• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kolnのブログ一覧

2018年06月19日 イイね!

ポルシェ・ボクスターで、筑波山へ・・。

ポルシェ・ボクスターで、筑波山へ・・。皆さんこんにちわ。
いつもご訪問くださり、誠にありがとうございます。



最近は息抜きウイークで、本日も出かけて来ました。





愛機の初代SLKで、向かった先はこちら。

面白レンタカー・野田店さん。

今回で・・7回目ぐらいの利用です。

今回お借りする車は・・。

ポルシェ・ボクスター(2代目)。

借りたかった理由は・・妻との賭けがあったからです。

最近の私は、SLKに何かあった時のために、次の車を考えていました(長期的未来思考)。

先日某車屋さんで、ふと目に留まったボクスターを夫婦で見ていたとき。
妻「私にはメルセデスしか見えない、なんだかんだ言って君も結局メルセデスという男だと思うよ」
私「喰わず嫌いという機会損出は人生で大きな損をするし、車は乗ってみないと何とも言えないから、今度借りて出かけてみよう」

という訳でレンタルです。





ドアを開けると、目に入るのは質実剛健なコックピット。

左ハンドルのマニュアルです。

走らせてみて初めに感じた事は・・。
ラグジュアリーやコンフォートではなく、走りに重点を置かれたサラブレッドであること。
特に乾いた「ポーッ」というエキゾースト、心地良過ぎです!

高速に乗り、土浦北へ・・。

今回は先にランチです。

インドカレーのバイキングの店。

前にも乗せましたが、リーズナブルな価格でドリンクやデザートまで付いているので、ここへ来た時はよく利用します。

カレーの種類が多く、ナンも様々な種類を何度もお変わりできることが嬉しいです。

例によって、頑張ったけどたいして食べられずに出発。





山道へ入ると、ボクスターが嬉しそうにしています。

フロントのハンドリングはクイックでとても正確・・どんな領域でも切れば切ったぶんだけ曲がる。
私はメカの事は詳しくありませんが、これって1000以上の部品を調和させる必要がある自動車で実現させるのは、物凄く難しい事なんだろう・・と考えてしまいました。
世に数えきれないほどの数がある車の中で、この難題が成立している貴重な車・・。
リアはGがかかるとエンジンの重さと共に、粘りつつ巻き込む動きが面白いですね。
これは物凄い部品の組み付け精度に支えられたハーモニーなのでしょう・・まさに技術屋集団のメーカー。

そして右足でアクセルを踏んだ瞬間に、即座に後ろ足で路面を蹴って前へ進む挙動・・いいですね・・。
並のフロントエンジンの車はアクセルを入れリアにぐっと力が入り車が前に出る間に一瞬のためがありがちですが・・ボクスターの瞬発力はミッドならではのトラクション性能やエンジンの高レスポンス等の恩恵なのかもしれませんね。

また、ポルシェはエンジンの4倍のブレーキを備えるというような表現をどこかで見た記憶がありますが、物凄く納得しました。
鬼のような制動力は勿論の事、コントロール性やペダルタッチも素晴らしく、ブレーキを踏んでいるだけで楽しくなってしまいます。

駐車場にて休んでから、車を返却しに向かいます。

お決まりの、ハイオク満タン返し。





SLKに乗り換えて帰る時、色の赤さが暖かく、何とも言えない「安心感」に包まれていました。

不思議な感覚なんですね・・。
いつも以上にSLKと人車一体になっており、思い通り曲がる、必要なだけ加速する。
「この車が分身」「鷹揚さと可憐さが好き」

表現は悪いですが、何かのドラマでのこんなシーン・・。
よそのきれいな人にちょっかいを出し、結局妻に戻った時の安心感という感覚を覚えました(勿論車の話です)。
人には相性があるように、いい人だから・理想的な人だから結婚、とは単純にならない法則に似ています。

ポルシェ・ボクスターは非の打ち所のない素晴らしい車です。
この車でなければ・・と感じる方こそ、相思相愛で居られるのでしょうね。

妻との賭けは、私の負け・・。
しょうがないので、帰りのドライブインで奢りました。



これで他に気になる車は残り1つだけになりました・・赤い跳馬のみです(笑)
Posted at 2018/06/19 22:20:24 | コメント(3) | トラックバック(0) | | 日記
2018年06月18日 イイね!

