー目線で比較を行っているので、参考になると思います。

気になる方は御覧ください。

フォグランプユニットの交換手順
alt
用意する工具はこれだけ!今回はバンパーを外さずにタイヤハウスから作業していきます。

alt
まずはスロープに乗せていきます。

alt
ハンドルを目一杯右に切って…

alt
赤丸のピンをマイナスドライバーで外していきます。

alt
それからアンダーカバーの部分と

alt
奥二つを外していきます。

alt

カバーをめくって

alt
ユニットを取り出します。

alt
既にfcl.のフォグランプユニットを取付け、ファン付きLEDフォグランプに交換していました。

左がファンタイプで右がカラーチェンジLEDです。バルブを交換したら元に戻します。
alt

そして点灯!
運転席側 ファン付きLEDフォグ(イエロー)で助手席側 カラーチェンジLEDフォグ(ホワイト)

alt
別角度からはこのような感じ。色味は異なりますがパフォーマンスに遜色はありません!

alt
そして、こちらが運転席側ファン付きLEDフォグ(イエロー)で助手席側カラーチェンジLEDフォグ(イエロー)

alt
こちらも同じようなパフォーマンス。写真だけでは見分けがつきませんね…

alt
そして、こちらはどちらかお分かりになりますか?

alt
両方ともカラーチェンジLEDバルブです!せっかくですから別角度でも切り替えてみましょう。

alt
ホワイト!

alt
イエロー!両方ともいい感じです!

alt
最後は肝心なカットラインをみていきましょう。

alt

肉眼ではなかなか見分けがつきませんが…
alt
一眼レフで撮影すると見えてきます。ホワイトは左側が上がって
alt

イエローは右側が上がってます

以上、ファン付きLEDフォグランプとカラーチェンジLEDフォグランプを比較しながら、カラーチェンジバルブのパフォーマンスについても紹介していただきました。

どちらを買おうか迷っている方、パフォーマンスに大きな違いはないのでご安心を。ホワイトもしくはイエロー一択という方はファン付きLEDフォグランプを。ホワイト・イエローを使い分けたいという方はカラーチェンジLEDフォグランプを。

お好みでどうぞ。

alt


みんカラ1位記念SALEとモニター100名様募集中!
詳しくはこちら

Posted at 2019/06/27 18:41:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | fcl.の取り付け事例 | 日記
2019年06月24日 イイね!

新型ジムニー JB64のフォグランプを 2色LEDに交換する方法

新型ジムニー JB64のフォグランプを 2色LEDに交換する方法fcl.のナガシマです。
前回の記事で紹介したRAV4で純正搭載されたバイカラーLEDフォグランプが話題になり、改めて2色切り替えのフォグランプへの関心が高いと感じました。

今回の記事も2色切り替えLEDフォグについてです。
今も納車待ちが続いてるジムニーJB64で、納車後にどんなカスタムをするか色々と考えていると思います。そんな方の参考になればと思い、JB64のオーナー様にfcl.カラーチェンジLEDバルブを取付けていただきました。

わたしが取付けました

ユーザー: ユウ様
取付け車種: ジムニー
型   式: JB64
年   式: 2018年
使用した商品: カラーチェンジ LEDバルブ H8/H11/H16 2個1セット
使用した道具: 内張剥がし
おすすめ工具:
今回は内張剥がしのみでフォグ交換をしましたが、内張剥がしがない場合はクリップを外すだけなのでマイナスドライバー等でもフォグ交換可能です!

作業時間: 20分以内
作業難易度: ★★☆☆☆
作業概要: JB64 ジムニー カラーチェンジLEDフォグ取り付け 交換作業

掲載したインスタを見ると、根っからのジムニー好きなオーナー様ということが分かりますね。林道などを走るイメージのあるジムニーに2色切り替えLEDバルブは、果たして合うのか?そして、オーナー様は満足していただけるのか。

オーナー様に取付けから乗ったときの感想について語っていただきました。
alt

こんにちは。ジムニーJB64オーナーのユウと申します。今回、ご縁がありfcl.さんのカラーチェンジLEDバルブを取り付ける機会をいただき、取付けについて簡単にレポートさせていただきました!

