• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

Kolnのブログ一覧

2018年09月11日 イイね!

SLK、修理完了。

SLK、修理完了。皆様こんばんわ。
お元気でしょうか?



今年は災害の年になってしまいましたね・・。
被災経験の無い私には、被災者の方の気持ちは全て理解することは出来ないと感じていますが、1日も早い復興を願っております。





ここ1ヶ月、愛車のSLKをルーフ周りの修理でお預けしている生活でしたので、意識的に車から意識を反らして生活していました。





そんな時、タイムリーな情報が。

私が13歳の時から好きな歌手、児島未散さん。
雨や夏の終わりの曲が多く、曲はどれも雰囲気たっぷり。

多感な時から、沢山の情熱や感動を頂きました。

ここしばらくアメリカに移住されていたのですが、日本にカムバック、東京でライブをなさるという情報をキャッチ。

これは天が与えてくれたチャンス。
プライドを捨てて妻に事実を馬鹿正直に説明し許可を取り、お邪魔する段取りを緻密に組んでいましたが・・・・残念ながら仕事で行けませんでした。

ライブ当日、息子のお気に入りの、「マリンブルーの恋人たち」、が唄われた事を知り、レアな曲だけに後悔です・・。
私は、「雨の日のホームで」、生で聞きたいです♪♪

次こそは必ず行きます、息子と一緒に!





愛車の無い生活・・夜が長く感じるので、美容師さんから勧められたIQテスト(2018年度版)をやってみました。

脳内基準では、ルパン3世は300、本郷猛(仮面ライダー1号)は600という無茶苦茶な目安があります(笑)
人類史上最高値の方は、悪魔の頭脳ジョン・フォン・ノイマンの300。
敬愛するマッドサイエンティストのニコラ・テスラは240。
ドイツの英雄アドルフ・ヒトラーは200・・。

私も面白半分でやってみたところ、何度やっても135・・だいぶ足りない。

知恵を絞り、夜中の静かな時に、せっぱつまってやってみたところ・・。

私の大好きな郷ひろみさん、体内年齢20代と出た時に嬉しさのあまり写真を撮った行動、それを真似て、大人げない行動(少年の心で撮影)。

きっと、測定のブレかマグレでしょう・・そして結局、ルパン3世には勝てませんでした。

しかしながら、脳の運動をすると細胞が活性化することは、幅の狭い私にも感じる事が出来ました。





そして、愛する息子が5歳の誕生日を迎えてくれました。

親になって知る事が出来たのは、子供が育つ事は決して当たり前の事では無く・・。
祈るように育て、事故が無いように見守り、ようやく5年という時間が経ってくれた、そんなふうに感じています。

誕生日プレゼントは、ポルシェのミニカー。

「居てくれて、ありがとう!」





そして先日、SLKの修理完了の連絡を受け、受取に出発。

付いてきたのは息子・・やっぱり似た者親子です。



1か月ぶりに運転し、「そう、この感覚」、「この車だけあればそれでいい」、それが浮かんだ言葉でした。

好きと感じる事、こればかりは理屈では説明がつかず、その人の心の在り方感じ方によるんですよね。



私の場合は価値観として、無駄な物を沢山置いておくと、気持ちが乱れたり心のエネルギーを奪われると感じる為、なるべく物は必要最小限にしたい人間ですが・・。
例外として置いておくことで、心にエネルギーを与えてくれる物、これだけは大切にしたいと感じます。



勿論時は流れますので、老朽化した時は、次の車に買い替えしようと考えていますが・・。

大きな故障が無く、私の気持ちが変わらない限り、これからも相棒として一緒に走りたいと思います。



最後までお付き合いくださって、ありがとうございます。
どうか、良い夜を!
Posted at 2018/09/11 22:11:36 | コメント(6) | トラックバック(0) | | 日記
2018年06月19日 イイね!

ポルシェ・ボクスターをレンタルし、筑波山へ・・。

ポルシェ・ボクスターをレンタルし、筑波山へ・・。皆さんこんにちわ。
いつもご訪問くださり、誠にありがとうございます。



最近は息抜きウイークで、本日も出かけて来ました。





愛機の初代SLKで、向かった先はこちら。

面白レンタカー・野田店さん。

今回で・・7回目ぐらいの利用です。

今回お借りする車は・・。

ポルシェ・ボクスター(2代目)。

借りたかった理由は・・妻との賭けがあったからです。

最近の私は、SLKに何かあった時のために、次の車を考えていました(長期的未来思考)。

先日某車屋さんで、ふと目に留まったボクスターを夫婦で見ていたとき。
妻「私にはメルセデスしか見えない、なんだかんだ言って君も結局メルセデスという男だと思うよ」
私「喰わず嫌いという機会損出は人生で大きな損をするし、車は乗ってみないと何とも言えないから、今度借りて出かけてみよう」

という訳でレンタルです。





ドアを開けると、目に入るのは質実剛健なコックピット。

左ハンドルのマニュアルです。

走らせてみて初めに感じた事は・・。
ラグジュアリーやコンフォートではなく、走りに重点を置かれたサラブレッドであること。
特に乾いた「ポーッ」というエキゾースト、心地良過ぎです!