E320で、アンティークショップへ・・。

E320で、アンティークショップへ・・。みなさんこんばんわ。
ご訪問くださる方には、いつも感謝の気持ちでいっぱいです。
誠に、誠にありがとうございます。



今回は珍しく、記事を連続で更新です。
ネタが余り過ぎているという、大人の事情からです。



ブログあるあるで、サーバーが混んでたみたいで、一度記事を書いたのに、消えてしまいました・・。
勿論・・萎えました。
学習能力が無いので、二度目の執筆です(笑)





六月末の株主総会・・某不動産企業様から通知が届きましたが、予定がつかず・・。
幸いこちらの会社は1000株しか保有していないのですが、それでも株主総会には出たかったです。

不本意ですが、議決権行使書を発送しました。





本日は家族サービスで、2年ぶりに某アンティークショップへ。

お客様駐車場・・ドイツ車が並びました。

まさかこんなところにあるの?と感じる方、きっと多いでしょうね。

店への道・・石畳と街灯が素敵な雰囲気です。

日が沈んでから、来てみたい。

山の上へ昇って行くと・・。

大きな石のお屋敷がお出迎え。

聞くところによれば、わざわざ英国から素材を運んできて建てられたそうです。
床は味のある教会の床を、雰囲気有る石を輸入・・コスト度外視でここまでやるこだわり、圧巻です。

中庭も森を切り開いて作りこまれ、もはや秘密の花園状態。

さらにガラス張りのテラスも増設され、お茶も提供されています。

ヨーロッパチックでは無く、ヨーロッパの匂いが感じられる貴重な場所。

中へ入ると・・。

一点物のアンティークがびっしり・・そう、この感覚。

私もティーカップやタペストリーをこちらから購入した事がありますが、現代の製品とは異なった味があります。
また、家でお茶をする際、「このカップはヨーロッパのどんな家で、どんな方に使われていたのだろう」と、頭の中で考える事も楽しみの一つだなと感じます。

せっかくなのでゆっくり家具を拝見したり、午後の紅茶を頂きたかったのですが・・。

私の溺愛する息子が暴れ出し、撤退・・貴重な品々を壊されたらかないません。



気分を切り変え、バイキングへ。

子供2人には、こちらの方が良かった様子。

子供の喜びは、自分の喜びに勝る・・親になって初めて自覚出来ました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
Posted at 2018/06/18 00:59:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年06月17日 イイね!

SLKで、奥多摩へ・・。

SLKで、奥多摩へ・・。皆様こんばんわ。

わざわざご訪問くださって、心よりありがとうございます。





今年も、私が育てているサボテンが開花。

運悪く咲いている時は多忙・・結局死に目に会えないパターンだった。

ドラマのように上手く行かないからこそ、リアリティを感じる。





本日雨の中、奥多摩まで行って来た。

距離・距離・距離・・と~にかく長く感じる事・・。
この程度の距離で大変と感じるようになった事実が、ジワジワ来る体力の衰えを「そっと」教えてくれた。

どんな形であれ、出かけられる事は嬉しい。

息抜き大事、余裕が理想・・理想と言っているうちは手に入っていないのだ・・。



移動した目的は友人と会う事。

お互い家族を持って忙しかったせいか、気が付いたら少しオヒサだった。

今回は青いWRXで登場。

彼とは13年前に群馬の某アイスサーキットで意気投合し、各地のサーキットを共に走った。

彼の魅力は、「謙虚さと人柄」。
  自分に欠けている部分だからこそ、きっとまぶしく見えたのだろう・・。
    


・変わらない部分・・お互い、車と走りがやっぱり好き。


・変わった部分・・お互い、心から望むことは別の事柄へ。





カキフライ定食を食べながら・・。

「残された時間、最近それを考える」
「物欲が減ってきた、もっと大切な事が有る」
「そう、本当の財産」

お互いが成長した結果、今もお互い共感出来る事が有り難い。





帰り道。
夜の高速をあえてオープンで走る・・。

風を切る恩恵は瞑想のごとく、思考をくっきりさせてくれること。

人は悲しいかな、寝てしまうと多くを忘れる。
  だからこそ今日感じた事を寝る前に必ず整理し、心にしっかりと刻み込む。
     どんなに夜遅くなっても、最悪寝なければいい。

高速と同じように、時間の流れも一方通行。

過去の事を振り返り結果を論ずるのは簡単だが、未来を先読みすることは難しい。

常に現在の連続、どう舵取りし、どちらへ進むか・・。

尊敬する友に恥じないように進みたい、今だからこそそう思える。
Posted at 2018/06/17 02:00:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日常 | 日記
2018年05月30日 イイね!