ジムニーは車高が高い分、特殊な工具などは使用する事なく比較的簡単作業できました!今回取り付けさせていただいたfcl.さんのカラーチェンジLEDフォグ、とても素晴らしい商品だと心から思います。

フォグスイッチのON /OFFのみでホワイトとイエローにチェンジできるという上に取り付けが簡単!!これからの夜道に大活躍してくれること間違いなしです(^^)

写真付きで取付け、点灯イメージを説明していますので、気になる方は御覧ください。

フォグランプの取付け手順
alt
さっそく届いたfcl.さんのチェンジカラーLEDフォグを新型ジムニーに取り付けてみました。この商品はフォグのカラーをホワイトとイエローにフォグスイッチのON /OFF切り替えだけでチェンジできるという素晴らしい商品で、取り付けもカプラーONという事で簡単なのでワクワクしています。

JB64ジムニーに載っている方は参考になると思いますので、一読してみてください。

alt
それでは取り付けていきたいと思います♪

alt
まずは赤丸で囲んである、フロントタイヤハウスの外側クリップを二ヶ所外します。内張剥がしやマイナスドライバーなどで簡単に外す事ができます。タイヤが邪魔な場合はハンドルを切って作業スペースを確保してください。

alt
クリップを外してカバーをめくるとすぐにフォグの裏側が見えてきますので、フォグの球に付いているカプラーを外していきます。
alt
カプラーはつまみが付いているので、つまんで引くだけで簡単に手で外すことがでできます。カプラーを外したら球を反時計回りに回して取り外します。

alt
後はLEDフォグを同じ場所に入れて次は時計回りに回して固定します。※この時、純正の球と同じようにLEDフォグもツメが三つ付いているのでそこを合わせながら取り付けます。

配線類の固定も付属の結束バンドで行います♪最後はカバーを戻して、外したクリップを取り付けて、、、片側の交換が完了です。

alt
正面からフォグを見るとこんな感じになります。点灯するまでワクワクが止まりません!先程の手順と同じやり方で反対側のフォグも交換して、作業が完了。

2色切り替えLEDバルブの点灯
alt
こちらが純正ハロゲン

alt
そしてこちらがLEDに交換後の画像になります!!とても綺麗なホワイトで夕方や夜に走るのが楽しみ♪

alt
フォグがイエローだとテンションが上がりますよね。気分で簡単にホワイトに切り替える事ができるのですごくいいです!

夜間に撮影してみました
alt
これはフォグのみの明るさです!ヘッドライトは点灯させていないのに、素晴らしく明るいです!それとこの白さ!楽しさはこれだけでは終わりません・・・・・!お次はイエロー(^o^)

alt
いやー!かっこいいです!!気分で簡単にホワイトから切り替える事ができるので最高です・・・!

雨の日や霧の濃い日に大活躍してくれそうです!

それ以外でも夜のドライブが楽しみになりますね。
文句なしの素晴らしい商品です!!


LEDヘッドライトファンタイプ×カラーチェンジLEDフォグ

実はLEDヘッドライトファンタイプも装着中なので、同時点灯写真を撮影!
色味もばっちりです。
alt
alt

alt

alt

Posted at 2019/06/24 15:01:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | fcl.の取り付け事例 | イベント・キャンペーン
2019年06月18日 イイね!

ハイパワーLEDバックランプは本当に爆光だった。

fcl.のナガシマです。車の運転でヒヤりと感じたことは、誰でも1度や2度は経験があると思います。最近よく交通事故のニュースが流れていますが、たとえばバックカメラなどのパーツを追加したり、最新のパーツに交換するだけで少しでも解消できるのではないかと、個人的には思っています。
駐車場サービスtimesで有名なパーク24で運転についてアンケートをとったところ、女性ではありますが、22%の方が運転を苦手と感じるとの結果が出たそうです。(男性は11%)


その内訳で、駐車やバックが苦手と答えた方が大半を占めていました。直接目で見れないことや、サイドミラーの使い方、またはバックカメラがないなどの理由があると思いますが、夜間であれば純正バルブが暗く、駐車場の状況が分からないなどが上げられるのではないでしょうか。

ライト関係をメインに販売しているfcl.として、バック駐車のサポートをするのであれば、ハイパワーバックランプがおすすめと考えています。単純に、純正バルブと比べ明るさが向上しているので、駐車場の状況が暗くても分かりやすいです。

今回はそのバックランプについて、みんカラユーザーのmabubuさんに使用していただきました。取付け方法や夜間の明るさなど気になる方は御覧ください。

alt
こんにちは。スイフトスポーツに乗っているmabubuと申します。
今回、fcl.さんと縁あってバックランプをLEDに交換することになりました。

fcl.さんからバックランプの重要性について聞かれ、私はこのようにバックランプについては考えています。

●バックランプは重要と感じますか。
重要と感じますね。

見た目については、フロントにLEDやHIDのランプが多く使われ、リアにもついている今の車ではバックランプのみがハロゲン球というのは見た目的にかっこいいとは言えないと思います。安全性については、当方の車はローダウンしていることもあり、縁石等に特に注意しています。