高速に乗り、土浦北へ・・。

今回は先にランチです。

インドカレーのバイキングの店。

前にも乗せましたが、リーズナブルな価格でドリンクやデザートまで付いているので、ここへ来た時はよく利用します。

カレーの種類が多く、ナンも様々な種類を何度もお変わりできることが嬉しいです。

例によって、頑張ったけどたいして食べられずに出発。





山道へ入ると、ボクスターが嬉しそうにしています。

フロントのハンドリングはクイックでとても正確・・どんな領域でも切れば切ったぶんだけ曲がる。
私はメカの事は詳しくありませんが、これって1000以上の部品を調和させる必要がある自動車で実現させるのは、物凄く難しい事なんだろう・・と考えてしまいました。
世に数えきれないほどの数がある車の中で、この難題が成立している貴重な車・・。
リアはGがかかるとエンジンの重さと共に、粘りつつ巻き込む動きが面白いですね。
これは物凄い部品の組み付け精度に支えられたハーモニーなのでしょう・・まさに技術屋集団のメーカー。

そして右足でアクセルを踏んだ瞬間に、即座に後ろ足で路面を蹴って前へ進む挙動・・いいですね・・。
並のフロントエンジンの車はアクセルを入れリアにぐっと力が入り車が前に出る間に一瞬のためがありがちですが・・ボクスターの瞬発力はミッドならではのトラクション性能やエンジンの高レスポンス等の恩恵なのかもしれませんね。

また、ポルシェはエンジンの4倍のブレーキを備えるというような表現をどこかで見た記憶がありますが、物凄く納得しました。
鬼のような制動力は勿論の事、コントロール性やペダルタッチも素晴らしく、ブレーキを踏んでいるだけで楽しくなってしまいます。

駐車場にて休んでから、車を返却しに向かいます。

お決まりの、ハイオク満タン返し。





SLKに乗り換えて帰る時、色の赤さが暖かく、何とも言えない「安心感」に包まれていました。

不思議な感覚なんですね・・。
いつも以上にSLKと人車一体になっており、思い通り曲がる、必要なだけ加速する。
「この車が分身」「鷹揚さと可憐さが好き」

表現は悪いですが、何かのドラマでのこんなシーン・・。
よそのきれいな人にちょっかいを出し、結局妻に戻った時の安心感という感覚を覚えました(勿論車の話です)。
人には相性があるように、いい人だから・理想的な人だから結婚、とは単純にならない法則に似ています。

ポルシェ・ボクスターは非の打ち所のない素晴らしい車です。
この車でなければ・・と感じる方こそ、相思相愛で居られるのでしょうね。

妻との賭けは、私の負け・・。
しょうがないので、帰りのドライブインで奢りました。



これで他に気になる車は残り1つだけになりました・・赤い跳馬のみです(笑)
Posted at 2018/06/19 22:20:24 | コメント(6) | トラックバック(0) | | 日記
2018年01月04日 イイね!

SLKでハイウェイ・クルージング

SLKでハイウェイ・クルージング◆HAPPY NEW YEAR◆

皆さんは、良い年明けを過ごされましたか?