SLKで、株主総会へ・・。

SLKで、株主総会へ・・。皆様こんにちわ。
ご訪問くださり、誠にありがとうございます。

コメントをくださる方々、単三電池のような私とわざわざコミニケーションして頂き、感謝します。





最近の私は、浜松町エリアへ出かけて来ました。
 今回の目的は株主総会出席・・。
  余裕を持って現地に前泊プランです。





昼を食べてから出発。

助手席に置いたチョークストライプ・ジャケットとダニエル・クチュールバッグが今回のお供。

一人なので小回りの利くSLKで。

今でも不思議な車です。

ガチガチのスポーツカーというよりかはコンフォート&ラグジュアリー要素も強いのですが、猫脚のように凹凸をいなしつつ、いざという時に粘る足で気に入っています。

また、コンパクトなサイズから来るヨー回りの軽快な動きは、あくまでクイックすぎて神経質にならない範囲で鷹揚に、公転に必要なだけ自転が発生する開発思想、という意味に感じます。

パーキングで休息。

道中、フェラーリ488が前と後ろに走っていました。
圧倒的な存在感、そして理屈抜きに美しい。



寒いぐらいエアコンが効きつつ・・。

竹芝桟橋沿いのホテルに到着。

シングル、喫煙可。

近くの竹芝桟橋に、船を見に行って来ました。

ここで、私が高校1年生の時にやった事を思い出しました・・。





【ここからは20年前のケルンの実話です】

東京に遊びに来ていた当時の私、ちょうどこんなアングルで船をみていました。

夕方になり、衝動的に取った行動は・・。

「フェリーのチケット1枚」

たぶん、行先なんでどこでもよく、一人で出かけてみたくなったと記憶しています。
すでに両親には海外へ連れてって頂いていましたが、自分だけで出かける事が出来るのか、まずは小さなことから実験してみたかったのです。

次の朝、伊豆大島へ降り、現地の警官から。
 「観光者には見えないけど、どうした?一人?」
  などと、手荒い歓迎を受けました。

誰と話すわけでもなく、ただただ海を眺め、気ままにスケッチしたりして帰りの船を待ちました・・。
肝心の帰りの船、島の反対側からしか出ない事を知ったのは、1日経ってからという苦い思い出があります(笑)

親が心配していると思い、家へ報告電話をかけた時の父が忘れられません・・。

ケルン「ごきげんよう、いまとりあえず大島」
父「よう、元気か?奄美じゃなくって椿油の大島か」

私はその時、自分が父親になったら、息子のほとんどを許せる父になろうと決めました。

【20年前の話、終わります】





ホテルへ戻ったら、窓の景色が夜景に。

ホテルには聖書が置いてあることが多いですが・・。

何故かこんな本が。

面白かったので、丸ごと読みました(笑)





夜景を見に散歩へ・・。

ホントこんな時間、しばらくぶりです。

学生時代、あても無く歩くのも好きでした。

渋谷から、丸の内まで歩いた事もあります。

そう、免許を取ってから、歩かなくなりました。

昔も今も、自分の感情を優先するため、まわりに迷惑かける事が有りますが、あいかわらず冒険は嫌いじゃないみたいです。




次の日の朝、某老舗アパレル企業の株主総会会場へ・・。

質疑応答は白熱し、私も社長に問いかけをさせて頂きましたが、素晴らしい経営陣だなという感触を肌で感じられたこと・・一番の収穫でした!

「理屈でも言葉でも無い、来て良かった」



日本が誇る大投資家だった、竹田和平さん。

リーマンショックで日経が暴落した時、「今日もお日様が昇る、あり難い事だね」「皆が大変だと言っている時こそ、灯台のように希望を与えられるかだがね」とお弟子さんに言っていたそうです。

また、「上がってよし、下がって良しの株価かな」。

この言葉の深意・・常人の域をはるかに超えているように感じます。





さあ、千葉へ向けて帰らねば・・。

「おかえり」と、赤い金属に言われた気が。


車では無く頭の中の思考整理に神経を使いつつ、のんびりと帰ります。


人生、選択の連続・・。

エネルギーは一点集中、ブレーキよりもアクセルへ。
Posted at 2018/05/30 21:10:31 | コメント(6) | トラックバック(0) | 投資 | 日記
2018年05月10日 イイね!