バックモニタがあるとは言え、目視での確認は必要ですし、雪国では雪を巻き上げてバックモニターに雪が付着し使用できない場合があります。そのため、目視でみて明るく見やすい事が重要。

現在の車はリアガラスが標準でスモークガラスが貼られており、夜は見えにくいので安全のためにも明るいランプは大切だと常々感じます。

あと、最近は事故も多いので周りへのアピールとしても重要と思っています。夕方では歩行者が車のバックしているのに気づかず、すぐ後ろを歩くことがあります。また、運転者も気付かず事故に繋がることもありますが、fcl.のランプは、よくも悪くも目立ちますので歩行者にもアピールとなります。

まとめるとLEDは、明るさも然る事乍ら見た目の美しさも兼ね備えると思います。

そんなバックランプについて、取付けをしてみましたので気になる方は御覧ください。

バックランプT16の交換手順

alt
今回はハイパワーバックランプ T16タイプの取り付けを行っていきます。工具は10mmソケットレンチと出来ればマスキングテープがあると安心です。
alt
スイフトのテールランプユニットは2か所ねじで固定されています。当方は社外テールに交換してますが、純正ユニットもランプの配置は全く一緒です
alt
まずはマスキングテープを貼っていきます
alt
赤丸のところ2個ねじで固定されています。※反対側も同様に外します。
alt
ねじを外し終わったら、テールランプユニットを車の外方向(矢印の方向に)押します。手を滑らせて落とさないようしっかり保持してください。
alt
バックランプの位置は赤丸のところです。反時計回りに回すとすぐにランプが外れるので、今回交換するランプを差し込みます。ランプの向きは縦が良いと思います。
alt
外側より向きを確認を行います。縦にしています。

alt
取り付け後、2か所に爪があるのでそこをボディ側の穴にはめるようにすると元に戻せます。爪が鋭利なため慎重に行います。当方のテールランプユニットの爪は金属製ですが、純正ユニットは白のプラスチックです。
alt
反対側も同様に行います。

純正バルブと明るさ比較alt

純正バルブ。取り付け前に露出0になるように合わせて写真を撮りました。alt

fcl.ハイパワーLEDバックランプ。この明るさの違いがありますalt

純正バルブ。横から撮影。alt

fcl.ハイパワーLEDバックランプ。広範囲明るく照らしています。
alt
ヘッドライトとバックランプ。
手前の明るさはヘッドライトと同じくらいに見えます。
alt

見た目と明るさも兼ね備えた商品だと感じました。

まとめ
イフトスポーツやスイフトRS純正のランプだと光量が少なくバックする時の後方視界がやや悪いです。(スイフトの標準グレードS25シングルでやや明るい)T16タイプの光量アップできるLEDにすることで後方視界を確保したかったです。

また、ヒートシンクが大きいので取付けできる車種に限りがあるかもしれませんが、スイフトはバックランプ後ろのスペースが大きく、ヒートシンクが取り付けには全く支障はありませんでした。

純正バルブと比べ光量がかなりアップし、夜間のバック駐車が楽になりました。
T16形状の方には、この商品おすすめです。

T16ハイパワーバックランプはこちら
Posted at 2019/06/18 12:01:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | fcl.の取り付け事例 | イベント・キャンペーン
みんカラ+ 自動車業界人の日常をチェック

プロフィール

「LEDは雪がとけにくいって本当?対策はある? http://cvw.jp/b/2632543/43352373/
何シテル?   10/10 15:36
LEDヘッドライト・HID販売のfcl.(エフシーエル)です。 多くのみんカラユーザー様の支持のもとみんカラパーツオブザイヤー 3冠達成! ------...

ユーザー内検索

<< 2019/10 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

愛車一覧

ホンダ ステップワゴン ホンダ ステップワゴン
今回デモカーとして登録させていただいたのは、光り物の大半にfcl.製品を取り付けたステッ ...
トヨタ エスティマハイブリッド トヨタ エスティマハイブリッド
みんカラユーザー様にも大人気の「エスティマハイブリッド」への取付方法を完全LED化してみ ...
トヨタ RAV4 新型RAV4 (ヨシー様のお車) (トヨタ RAV4)
fcl.ユーザーヨシー様のお車です! 新型RAV4 フォグランプ : fcl.カラーチ ...
日産 セレナ C27セレナ(miyasuke様) (日産 セレナ)
fcl.ユーザーmiyasuke様のお車です! こちらの車には フォグランプ : fc ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2019 Carview Corporation All Rights Reserved.