2018年も、どうぞよろしくお願いいたします☆





私は年始に、息子と2人でドライブしてきました。

特に目的地はありませんでした、ただ単に運転したいだけ・・。




息子にどこに行きたい?と尋ねたら、「赤いベンツで高速行きたい」という返事。

普段はE320に乗っていますので、せっかくのSLK、意識は車だけに向け、とにかく流します。

東金⇒幕張⇒お台場⇒川崎⇒アクアライン⇒市原。

気が付いたらこれだけ走っていました。
  あまりの楽しさと心地よさで、ついつい時間を忘れてしまったのです・・。

ハイウェイで、自分の車からの声だけを聴く時間、いい物ですね。





市原パーキングで一休憩。

食事がてら、息子のチチヤス・ミルクコーヒーを買い・・。

私はスモーキングタイム。

愛する息子も、隣で楽しそうにしてくれています。





高速を降りて、千葉のマンマパスタへ寄り道。

ここの店は定期的に利用しますが、料理も安定した美味しさがありますので、自信を持ってお勧めできるイタリアンレストランです。

今回は残念ながら、お茶が目的ですので・・。

きりっと苦いコーヒーとまろやかで甘いモンブランに癒されました。





帰り道、息子が、「屋根開ける」、と言ってきたので、帰り道はオープンモード。

SLKは冬のオープンでも暖かく、夏は寒いぐらいエアコンが効くので助かります。

NDロードスターも乾いた排気音と共に走られており、気持ちよさそうでした。

心の中の満足は、無駄から始まるのかもしれませんね・・。





帰りたくない症候群に陥り、ずるずる寄り道・・。

人気の無い場所へ。

私の2018年は、信じた道を突き進み、もっともっと良い環境を目指す事が目標です。

「健全な、どこまでも続く欲・・」




ご報告ですが・・。

一月後半~二月の頭にかけて、イギリス周遊旅行へ行って来ます♪
その間は全くみんカラを見る事はありませんので、イイねやお返事を頂きましたら帰国後にさせて頂きます。
どうかご理解ください。
Posted at 2018/01/04 17:33:01 | コメント(7) | トラックバック(0) | | 日記
2017年12月21日 イイね!

SLKで、メルセデスのオフ会へ・・。

SLKで、メルセデスのオフ会へ・・。
皆さんこんにちわ。

もうすぐクリスマスですね。
いかがお過ごしでしょうか?





私は昨日、メルセデスオーナーのみん友さん数人と、お会いしてきました。




SLKとE320、どちらの車で行こうか迷いましたが・・。

自分の分身であるファーストカーと言う意味で、SLKで出かけました。




現地に到着。
車を拝見しただけで、持ち主の方の車への愛のかけ方が尋常では無い事が伝わってきます。

バカ正直に話しますと、私は車に対してはドライな面もありますので、愛車への愛という点で、お集まりいただいた方々には絶対に叶わないなと、強く感じました(笑)

皆さん礼儀正しく素敵な方々でしたので、お会いしてすぐに打ち解けることが出来ました♪

凰華さんはメルセデス・ベンツや自動車のメカニズムに大変詳しい方で、自動車評論家さん顔負けの知識と理論的な表現力を兼ね備えた方です。
いつもながら、密度の濃い楽しい話をありがとうございました<(_ _)>

argentoさんはシルバーのE430(W210)を所有され、部品一つ一つまで手入れが行き届いた、こだわり満載の素敵なお車でした!
頂きものまてくださりありがとうございます、大事に使わせていただきます<(_ _)>

KOENIGSAKUYAさんは2台のSクラス(W140)を維持されており、車の状態は表面が鏡のように美しく光り、室内は土禁と誤解してしまうほどきれいな状態を維持されていました!
ご丁寧におもてなしまでしてくださり、心よりありがとうございました<(_ _)>

トークだけでも尽きるることがなく・・。
私は写真を撮る事がいい加減になっておりました(笑)





そんな中、argentoさんのご厚意で、E430アヴァンギャルドを運転させていただきました。

私がE320のノーマル足を所有していますので、大変貴重な経験です。

乗り出してすぐ、E430の足はアヴァンギャルドですので20mm下げられているものの、コンフォート性能がきっちり確保されている点が好印象。

コーナリング時、20ミリの差ははっきり解り、重心低下と固めの足の効果で、ステアリング操作に対しレスポンス良く反応し、フロントが軽く向きを変えてくれます。

私は家族車としてノーマルをセレクトしましたが、家族を考慮しなければ、アヴァンギャルドにしたら走りがもっと良かったと感じました。

エンジンですが、私の3200ccよりもパワフルな4300ccですので、性格は似ている反面、車が軽く加速してくれます。大きなエンジンが楽々車体を引っ張ってくれるのでしょうね。

エンジンの回転上昇に対するパワーの出かたがリニアで、レスポンスが良く上が伸びる、NAエンジンの良さを感じる極上ユニットです。

実はエンジン以上に素晴らしかった部分があり、それはシャシー性能・・。
4300ccのエンジンは見事ですが、そのパワーをもってしてもW210のシャシー性能の方が勝っているバランスなので、安定性が非常に高いのです。

「シャーシはエンジンよりも速く」、というメルセデスの思想、またしても発見しました。
どんな天候でも、どんな状況でも、安全に楽しく走れる車造りで、馬力が高くなっても例外は全く無い点が、さすがメルセデスとしかいい現わせません・・。

貴重な体験をさえて頂き、誠にありがとうございました!





その後「SLKの横に乗せてください」と言う言葉を頂きましたので、私の運転するSLKの助手席に皆さんをお乗せさせて頂きました。

スポーツ・ラグジュアリー・クルツの雰囲気を楽しんでいただけたみたいで、良かったです。





これだけのメルセデスが並ぶと、見てて飽きないだけでなく、オーラを感じます・・。

寒い中、ニコニコ顔で寒さを忘れたことが何よりの証拠です(笑)

あっという間に感じる時間で、有意義な時間を過ごさせていただきました!
この場をお借りして、改めて感謝の意を述べさせて頂きます。




帰路につき、家に着いたのが遅くなってしまいましたが・・。

出来たてのドーナツがあがっていました(笑)



最後まで読んでくださり、ありがとうございます!
幸せなクリスマスをお過ごしください(^^)
Posted at 2017/12/21 20:46:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | | 日記
2017年11月21日 イイね!

E320(W210)、納車

  E320(W210)、納車皆さんこんにちわ。
お変わりありませんか?

当方のブログにご訪問してくださり、誠にありがとうございます!





前回の記事で、探し求めていたE320が見つかったまでは良かったのですが・・。

納車まで3週間近くかかってしまう事が判明。

おかげ様で私は覇気が無く、心ここに有らずの状態になっていました。



いよいよ納車の日。
意識すると待ち遠しいものですよね・・。





こんな事をして気を紛らわせます。

午後のティータイム♪
お気に入りの、70年前の英国出身のティーカップと共に。

淡いアールグレーの香りと、手作りスコーンの香ばしさを満喫。





陸送屋さんから連絡が来たのは、午後16時、「5時前後になります」。

実際に車が到着したのは、午後5時30分・・。
あたりは真っ暗です。

こんな暗がりで車両の傷を確認してサインをするのは、いとをかし。
後で気づいたのですが、車の中にタバコの灰・・吸いたい気持ちは私にも解ります。

車が無事に到着しただけでも、良しとします。





そして次の日、E320がかなり汚れていましたので、明るい時間に洗車とワックスをしました。

スポーツカーに慣れた私には、Eクラスサイズの洗車は体力的にも大変でした・・。

頑張った甲斐あり。
エメラルドブラックというカラー、磨くと独特の光り方をしてくれ、大変気に入りました。

押し出しの弱いデザインと合わせてジワジワ良さを感じるので、時間をかけて眺めたくなるカラーです。




次に向かった先は、コチラ。

地元のワインディング。

ここへ来た理由は一つ、走り慣れた道だからこそ「よく解る」からです。



まだ走行距離3万キロ台ということもあり、静かに気持ちよく走りだします。

相変わらず、ステアリングが私好みで軽い反面、路面からの情報を振動と反力でしっかり伝えてくれるので、予測の精度を高めてくれます。

ブレーキは踏んだ量に比例して減速力が発生するので、とても扱いやすいです。

この車の味だと感じたのは、木の葉のようにヒラヒラロールして曲がる動き。
これはしなやかなバネと、キチンといなせるダンパーならでは。
足がソフトでストロークがたっぷりあるので、良く動き、荒れた道でもタイヤが路面から離れず、車体は湖の上の白鳥状態。

鷹揚ながら、気持ちの良いハンドリングです。

印象深かった点は、3200ccのエンジンはトルクフルですが、それ以上にシャシー性能が高く、素晴らしい弱アンダーのバランスだった点です。

エンジンは黒子に徹するメルセデスの思想、ここでも発見できました。



まさに、セダンながら理屈抜きに運転が楽しい車。

家族を乗せるために選んだセダンですが、気に入った車を迎え入れる事が出来、家族が一人増えた気分です。

これから時間をかけ、E320の味わいを知り尽くしたいと思います。
Posted at 2017/11/21 19:06:50 | コメント(11) | トラックバック(0) | | 日記

プロフィール

「SLK、修理完了。 http://cvw.jp/b/2635224/41936659/
何シテル?   09/11 22:11
☆ハンドルネーム☆ Kolnと書いて、ケルンと読みます。 大好きな巨大な大聖堂のそびえ立つドイツのある都市から取りました。 ☆価値観☆ 子供の頃から...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/9 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

お友達

 ◆歓迎致します↓◆
波長の合う方。
恐れず突き進む方。

◆歓迎致しかねます↓◆
波長の合わない方。
安定を求める方。
44 人のお友達がいます
midnightbluelynxmidnightbluelynx * H-HH-H *
カツピーカツピー * オリエンタルカレーオリエンタルカレー *
シルバーAMGシルバーAMG * リック・ジョンソンリック・ジョンソン *

ファン

129 人のファンがいます

愛車一覧

メルセデス・ベンツ SLK メルセデス・ベンツ SLK
真っ赤なSLKは、私のメインカーです。 控えめなデザインと優雅な走りに魅了され、乗れば ...
メルセデス・ベンツ Eクラス セダン メルセデス・ベンツ Eクラス セダン
エメラルドブラックのE320は、大切な家族を乗せるための私のサブカーです。 大変質感の ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
ロータリーエンジンのフィーリングが大好きで、RX-7 FC3Sに乗っていました。 見た ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.