拗ねたE320と、静かな美術館へ。

拗ねたE320と、静かな美術館へ。皆様お元気ですか?
ご無沙汰しています。



時間を捻出出来ずみんカラをあまり覗く事が出来ませんでしたが、書き方を忘れないよう、たまには記事を書いてみます。
駄文であること、削除する可能性があることはご容赦くださいね。





どういう訳か我が家のE320は機嫌屋。

愛情をかけてあげられない日が続くと機嫌を損ねる事が多く(CD不調、オイル漏れ)、愛情をかけると修理しなくてもピタリと治るという、機械なのになんなの?な現象が起きます。

最近はSLKばかりに愛情を傾けていたせいか、E320の電動シートが調節不可に・・。

シートの背もたれを寝かそうとしても起きてしまい、逆に起こそうとしたら起きる・・結果、どんどん窮屈なポジションに。

安全で快適な家族車を運転することが出来ないのも問題、修理に出してばっちり治しました。




以前ある方に、「車の扱いと人の扱いは似るんですよ」と言われたことが。
確かに長続きしたことが無く、二股も続いたことも無い、釣った魚に餌をやらない傾向がある事は自覚しています。
この人生観は、体も・所有する物にしてもあくまでも地球からの借り物に過ぎない、あの世にまでは持っていけない、財産は心の経験値と思っているために、あまり人や物に対する執着が無いんです(苦)。

人は出会えば必ず別れが来る、車や物も所有すれば手放す時か風化する時が必ず来る、だからこそ価値ある出会いなら大切にして味わいたいなと考えています。

イタリアの男性は「まだ出会って間が無いし」、と言われたら、「時間じゃない、密度だよ」、とか言いそうですが、その気持ち、意外と通じるものがあるのかもしれません。





話は変わりまして先日、休みが取れたので衝動的に美術館へ行って来ました。

お供は1歳の娘、家に飾ってある絵画をじっと見ている時が増え、もっと色々な絵を見せてあげたい気持ちもありました。

私自身も五感を働かせること、忘れないようにしています。

館内は撮影禁止だったのですが、素敵な風景や人の絵を楽しみました。

どうしたらこんなに手間がかかるのに芸術性の高い絵が出来上がるのか・・義務でもなく好きだからこそ、実現できるんでしょうね。

収穫は、三枚のポストカード。

木製の額に入れ、家に飾ります。





食事はエリア的にマンマパスタへ・・。

前回はカフェだけだったので、今回は食事を。

カプリチョーザ。

味は勿論の事、小麦の味と炭の香りがします。
私が作るピザの30倍は美味しいです。

ナスとモッッアレラの辛口パスタ

美味しいのに飽きない、まさにマンマの味、また食べたくなります・・。





帰りに寄った花屋さん、目に留まったピンクのバラ、可憐さがたまらなくて購入。

プレゼントでは無く、ダイニングに飾る用です。

結局、ロマンが好きみたいです。

リアガラスに映る木の葉。

時々振り返らず、どこまでも前進。


Posted at 2018/05/10 02:49:04 | コメント(9) | トラックバック(0) | 日常 | 日記

プロフィール

「ポルシェ・ボクスターで、筑波山へ・・。 http://cvw.jp/b/2635224/41626958/
何シテル?   06/19 22:20
☆ハンドルネーム☆ Kolnと書いて、ケルンと読みます。 大好きな巨大な大聖堂のそびえ立つドイツのある都市から取りました。 ☆価値観☆ 子供の頃から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/6 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

 ◆歓迎致します↓◆
変化(進化)される方。
波長が合う方。

◆歓迎出来かねます↓◆
ありのまま(現状維持)の方。
波長が合わない方。
39 人のお友達がいます
琥珀丸琥珀丸 * GenieGenie *
カツピーカツピー * 横浜公園横浜公園 *
ぴんぽるぴんぽる * 銀ボール銀ボール *

ファン

117 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
ご縁に恵まれ、真っ赤なSLKを所有しています。 控えめなデザインと優雅な走りに魅了され ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
程度3万キロ台の極上の個体と出会えた為、2017年11月にE320(W210)を購入しま ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
ロータリーエンジンのフィーリングが大好きで、RX-7 FC3Sに乗っていました。 見た ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる